A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

日本は金融立国も目指すべき -栗原茂男

1) 日本は金融立国も目指すべき

2) 安倍政権、残る3年の課題としての「新しい国づくり」~戦後システムをどう組み替えるのか~ 松田学 通信 vol.31 2018.09.25

3) 「中国人」は侵略用語

4) 安倍とトランプ会談の本題は表向きとは違うのではないだろうか

5) U.S. Information Alert 最新の米国政策情報

6) 中国政府がウイグル人に対しておこなっている100万人規模の強制収容に反対する署名運動

7) 蓮舫曰く、「今、日本人でいるのは、それが都合が良いからです。それ以上の意味はありません。日本のパスポートは、あくまで外国に行きやすいからと言うだけのもの。私にはそれ以上の意味はありません」

8) 【 内閣府 】四半期別固定資本ストック速報(2018(平成30)年4-6月期)

9) 金融庁HP新着情報 2018-09-25

10) 日本銀行メール配信サービス

11) 外務省ホームページ新着情報

12) インターネット情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 日本は金融立国も目指すべき

平成20年、2008年から日本の貿易収支が急減している。 https://www.mof.go.jp/international_policy/reference/balance_of_payments/bp_trend/bpnet/sbp/s-1/6s-1-2.csv

2008年は年後半にリーマンショックがあり、複雑な事情があったが、2009年終盤に民主党政権になってから円高政策で貿易収支の悪化が始まった。

当然、喜んだのは中国と韓国。平成23年、24年の日本の経常収支が悪化した。

中韓は日本から技術を盗み、捏造歴史で因縁付けして資金援助を受け、日本の売りこみ先に安値で売り込む事が出来るからである。

その後安倍政権になってから経常収支は大幅に黒字化している。

数字の流れから読み取れる事は、民主党時代の円高政策で製造業の中国、韓国への移転が進んで貿易収支が悪化し、安倍政権になって円高が修正されたが一度海外へ工場などの投資した企業は簡単には引き返せない。

更に中国は広域暴力団、中華人民共和国組が取り仕切る地域。企業が引き揚げたくても、全部おいてけ!とばかりに引き上げる時は身ぐるみは剥がされてしまう。

その代わり、企業の工場海外移転や海外投資は投資の配当をもたらす。それで貿易収支に配当などの収支である移転収支を加減した経常収支は大幅黒字となって来ている。

こういう構造を変えるには企業の行動様式を変えさせねばならないが、民間企業にむりやり政府の政策に従わせるなんて不可能。日本は広域暴力団・中国のようなファシズムの国ではない。

そうであれば考えを変えて、貿易は均衡ないし、若干の赤字でも構わない。それよりも投資収益率の向上に力を入れるべきではないだろうか。 日本は以前から金融には力を入れてこなかったから産業技術としては弱い面があることは確か。

そうは言っても、国に力の源泉は製造力であるから科学技術進歩にはこれまで同様に力を入れねばならない。製造業の一層の技術革新と投資効率の向上を目指すべきだ。

情報通信の先端技術は小泉政権下や民主党政権下で海外諸国に遅れを取ってしまった。 製造業でもやるべき事は多々あり、高付加価値、高賃金を目指すことがこれからの日本にとって重要である。

そして安易な外人労働者利用ではなく付加価値の低い、賃金の安い産業は反日でない国を選んで移転し、付加価値の高い産業を伸ばす。 製造業の移転はアメリカのような対日貿易赤字に不満を持つ国々に対しては問題解決の努力をしている事になる。

又、330兆円近い世界ダントツ一位の対外金融資産を運用効率を高める事で国民生活を豊かにすることを目指すべきである。 . . . → Read More: 日本は金融立国も目指すべき -栗原茂男

AIT新館の稼動は遅れる見込み? -栗原茂男

1) AIT新館の稼動は遅れる見込み?

2) ふるさと納税と「民」が支える「公」~ドローンによる被災地調査の現場で考えたこと~ 松田学 通信 vol.30 2018.09.18

3) 米中経済摩擦は米中戦争のプロローグ

4) 米国失業率

5) 第1回日韓文化・人的交流推進に向けた有識者会合

6) 財務省HP新着情報 2018-09-18

7) 日本銀行メール配信サービス

8) 内閣府経済社会総合研究所からの新着情報のお知らせ

9) 外務省ホームページ新着情報

10) 国連 人種差別撤廃委員会 参加報告会 10月9日 参議院議員会館 [2018年9月20日号]

11) インターネット情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) AIT新館の稼動は遅れる見込み?

