2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

精神病院入院の恐ろしい制度   -栗原茂男

 

1) 精神病院入院の恐ろしい制度

2) 沖縄、台湾に関するシナの嘘

3) 日本人の賃金が上がらない理由

4) 日本銀行メール配信サービス 2016-10-27

5) 森の駅発メルマガ★11/20 グランド・フォーラム2016 東大弥生講堂 ★ 山小屋通信–24「森を抜けて山へ」大森 明

6)インターネット情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【純日本人会 メルマガ 】

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

1) 精神病院入院の恐ろしい制度 前回述べた精神病院の件だが、私の誤解で、弁護士は入院患者に会う事が出来るそうだ。 純日本人会の会員で強制入院させられたAさんが電話でそのように言っていた。 Aさんは病院内から手紙を、私だけでも11通もくれている。 電話も病棟にかけて呼び出せば話は出来る。 30日に電話で話して分かったことだが、入院に関する案内の冊子をコピーして私ともう一人の仲間の女性に送ったのだそうだが、私にも女性にも届いていない。 他の手紙は届いているのにである。 送ったはずの資料の要点はAさんを強制入院させた当人との関係について、Aさんの場合は不当であることを示す資料のようだ。 それでもう一度送ると言っていた。もし近日中に届かなければ、然るべき手段を講じたいと思っている。 もし手紙が届いて、入院を依頼した人が裁判所で調停中の人であり、適格性を欠いた人であることが判れば、やはり然るべき手段を講じたいと思っている。 病院が患者を閉じ込めたいと考えているなら、手紙を盗読したのかな?とも思う。もしそうなら憲法違反。 聖マリアンナ医科大学の例を見ても判るが、医療技術論を学んだ者が自動的に教養や道義観を身に付けられるわけではない。 統合失調症と言う病名は病気の原因が解らない時に付ける病名だそうだから、そもそもいい加減さが支配しやすい分野なのだろう。 ともかく精神病院入院の制度は制度として余りにお粗末。 患者を医者の一存で如何様にも扱える制度と、実質的になっている。 警察も裁判所も及び腰で結局当たらず障らずで、当てにならないと、別の病院関係者から聞いたがそんな気がする。 インフォームドコンセントとかセカンドオピニオンなどは実質的には精神病院限っては機能しなさそうだ。 11月8日にAさんを「東京都中部保険福祉センター」の職員が来てAさんと面会し、入院が適切か否かを判断するそうだから、薬の副作用がなるべく少ない事を願って結果を待とうと思っている。

=============================================================== 2) 沖縄、台湾に関するシナの嘘 【 . . . → Read More: 精神病院入院の恐ろしい制度   -栗原茂男

精神科医89人の大量処分問題と、杜撰で非常に恐ろしい強制入院制度   -栗原茂男

 

1) 精神科医89人の大量処分問題と、杜撰で非常に恐ろしい強制入院制度

 

2) 渡辺望氏が26日発売の雑誌「wiLL」12月号には漢方薬についてのエッセイ

 

3) マックスさんの新刊本

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 精神科医89人の大量処分問題と、杜撰で非常に恐ろしい強制入院制度

 

先月の9月15日に純日本人会員のAさんが精神病院に強制入院させられた。

Aさんには、私も仲間たちも何度も会っていて、頭の良い、お人好しの常識豊かな女性で、精神病とはとても思えないし、誰もその人の言動に異常を感じた人はいないはずだし、そんな事を耳にした事はない。

 

事情はプライバシーの問題があるから詳細は書けないが、Aさんの意思を無視して病院に一方的に強制入院を要請したのは裁判所で調停中の相手方。

 

むしろ、Aさんの口からは調停中の相手が精神がおかしいと何度か聞いている。

私は入院後、相手方の人達と会ったが、その時はその人達が異常だとは思わなかった。

 

病名は例によって「統合失調症」で統合失調症の恐れがある。

 

世間でよく言われるのが「統合失調症」と言うのは医者が原因が解らない時に適当につける病名が「統合失調症」。

そんないい加減な診断で、非常に強い副作用のある薬を投与され続けている。

 

そして、入院後投与されているのが、12時の昼食後と16時30分に「ジプレキサ」、20時~21時の間に「ベンザリン」

Aさんから2~3日おきに手紙が来るが薬の副作用で朦朧として午後は手紙が書けず状態だそうだ。

 

別の病院の病院関係者に聞くと「ジプレキサ」と言うのは非常に副作用の強い薬で、使い続けると確実に体を壊すようである。

それでいて、いわゆる「統合失調症」には何の効果もない事が知られているそうだ。

 

Aさんから手紙をもらって驚いた私はAさんと親しい女性と一緒に多摩地区にある病院に面会に行った。

Aさんとの面会は担当の医者が許可を出さず、私が仲間と病院に行った時は3階の受付で病院スタッフと事情を聴いたが、その後別の仲間が行くと、3階には行けず、一階の受付で返されたそうだ。

 

今のところ、こちらから電話を掛けるとAさんを呼び出してくれるし、Aさんから公衆電話で掛けて来ることもある。

しかし薬が追加されたり、面会が厳しくなったりで、ガードが固くなりそうな気がするので私の方からはなるべく余計な連絡はしないようにしている。

 

Aさんからの直近の手紙では、20日から下記が追加されたが、セレネースは副作用がいくつもあるそうだとAさんからの手紙には書いてある。

 

7:20の朝食の後、 セレネース錠3mg 1錠、アキトネン13mg 1錠

16:30 セレネース錠3mg 1錠、アキトネン13mg 1錠

 

 

入院中の病院のpsw・精神衛生保健福祉士と電話で話すと、一般論は話せても個別の件は担当の医者でないと何も話せないそうだ。

勿論、都の人権擁護委員にも相談したがなすすべがないようだ。

 

何しろ、弁護士に相談しても弁護士が「患者」と接触するには担当医の許可が必要で、おそらく接触は無理。

本人と話をして事情を聞かない限り、弁護士は訴訟を引き受けない。

 

医療に対する苦情は東京都に受け付ける局があるが、相談が多くて電話がなかなかつながらない。

もっと人員を増やせと上役に言っておくように電話で話した際、言っておいた。

 

何度も電話して繋がった部署から廻された部署が「東京都中部保険福祉センター」。

そこの職員と話すと、奇妙な事を聞かれた。「どうして此処を知ったのですか?」。

何言ってんだろうか!苦情受付部署から聞いたのだし、知っちゃいけないのか?と思った。

 

そこで教えられたことは、Aさん本人が「東京都中部保険福祉センター」とやり取りしないと退院の相談は受け付けられないとの事。

そこでAさんにでんわすると、頭の良いAさんは既にそこに電話していて、11月7日に審査があり、その後に退院の許可が出るか否かが決まるのだそうだが、それがいつかは解らないそうだ。

 

冗談ではない! そんなに悠長な事をしてれば、大量の薬で本当に病人に仕立てられてしまう可能性がある。

だから入院中の元気な姿は面会者に見せたくないのかと疑ってしまう。

 

全ては、担当医が入院患者の殺傷与奪のカギを握っている。セカンドオピニオンも機能しない。弁護士も関与できない。

 

もし担当医が変質者であった場合はどうなるのか?

あまり言いたくないが、Aさんは大変な美人。そしてとても可愛いらしい。家柄の良さを感じさせる上品さもある。

 

そうやって無名ではあるが、大和民族の中の優秀な人が少しづつ間引かれて行く。

 

現在の精神科の制度は根本的に杜撰な仕組みになっていて、制度を創った者達の教養の無さを感じさせる。

 

医師養成制度にも大きな問題がある。

私立大学の医学部を卒業するには億単位の資金が必要で、子弟を医者にしようと思う純日本人でそれを出せる人が限られるから、税金を払わず、税金の補助を受ける民族が大量に医者になる現実があるようだ。

それは噂の範囲ではあるが、それなりの人達が言っていることであるから、本来は政府がしっかり調査して国民に事実を説明すべきだが、それをしないから、なるほどそうなんだろうと思えてくる。

 

Aさんについて、我々は彼女が入院前はすこぶる正常な精神の人であり、入院中の沢山の手紙を読めば、狂っているとは思えないし、強い副作用のある薬を大量に投与している担当医に薬の効果と副作用の関係をと糺さねばならないし、病院に入院を要請したのが裁判所で調停中の相手であることを考えれば、Aさんが体調を崩したり、亡くなったりしたら如何するかいろいろ考えなければならない。

 

 

 

================================================================

 

 

 

2) 渡辺望氏が26日発売の雑誌「wiLL」12月号には漢方薬についてのエッセイ

 

 

 

純日本人会メンバーの渡辺望氏が26日発売の雑誌「wiLL」12月号には漢方薬についてのエッセイ を載せています。

渡辺氏は本来は哲学者で、いつもは歴史関係の書ばかり上梓されているが、その一方で一族の経営する病院の所属で、医療に非常に詳しい方。

医者に聞けな医療相談では私は随分お世話になっているが、漢方に大変詳しく、私が相談すると直ぐに漢方薬を送ってくれる心強い方。 その渡辺氏のエッセイなので、私も是非読みたいと思っている。

 

 

 

 

================================================================

 

 

3) マックスさんの新刊本

 

 

 

3冊目の本、『アメリカ人が語るアメリカが隠しておきたい日本の歴史』が11月16日から発売に成ります。この本で特に朝鮮併合の真実を書いています。

http://amzn.to/2eHn1V5

 

宜しくお願いします。

 

マックスより

 

 

**************************************

Max in Tokyo

http://tokyomaxtalks.blogspot.com/

**************************************

 

 

********************************************

 

【純日本人会 メルマガ 】

発行人 : 栗原茂男

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

メルマガ配信・停止 希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

 

********************************************

 

台湾民政府情報     -栗原茂男

1) 台湾民政府情報 2) 平成28年11月あてな倶楽部のご案内 3) ナイジェリアで苦闘する大和撫子 4) 中国経済いよいよ崩壊の始まり 5) 水連関係者、JOC関係者、IOC関係がごねるなら東京五輪は開催不可能。 6) 米大統領選・クリントン、トランプ両氏の政策比較 7) 内閣府、日銀 メルマガより 8) 天皇陛下の「お言葉」に思う(酒井信彦)・・・主権回復を目指す会 9) 【 NPO法人百人の会 】 これが暴力行為の決定的証拠だ! 10) 【 NPO法人百人の会 】 「報道やり過ぎ」「反対派も過激」 大阪府知事 差別擁護に批判 背景に基地集中容認 11) 【 NPO法人百人の会 】 「土人」「シナ人」発言、2警官を戒告処分 12) 【 NPO法人百人の会 】 滞納給食費「逃げ得」許さない 13) 【 NPO法人百人の会 】 琉球新報・沖縄タイムスを糺す県民・国民の会 14) 【 NPO法人百人の会 】 満蒙開拓移民のこと。 15)インターネット情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

純日本人会メンバーの渡辺望氏が26日発売の雑誌「wiLL」12月号には漢方薬についてのエッセイ を載せています。 渡辺氏は本来は哲学者で、いつもは歴史関係の書ばかり上梓されているが、その一方で一族の経営する病院の所属で、医療に非常に詳しい方。 . . . → Read More: 台湾民政府情報     -栗原茂男

五輪予算の爆発的膨張は計画の杜撰さを見逃した IOC、JOC の責任は重大である。     -栗原茂男

 

1) 五輪予算の爆発的膨張は計画の杜撰さを見逃した IOC、JOC の責任は重大である。

2) 市場の信用を失う事の怖さを理解していなかった中国

3) 【 NPO法人百人の会 】 松井大阪府知事を応援する緊急の依頼

4) 日本銀行メール配信サービス 2016-10-21

5)インターネット情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

1) 五輪予算の爆発的膨張は計画の杜撰さを見逃した IOC、JOC の責任は重大である。

 

