A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

ぺンス副大統領のハドソン宣言は対中宣戦布告のプロローグ -栗原茂男

1) ぺンス副大統領のハドソン宣言は対中宣戦布告のプロローグ

2) こいつ、何を言ってるのだろう?| NHKニュース

3) 「防弾少年団」(BTS)についてNHKと生野区の御幸森小学校コリアンフェスに抗議をお願い致します

4) SDHF Newsletter No.228J 国連 人種差別撤廃委員会 参加報告会

5) 人種差別撤回提案100周年講演会

6) 日本銀行 : マネーの将来 日本金融学会2018年度秋季大会における特別講演

7) 財務省HP新着情報

8) 内閣府経済社会総合研究所からの新着情報のお知らせ

9) 日本銀行メール配信サービス

10) 金融庁HP新着情報

11) 外務省ホームページ新着情報

12) アメリカ中間選挙 ー アメリカンセンターJapan

13) インターネット情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) ぺンス副大統領のハドソン宣言は対中宣戦布告のプロローグ

10月4日ぺンス副大統領がハドソン研究所で行った講演は対中宣戦布告の予告とみるべき。

***************************************************************************************************************************************************** 【日本語字幕】ぺンス米副大統領 対中方針演説 (2018)【ノーカット】 https://www.youtube.com/watch?v=bmgSFzIyDZs

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

米中覇権戦争と日中首脳会談!米の生存本能呼び覚ました中国社会主義の現代化強国2049!トリッキーなプラス転換にストイッキーな一帯一路海外インフラ協力?!【秋田浩之】 https://www.youtube.com/watch?v=0r_2iKxAibQ *****************************************************************************************************************************************************

新聞、テレビ、雑誌ばかり見ている者は情弱となって馬鹿になる。経済界には中国へ投資する企業がまだまだ有って後を絶たない。中国から依頼された投資顧問業者に誘われるのだろうが、情弱者は騙される。 今の時代、新聞やテレビを見て判断を間違えても経営判断の間違えの言い訳にはならない。

真実はインターネット空間にある。

ペンス副大統領の講演は一応中国との平和共存を望んでいる立場を明言しているが、民主化とか人権とかで、中国が国際社会と価値観を共有出来ない事を百も承知で述べているはず。 そして米国も世界も中国の民主化、人権尊重を本気で熱望している。

. . . → Read More: ぺンス副大統領のハドソン宣言は対中宣戦布告のプロローグ -栗原茂男

台湾民政府情報 30.10.22.(月) -栗原茂男

1) 台湾民政府情報 30.10.22.(月)

2) 三度めの正直の予定通り10%~消費税率引上げが景気回復を遅らせた日本の特殊事情~ 松田学 通信 vol.35 2018.10.22

3) 韓国歌手グループが3組もNHK紅白に出場 ー こうやって韓国芸人を世界に売り出す

4) 日本もウイグルかしつつある!

5) インターネット情情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 台湾民政府情報 30.10.22.(月)

最近の情勢を見ると、米国は11月6日の中間選挙が終わって中国による干渉の虞が無くなった時点で、台湾問題の処理にいよいよ本格的に乗り出すのではないだろうか。

ここ数日、その可能性を窺わせるような記事が台湾のメディアで報じられており(下のURL)、それによれば今月15日に米海軍の科学研究船トーマス号が高雄港に入港及び停泊したそうで、予定では18日にも次の目的地であるオーストラリアのフリーマントル港に向けて高雄港を出港することになっているが、実際予定通りに出港したのかはその後特に報じられておらず不明。

この時期に米海軍の科学研究船が高雄港の入港及び停泊したことを考えれば、もしかしたら今後米軍が米国の国防授権法に基づいて公開的な形で台湾に進駐するための、言うなれば高雄港の事前調査のために科学研究船が今回入港及び停泊したのかもしれない。

これと関連して米軍は南シナ海で行われている航行の自由作戦の流れで、近く軍艦を台湾海峡に派遣して通過させることを計画しているとのことであり、それが実行されれば7月に米軍の駆逐艦2隻が台湾海峡を通過したのに続いてということになる。

そして実は台湾海峡を通過したのは米軍の艦船のみならず、昨年9月にはオーストラリア軍の護衛艦も台湾海峡を通過していたことが一年余り経った19日に公表されている。 米国を始めとする国際社会の意思として、中国による台湾領有の主張を排除すると共に米軍の公開的な台湾進駐の契機になるのかも知れない。

敏感時機!美海軍船艦停泊進高雄港(2018年10月16日付自由時報) http://news.ltn.com.tw/news/politics/breakingnews/2582124