先日、元人民解放軍の鳴霞さんと電話で話したところ、有る程度信頼のある「博訊ネット」でAIT新館の稼動が遅れるという記事が何日か前に載ってたそうだ。 恐らく「博訊ネット」が米国政府を取材して書いたのではないだろうかと鳴霞参は述べていた。私もそんな気がする。 そもそもトランプ政権は誰の言ってる事が本当なのか解らないところがある。案外、意図的に情報を混乱させているかも知れない。しかし基本的な戦略は堅固だろうと思う。

一時期、世界は北朝鮮の動向に振り回されてきたが、北朝鮮問題は本筋ではなく、本筋は米中戦争であり、北朝鮮は米中の狭間で翻弄されていると見るべきだろう。 北朝鮮は金正日時代から日米との経済交流を望んできた。そしてそれを阻止したいのが中国であり韓国である事は今も変わらない。

米国のトランプ外交は中国の西南はベトナムとフィリピンを取りこみ、東は日本と韓国と密に連絡を取り合う戦略と言うのが良く見える。

ただ韓国は自国を取り巻く国際情勢を全く理解していなし、相変わらず日本憎しで凝り固まって米国の戦略に逆らうような事が多すぎる。 恐らく韓国には主権は無く米国の支配下なのでTHAADでも平沢基地拡張でも米国に力づくで従わされているように見える。

いくら言っても解らず屋の韓国政府には米国は相手にしないで力づくで言う事を聞かせる方針ではないだろうか。 一部で言われる韓国撤退は考え難い。昨年、ソウル近郊の米軍平沢基地大拡張が完成している。

ベトナム、フィリピン、韓国と来たら次は台湾だろう。AIT新館に米軍基地が公然と置かれる事は台湾中国領論を主張する中国にとって自国領内に米軍基地が置かれる事を意味する。 内外に歴史捏造で台湾泥棒の論理を拡散してきた中国は面子は丸潰れとなる。

北戴河会議でもみんなが不満を持つ習キンピラの首に鈴をつける者が現れないほど意気地なしの支那は案外、米国の政策に泣き寝入りするような気もする。 ただ、程度の悪い人民解放軍は一部の跳ね上がりで対米戦争を仕掛けるかも知れない。

米国としては米中の軍事衝突は可能な限り避けたいであろうし、しかし台湾民政府への政権移譲は絶対に譲れないから時宜を見計らっているように思える。

ともかくAIT新館に米国・インド太平洋軍の指令本部が設置される事は中国にとって正念場を迎えることになるはずで、その時、生意気な中国の対応が見ものである。

=========================================================

2) ふるさと納税と「民」が支える「公」~ドローンによる被災地調査の現場で考えたこと~ 松田学 . . . → Read More: AIT新館の稼動は遅れる見込み? -栗原茂男

玉城「デマの内容については明らかにしていない」は言論弾圧 -栗原茂男

1) 玉城「デマの内容については明らかにしていない」は言論弾圧

2) 米中戦争、本格化の予感

3) フクシマの現実は原発安全性という妄想を妄想であると証明した。

4) 原発は安くない!? 【 衆議院議員 河野太郎公式サイト 】

5) 災害大国から防災大国へ~国民の生命と財産を大事にする国へのパラダイムチェンジを~ 松田学 通信 vol.29 2018.09.10

6) 【号外】松田学登壇 セミナー案内 9/27(木)危機管理カンファレンス2018 松田学 通信 2018.09.11

7) 少子化対策は害人より日本の若者にカネを使うべき

8) 金融庁HP新着情報 2018-09-10

9) 外務省ホームページ新着情報

10) インターネット情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 玉城「デマの内容については明らかにしていない」は言論弾圧

意味不明の記事である。 ************************************************************************************************* ネットの「デマ」、名誉毀損で刑事告訴へ 翁長氏後継・玉城デニー氏 2018年9月11日 05:00 http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/312968 *************************************************************************************************

『本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律』と言う民主主義を弾圧する恐ろしい法律がある。 ネットで紹介されている朝鮮人達はヘイトスピーチ法と言うが本質は言論弾圧法であり、通称は「言論弾圧法」と呼ぶべき恐ろしい法律である。 http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=428AC1000000068

この法律の何がダメかと言うと、肝心の「不当な差別的言動」と言う言葉の定義がなく、誰が判断するかもわからない。このままだと裁判官の胸三寸と言う事になる。 しかし、そもそも常識と言うのは時と共に変るものである。 何が「不当な差別的言動」は一々国民投票で諮る以外、公正な判断はありえない。

定義のない法律文言は国民は疑心暗鬼となる。違反かもしれない、訴えられるかもしれない、となってウッカリ言えない雰囲気を作り出す。恐ろしい事である。

現状では「本邦外出身者」と言うのは圧倒的「朝鮮人」が多い。朝鮮人を括弧付けするのは民族を血筋やDNA、或いは国籍で定義するのではなく民族帰属意識で定義するからである。 密入国や不法滞在の重大な犯罪者達が何時のまにか合法滞在となり、やがて選挙権を寄こせ、朝鮮人に都合の悪い事は言うな、日本と日本人への悪口は構わない彼等は主張する。

「日本人は日本から出て行ってもらう」は合法と国会議員は考えているようだ。人間性を疑うほど図々しいのが議員をやっている。 . . . → Read More: 玉城「デマの内容については明らかにしていない」は言論弾圧 -栗原茂男

日韓スワップは既に再開しているのではないだろうか? -栗原茂男

1) 日韓スワップは既に再開しているのではないだろうか?

2) 現代世界でやってはいけないことをやってしまった中国

3) ゴルフ場建設はダメで、韓国企業のソーラーパネル建設は許可する静岡県伊東市

4) サンフランシスコ平和条約と言う名で知られる条約の正規名称は「日本との平和条約 / Treaty Of Peace With Japan」

5) 外務省ホームページ新着情報

7) インターネット情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 日韓スワップは既に再開しているのではないだろうか?

****************************************************************************************** 韓国とスワップを結んでるインドネシアが通貨危機寸前の事態に! 韓国が助けることになるの? http://news-us.org/article-20180910-0019201961-korea ******************************************************************************************

最近、韓国はスワップ、スワップと言わなくなった。少し前までは日本に乞食のようにスワップ、スワップで、カネ寄こすニダだったのがどうしたのかと思っているところだ。 考えられる事は日本の官僚や政治家が韓国から性接待と賄賂で篭絡されたか、池田大作氏が朝鮮人の創価学会が公明党を使って韓国に日本の外貨準備のカネを取り崩して献上させて戴いているのではないだろうか。

違うというなら国際収支が黒字の日本で外貨準備が減少気味の理由を政治家や官僚は説明するべきだ。もしそうだとしたら多分、韓国から日本へは韓国から無理やり頼まれた米国経由だろうとは思うが。

しかし外貨準備は日本国民の大切な財産であり、それも兆円単位で消失している事は大問題なのだから政府は韓国を助けたなら助けたと国民に明言しなければならない。

私が電話で財務省に質問した時は弱弱しい声で「すみませ~ん。お答えできません」だった。

=========================================================

2) 現代世界でやってはいけないことをやってしまった中国

******************************************************************** 中国による対米報復関税、中国の農家に打撃か 強気の姿勢が裏目に http://news-us.org/article-20180906-0019281829-china ********************************************************************

第二次大戦後の現代世界では、互いに戦争をなるべく避けるために経済で互いに構造的に組み込みあい、中々戦争がし難い仕組みを作ってきた。 戦争よりも話し合い、交渉で摩擦を乗り越える努力をしてきている。

ところが遅れて国際社会に登場してきた中国は軍事力は当初は弱く、お得意の中華3千年の奥義、性接待と賄賂で話し合い、交渉を手法にして国際社会を泳いできた。 性接待や賄賂は何処の国でもある。しかし支那、朝鮮は激しいのである。彼等と日頃親しくしていて、やけに肩を持つ人物は要注意である。

然しその内、日本からのカネと技術を導入する事に成功し、経済が助走し始めると欧米企業もカネを技術を中国の投入するようになり、発展し始めた中国は巨大人口を利用して巨大な購買力を武器に国際社会が作り上げてきた理性的な規則、規範や道義を無視して超利己主義的に振舞い始めている。それが今の中国である。