「予算」と言うのは計画を貨幣価値的に表現したものである。

 

東京オリンピックが誘致の際に示した計画金額が大膨張して1兆、2兆、3兆と膨らみ、計画自体が杜撰だったことが露呈した。

事業計画の見直しは当然である。

 

バッハは言うことがクルクル変わるが、それが解らないバッハはバッカじゃなかろかとなる。

 

予算と言っても具体的にカネを出すのは東京都。金額が大きければ群がる者達の利権が膨らむのは公共事業の宿命。

それをどうやって圧縮するかが首長の腕の見せ所。

 

当初予算の3,013億円が2兆、3兆と膨らんだのだから計画が狂ったわけで、事業を見直すのが当然。

言うことがクルクル変わるバッハ氏はそう言う事が解らないだろうか?ただの筋肉バカか?

*********************************************************************************************************************************

バッハ会長激怒「小池はルールを守れ!」森会長「バッハ氏に従うべきだ」丸川五輪大臣「ご安心くださいアレはカタにはめます」

http://bintan.ula.cc/2ch/%E3%83%A2%E5%A8%98%EF%BC%88%E7%8B%BC%EF%BC%89/hanabi.2ch.net/1477019462/l50

 

 

http://www.hochi.co.jp/topics/20161019-OHT1T50103.html

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(62)は、東京都の小池百合子知事(64)との会談から一夜明けた

19日午前、都内の2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会を訪問した。

ボート、カヌー・スプリント会場の見直しに前向きな小池氏との会談では「13年招致時のルールを守ってほしい」と、見直しに否定的な見解を示したバッハ氏

バッハ氏は「森会長の偉大な指導力のもとで順調に準備を進めていることを高く評価している。

今まで以上にIOCを頼ってほしい」と述べ、「ガンバレ東京2020」と日本語で締めた。

 

http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1727192.html

森喜朗会長は、「バッハ会長は、我々を指導していただく船長で、お父さまのような存在」と指摘。

「(この場所には)小池(百合子・東京都知事)さんも、鈴木(大地・スポーツ庁長官)さんもいる。

心を1つにして、バッハ会長のもとで同じ船に乗り、大会を成功裏に動かしていくことが、我々の使命だ」と訴えた。

. . . → Read More: 五輪予算の爆発的膨張は計画の杜撰さを見逃した IOC、JOC の責任は重大である。     -栗原茂男

経済危機の韓国に日本政府は巨額のカネを工面してしまったのではないだろうか?  -栗原茂男

1) 経済危機の韓国に日本政府は巨額の」カネを工面してしまったのではないだろうか? 2) ナイジェリアで苦闘する大和撫子 3) 【 内閣府経済社会総合研究所からの新着情報のお知らせ】 4) 日本銀行メール配信サービス 2016-10-20 http://www.boj.or.jp/ 5) 【 NPO法人百人の会 】 「土人」発言招いた沖縄の異常空間 6) 【 NPO法人百人の会 】 松井知事に座布団3枚! よう言うた。 7) 【 法人百人の会 】 これはマズイ! ぼけ。土人が 8) 国際講演会のご案内 「緊迫する南シナ海情勢-ベトナム、フィリピン、そして日本-」 9) 【 NPO法人百人の会 】 「朝日・グレンデール訴訟」第7回口頭弁論 10) クリルタイ(世界南モンゴル会議)成功のためのご寄付のお願い 11) インターネット情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 経済危機の韓国に日本政府はカネを工面してしまったのではないだろうか?