澳洲軍艦通過台灣海峽! 美官員暗示:反對中國對台主張(2018年10月20日付自由時報) http://news.ltn.com.tw/news/world/breakingnews/2586438

川普力挺台灣! 路透:美國考慮再派軍艦通過台灣海峽(2018年10月20日付自由時報) http://news.ltn.com.tw/news/politics/breakingnews/2586633

美擬再派艦通過台海 傳至少2艘且任務多天(2018年10月21日付自由時報) http://news.ltn.com.tw/news/world/breakingnews/2587164

次に台湾民政府についてであるが、台湾民政府はちょうど米国で中間選挙が行われた直後の11月上旬に代表団が訪米し、会議やレセプションに出席する予定とのことであり、それらの会議の招待状やレセプションの情報が台湾民政府の公式サイトに掲載されている(下のURL)。

7日のレセプションは台湾米国商工会議所(Taiwanese-American Chamber of Commerce, TACC)の成立を祝賀するもので、夜のレセプションに先駆けて夕方にはパネルディスカッションも行われるようである。

最近台湾民政府が出席している国際会議は貿易に関するものも多いので、その流れの一つと言えるであろう。

一方、会議の方は二つあり、そのうちの一つは8日から11日までジョージア州のシー・アイランドで行われる米国の政治雑誌「ワシントン・イグザミナー」(Washington Examiner)主催の「シー・アイランド政治サミット」(Sea Island Political Summit」。 もう一つは8日に行われる米国の新聞「ロール・コール」(Roll Call)主催の、中間選挙の結果がその後に与える影響を検討する「After the Races」である。

台湾民政府は既に両会議から招待状を受け取っており、その招待状の宛名はいずれも「Mrs. . . . → Read More: 台湾民政府情報 30.10.22.(月) -栗原茂男

台湾民政府重要情報 -栗原茂男

1) 台湾民政府重要情報

2) 反グローバリズムと日米FTA~リアルな「である論」に立った「べき論」を~松田学 通信 vol.32 2018.10.01

3) 沖縄知事選についての台湾民政府からの私的な視点

4) 消費税増税、食品の軽減税率を歓迎する。

5) 金融庁HP新着情報 2018-10-04

6) 外務省ホームページ新着情報

7) 国連 人種差別撤廃委員会 参加報告会

8) SDHF 国連 人種差別撤廃委員会 最終見解書に対する声明

9) 日本銀行メール配信サービス 2018-09-28

10) 【 内閣府 】 消費動向調査(平成30年9月実施分)

11) 国家サイバー戦略・テロに関する報告書 アメリカンセンターJapan

12) インターネット情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 台湾民政府重要情報

台湾民政府は昨年に引き続いて今年も9月23日から26日(現地時間)までの日程で、国連総会の関連会議に出席するため代表団6名をニューヨークに派遣したとのことで、その写真が台湾民政府の公式サイトに掲載されている(下のURL)。 代表団は23日にはグランドハイアットニューヨークに宿泊したそうであるが、今回このホテルには国連総会の関係者が多数宿泊していた関係で、ホテル内にも国連の旗が掲げられており、代表団は彼ら国連総会の関係者と交流すると共に、ワシントンの広告担当会社「Global Vision Communications」とも一連の日程について確認したそうである。

24日には国連本部の会議室Aで開かれた「SDGs(持続可能な開発目標)達成のための具体的行動」について話し合う会議に出席したそうで、昨年に続いて台湾民政府は台湾人を代表して「台湾」の名義で国連本部におけるSDGs関連の会議に出席したことになり、台湾民政府は改めて「こうした活動は中華民国亡命政府には永遠に不可能なことである」と特に強調している。

25日には「2018年コンコルディア年次サミット」に終日出席したそうだが(この会議には昨年9月にも出席している)、その途中に行われた昼食会は雑誌「The Washington Examiner」主催・台湾民政府協賛のものであり、この昼食会では「アジア政策の検証」をテーマに、国際貿易や関税問題から国家安全・銀行・金融に至るまで様々な内容について討論され、特にヘリテージ財団や雑誌「The Weekly Standard」からもゲストが招かれたそうである。

そして26日には「南アフリカビジネスセミナー」に出席し、このセミナーでは南アフリカ大統領が挨拶を行ったとのことである。

台湾民政府が台湾人を代表して再び国連総会の関連会議に出席 http://usmgtcgov.tw/News/EventLatestContent?&ID=45&langCode=zh-TW

グランドハイアットニューヨークに宿泊(現地時間23日) . . . → Read More: 台湾民政府重要情報 -栗原茂男