ウイグルを弾圧しても巨大消費力を使った外交でイスラム諸国を黙らせる事に成功して来ている。それどころか熱心なイスラムのイランやパキスタンとは永年にわたって蜜月である。 イランの核技術も中国からである。

その中国の核技術を支えてきたのはイランと犬猿の仲のイスラエルであり日本である。国土の狭いイスラエルは永年に亘ってウイグルで核実験を行ってきた。 何故日本が?かは解らないが1980年代からであり、日本在住の偽日本人の存在と中華奥義仮説を立てて考えれば容易に想像が付く。

イスラエルも中国とは昔から蜜月で、中国がウクライナから購入した中古空母を修理、改修したのはイスラエル企業と日本企業である。

北朝鮮は中国の言い逃れに利用されているだけ。北朝鮮なんか中国の下っ端の下っ端。アメリカが北と交渉を始めたから中国が北朝鮮政府内部で巻き返しているのが最近の北朝鮮の不可解な動きの背景ではなかろうか。

北朝鮮は広域暴力団中華人民共和国組のチンピラでいるより、堅気になって日米とまともな経済交流をしたほうがよほどマシ。金政権は正日の時代からそう考えていた。

巨大な消費力をもった中国は世界をかなり思いのままに影響力を行使できるようになって勘違いを始めた。 世界は中国ほど馬鹿ではない。世界から反撃を迎えるのは当然の流れ。現代世界で最大の国力があるアメリカが中国押さえ込みに乗り出したのが今の国際情勢。

アメリカドルは国際間の決済の基軸通貨であるが、それは誰か特定の組織や人物が決めたわけでなく、アメリカの国力の証である。 国際間の決済でかつては金が主役だったが、金ではもう無理。現代は金本位制ではなく管理通貨制度の時代。更に先走って言えば暗号通貨に向かっている。

. . . → Read More: 日韓スワップは既に再開しているのではないだろうか? -栗原茂男

9月AIT新館、稼動開始の予定 -栗原茂男

1) 9月AIT新館、稼動開始の予定

2) 国会の内輪の改革論よりも、具体的な未来プロジェクトこそが政治の軸~小泉進次郎氏のプレゼンに寄せて~松田学 通信 vol.28 2018.09.03

3) 中国とイラン、パキスタン

4) 日本銀行メール配信サービス 2018-09-06

5) M-ICTナウ vol.28 2018年9月第1号

6) 外務省ホームページ新着情報

7) 【 なでしこアクション 】 国連 人種差別撤廃委員会 参加報告

8) 孔子廟訴訟の控訴審が始まります。

9) 「パチンコ≒朝鮮人は人種差別が原因」と言うとんでもない言い掛かり

10) インターネット情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 9月AIT新館、稼動開始の予定

************************************************************************** 【 自由時報 】 美陸戰隊 傳9月進駐AIT內湖新館 http://news.ltn.com.tw/news/focus/paper/1220339

【 蘋果日報 】 【更新】美陸戰隊傳9月進駐新館 AIT:延續現行維安作法 https://tw.appledaily.com/new/realtime/20180729/1400573/

【 中時電子報 】 美陸戰隊 傳9月進駐AIT內湖新館 http://www.chinatimes.com/realtimenews/20180729000852-260407 **************************************************************************

台湾では今年2018年の6月12日にAIT(米国在台湾協会:実質的米国大使館)の新館が完成しての落成式が行われた。 . . . → Read More: 9月AIT新館、稼動開始の予定 -栗原茂男

トランプ大統領、真珠湾発言を考える -栗原茂男

1) トランプ大統領、真珠湾発言を考える

2) 恥ずかしい中国、野蛮の証明

3) 来年は市場に出回るおカネが減るらしい

4) 日本銀行メール配信サービス 2018-08-30

5) 外務省ホームページ新着情報

6) インターネット情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) トランプ大統領、真珠湾発言を考える

9月直前の8月の末になって6月の安倍トランプ会談での目的不明の発言が紹介されている。 フェイクニュースと言う説も出回っていて、突然の記事なので日本の政治世論は混乱しているが、アメリカが日本政府に対して強い不快感を持っているからではないだろうか。