韓国経済はすでに破綻していて、その影響がこれから徐々に韓国で出て来るはず。 日本にとっては悪行の限りを尽くす韓国が経済で疲弊する事で悪行を改めさせる良い機会が生まれようとしている。

韓国の経済危機の具体的な事実として外貨≒米国ドル≒米国債が無くなっている事。

ところがである。

米国財務省の資料を見ると、何と韓国の保有する米国ドルが増えているのである。

更に驚く事に、日本の米国債が減少しているのである。

具体的に数字を見てみる。

米国財務省公表 主要国保有米国債 2015年7月 日本 1兆2,008億ドル、韓国 . . . → Read More: 経済危機の韓国に日本政府は巨額のカネを工面してしまったのではないだろうか?  -栗原茂男

台湾民政府情報      -栗原茂男

1) 台湾民政府情報 2) ナイジェリアで苦闘する大和撫子 3) 【 NPO法人百人の会 】 強い姿勢で「少女像の撤去」を迫るべき 4) 【 NPO法人百人の会 】 中学生向け副読本の原稿で関東大震災時の朝鮮人虐殺の記述復活に伴うお願い 5) 【 NPO法人百人の会 】 第3回 史上最悪の反日プロバガンダ“南京大虐殺”を打破しよう! 6) 【 NPO法人百人の会 】 中国の覇権主義に巻き込まれる東南アジア 7) 【 NPO法人百人の会 】 箕面市に要望書 8) 広尾病院の移転計画およびこどもの城、青山劇場、青山円形劇場の閉館見直しを求めます 9) 【義員辞職すべし】民進・蓮舫代表 台湾籍離脱手続き「不受理」 日本国籍「選択宣言した」 国籍法違反の疑いも 10) 【ご注意】深刻なGalaxy Note 7問題★韓国経済危機でマスコミが工作開始 11) SDHF Newsletter No.145J ユネスコ記憶遺産に登録申請した 7 12) 外務省ホームページ新着情報 13) 財務省・新着情報メールマガジン 14) 日本銀行メール配信サービス 2016-10-17 15) . . . → Read More: 台湾民政府情報      -栗原茂男

日本の独立を望んでいると思われるアメリカ     -栗原茂男

1) 日本の独立を望んでいると思われるアメリカ 2) ナイジェリアで苦闘する大和撫子 3) 民進党は中華侵略政党 4) 【内閣府】 消費者マインドアンケート(試行)の10月分の実施 5) 四島を追う者は二島も得ず 米国は日露の領土交渉に口出しするな!・・・主権回復を目指す会 6) 日中戦争 どちらが「侵略」したのか? 7) 「第18回勉強会 10月25日」 講師:マックス・フォン・シューラ―氏、エイヴリ・モロー氏 8) 【なでしこアクション】 性奴隷を否定した意見書 米国裁判所 受理 他[2016年10月9日号] 9) 【 王道日本の会 】 憲法改正の議論について 10) 日本銀行メール配信サービス 2016-10-1 11) 【 内閣府 】 機械受注統計調査報告(平成28年8月実績) 12) 外務省ホームページ新着情報 13) 【 NPO法人百人の会 】 第3回 史上最悪の反日プロバガンダ“南京大虐殺”を打破しよう! 14)インターネット情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「あてな倶楽部」開催のご案内

10月のあてな倶楽部のご案内です。 平成28年10月15日のあてな倶楽部は、ロンドンLSE会員で英国王立国際問題研究所(チャタムハウス)会員の宇田信一郎・新政研究会会長にEUを離脱する英国と欧州経済の現状と行方についてお話いただく事になりました。 宇田さんによると、単なる講演会より討論会になる事を希望されておられるので、参加者からの活発なご意見を期待します。

あてな倶楽部代表 . . . → Read More: 日本の独立を望んでいると思われるアメリカ     -栗原茂男

「あてな倶楽部」開催のご案内     -栗原茂男

1) 「あてな倶楽部」開催のご案内 2) 【ロイター】 IMFが世界経済予想据え置き、反グローバル化の成長足かせ懸念 3) 「公共貨幣フォーラム」からのお知らせ 4) 【王道日本の会】 豊洲市場と、2元代表制の問題点 5)SDHF Newsletter No.143J ユネスコ記憶遺産に登録申請した 6 6) 100年の街路樹 7) 首相官邸新着情報メール(H28(2016)/10/3) 8) 消費動向調査(平成28年9月実施分) 9) 【 NPO法人百人の会 】 東村高江周辺は「市民」と称する反社会勢力の「無法特区」 10)インターネット情報 11)読者からの情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 「あてな倶楽部」開催のご案内

10月のあてな倶楽部のご案内です。 平成28年10月15日のあてな倶楽部は、ロンドンLSE会員で英国王立国際問題研究所(チャタムハウス)会員の宇田信一郎・新政研究会会長にEUを離脱する英国と欧州経済の現状と行方についてお話いただく事になりました。 宇田さんによると、単なる講演会より討論会になる事を希望されておられるので、参加者からの活発なご意見を期待します。

あてな倶楽部代表 栗原茂男

————————- 記 —————————————–

日 時:10月15日(土) 午後6時~8時か9時頃

講 師 : 宇田信一郎氏 : 新政研究会 会長

演 題 :英国EU離脱と欧州経済

参加費 : . . . → Read More: 「あてな倶楽部」開催のご案内     -栗原茂男

国民の目を台湾からそらす為なのではないだろうか   -栗原茂男

中国のインド侵略は

1) 中国のインド侵略は国民の目を台湾からそらす為なのではないだろうか 2) 経済破綻に拍車がかかる中国 3) 日本銀行メール配信サービス 2016-09-27、 -29 4) 四半期別民間企業資本ストック速報(2016(平成28)年4-6月期) 5) 外務省ホームページ新着情報 6) 自民党 『NewsPacket』 Vol.753 7) 「森の駅発」メルマガ★グランド・フォーラムのご案内&山小屋通信「山桑の木」 8) 【 NPO法人百人の会 】 初めて運動会で日の丸が掲げられた日 9) インターネット情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 中国のインド侵略は国民の目を台湾からそらす為なのではないだろうか

************************************************************************************************************** 中国軍、勝手にインド北東部に侵入し数日間駐留 中印間で緊張高まる http://www.sankei.com/world/news/160927/wor1609270045-n1.html ~~~~~~~~~~~~~~~~~~^ 【緊急速報】中国とインドが戦争寸前に!!!? と ん で も な い 事態に発展してるぞ!!! 2ch「第三次世界大戦だな」 http://www.news-us.jp/article/20160928-000005c.html **************************************************************************************************************

中国は経済が極めて危険な状態にあり、政府財政は厳しく、広大で巨大な山岳地帯のチベットの果てまで軍隊を張り付けている余裕はないはず。 現時点で中国がインドと事を構える意味が不明。

考えられるのは8月に米国が台湾での民事の行政を「中華民国政府」から台湾民政府へ移行させる予定だったのが何故か10月に延期されたが、10月6日から台湾民政府の幹部と衆参議員の一行50名が米国ワシントンを訪れ国務省、国防総省と協議する事になっているので、いよいよXデーが迫って来たので中国の国民の目を逸らす為ではないのか?

大東亜戦争「終了時」は台湾は大日本帝国の領土。 占領者の米軍は何故か日本列島や小笠原、沖縄と違い台湾を「中華民国政府」集団に代理占領させた。

多分、中国で共産党の革命軍に敗戦で追われて逃げ惑っていた蔣介石一派が米軍に救助され、台湾台北市に亡命政府を居候させてもらい、その延長で蒋介石がマッカーサーに巧い事言って台湾の管理人の役をもらったのではないだろうか。

ところが米軍に恩に着るどころか台湾はもともと中国の領土で、日本が中国から泥棒をしたと台湾内外で宣伝に努め、世界規模で人々を洗脳してしまった。

占領者の米国、英国はそれは違うと3回抗議したそうだが、蒋介石は無視。東西冷戦が始まった頃の事で、米英は苦虫を噛み締めながら見守って来たのではないだろうか。

ところが近年、米国国防総省は台湾の法的地位の真実は大日本帝国領で米軍の占領地であると明言する様になった。 国務省は外交戦略の都合で明確にはして来なかったが昨年あたりからか、国防総省と歩調を合わせる様になっている。

. . . → Read More: 国民の目を台湾からそらす為なのではないだろうか   -栗原茂男