A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

不法滞在者の強制送還      BY 栗原茂男

 
純日本人会854の中で掲載した【関連記事】で
≪ シナ人の不法滞在者-即強制送還してほしい! 一斉に不法滞在者を捕まえて強制送還してほしい。 自己負担で。≫
に関して純日本人会顧問(ご本人から明確な承諾は得てませんが)からメールでアドバイスをいただきました。

ご紹介します。

=========================================================

さて、お送り頂いた入管出頭強制送還希望中国人について、参考ですが、私は刑事時代にも入管と一緒に仕事をすることもあったので、皆さんに誤解のないようお伝えしたいと思います。

入管では不法滞在者の強制送還に関しては、95%以上は自費帰国になるとのことです。

また自首してきた不法滞在者については逃走のおそれが無いため強制送還ではなく自首帰国期間を設けて、特別在留許可を発行し、追い返しているとのこと。

逮捕などにより収監した場合で本人に所持金がない場合には、実家に連絡を取らせて送金させ、それから帰国させるので、早くても強制送還までは2週間、遅いと1ヶ月以上は入管の房内生活となるそうです。
お伝え頂いた強制送還希望者はまだ笑えますが、こちらは笑えない話です。

国籍取得の目的で結婚し、永住資格取得後は不要となった日本人男性と離婚した中国人女性が、今度は日本人との間に生まれた子供も捨てて、帰国する者が出ているとのこと。

【「原発怖い」永住中国人妻ら 子供置き去りで帰国相次ぐ】
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110326/dst11032601230007-n1.htm

確かに彼らも人間ですから親子の愛情はあるのですが、命そのものに対する認識が違います。
もとより愛ではなく資格のための結婚で生まれた子供ですから、自分の子供であっても愛情をもてないのでしょう。
そういう外国人女性はたくさんいます。

リンク先にある表面化した数字はごく一部のはずで、こういう愛を受けることのない中華ハーフ児童をめぐり、今後さまざまな問題が発生してくるような気がします。

たとえば、数年後に捨てられた子供を探して彼女やその親戚が「震災孤児捜索」のために再来日しようとしたりしないでしょうか。

「日本の行政がしっかりしていなかった」といって親子を引き裂いた損害賠償を求めたりしないでしょうか。

中国の環境悪化に由来する病気を日本での被爆にかこつけて損害賠償を訴えたりしてこないでしょうか。

考えすぎかもしれませんが、シュミレーションは大切です。
外国人による偽装申請による福祉詐欺など3年前には考えすぎても考え付かなかったことが、今現実になっています。

交通手段が発達した現在、中華思想を持つかの国の隣国である限り、付き合い方、そしてその対処を絶えずシュミレーションし、先手を打たなくては、
必ずその人口で文化が飲み込まれます。

kulihala <kulihala@sepia.ocn.ne.jp> wrote:
  同志からの情報です。
  転送します。

             栗原茂男
             【純日本人会】 http://www.junnihon.com/
  http://jun-nihonjinkai.blog.eonet.jp/

  ===================================================================================

  米軍の日本支援、、やっと産経が報道!!!!

  地震発生後直ちに救援を開始した米軍の活動をメディアは報道しない努力をしてきた。

  米軍の病院船もいち早く待機していたそう

  6000人も収容可能!政府は何故受け入れない?

  中国の病院船もくるとかこないとかまさか、こちらを受けれて、又プロパガンダに利用し、日中友好?冗談ではありません。
  中国の救援隊は15名。空港に外務省がお出迎え!その上ホテルに宿泊し、外務省の連中と、酒(マっコリ)を飲み交わす!

  中国人の不法滞在者の行動!

  【関連記事】
  長崎県警は26日、入管難民法違反の疑いで中国人のアルバイト、林建明容疑者(48)を逮捕した。

   県警によると、林容疑者は26日に県警本部に自首。調べに対し、「千葉県船橋市に住んでいたが、福島第1原発事故の影響が怖くて1週間ほど前に長崎に来た」などと供述、強制送還を求めているという。

  記事本文の続き 県警の調べによると、林容疑者は平成12年9月6日までの在留期限を過ぎて以降も、国内に居住していた疑いが持たれている。
  氷山の一角でしょうね。

  まだまだいる。シナ人の不法滞在者-即強制送還してほしい!
  一斉に不法滞在者を捕まえて強制送還してほしい。
  自己負担で。

  ——————————————————

  日本人は日米同盟が如何に大事であるかを知ったであろう!

  アメリカ軍の皆様ありがとう!

  【東日本大震災】 【ワシントン=佐々木類】東日本大震災での被災地支援「トモダチ」作戦を遂行中の在沖縄米軍の前方展開能力に、米国内でも注目が集まっている。支援活動の中核部隊が、日本国内で沖縄への駐留に反対論が多い米海兵隊だからだ。

  関連記事
  在日米軍の救援活動は「トモダチ作戦」

  日米史上最大態勢 自衛隊の物資輸送本…
  記事本文の続き 米軍発表によると、19日時点で、三陸沖と日本海に分かれて計15隻の艦船が展開。海軍将兵とともに海兵隊員らがヘリコプターに同乗するなどして、物資を被災地に届けている。

   米海兵隊のアモス総司令官は16日の上院歳出委員会小委員会の公聴会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)やキャンプ・ハンセン(同県名護市など)を拠点とする海兵隊が迅速に対応できたと語った。

   アモス総司令官は、「普天間飛行場からは地震発生から数時間以内で人道物資などの輸送に着手した」と指摘。その上で、「第31海兵遠征部隊(MEU)を被災地に派遣し、迅速に対応できた」と述べ、普天間飛行場の重要性を訴えた。MEUは敵前上陸や緊急事態対応を得意とする。

   海兵隊によると、出動命令から12時間以内に、C130輸送機とCH46輸送ヘリコプター各8機が普天間飛行場を飛び立った。
   米海軍のラフェッド作戦部長も同じ公聴会で、三陸沖で被災地支援にあたっている原子力空母「ロナルド・レーガン」について活動意義を強調。ラフェッド部長は「アフガニスタンでの戦闘に参加予定だったが、人道支援に切り替えた。米軍の前方展開だけでなく、地球規模で活動する米海軍の柔軟性を示した」と述べた。

   下院軍事委員会でもシファー国防次官補代理(東アジア担当)が、15日の同小委員会の公聴会で、在日米軍の支援活動について「アジア太平洋地域に前方展開兵力を持つことを示すとともに、日米間の絆を強めることに役立っている」と指摘した。

   米大手シンクタンク「ヘリテージ財団」のクリングナー上級研究委員もロイター通信に対し、「海兵隊がグアム基地にいたら距離が遠く、迅速な救助活動に入れなかった。在沖縄米軍の存在は、人命救助に時間をかけてはいけないという教訓になった」と述べ、沖縄での米軍駐留に対する反対論を牽制(けんせい)した。

  米軍救援活動に密着 命懸け「トモダチ作戦」
  産経新聞 3月27日(日)1時0分配信

  拡大写真
  「友達作戦」に参加するP3Cのコクピットで地図をチェックする、米海軍の兵士=26日午前、米軍三沢基地(古厩正樹撮影)(写真:産経新聞)

   東日本大震災の被災地や沖合で、「オペレーション・トモダチ(トモダチ作戦)」と名付けた救援活動を展開している在日米軍。「友」と日本語で刺繍(ししゅう)されたワッペンを身につけた隊員は「作戦を誇りに思う」と胸を張る。26日、米軍基地から支援物資とともに輸送機に乗り込み、“史上最大の救援活動”に密着した。(大竹直樹)

  【フォト】腕には「友」の刺繍とメッセージが

   ■物資とともに輸送機に

   「これから放射線を測定する」。午前5時、神奈川県綾瀬市の厚木基地。大きな倉庫内で放射線測定器を持った隊員に全身を計測された。福島第1原発の放射能漏れ事故を受けた措置で、簡易測定器を常時身につけることも指示された。

   「ここだ。ここで降ろせ!」。午前5時半、米海軍の輸送機が並ぶ駐機場では、慌ただしく動き回るフォークリフトに隊員の声が飛ぶ。ミネラルウオーターや毛布、衣服などの支援物資が入った段ボール数十箱がリフトから次々と降ろされていく。

   駐機場では輸送機「C-2」が離陸の準備に入っていた。5人の隊員が手渡しリレーで次々と段ボールを積み込む。ゴーグルと防音ヘッドホンのついたヘルメットを装着し、段ボールが積まれた貨物室に乗り込むと、朝日が顔をのぞかせた午前6時に離陸した。

   ■「任務は誇り」

   激しい振動と騒音の中、輸送機は約1時間半で三沢基地(青森県三沢市)に着陸。「この任務に当たり、日本人の助けになれることを誇りに思う」。出迎えてくれた第5空母航空団ヘリコプター対潜飛行隊のペレラ・シル中佐(43)が、「友」「がんばろう日本」と刺繍された右腕のワッペンを見せてくれた。

   「自分たちのやれることは少ないが、物資を被災地に持っていくと笑顔を見せてくれる」と誇らしげだ。

   救援活動の中核部隊は米海兵隊と米海軍。東北地方の太平洋側に艦船を展開している。第7艦隊によると、救援活動には約1万8280人が従事。艦船19隻と航空機約140機で物資を被災地に届けている。

   雪が舞う滑走路では、隊員が懸命に除雪作業に当たっている。沖合の揚陸艦との間を往復する輸送機やヘリが陸着陸できなければ、それだけ支援物資が被災地に届くのも遅れてしまう。

   ヘリコプター対潜飛行隊に所属する上枝(かみえだ)俊介1等兵曹(34)は、「トモダチ作戦」について、「言葉にならないほど感謝している。米軍人も日本人も同じ気持ちだ」と語った。

   雪がやんだ午後5時ごろ、第7艦隊のドック型揚陸艦「トーテュガ」に向けて大型ヘリで三沢基地を離陸した。500人以上の米海兵隊員が支援物資輸送の任務に当たるトーテュガまで15分ほどのフライトだった。

  ———————————————————-

  【関連記事】
  長崎県警は26日、入管難民法違反の疑いで中国人のアルバイト、林建明容疑者(48)を逮捕した。

   県警によると、林容疑者は26日に県警本部に自首。調べに対し、「千葉県船橋市に住んでいたが、福島第1原発事故の影響が怖くて1週間ほど前に長崎に来た」などと供述、強制送還を求めているという。

  記事本文の続き 県警の調べによると、林容疑者は平成12年9月6日までの在留期限を過ぎて以降も、国内に居住していた疑いが持たれている。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください