2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

米国連邦高裁が認めるカイロ宣言紙屑論      -栗原茂男

1) 米国連邦高裁が認めるカイロ宣言紙屑論

2) 財務省HP新着情報 2017-08-04

3) 日本銀行メール配信サービス 2017-08-03

4) 外務省ホームページ新着情報

5) 総務省 関東総合通信局 メールマガジン 平成29年8月4日号 Vol.184

6) 【 NPO法人百人の会 】 和田有一朗・兵庫県議に座布団3枚!

7) 【 NPO法人百人の会 】 神奈川の世論6901TBS「報道特集」に抗議のお願い

8)インターネット情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 米国連邦高裁が認めるカイロ宣言紙屑論

 

現在、政界では憲法9条改正を巡って衆参それぞれで3分の2を確保できるかで、票読みをしているようだ。

 

********************************************************************************************************************************************

第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2項 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

********************************************************************************************************************************************

日本国憲法を素直に読めば自衛隊は違憲と判断するべきで、特に2項が自衛隊合憲論に厳しい。

 

しかしその一方で日本は国連に加盟していて、国際法が上位に来るから国連憲章が自衛隊論争に登場してくる。

そして日本国憲法の判断は最終的には最高裁が行う。

≪ 第八十一条 最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である。 ≫

 

それで今まだ最高裁が自衛隊について如何判断をしたかと言うと、唯一の判例が砂川事件の判決。

その時、最高裁は国連憲章の51条で自衛権が認められているから、自衛隊は合憲だと言う判断をしている。

文句があるなら国連に文句を言うしかない。

***********************************************************************************************************************************************

. . . → Read More: 米国連邦高裁が認めるカイロ宣言紙屑論      -栗原茂男