2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

「笹川平和財団」及び「戦略・情報研究会」からのお知らせ    BY 栗原茂男

 
 
 先ず最初に、11月4日(金)の「笹川平和財団」からシンポジウムのお知らせです。
 開始時間は14:30-17:00 です。
議題は難民受け入れ問題です。
日本の場合、隣国がシナであり、朝鮮であることから他国の例とは前提が根本的に違うと私は考えます。
それでオーストラリアの場合ですが、今後日本に対し難民引き受け要請が来た場合に右往左往しないように日頃から考えておく事が重要かと思います。
 
もし中国が破綻したら?朝鮮半島が破綻したら?
その時、隣国の日本は対応を国際社会から迫られる事は確実です。
 
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 もう一つは久野潤氏が主宰する「戦略・情報研究会」からの講演会のお知らせです。
日時は 11月5日(土)18:30~20:30
こちらは午後6時半からなのでお仕事のある方も参加しやすいと思います。
タイトル :  ~ 国際社会で自立するための〈インテリジェンス〉
            -政治、ビジネスそして危機管理で求められる情報センス ~
講  師 :  中川 十郎 氏
 
会  場 :  文京シビックセンター
 
 
 
============================================================================================================

■□■笹川平和財団(SPF)からのお知らせ■□■2011.10.28(A11-38)
━━━━━━━━━━━━━ 笹川平和財団 http://www.spf.org

先日ご連絡いたしました11月4日(金)開催の国際シンポジウム「第三国定住:日本の難民受け入れを考える―オーストラリアの知見を参考に―」のお申込み締切まであとわずかとなりましたので再度ご案内いたします。

*参加無料・要予約

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【笹川平和財団主催シンポジウムのご案内】
「第三国定住:日本の難民受け入れを考える」
  ―オーストラリアの知見を参考に― (2011.11.4開催)
http://r31.smp.ne.jp/u/No/113656/e6EsFeDaFD7F_7184/111027001.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オーストラリアにおける第三国定住難民の受け入れは年間12,000人以上にのぼります。

これは米国、カナダに次ぐ世界第3位の数字であり、同国は難民の受け入れや支援について豊富な経験を有しているといえます。
シンポジウムでは、オーストラリアへの移民に対して英語教育を実施しているAMESに勤務し、難民支援政策にも詳しいメリカ・ヤシン・シーク・エルディン博士(Dr. Melika Y. Sheikh-Eldin、エリトリア難民出身)およびセイン・ナントゥ・クヌー氏(Sein Nanthu Kunoo、カレン難民出身)に、オーストラリアの難民政策の理念や具体的な支援策についてお話いただきます。

日本政府は2010年秋から3年間の予定で第三国定住難民の試験的な受け入れを開始しました。

これはアジア初の取り組みであるため、国内外の注目を集めているほか、今後の日本の難民受け入れ政策を左右する重要な試金石になると考えられます。

グローバルな状況を踏まえつつ、第三国定住の試験的受け入れの意義や難民受け入れにおける日本の役割を整理し、オーストラリアの知見を参考にしながら、難民支援の経験や教訓を学ぶ絶好の機会といえます。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

【日 時】 2011年11月4日(金) 14:30-17:00 (14:00受付開始)  

【会 場】 日本財団ビル2階 大会議室(東京都港区赤坂1-2-2)
      (銀座線虎ノ門駅、または溜池山王駅より徒歩5分)
            地図→ http://www.spf.org/profile/access.html

【主 催】 笹川平和財団

【プログラム】
<第一部:オープニング・セッション(14:30~15:15)> 
 開会挨拶 茶野 順子(笹川平和財団常務理事)
 来賓挨拶 ダニエル・アルカル氏(UNHCR駐日事務所首席法務官)
 基調報告 
  「グローバルな難民受け入れのトレンド、東アジア・日本への期待」
   ブライアン・バーバー氏
   (アジア太平洋難民の権利ネットワーク 東アジア分科会代表) 
 基調報告 
  「日本の第三国定住への取り組み」
   阿部 康次氏(外務省総合外交政策局人権人道課長)

<第二部:オーストラリアにおける国や地域レベルの受け入れ(15:15~16:15)>
 報告1 「オーストラリアの難民受入政策の概要」
      森谷 康文氏(北海道教育大学准教授)
 報告2 「オーストラリアの難民受入政策の特徴」
      Dr. メリカ・ヤシン・シーク・エルディン氏
      (AMES定住支援サービス・マネージャー)
 報告3 「オーストラリアのコミュニティレベルの難民受入の実践」
      セイン・ナントゥ・クヌー氏
      (AMESコミュニティ・リエゾン・オフィサー)

 休憩・質問紙回収

<第三部:パネル・ディスカッション(16:15~17:00)>
 【パネリスト】
  Dr. メリカ・ヤシン・シーク・エルディン氏
  (AMES定住支援サービス・マネージャー)
  セイン・ナントゥ・クヌー氏
  (AMESコミュニティ・リエゾン・オフィサー)
  阿部 康次氏(外務省総合外交政策局人権人道課長)          
  滝澤 三郎氏
  (東洋英和女学院大学大学院国際協力研究科長/教授)
 【モデレーター】  
  石井 宏明氏
  (なんみんフォーラムジャパン副代表/難民支援協会常任理事)

  閉会

【その他】 参加費無料、日英同時通訳付

【申込方法】 
SPFホームページより11月1日(火)17:00までにお申し込みください。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/113656/e6EsFeDaFD7F_7184/111027001.html

————————–
【事務局】
公益財団法人笹川平和財団 
事業部 岡本、源
電話:03-6229-5439 
FAX:03-6229-5473 
————————–
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このご案内は、関連団体、実施事業の関係者のほか、以下の方々にお送りしています。
・当財団スタッフとの面談、取材、名刺交換等により個人情報をご提供いただいた方
・当財団主催/後援のセミナー、講演会等にご参加いただいた方

お申し込みの際に皆様からいただく個人情報は、当財団の主催または後援によるセミナー、講演会等のご案内の送付に使わせていただきます。

当財団では、法令に別段の定めがある場合を除き、以下の目的でのみ個人情報を利用いたします。
・当財団の刊行物や関連書籍の送付
・当財団の主催または後援によるセミナー、講演会等のご案内の送付

■メールマガジンの新規登録はこちら
http://r31.smp.ne.jp/u/No/113656/GijTgjDaFD7F_7184/100907003.html
■メールマガジンの配信停止はこちら
http://r31.smp.ne.jp/o/Pg/113656/FaHRD3H7ci0D/out?stop=rbse

以上

======================================================================================
□■□ 戦略・情報研究会 2011年度東京第8回講演会(通算94回)□■□

 ~ 国際社会で自立するための〈インテリジェンス〉
      -政治、ビジネスそして危機管理で求められる情報センス ~

日 時: 2011年11月5日(土)18:30~20:30(開場18:00)

場 所: アカデミー文京 学習室(文京シビックセンター地下1F)
      東京都文京区春日1-16-21、03-5803-1100
       http://www.b-civichall.com/access/main.html
       東京メトロ丸ノ内線後楽園駅4bまたは5番出口徒歩3分
       東京メトロ南北線後楽園駅5番出口徒歩3分
       都営地下鉄三田線/大江戸線春日駅連絡通路徒歩3分
       JR中央・総武線水道橋駅徒歩8分)

講 師: 中川 十郎 氏(日本ビジネスインテリジェンス協会会長、元 東京経済大学教授)
   ―― 昭和10年鹿児島生まれ。鹿児島ラサール高等学校、東京外国語大学
     イタリア学科国際関係専修課程卒業、昭和34年ニチメン実業株式会社
    (現 双日株式会社)入社。ニューデリ支店長、ニッポンケミカル取締役、
     ニチメン・ド・ブラジル開発担当取締役、北米課長、米州課長、米国
     ニチメン・ニューヨーク本店開発担当副社長などを歴任。
      平成4年愛知学院大学商学部助教授、ついで教授に就任。平成10年
     東京経済大学経営学部教授大学院経営学研究科教授(~平成18年3月)。
     その間コロンビア大学や中国対外経済貿易大学大学院、日本大学大学院
     で教鞭をとる。その他WTO(世界貿易機関)PSI貿易紛争処理委員、JETRO
     貿易アドバイザー、中国競争情報協会国際顧問、世界銀行グループCSR
     コンサルタント、日本コンぺティティブインテリジェンス学会顧問、
     日本新技術促進機構特別顧問、日本銀団投資顧問、米国Sunshine Group、
     ネパールBB Bhatta Group国際顧問などを務める。

参加費: 1000円(事前申し込みの学生500円☆)

定 員: 60名(定員になり次第申し込み締切)

お申込/お問合せ先: 久野 潤 kunojun@amethyst.broba.cc [当日] 090-2933-8598

<御名前・御通勤御通学先を明記のうえ事前お申込頂きますと当日の御記帳無しで
 入場頂けますので御協力頂ければ幸いです、「@」マークは小文字にして下さい>

(12月講演会は12月11日(土)18時から開催、講演後に忘年会!)

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください