A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

緊急情報 ; 霞ヶ関の同志

ロシアではついにモスクワから400キロ離れた原子爆弾製造センターが燃え、放射能の拡散が始まりました。
そのため在モスクワの世界各国大使館が緊急にかつ秘密裏に国外脱出を開始、ロシア滞在の自国民には国外脱出を伝えていない。

(報道内容)
・外国の大使館にて外交官のあわてた退去が、集団暴走のように、モスクワで始まった。多くの大使館が政治的な理由で退去を隠ぺいしている。
・カナダとポーランドの大使館の大量の退去は8月7日夜に始まった。
・オランダの大使館がロシアから緊急に外交官を避難。
・外交官同士は独特のスラングでコミュニケートし、一斉にロシアからの退去を始めた。
・オランダの大使館もロシアから緊急に外交官を避難させている。
・ドイツは公式にその大使館を閉鎖。ドイツ国内メディアで事実が報道されている。
・オーストリアは、ポーランドとカナダとともに、ロシアからそのスタッフのほとんどすべてを避難させた。

☆参考情報
Radiation, plague, and fires: foreign embassies urgently evacuate stafffrom Russia
http://www.kavkazcenter.com/eng/content/2010/08/07/12359.shtml

追記※日本大使館は館員とその家族の退去を行っていないようです。

森林火災は原爆製造施設以外に他の2か所の核関連施設に迫っているか、場合によってはすでに建物を焼き尽くした可能性があります。           
                
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010081002000035.html

ロシア火災 核施設延焼の恐れも モスクワでは死者倍増
2010年8月10日 朝刊

 【モスクワ=酒井和人】ロシア西部を中心に拡大する森林・泥炭火災は九日も猛威を振るい、新たな核施設への延焼の恐れや、一九八六年のチェルノブイリ原発事故で汚染された森林の“再汚染”も懸念され始めた。首都モスクワでは火災のスモッグによる健康不安が高まり、脱出の動きが加速している。

 ロシア非常事態省の九日の発表によると、ロシア最大の軍用核研究所とされるウラル地方チェリャビンスク州の連邦原子力センターに火の手が迫り、五百人態勢で鎮火に全力を挙げている。核関連施設ではニジェゴロド州などでも危険が指摘されたが、すでに延焼を阻止したという。

 このほかブリャンスク州などのチェルノブイリ事故の汚染地域でも火災が発生し、放射性物質が大気中に拡散する恐れが出ている。

 一方、モスクワ市の大気中の有害物質は依然、許容限度量の三~六倍に達している。市保険局長は九日の会見で、猛暑や火災のスモッグにより市内の一日あたりの死者数が、通常の三百六十~三百八十人から七百人に倍増していると述べた。

 ロシアメディアによると、米国とイタリアのほか、ドイツ、オーストリア、イスラエルなども自国民にロシアへの渡航自粛を勧告。欧州を中心に一部外交官や家族を引き揚げさせる国も増え続けている。

http://www.asahi.com/international/update/0805/TKY201008050239.html?ref=goo

ロシア、放射性物質を退避 火の手迫る核開発都市
2010年8月5日19時37分

 【モスクワ=副島英樹】記録的な猛暑と乾燥によるロシアの森林火災が被害を広げている。核開発の中枢を担い、一般人の立ち入りが禁止されているロシア西部の閉鎖都市では、火災の接近に備え、4日までにすべての放射性物質が運び出された。ロシア全土での死者は48人に達し、近隣諸国が航空部隊を派遣するなど支援も国際化している。
 首都モスクワは4日、郊外の泥炭層などの火災で濃いスモッグに覆われ、視界は500メートル程度に低下。着陸空港を変更する旅客機も出た。

 放射性物質の退避措置が取られた閉鎖都市は、ソ連時代から核兵器開発の中核だったニジェゴロド州サロフ(旧アルザマス16)。国営原子力企業ロスアトムのキリエンコ社長は4日、大統領が主宰した拡大安全保障会議で、連邦原子力センターから爆発性の物質や放射性物質をすべて運び出したと報告、「核の安全は確保されている」と述べた。

 同センター周辺の森林では2千人以上を投入して集中的に消火作業を進めている。ボロネジ州では原発の防火に300人規模の軍隊も投入された。

 ロシア国営テレビによると、極東を含めたロシア全土の森林火災は現在800カ所以上で、計18万ヘクタールに及ぶという。ウクライナやアルメニアなど旧ソ連諸国が航空機による消火支援に乗り出したのをはじめ、ドイツやイタリアなども支援を申し出ている。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください