A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

米国がTPPを批准しなかった場合の想定    -栗原茂男

 

1) 米国がTPPを批准しなかった場合の想定 2) トランプ氏の経済顧問団とTPP

3) 財務省・新着情報メールマガジン

4) 【 内閣府 】 景気動向指数(平成28年9月分速報からの改訂状況)

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

平成28年12月18日あてな倶楽部 / 近代史研究家の落合道夫を講師にお迎えし、「杉浦美談の偽史と日本のユダヤ人救済」と題して講演会を開催予定。

開始時間 午後6時から / 会場 目黒区住区センター 03-3715-9231 http://bit.ly/zhQztY / 参加費 1千円

===============================================================

 

1) 米国がTPPを批准しなかった場合の想定 ASEAN、APECは協議をする場のようであり、RCEP(アールセップ)はEPA(経済連携協定)。 「EPA・経済連携協定」と 「FTA ・自由貿易協定」との違いは、FTAが単に関税を下げる自由貿易協定であるのに対し、EPAは食品や薬品、工業原材料その他さまざまな許認可や基準、規制を参加国で共通化したり、税関の認証手続き区を簡略化したり、労働ビザなど人の移動を容易にしたりなどで、お互いの市場をなるべく共通化し巨大化する事で、経済成長を高めようとする協定である。 中国のように外国企業が投資をしてしまったら、後で無理難題を吹っ掛けて身ぐるみ剥いで追い出す様な事が出来ないように、ISD条項を設け、理不尽な事で被害を被った企業は相手国政府に損害賠償を求める協定である。 ISD条項については既に様々な判例があり、モンサントが如何とか、色々な噂があるが殆どは物知り顔に適当な事を言う者達のデマのようである。 アメリカはトランプ氏がTPPに参加しない旨を表明したので、不参加の可能性が高まっているが、世界制覇の野望実現の手始めにアジアを支配しようと言う中国にとってTPPは本質的に邪魔な存在であり、だからこそシナ人の蓮舫は日本の国会で外国機密に準ずるような安倍、トランプ会談でのTPP論議を知りたがるのであろう。何処の国よりも中国が知りたがる情報であり、売国行為に思える。 トランプ氏はTPPに参加せず、FTAを結ぶと言っているが、米国はAIIBに入るべきだったと言っている上級顧問のジェームズ・ウルジー氏はTPP反対論をトランプ氏に吹き込んでいるに違いない。 AIIBは日米が大口出資者となってアジア諸国に資金を貸し、融資先の決定権と額を決める権限を実質的に中国が握る銀行である。 「一帯一路」と称してアジアから欧州までを中国の支配圏にしようと言う遠大な覇権目的の道具である。 中華覇権主義は毛沢東の時代から公言してきた戦略で、アジア、次いでアフリカで「欧米植民地主義」を非難して反政府運動を工作し、共産主義を旗印にして現地政府を転覆させて中国の操り人形政府を創り、最終的には欧米も制覇しようと言う思い上がりも甚だしい戦略である。 一党独裁、全体主義、ファシズムを「共産主義」と言う言葉で覆い隠すが、「共産主義」の本質はマルクス主義も空想的であった事が20世紀に暴露されている。 欧米を政府組織の裏口から侵入してコッソリ乗っ取り、「政府」を背後から操って悪徳を栄えさせて来た勢力が21世紀は中国の時代などと言って、散々悪用してきたアメリカを棄て、中国を利用しようとしている。 ただ、中国はアメリカを操ったように背後から操れるようには思えないし、21世紀は中国滅亡の時代にも思える。 昨今の状況は中国滅亡へ刻一刻と近づいている観がある。 案外、日ロの急接近は北方領土問題なんかではなく中国崩壊に備え、発生するであろう難民の対策を話し合うことが本当の目的ではないだろうか。 ロシアは中国とは長い国境線を有し、昔から中華侵略を非常に警戒して来ているし、その為の経済的負担も半端ではないらしい。 20世紀終盤で日本の資金と技術で経済発展の基礎を創った中国は世界制覇の野望を露骨にさせ、傍若無人な振る舞いを見せている。 先進諸国が長い年月を掛けて作り上げた国際社会の価値観と仕組みを悪用して狡く汚く中国の利己主義的利益優先の政策を実行している。 世界中何処の国に行っても賄賂や接待などの腐敗はあるが、何処の国も腐敗が国を滅ぼすことを知っているから、腐敗を退治しようと言う努力もしている。 そういう状況下で途上国に賄賂をばら撒けば効果はてき面だが、途上国の自立は妨げる事となる。 . . . → Read More: 米国がTPPを批准しなかった場合の想定    -栗原茂男

台湾民政府情報     -栗原茂男

 

 

1) 台湾民政府情報

2) 中国経済崩壊の足音

3) トランプ政策と選挙公約

4) あてな倶楽部の報告と12月例会のご案内

5) 【中所得国の罠をどう飛び越えるか】ESRI通信第99号11月21日(月)

6) 財務省・新着情報メールマガジン 28.11.21.

7) 日本銀行メール配信サービス 2016-11-21

8) 【 NPO法人百人の会 】 「土人」発言の機動隊員懲戒処分は妥当か

9) )インターネット情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

1) 台湾民政府情報

 

ワシントンを訪れた台湾民政府の米国大統領選挙視察団の続報。

11日から12日にかけては連邦議会議事堂の参観、全米民主主義基金への訪問、対米訴訟のキャンプ弁護士との会談等が行われたようである(下のURL)。

又各々の写真と併せて「米国側とは『接触は可・公開は不可の原則』という合意があるため、一部の米国政府関係者については写真を公開していない」旨の記述があり、既に写真が公開されている以外にも様々な米国政府関係者との会談があったものと推察される。

視察団は恐らく予定通り14日に台湾へ戻ったと思われる。

 

2016 受邀美國總統大選參訪團(各イベントの画像)

http://usmgtcgov.tw/forum/topics/2016-3

 

 

併せて台湾のマスコミで報じられた最近の中華民国政府関連の情報も紹介する。

国連で今年新たに成立した「希少疾患非政府組織委員会(NGO Committee for Rare Diseases)」の、11日にニューヨークで開かれた成立大会において、当初9月に国連から招待を受けて当日演説を行う予定になっていた台湾の財団法人希少疾患基金会理事長の曾敏傑氏が、当日午前に中国の抗議を受けて国連から成立大会における演説を取り消されたのみならず、国連本部への立ち入りすら拒否されたという報道であり(下のURL)、表向きは中国の希少疾病発展センター代表の演説が、曾敏傑氏の演説より後の時間帯に予定を組まれたことに対する抗議とされているが、実際のところこれもやはり7月中旬の南シナ海に関する国際司法裁判所判決が、中華民国政府を「中国の台湾当局」と認定したことを踏まえ、中華民国政府自体のみならずその体系下にある財団法人のNGOに関してすら、国際社会におけるその扱いは今や中華民国政府を管轄する立場にある中国の意向に従うというルールが出来上がりつつあるように思われる。

結局台湾が中国の影響を受けずに国際社会に参与したいのであれば、台湾から中華民国政府を排除して台湾民政府に政権委譲する以外には無いわけである。

 

中國又施壓罕病UN演講遭阻撓

http://news.ltn.com.tw/news/politics/breakingnews/1884339

. . . → Read More: 台湾民政府情報     -栗原茂男

ナイジェリアで苦闘する大和撫子    

 

 

1) ナイジェリアで苦闘する大和撫子 2) 中国の外貨準備が統計上で減り始めた

3) 日米は政策転換すれば経済は一気に浮上する

4) 【 NPO法人百人の会 】 「通州事件」連続学習会

5) 日本銀行メール配信サービス 2016-11-14

6) 財務省・新着情報メールマガジン

7) SDHF 大東亜会議70周年記念シリーズ チャンドラ・ボース(自由インド仮政府首班)の演説

8) 第138回日本経済復活の会定例会のお知らせ

9)インターネット情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

11月19日土曜日午後6時から 「あてな倶楽部 info@sycorp.jp 」 * 瀬戸弘幸氏 :「日本第一党」を語る 於・鷹番住区センター03-3715-9231 / 参加費千円 ===============================================================

 

 

1) ナイジェリアで苦闘する大和撫子

 

 

 

 

 

Michiko Ohara Uzomba

11月16日 13:10 ·

ナイジェリア政府は去年、腐敗した判事を入れ替え、ただただ裁判を引き伸ばしていたイスラムの判事が飛ばされたのですが、やはり新しい判事Dagatもやることは同じでした。

. . . → Read More: ナイジェリアで苦闘する大和撫子    

トランプ政策を予測する   -栗原茂男

 

 

1) トランプ政策を予測する

2) 【 内閣府 】 四半期別GDP速報(2016(平成28)年7-9月期・1次速報)

3) 【 王道日本の会 】 トランプ大統領への対応

4) 通州事件連続学習会第2回の案内

5)インターネット情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

11月19日土曜日午後6時から 「あてな倶楽部 info@sycorp.jp 」 * 瀬戸弘幸氏 :「日本第一党」を語る 於・鷹番住区センター03-3715-9231 / 参加費千円 ===============================================================

 

1) トランプ政策を予測する

 

 

 

2016年の米国大統領選挙は不可解な事が多々あった。

当初は泡沫候補と見られたトランプ氏が遂に当選し、次期大統領となる予定。

 