トランプ大統領のツイッターからでもないし、嘘伝達で名高い既成マスコミだから真相はなんだかわからないが、記事が出てきた時期が問題である。

今アメリカは中国との戦争にまなじりを決している。

その最中に日本政府は中国とスワップを結ぶ事にしたり、「第7回日中財務対話」でトランプ政権の対中経済政策に泥を塗るような発表をしている。 スワップは3兆ドルだから、金策に困っている韓国と違って、金額はたいした事はないが、友好の証の意味ではないだろうか。自民党議員の秘書に聞いたが実質的は意味はわからない様子だった。

米国としては、日本に対して相当な不信感を持ったとしても当たり前。

財務省は親中国、溺愛韓国だけれども、日本のこの姿勢は中国と真剣勝負に出たアメリカからすると後ろから鉄砲を撃たれた感じなのではないだろうか。

それにしても韓国に対して毎年数兆円単位で日本国民の外貨・おカネを献上している可能性がある。 政府の発表する公式の統計を調べると、毎年日本には数兆円の単位で外貨が流入して日本国民の所有である日本政府の外貨が減少し続けている。 年々、外貨が溜まるはずなのに残高が減少している。そして金詰りの韓国の米国債(≒ドル)は何故か増加している。この傾向は何年も続いている。 考えられる事は日本の政府職員、議員に性接待と賄賂を受けている者が多数いる事。そうでなけれな、如何して?

国会議員や公務員には主権者に対して、「由らしむべし 知らしむべからず」と言う封建時代の発想が図々しく残っているから、巨額不正を想像させる事が存在するのではないだろうか。

それで「トランプ発言?」問題であるが、マスコミが日米とも腐っている事は良くわかるが、日本側の姿勢に大いに問題がある可能性は十分留意する必要があるだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『第7回日中財務対話 共同プレスリリース 於:北京(仮訳)』 https://www.mof.go.jp/international_policy/convention/dialogue/20180831press_release.htm

1. 第7回日中財務対話が、麻生太郎・副総理兼財務大臣及び劉昆・中華人民共和国財政部長の共同議長の下、両財務省、中央銀行及び金融監督当局幹部の参加を得て、2018年8月31日、中国・北京で開催された。

2. 2018年5月の李克強・中華人民共和国総理の公式訪日により、2国間の関係は通常の道へと戻り、様々な領域における両国間の協力のための望ましい状況が醸成された。両大臣は、この好機を活かし、政策対話や実務的な協力関係の向上のために日中財務対話を活用し、それにより継続的で、健全で、強固な日中関係の発展のために貢献することに合意した。金融協力について、両大臣は、本年5月の日中首脳会談の合意事項にかかる作業を速やかに進めることに合意した。

3. 両大臣は、保護主義はどの国の利益にもならないこと、また自由で開かれたルールに基づく多国間の貿易体制を維持・推進していくことに合意した。また、両大臣は、マクロ経済政策の協調、貧困削減や開発の促進、地域経済や金融協力の深化、地域経済や金融安定の保全といった観点から、G20やASEAN+3といった多国間の枠組み、及びアジア開発銀行や世界銀行を含む国際開発機関が大きな役割を果たすことに合意した。また、両大臣は日中両国がそれぞれG20議長国・ASEAN+3共同議長国となる2019年において、具体的な成果を生むべく相互に協力することに合意した。

4. 両大臣は、構造改革を進め、対話を維持し、税制改革・予算管理改革・公的債務管理を含む諸課題についてお互いの経験から学ぶために、日中両国が相互に支援することに合意した。

5. 両大臣は、証券市場などの金融市場や金融監督の分野で、次のステップの方向性や方策を含め、協力を拡大することで意見が一致した。また、両大臣は第三国における経済協力についても意見交換を行い、今後、将来の協力の可能性について議論を行うこととなった。

6. 両大臣は、日中両国の年金制度に関する共同研究を高く評価し、今後共同でそのレポートを公表する。また、両大臣は、共通の関心事について、共同研究を継続することについて合意した。

7. 両大臣は、第8回の日中財務対話を来年日本で開催することを楽しみにしている。

=========================================================

2) 恥ずかしい中国、野蛮の証明

中国の報道官が現代世界では非常に恥ずかしい発言をした。

************************************************************************************************ . . . → Read More: トランプ大統領、真珠湾発言を考える -栗原茂男