2020年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

米中戦争はもう始まっている

1937年の盧溝橋事件から支那事変が始まり、どちらからも宣戦布告のないまま戦線が拡大して本格的な戦闘が日中間で始まった。だから「日中戦争」ではなく「支那事変」なのである。  日中間の宣戦布告は1941年に始まった大東亜戦争に便乗して蒋介石の中華民国が宣戦布告する形で日中間の戦争は始まった。 それが支那のやりかた。やりかたが卑怯で卑劣なのである。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E4%B8%AD%E6%88%A6%E4%BA%89

支那には国家としての品格は微塵もない。中国というのは国家と言うより広域暴力団と言ったほうが似合っている。

そして、大東亜戦争終了後に火事場泥棒的に侵略したソ連軍によって多数の満州開拓団の日本人はソ連軍に連行され、多くが亡くなり、支那人によっても多数の日本人が犠牲になった。生き延びた人々も過酷な経緯を辿って日本に帰国した。 70数年を経て、今また日本政府の棄民政策によって支那で10万人の日本人が犠牲になるかもしれない危険な事態が起きている。   米国政府は在中米国人2千人と言われる米国民に対して既に何度も帰国を呼びかけ、それでも帰国しない米国人は何が起きても自己責任であると警告している。しかし日本政府はそのような呼び掛けはなく、日中友好路線のまま。広域暴力団中華人民共和国組親分の習キンピラの国賓来日は中華肺炎で延期になったが、決して取りやめたと発表しているわけではない。  中国では2010年に国防動員法(国防动员法)が施行された。これは「有事には民間のヒト・モノ・カネすべて“強制接収”できるという民主国家ではあり得ない独善的な規定」である。 https://www.sankei.com/world/news/170516/wor1705160001-n1.html —————————————————————————————————————————————– 国防動員法 ほとんどの人が知らない!隣の中国人が突然義勇兵になりえるだって?! https://matome.naver.jp/odai/2146871824475813701 —————————————————————————————————————————————– 国際法違反の便衣兵を何の躊躇いもなく利用する中国は日本国内にも多数の中国国民を住みつかせ、衣を脱ぐと軍隊と言う便衣兵だらけと言う状態を作り出している。世界各地でマスクだの食料だのを買い占める支那人達は便衣兵と看做すべきだ。更に鳴霞さんの情報によると、あくどい事に北朝鮮から偽札作りの技術を持った者を入れ、米ドルの偽札を作っているそうだ。これは通貨主権の侵害であり、中国が米国に対し宣戦布告したと同じである。ただし、中国は盧溝橋事件や南京大虐殺のようにしらを切ったり、犯罪を他者に擦り付けたりするであろうが。既に細菌兵器の中華肺炎を米国や日本に擦り付けようとしている。 支那事変のように何時始まったか判らない経緯で中国と世界の間で戦争が始った時、中国内に取り残された日本人は誰が責任を取るのだろう?米国政府のようには、国民に警告をしていない日本政府であるが、多分誰も責任を取らないであろう。従業員を中国に派遣している企業も同様である。新聞、テレビなどの旧式メディアしか見ていない情弱経営者はネット情報を見ていなかったというのは、今の時代、言い訳にはならない。

 70数年前の満州での悲劇が繰り返されるのかも知れない。そうならない事を願うが。 日本政府は、米国政府と同様に直ぐにでも日本人の帰国を促すべきである。そうしなかった事で在中国日本人が犠牲になったら与野党の政治家や政府は責任が免れられないと覚悟するべきだ。  米国政府が何度も米国民に警告を出していると言う事は何らかの対中決断をしている可能性がある?或いは高い。  米国は尖閣諸島を軍事基地化すると噂されている。公式発表でなく、それらしい人達からのリークと言う形は中国を現時点ではあまり刺激しない戦略と考える事が出来るのではないだろうか。恐らくそうだろう。

空気読めない・KYの韓国は日本に嫌がらせをしているつもりでGSOMIAで米国を困らせて来たが、結局GSOMIAは継続した。韓国は国際法的に独立国ではないと思われる。 ロシアはマスクを、不足している自国民をさておいて、米国へ送った。これは何を意味するのか?普通に考えればロシアは対中国との戦争で米国と連携する事を明確にしたのだろう。  中国の北のロシア、東の韓国を米国は押さえた。北朝鮮は恐らく、歴史と国際法を考慮するとロシアの支配地だろうと思われる。だから最終的には韓国が米国に従うようにロシアに従うだろう。  中国の西はウイグル、チベットであり、そもそも住民は中国政府が弾圧中の異民族。有事に支那民族で一致団結とはならない。今迄黙っているイスラム諸国も中国内乱となれば一気にウイグル支援に向かうかも知れない。イランの中国の犬は米軍によって殺された。パキスタンも中国離れをしているように見える。 すると中国を叩く最後の最重要地域は南と言う事になる。

南シナ海には真ん中に台湾が陣取っている。メルマガとブログで何度も私は述べてきたが、台湾の法的地位は日本の領土で米国の占領地。 https://www.youtube.com/watch?v=dMJ2cVdIvCE

シナ海には真ん中に台湾が陣取っている。メルマガとブログで何度も私は述べてきたが、台湾の法的地位は日本の領土で米国の占領地。 最近台湾民政府の名刺の図案が変わったが日本回帰の志向性が鮮明になっている。 台湾は戦後、占領者の米国は中華民国亡命政府集団に代理占領を依頼してきたが、台湾を施政権返還前の沖縄を範として琉球民政府に倣って台湾民政府に内政を委譲する予定である。 米国も国連も日本も中華民国亡命政府を中国を代表する政府として認めていない。中華民国亡命政府は現実問題として国際社会で孤立化の一途で未来の展望は開けない。

その台湾は戦前の日本政府の地図では西沙諸島と南沙諸島は台湾の一地域となっている。フィリピンもベトナムも外国の植民地時代であり、主権を主張する立場ではなかった。 両諸島は日本領であり、米国の占領地であれば、対米戦争をする中国は完全に周囲を取り囲まれることになる。九州から南西諸島、台湾、西沙諸島、南沙諸島が日本の主権地域である。そして食料とエネルギーを自給できない中国は、もし米中戦争なら、輸入の海上ルートを米国に塞がれる。 先ほど鳴霞さんと連絡が取れた。朝10時に電話して出ないので切ったが、18時に折り返しの電話であった。鳴霞さんは寝る間もないほど忙しいらしい。それで中華肺炎はともかく過労に注意するように忠告と言うか、お願いした。

鳴霞さんの情報は現在水間政憲氏と他の二名の方を通じて流しているそうで、YouTubeとニコニコ動画で概ねそれらの情報は網羅されているようだ。

鳴霞さんは反中国共産党の世界的ネットワークと繋がっているので、情報はかなり奥深いと感じる。米国や中国の政官財界の情報の質と量は恐らく日本政府の比ではないだろう。中国のネット情報だけだと怪しいものも多いらしくて何だか判らないが、深く入り込んだ情報源からの情報で情報源を明かせない情報をネットで出ていると言ってるのかもしれない。 彼女が一番強調していたのは、中国に居る10万人の日本人の帰国を政府が促さない事の問題で、安倍総理大臣の対応を非常に心配していた。与党の公明党、自民党は鳴霞さんの警告をどう受け止める?

********************************************

【純日本人会 メルマガ 】 発行人 : 栗原茂男 純日本人会 http://www.junnihon.com/ . . . → Read More: 米中戦争はもう始まっている

米中戦争はもう始まっている

1937年の盧溝橋事件から支那事変が始まり、どちらからも宣戦布告のないまま戦線が拡大して本格的な戦闘が日中間で始まった。だから「日中戦争」ではなく「支那事変」なのである。 日中間の宣戦布告は1941年に始まった大東亜戦争に便乗して蒋介石の中華民国が宣戦布告する形で日中間の戦争は始まった。

それが支那のやりかた。やりかたが卑怯で卑劣なのである。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E4%B8%AD%E6%88%A6%E4%BA%89 支那には国家としての品格は微塵もない。中国というのは国家と言うより広域暴力団と言ったほうが似合っている。 そして、大東亜戦争終了後に火事場泥棒的に侵略したソ連軍によって多数の満州開拓団の日本人はソ連軍に連行され、多くが亡くなり、支那人によっても多数の日本人が犠牲になった。生き延びた人々も過酷な経緯を辿って日本に帰国した。

70数年を経て、今また日本政府の棄民政策によって支那で10万人の日本人が犠牲になるかもしれない危険な事態が起きている。 米国政府は在中米国人2千人と言われる米国民に対して既に何度も帰国を呼びかけ、それでも帰国しない米国人は何が起きても自己責任であると警告している。しかし日本政府はそのような呼び掛けはなく、日中友好路線のまま。広域暴力団中華人民共和国組親分の習キンピラの国賓来日は中華肺炎で延期になったが、決して取りやめたと発表しているわけではない。 中国では2010年に国防動員法(国防动员法)が施行された。これは「有事には民間のヒト・モノ・カネすべて“強制接収”できるという民主国家ではあり得ない独善的な規定」である。 https://www.sankei.com/world/news/170516/wor1705160001-n1.html

—————————————————————————————————————————————– 国防動員法 ほとんどの人が知らない!隣の中国人が突然義勇兵になりえるだって?! https://matome.naver.jp/odai/2146871824475813701 —————————————————————————————————————————————–

国際法違反の便衣兵を何の躊躇いもなく利用する中国は日本国内にも多数の中国国民を住みつかせ、衣を脱ぐと軍隊と言う便衣兵だらけと言う状態を作り出している。世界各地でマスクだの食料だのを買い占める支那人達は便衣兵と看做すべきだ。更に鳴霞さんの情報によると、あくどい事に北朝鮮から偽札作りの技術を持った者を入れ、米ドルの偽札を作っているそうだ。これは通貨主権の侵害であり、中国が米国に対し宣戦布告したと同じである。ただし、中国は盧溝橋事件や南京大虐殺のようにしらを切ったり、犯罪を他者に擦り付けたりするであろうが。既に細菌兵器の中華肺炎を米国や日本に擦り付けようとしている。

支那事変のように何時始まったか判らない経緯で中国と世界の間で戦争が始った時、中国内に取り残された日本人は誰が責任を取るのだろう?米国政府のようには、国民に警告をしていない日本政府であるが、多分誰も責任を取らないであろう。従業員を中国に派遣している企業も同様である。新聞、テレビなどの旧式メディアしか見ていない情弱経営者はネット情報を見ていなかったというのは、今の時代、言い訳にはならない。 70数年前の満州での悲劇が繰り返されるのかも知れない。そうならない事を願うが。 日本政府は、米国政府と同様に直ぐにでも日本人の帰国を促すべきである。そうしなかった事で在中国日本人が犠牲になったら与野党の政治家や政府は責任が免れられないと覚悟するべきだ。 米国政府が何度も米国民に警告を出していると言う事は何らかの対中決断をしている可能性がある?或いは高い。 米国は尖閣諸島を軍事基地化すると噂されている。公式発表でなく、それらしい人達からのリークと言う形は中国を現時点ではあまり刺激しない戦略と考える事が出来るのではないだろうか。恐らくそうだろう。 空気読めない・KYの韓国は日本に嫌がらせをしているつもりでGSOMIAで米国を困らせて来たが、結局GSOMIAは継続した。韓国は国際法的に独立国ではないと思われる。 ロシアはマスクを、不足している自国民をさておいて、米国へ送った。これは何を意味するのか?普通に考えればロシアは対中国との戦争で米国と連携する事を明確にしたのだろう。 中国の北のロシア、東の韓国を米国は押さえた。北朝鮮は恐らく、歴史と国際法を考慮するとロシアの支配地だろうと思われる。だから最終的には韓国が米国に従うようにロシアに従うだろう。 中国の西はウイグル、チベットであり、そもそも住民は中国政府が弾圧中の異民族。有事に支那民族で一致団結とはならない。今迄黙っているイスラム諸国も中国内乱となれば一気にウイグル支援に向かうかも知れない。イランの中国の犬は米軍によって殺された。パキスタンも中国離れをしているように見える。 すると中国を叩く最後の最重要地域は南と言う事になる。

南シナ海には真ん中に台湾が陣取っている。メルマガとブログで何度も私は述べてきたが、台湾の法的地位は日本の領土で米国の占領地。 https://www.youtube.com/watch?v=dMJ2cVdIvCE

最近台湾民政府の名刺の図案が変わったが日本回帰の志向性が鮮明になっている。 台湾は戦後、占領者の米国は中華民国亡命政府集団に代理占領を依頼してきたが、台湾を施政権返還前の沖縄を範として琉球民政府に倣って台湾民政府に内政を委譲する予定である。 米国も国連も日本も中華民国亡命政府を中国を代表する政府として認めていない。中華民国抗亡命政府は現実問題として国際社会で孤立化の一途で未来の展望は開けない。

その台湾は戦前の日本政府の地図では西沙諸島と南沙諸島は台湾の一地域となっている。フィリピンもベトナムも外国の植民地時代であり、主権を主張する立場ではなかった。 両諸島は日本領であり、米国の占領地であれば、対米戦争をする中国は完全に周囲を取り囲まれることになる。九州から南西諸島、台湾、西沙諸島、南沙諸島が日本の主権地域である。そして食料とエネルギーを自給できない中国は、もし米中戦争なら、輸入の海上ルートを米国に塞がれる。

先ほど鳴霞さんと連絡が取れた。朝10時に電話して出ないので切ったが、18時に折り返しの電話であった。鳴霞さんは寝る間もないほど忙しいらしい。それで中華肺炎はともかく過労に注意するように忠告と言うか、お願いした。 鳴霞さんの情報は現在水間政憲氏と他の二名の方を通じて流しているそうで、YouTubeとニコニコ動画で概ねそれらの情報は網羅されているようだ。 鳴霞さんは反中国共産党の世界的ネットワークと繋がっているので、情報はかなり奥深いと感じる。米国や中国の政官財界の情報の質と量は恐らく日本政府の比ではないだろう。中国のネット情報だけだと怪しいものも多いらしくて何だか判らないが、深く入り込んだ情報源からの情報で情報源を明かせない情報をネットで出ていると言ってるのかもしれない。

彼女が一番強調していたのは彼女が一番強調していたのは、中国に居る10万人の日本人の帰国を政府が促さない事の問題で、安倍総理大臣の対応を非常に心配していた。与党の公明党、自民党は鳴霞さんの警告をどう受け止める?

. . . → Read More: 米中戦争はもう始まっている

◇ 商品券、公明党案だが大賛成 ◇   -栗原茂男

————————————————————————————————————————-

《 ※ 注目記事 》 【新型コロナ】 異常事態発生! 外国人が日本の医療リソースの3割を占拠! 2020年 3月 31日 (火) 【悲報】日本政府がいまだに海外経路ばかり検査してるから医療リソースの3割が外人に占拠されてしまう

http://toua2chdqn.livedoor.blog/archives/56592342.html

情報について厚生労働省に電話で確認したところ、3月31日現在の数値は、発症例は1,494で、日本国籍人は1,052例で殆ど70%だから日本の医療資源の30%が外国人に占拠選挙されているのは正しい。

————————————————————————————————————————-

◇ 商品券、公明党案だが大賛成 ◇ -栗原茂男

私は公明党の支持母体の創価学会とは宗教も違うし、歴史観も違うし対南北朝鮮、対中国の政策も違う。その他色々違うが、商品券には大賛成だ。 事業者の業種によって今の事態は有利に働く個人、法人はある。

しかしそういった個々の事情は脇において、日本全体の経済が大変な状況になっているのは誰でもわかるほど深刻であり、さすがに「安倍が~」、「安倍のせいニダ!」は主張に説得力が全くない。今必要なのは国内の消費を喚起する政策であり、それは地方行政ではなく国にしか出来ない。何故なら国内の通貨発行権は国にしかないからである。

中華肺炎が日本だけではなく世界全体で第三次世界大戦のごとき苦難を主要諸国の国民に与えている。どこかの国が軍事力を行使したわけでもなくミサイルや爆撃機が飛んでくるわけでもない。 あえて言うなら、中国の隠蔽体質による初動の対策の失敗とC(hina)HOと揶揄されるWHOの無責任な言動が悲劇を作り出したのであり、それは世界中で言われている事。

今、世界は肺炎の蔓延による疾病、死亡で苦しんでいるが、このような状況はそれだけではなく、倒産、失業などの経済苦から自殺や自殺させ屋による殺人、あるいは家庭内不和、職場の緊張、心労から来る心臓や脳などへの負担など想像以上の不幸を生み出すことになるだろうし、既に出していると思われる。

又経済力の低下は国際的発言力が下がるし、国防上にも防衛費の圧迫で重大な悪影響を与える。国力の源泉はGDP,国内総生産。GDPの恒等式は民間消費+民間投資+政府支出+貿易収支で、日本の場合は民間消費がGDPの約60%だから、国力維持のためには民間消費の維持、増加が必須。

このような状況下で緊急に必要な事は、カネ詰まりの人にカネを供給する事と消費を喚起すること。 通常、景気が悪化すると政府から出てくる最初の声は融資枠の拡大だが、融資は返済しなければならない。資金が詰まってしまって支払期限が迫っている法人、個人は事業の継続の瀬戸際だから返す事を考える余裕もなく当面の資金繰りのために必死で借り入れを探る。そして多くの場合、後で更に苦しむ場合が多い。

今の国内状況なら、政府は貸すのではなく贈与するしか国民経済を再建する方法がない。貸して徳政令と考えれば良いのではないだろうか。 その場合、重要な事は貧しい人々に政府がカネを恵んでやるという発想ではなく国民経済の観点から消費を喚起しなければならず、その為に国民の協力を得る目的の「お金を使ってください!お願いします!」と言う発想。 そこで出てくるのが国民にカネを撒けと言う政策。

しかしそれが銀行振り込みなら所謂カネ持ちは消費性向が低くそのまま貯蓄となり、せっかく政府が消費資金を国民に配っても振り込まれたカネは降ろして使われず、つまり消費喚起に協力せずに政府の赤字国債が富裕層の貯蓄になるだけで、それでは本末転倒となる。 だからヘリコプターマネーやベーシックインカムの発想は基本的には正しいのだが疑問を感じる部分もある。そして一度実行すると民主主義の世界では国・地方の議員達は有権者の必死の声に押されてやがて乱発される事になるであろう。

それよりは消費喚起協力の資金を銀行口座に振り込むのではなく、チョット使い勝手が面倒な商品券の方が良い。消費性向の低い、いわゆるカネ持ちは下の写真のような所へ行かない場合も多いような気がする。

. . . → Read More: ◇ 商品券、公明党案だが大賛成 ◇   -栗原茂男