民主党は格差社会になったアメリカの99%側のサンダース氏が突如登場して人気を集め、共和党は矢張り99%側の発言をするトランプ氏が党の候補者となった。

但し、トランプ氏の述べている政策は、多分彼は気付いていないと思うが、本人が99%側のつもりでも実際は1%側の政策となっている。

 

そして最終的にはヒラリー・クリントン氏とトランプ氏の一騎打ちとなったが、途中スキャンダルが飛び交った。

ヒラリー氏のメール問題、トランプ氏の「ロッカールーム的戯言発言」暴露などなどがあった。

 

ヒラリー氏が優勢と伝わるとFBIがメール問題を持ち出し、形勢がトランプ有利となるとメール問題は収まり、ゴシップでトランプ不利となるとまたメール問題が出てきた。

ヒラリー氏は金融勢力と繋がっていると言われ続けて来たが、実際、オバマケアを除けば大方は金融勢力寄りの姿勢を感じさせた。

 

一方のトランプ氏は共和党らしい小さな政府的な発言があるものの、アメリカ第一の心構えを感じさせてきた。

考えられる背後勢力はアメリカ政府内の純アメリカ人。

近年、CIAは外国侵略勢力を追い出しつつあると言われていて、CIAから優秀な人材をFBIにも送りだしていると言われるからFBIも外国侵略勢力を追い出したのだろう。

 

つまり今回の大統領選挙はアメリカ内部の純アメリカ人対侵略勢力との戦いに見えた。

. . . → Read More: トランプ政策を予測する   -栗原茂男

台湾民政府情報 28.11.12.(土)   -栗原茂男

1) 台湾民政府j情報 28.11.12.(土) 2) フィリピン・ドゥテルテ大統領は基本的に親日・米、反中 3) トランプ政策 4) 財務省・新着情報メールマガジン 5) 【 内閣府 】 機械受注統計調査報告(平成28年9月実績および平成28年10~12月見通し) 6) 【 NPO法人百人の会 】 【T】マイク・ホンダ議員が落選 米下院選 慰安婦問題で日本非難決議を主導 7) 【 NPO法人百人の会 】 トランプ当選に対処するのみ 8) SDHF 国連が世界に広めた「慰安婦=性奴隷」の嘘13 9)インターネット情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

11月19日土曜日午後6時から 「あてな倶楽部 info@sycorp.jp 」 * 瀬戸弘幸氏 :「日本第一党」を語る 於・鷹番住区センター03-3715-9231 / 参加費千円 ===============================================================

1) 台湾民政府j情報 28.11.12.(土)

台湾民政府から途轍もなく重要な情報が入ってきた。二重線以下がそれである。

10月に台湾民政府が50名の幹部で訪米して米国国務省、国防総省と事前会議を行った事に続き、11月7から林秘書長夫人林梓安女史を筆頭に8名が訪米し現地駐在の3名と合流して大統領選挙を視察した後、米国政府関係者や有力メディアと会談したり、当選祝賀会を訪れたりと14日まで忙しいようである。

一方の「中華民国政府」は蚊帳の外で、民進党が政権を握ったことで却って「中華民国政府」の本当の姿を世界中に晒してしまった。

それに対し、人民解放軍は中国が後戻りできない動きをしている訳で中南海は相当困っているのではないだろうか。 この人民解放軍の動きは米国の台湾政策が「中華民国政府」集団への代理占領が継続不可能である事を決定づけていると思う。

この流れは陰謀論は無理で、陰謀論だとそれこそ風が吹けば桶屋が儲かるのような論になるが、台湾民政府にとっては政権移行の正当性と必然性が独立建国派にも台湾民衆にも世界中の大衆にも非常に解り易い容で示す事になる事だろう。それでも極一部の頑迷な独立建国派は納得しないとは思われるが。

アメリカについての気掛かりはTPP不成立である。 日本は2009年の民主党政権下で中国が日韓を従えた東アジア共同体構想をぶち上げ、更に東南アジアを巻き込むアセアン10+3構想をぶち上げた事に呼応した形でRCEPの交渉に加わった。( http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/fta/j-eacepia/ 2 . . . → Read More: 台湾民政府情報 28.11.12.(土)   -栗原茂男

台湾民政府情報    -栗原茂男

1) 台湾民政府情報【純日本人会 メルマガ 】 2) 黄昏のユダヤ勢力 3) 財務省HP新着情報 2016-11-9 4) 日本銀行メール配信サービス 2016-11-07 5) 景気動向指数(平成28年9月分速報) 6)【外務省】 オルカリアI4・5号機 ケニアの電力を支える日本の技術 7) 「フォーラム・ポーランド」のご案内 8) 【 NPO法人百人の会 】 差別だと断じることは到底できない 9) 【 NPO法人百人の会 】 神奈川の世論6597 ●拡散希望《反日司令塔「電通」に強制捜査で変わるか日本!!》 10) 【 NPO法人百人の会 】 【沖縄の声】地元住民も大迷惑の反基地運動 [チャンネル桜H28/11/8] 11)インターネット情報 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 11月19日土曜日午後6時から 「あてな倶楽部 info@sycorp.jp 」 * 瀬戸弘幸氏:「日本第一党」を語る 於・鷹番住区センター03-3715-9231 / 参加費千円 =============================================================== 1) 台湾民政府情報 米国大統領選挙は結局トランプ氏の勝利という結果になった。台湾のメディアによれば、トランプ氏は選挙中に発表した政見において、特に経済に関して中国を激しく非難し、中国からの生産ラインの引き揚げによる米国内の雇用改善や中国との貿易不均衡の解消等にも言及しており、中国寄りの民主党とは異なる立場を取っているそうである。 米国大統領選挙と言えば台湾民政府が視察団を派遣することになっていたが、台湾民政府の公式サイトに掲載された記事「2016 年米国大統領選挙に招待された視察団」(下のURL)によれば、林梓安秘書長夫人を団長とする8名の視察団が7日に台北を出発して訪米し、ワシントンで更に3名の団員と合流した上、本日9日にワシントンポスト本部の選挙センターで直接視察を行ったとのことで、記事にはその模様の写真も掲載されている。 台湾のメディアが報じるところでは、中国・香港・マカオ・台湾及び華人系の中国語系メディアが中国の中央テレビ一社を除いて今回は選挙に関する取材を拒否されており、又中華民国の民進党もワシントンに視察団を派遣したものの、こちらは現地の台湾系住民会館で中継を見守るのみだったとのことで、台湾人として選挙センターで直接視察を行えたのは台湾民政府のみのようである。上述の公式サイトの記事においても「『台湾民政府』は今回の米国大統領選挙で唯一招待を受けて視察に訪れた『台湾人の政府』である」と強調されている。 これを受けて同じく台湾民政府の公式サイトに掲載された「2016年11月9日付台湾民政府新聞公布」(下のURL)には、 . . . → Read More: 台湾民政府情報    -栗原茂男

精神病院入院の恐ろしい制度 ③    -栗原茂男

 

 

1) 精神病院入院の恐ろしい制度 ③

2) 台湾民政府情報

3) 五輪予算で注視せざるを得ない運営費用

4) 6日(日)日本軍「慰安婦」被害を記憶するメモリアル建設運動 in アメリカ

5) SDHF ユネスコ記憶遺産に登録申請した「通州事件」から 8、遭難生存者の証言

6) SDHF 大東亜会議70周年記念シリーズ9 バー・モー(ビルマ首相)の演説

7) インターネット情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

11月19日土曜日午後6時から 「あてな倶楽部 info@sycorp.jp 」 * 瀬戸弘幸氏

 

: 「日本第一党」を語る

於・鷹番住区センター 03-3715-9231 / 参加費千円

===============================================================

 

 

 

1) 精神病院入院の恐ろしい制度 ③

 

 

 

Aさんの拉致、精神病院への強制入院についてブログで書いたら、何名もの方からメールをいただいた。

似たような経験をした方を知る人が結構いるようだ。

 

この問題は電磁波、集団ストーカー(異性への変質者による付き纏いとは別)犯罪と、全部ではないにしても同根のところがあるようだ。

多くの人は被害者である事に気付かず、徐々に体調を崩し、殺されて行く。

. . . → Read More: 精神病院入院の恐ろしい制度 ③    -栗原茂男

精神病院入院の恐ろしい制度 ②    -栗原茂男

 

 

1) 精神病院入院の恐ろしい制度 ②

2) 倒れない小池潰しへの焦りの記事

3) 経済が成長すれば少子化、労働力不足は解消する

4) 日本銀行メール配信サービス

5) 消費動向調査(平成28年10月実施分) 【 内閣府経済社会総合研究所 】

6) 財務省HP新着情報 2016-11-2

7) 外務省ホームページ新着情報

8) 拓殖大学国際講演会 ー 今週土曜日 「緊迫する南シナ海情勢-ベトナム、フィリピン、そして日本-」

9) SDHF ユネスコ記憶遺産に登録申請した「通州事件」から 8、遭難生存者の証言

10) 【 NPO法人百人の会 】 蓮舫代表を東京地検へ告発

11) 【 NPO法人百人の会 】 第33回 軍事評論家・佐藤守の国防講座(ご案内)

12) 【 NPO法人百人の会 】 日本征服を狙ったアメリカのオレンジ計画

13) 【 . . . → Read More: 精神病院入院の恐ろしい制度 ②    -栗原茂男