2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

≪日本の発行体格付けを年内見直し、AAAから転落する可能性=R&I≫   BY 栗原茂男

    

またしても書く付け風説屋が馬鹿馬鹿しい愚論を流しているらしい。
——————————————————————————————–
日本の発行体格付けを年内見直し、AAAから転落する可能性=R&I
2011年 11月 30日 15:39 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE7AT05B20111130

[東京 30日 ロイター] 格付投資情報センター(R&I)は30日、日本の外貨建て・自国通貨建て発行体格付けAAAを引き下げ方向のレーティング・モニターに指定した。年内に新たな格付けを公表し、格下げの場合はその幅が1ノッチ(段階)にとどまる可能性が高いと指摘した。
R&Iは野田政権が財政再建に前向きに取り組んでいる点を評価しているが、復興対策の遅れや円高の定着もあって景気の回復は力強さに欠けていることに加えて、欧州のソブリン債務危機の深刻化などから、外需の動向に不透明感が強まっている。2012年度の予算編成は一定の財政規律は維持される見込みだが、社会保障費の抑制など財政構造改革は先送りされそうで、税収が伸び悩むようだと、相当厳しい財政運営を余儀なくされるとみている。
R&Iは基礎的財政収支(プライマリーバランス)の黒字化の時期は、政府目標の2020年度から大きくずれ込むと予想。国内総生産(GDP)に対する政府債務残高の比率をAAAの許容範囲に収束させていくめどが立たない点を重視して、格付けの引き下げ方向の見直しに着手した。
——————————————————————————————–

この手の世間を混乱させる風説の流布には政府は日本国内での活動は禁止乃至は制限を加えるべきだと考えます。
金融庁は金融業界への行政指導で外国格付け風説屋を締め出すべきです。
風説を流されて損害を被った場合、流された側は損害賠償できず、泣き寝入りですか?

それこそTPP交渉で風説屋の本店所在地の政府に損害賠償を請求できるように交渉するべきかと考えます。

日本の国債は大半が日本国内で購入されているのに、それをわざわざ投資情報官という役職を作って外国人に買わせようとしていますが、そこまでやるなら完全に陰謀論の世界に入り込みます。実際、そうなんでしょうね。

メデイアを無理やり牛耳って、新古典派と言うインチキ経済論を喧伝して国民を洗脳し、日本経済を無意味に悪化させてIMFを使って日本政府を乗っ取る。
そんな推測が可能です。
潰して買い叩くというのが国際金融資本の古くからのビジネスモデルのようですから。

そもそも通貨発行権を日本銀行という民間の御用商人なんかに渡すべきでなく、政府が通貨発行権を保有するべきもの。
挙句に御用商人が赤字を出したなんて報道を目にすると、やがて「有能」な外国企業に日銀を売り飛ばすなんてことも有りかも知れないと思います。
長期信用銀行のように。
民族帰属意識が日本になく、日本人への愛情を感じさせない日本政府は何をやらかすか判りません。

それでも財務省職員さん達は一応外国格付け風説屋に物申しているようです。ただし先方は逃げまくりのようですが。
質問を出しても返事が出来ないようです。無礼で非常識な連中ですね。
こんな体たらくの風説屋に可笑しな風説を流されて何も言えない政治屋は政界から退場していただきたいもの。

====================================================

【 財務省 】  外国格付け会社宛意見書要旨等について

外国格付け会社宛意見書要旨等について
http://www.mof.go.jp/about_mof/other/other/rating/index.htm

a.. 格付け会社の規制に関する米国SECのパブリックコメントへの財務省意見要旨(2003年7月28日)
a.. 外国格付け会社宛意見書への回答に対する7月23日付再質問書(大要)について(Moody’s宛)(2002年7月25日)
a.. 外国格付け会社宛意見書への回答に対する5月30日付再質問書(大要)について(S&P宛)(2002年5月31日)
a.. 外国格付け会社宛意見書への回答に対する5月22日付再質問書(大要)について(Moody’s宛、Fitch宛)(2002年5月23日)
a.. 外国格付け会社宛意見書要旨について(2002年5月2日)

外国格付け会社宛意見書要旨
http://www.mof.go.jp/about_mof/other/other/rating/p140430.htm

格付け会社の規制に関する米国SECのパブリックコメントへの財務省意見(平成15年7月28日発出)要旨
http://www.mof.go.jp/about_mof/other/other/rating/so150728.htm

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください