A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

緊急拡散《国民は激怒せよ。朝鮮王室儀軌返還問題!》

水間政憲さんからのメールを再転送します。

菅首相が、今日、閣議決定した「朝鮮王室儀軌」返還は、文化財の「略奪」を認めることになり、自民党はきちっと歴史的背景を国民に説明して、韓国の言い分を訂正させる必要があります。
水間拝
以下は、自ブログ《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/》にアップした記事です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
緊急拡散《国民は激怒せよ。朝鮮王室儀軌返還問題!》

●朝鮮王室儀軌返還問題は、すでに国際法上でも日韓政府間条約でも解決済みの問題です。

『SAPIO』誌上で一度は取り上げるために、草稿に書き込みましたが、1922年当時、五台山史庫に保存されていた原本を写したもので、略奪でもなんでもなく、総督府から皇室に寄贈されていましたので記載しませんでした。あまりにも馬鹿げた問題です。

当時、韓国には、原本と写本があったのであり、紛失したことを棚上げにして、よりによって「日本が強奪」したので返せなど、言語道断なのです。

韓国政府がお願いするのであれば、日本政府は、韓国に「現在、宮内庁に所蔵されている『朝鮮王室儀軌』は写本であるが、原本を紛失してしまったので写本を譲っていただきたい」と、責任の所在を明らかにしなければ、一切、聞き入れる必要などありません。韓国政府が略奪とか強奪などと言っているのを、撤回しなければ無視すべきなのです。

実際、「朝鮮王室儀軌」を略奪したフランスは、韓国に貸与のかたちにして戻しているが、所有権はフランスのままなのです。大韓民国設立後、韓国は、「憲法の原本」と「国璽(国印)」(読売新聞2005年10月28日付)を紛失する信じられない杜撰な国ですので、最低限、責任の所在だけは、はっきりしなくてはいけません。
そこを、曖昧にしていると、今後、何を言い出すか、日本人には奇想天外な災難が降りかかってくる可能性があります。

また、『週刊新潮』(2005年10月13日号)で報じられた。日本から盗み出された、壱岐・安国寺の寺宝「高麗版大般若経」(重要文化財、1994年7月に韓国人窃盗団によって盗み出された。時価数億円)は、韓国の国宝になっている問題。

鶴林寺の「絹本著色阿弥陀仏三尊像」や叡福寺の「楊柳観音像」など、韓国人窃盗団に盗み出され、未解決の不法な問題の解決なくして、何故、国家間条約で、解決済みの文化財を韓国に提供する必要があるのか。
『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実・韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』*を、通読すれば、戦後の不明を反省して、謝罪をする必要があるのは韓国なのです。

* http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000032457575&Action_id=121&Sza_id=G2

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください