2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

【 ロイター 】 日本は一時的な「減税」すら必要=カッツ氏   -栗原茂男

 

1) 【 ロイター 】 日本は一時的な「減税」すら必要=カッツ氏

2) 英国のEU離脱を経済問題と説明する事は世論を誤誘導する論

3) 【 NPO法人百人の会 】 神奈川の世論6434 《NHKは諏訪大社の式年造営御柱大祭の起源を探ると称し、・・・・・ 4) 財務総合政策研究所 : 「IMFによるマクロ計量モデルを用いた日本経済に関する政策シュミレーション分析の紹介」

5) 二宮報徳会第114回定期講演会

6)読者からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

1) 【 ロイター 】 日本は一時的な「減税」すら必要=カッツ氏

 

リチャード・カッツ 米オリエンタル・エコノミスト・アラート代表の見解がロイターの記事にの中に出ている。

全くの正論である。

 

**********************************************************************************

【 ロイター 】 日本は一時的な「減税」すら必要=カッツ氏 2016年 06月 27日 19:44 JST

http://jp.reuters.com/article/opinion-japan-richard-katz-idJPKCN0Z90I5?sp=true

**********************************************************************************

 

 

カッツ氏の主張の要点は以下のよう。

 

・ 「流動性の罠」に陥った日本経済

. . . → Read More: 【 ロイター 】 日本は一時的な「減税」すら必要=カッツ氏   -栗原茂男

英国のEU離脱は国家分裂の世界的流行を齎す可能性     -栗原茂男

 

 

1) 英国のEU離脱は国家分裂の世界的流行を齎す可能性

2) 【緊急速報】フランスEU離脱でユーロが紙屑になるぞ!!! ユーロを大量に持ってるロシアと中国も 連 鎖 破 綻 クル !!! 3) ”キャメロン辞任”で中国が『7兆円の投資を水の泡にする』喜劇が発生。激しい痛手を勝手に受けている模様

4) 【 NPO法人百人の会 】 日本の自主防衛・核武装を論ず~トランプ大統領と日本の国防体制~

5) 【王道日本の会】 英国のEU離脱で、アベノミクス崩壊

6) 【 法人百人の会 】 「自らの国は自らが護り抜く」

7) 日本銀行メール配信サービス 2016-06-23,24

8) SDHF Newsletter No.127J 国連が世界に広めた「慰安婦=性奴隷」の嘘2

9) 慰安婦問題は守勢でいては振り回されるだけ 子供たちのために今こそ真実を世界に

10) 第55回時事研修会 期日:平成28年7月9日・土曜日

11)読者からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

1) 英国のEU離脱は国家分裂の世界的流行を齎す可能性

 

英国がEUを離脱するとなったら、英国自体でスコットランド独立の再び動き始めている。

英国と言うのは日本で言ってるだけでそういう国家は無く、在るのはU.K.ユナイテッドキングダム、つまりイングランドとスコットランドとウエールズと北アイルランドの連合王国。

 

其々が別々の民族であると自覚しているから独立志向を持った人がかなりの割合でいる。

. . . → Read More: 英国のEU離脱は国家分裂の世界的流行を齎す可能性     -栗原茂男

台湾民政府情報       -栗原茂男

1) 台湾民政府情報

2) 【在日崩壊】参院選前に民進党に大ダメージ!!! と ん で も な い 失態をやらかし窮地にwww 2ch「完全に北朝鮮のエージェント」「説明責任を果たせ」

3) 【緊急拡散】イギリスEU離脱の真の目的が ヤ バ す ぎ る !!!? これ万が一当たったらドイツとフランスと中国終わるぞ…

4) 【緊急拡散】韓国の免許を日本の免許に書き換える場合、技能・学科試験が免除されるらしい。数千円で簡単に切り替えられる。

5) 【 内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 】 景気動向指数(速報、改訂値)(月次) 結果

6) 「朝鮮人」には不逮捕特権もあるのだろうか?

7) 第137回日本経済復活の会定例会のお知らせ

8) 日本銀行メール配信サービス 2016-06-21

9)読者からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

1) 台湾民政府情報

 

台湾民政府公式サイトによれば今月9日に第二次対米訴訟がワシントンD.C.巡回区連邦控訴裁判所(米連邦高裁 / 事件番号(Case Number)は16-5149)に受理されたようである。

対米訴訟は昭和21年1月12日に蒋介石によって出された台湾人の国籍強制変更命令を取り消せと言う裁判で相手は正確には米国政府と「中華民国政府」である。

法的に間違っているだけでなく、600万台湾人に対する甚だしい人権侵害事件であり、現在の2000万台湾人にとっての極めて悪質な人権侵害である。

 

. . . → Read More: 台湾民政府情報       -栗原茂男

アベノミクスの成否のカギは財政政策     -栗原茂男

 

1) アベノミクスの成否のカギは財政政策

2) 【緊急事態】中国が本気でアメリカと戦争しようとしてるぞ!!! 経済的に追い詰められ と ん で も な い ことを始めていた!!!

3) 【緊急拡散】日経ビジネスの記者が「中国にいる日本人は今すぐ家族を帰国させるべき」と警告してるぞ!!!

4) 【 王道日本の会 】 駐留経費を100%持て、と言われたら・・

5) 【 法人百人の会 】 青葉慈蔵尊、他

6) 二宮報徳会第111回定期講演会

7)森の駅メルマガ 第82号★ 山口県美弥市の森の駅の活動報告★ 山小屋通信–21「山ワサビ」大森 明

8) SDHF Newsletter No.125J 国連が世界に広めた「慰安婦=性奴隷」の嘘1

9) ユネスコ記憶遺産に「通州事件・チベット侵略」「慰安婦」を登録申請

10) 【 法人百人の会 】 教職員の政治活動

11)読者からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) アベノミクスの成否のカギは財政政策

アベノミクスのメディアの評価は厳しものが多い。それも仕方ない。現実の経済指標が悪いからである。

しかし原因を分析すれば、分析などと言う大袈裟な事を言わなくても、上手く行っていない理由は簡単である。

 

 

アベノミクスの核心は第二の矢の財政政策であり、財務省が邪魔をしないか否かに掛っている。

そして最終的に財政政策を実行するのが財務省であっても外国の金融勢力、金融勢力に操られる外国政治屋、外国マスコミ、そして日本のテキトーマスコミと政局思考の野党が財務省を後押している形になっている。

. . . → Read More: アベノミクスの成否のカギは財政政策     -栗原茂男

台湾民政府の登場が国際社会に与える影響   -栗原茂男

 

1) 6月18日土曜日13:00 のあてな倶楽部開催のご案内

2) 台湾民政府の登場が国際社会に与える影響

3) 今頃「保守」が騒ぐ「ヘイトスピーチ解消法」と言う “言論弾圧法”

4) 慎重にした方が良い国際結婚

※ 一週間ほどパソコンはシャットダウンするので、メルマガ、ブログ、メールは休止します。 – 栗原

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

1) 6月18日土曜日13:00 のあてな倶楽部開催のご案内 ——————————————————————————————————————————————- 6月7月のあてな倶楽部(純日本人会の経済情報交換会)の日程が決まりました。 6月は渡辺 望氏が「西尾幹二全集」の中で解説の頁を引き受けられているので、更にその解説をお願いしました。 西尾幹二氏は専門の哲学、思想のみならず政治その他様々な分野でわが国論壇で重きをなしていますが、渡辺 望氏はその西尾氏からの信の篤い、見ていると最側近とも言えそう な 哲学者。 講演は6月18日・土曜日13時から 2時間程度を予定しています。 7月は会員の女性からの要望であてな倶楽部代表の栗原茂男が 『経済講座(初心者向け)』を話す事になりました。 7月23日・土曜日13時から 2時間程度 ー 栗原茂男 あてな倶楽部代表 栗原茂男 ————-————————- 記 ———————————————————————

日 時 : 6月18日(日) 午後1時~4時頃

講 師 : 渡辺 望氏 テーマ : 「西尾幹二氏の思想的軌跡について・「西尾幹二全集」解説」 . . . → Read More: 台湾民政府の登場が国際社会に与える影響   -栗原茂男

電磁波犯罪         -栗原茂男

当ブログはメルマガとほぼ同じ内容ですが、バックアップの意味を込めて更新しています。

本日、突然メルマガのアドレスがパソコンから消えてしまい、依然にバックアップしていたアドレスからメルマガを送信しました。

しかし依然のアドレス集なので、その後の削除、追加が更新されていません。ご一報いただければアドレス集を修正いたします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

1) 電磁波犯罪

2) 【中国崩壊】中国軍が暴走してアメリカと軍事衝突寸前に!!! と ん で も な い 妨害行為を開始!!! 2ch「マジで軍部を抑えられなくなってるな」「わざと中国に撃墜させて戦争開始だな」

3) 【サーチナ】 中国高速鉄道の発展史・・・「外国の技術をだまし取りゆっくり消化」=中国 4) 南シナ海「介入」けん制=中国国防省「とやかく言うな」-尖閣接続水域の軍艦初航行

5) 海外「日本は日本人のものだ」日本の難民政策に否定的なBBCに異論続出

6) 【内閣府》 景気動向指数

7) 【NPO法人百人の会】 北海道の市立中、職員室に「日の丸」など反対の政治的ポスター

8) 千葉戦略研究所6月23日講演会のご案内

9)読者からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 電磁波犯罪

 

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク会員各位 2016160

 

エドーワード・スノーデン氏の映画が6月11日公開されます。予告編を観ただけでも面白そうです。被害者必見の映画と思います。以下でご確認ください。

 

「シチズンフォースノーデンの暴露」

http://gaga.ne.jp/citizenfour/

https://www.youtube.com/watch?v=pj2hIbf9OHM

 

 

関連情報 http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3381/1.html

 

 

理事長 石橋輝勝

. . . → Read More: 電磁波犯罪         -栗原茂男

財政政策と減税で円安誘導説を吹き飛ばせ     -栗原茂男

 

 

1) 財政政策と減税で円安誘導説を吹き飛ばせ 2) 言論弾圧法のヘイトスピーチ解消法

3) 米大統領候補のトランプ氏は親中なのだろうか?

4) 山田宏氏、藤岡信勝氏講演会

5) 6月行動予定「檄!小異を捨て大同に 『日米地位協定』の全面改定を」・・・主権回復を目指す会

6)読者からの情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

1) 財政政策と減税で円安誘導説を吹き飛ばせ

 

アベノミクスは失敗と言う説、道半ばと言う説があるが、成功と言う説は聞かない。

それも当然で、アベノミクスの論理と方向は正しいが安倍政権に抵抗する勢力が成果を出ないようにしているからである。

 

具体的には最初のアベノミクスの核心部分は第二の矢の機動的な財政政策である。

第一の矢の金融は財政政策の補完でしかないし、第三の矢の民間投資を喚起する成長戦略は財政政策の成果の後のおまけである。

勿論、生産力の乏しい途上国は民間投資の比重が大きいが、技術開発力も資金も十分以上にある日本は新技術を市場に出す為の需要が不足しているのである。

 

1970年の石油ショックから始まった財政政策抑圧志向は1980年代後半に狂気に満ちたバブル経済を現出し、その後意図的な日本経済潰しで悲惨な状況をもたらした。

具体的に述べると、市場の需要を圧縮し、有り余る生産力が産み出す生産物を輸出し、稼いだ外貨が国内で廻らず国外に流出して海外からの投資を必要とする諸外国を潤し、日本人は日本社会が産み出す生産物の恩恵に預からない仕組みが続いて来た。

 

戦後一貫して高額所得者の減税を進め、消費税はその方向の一部で、更に金融賭博への課税は驚くほどの定率によって、金融資産家の富が膨らむ政策を何十年と続けて来た事で格差社会が拡大してきた。

 

2002年に日銀企画室が「最近のマネタリーベースの増加をどう理解するか?」と言う論文を公開しているが、

≪ マネタリーベースは名目GDPと比較しても高い水準となっている。因みに、1900年以来過去約100年の中で、マネタリーベースの対名目GDP比率は、現在は17%台と第二次世界大戦時に次ぐ高水準となっている(図表2)。国際的にみても、マネタリーベースの対名目GDP比率(14%、2001年中平均)は、今や米国(6%)やユーロエリア(7%)の2倍程度に相当している(図表3)。≫

と述べている。マネタリーベースはかつてのベースマネーを少し手直ししたもので、要するに日銀が発行している「おカネ」。

 

2002年は小泉政権真っ盛りでGDP早く500兆円だから6~7%なら32~3兆円くらいで良さそうなのに、その倍も発行して、そのカネが銀行を経由して日本政府に行き、更にアメリカ国債に化けたのである。

https://www.boj.or.jp/research/brp/ron_2002/data/ron0208b.pdf

早い話がイラク戦争(2003年)の復興事業用のカネを小泉政権はブッシュ政権に事前に送ったのである。

 

現在のGDPは小泉政権時とほとんど変わらず約500兆円で、マネタリーベースは380兆円以上。

GDPの6~7%どころか75%くらい。

 

結局誰が得しているかと言うと、金融賭博に励んだ人々で、賭博だから当然にイカサマがつきもの。

賭場の利益はちゃんこ鍋みたいなもので、最初に横綱の国際金融暴力団が利益を得、次の位の者達が利益を得、次々と下がって行って、最後に大衆が巻き上げられる。

 

こんな馬鹿げた構図をひっくり返すには政府が財政政策によって、庶民におカネを廻す。

子育て支援でも良いし、学費の負担、食育費の負担、特養ホームの賃上げ等々、ヘリコプターマネーの方法はいくらでもある。

 

財政再建との絡みは経済成長によって小渕政権の時の政策のように税収増を図れば良い。

更に在日特権を排除すればかなりの予算を確保できると思われる。

 

もしそういう政策で財政支出が増えて、間違った都市伝説に振り回されている金融市場が円安に向かうなら願ったりである。

多分、少し時間を置いて見ていれば、そうはならないだろうが。

. . . → Read More: 財政政策と減税で円安誘導説を吹き飛ばせ     -栗原茂男

日本からの外資撤退は歓迎すべきこと    -栗原茂男

 

 

1) 日本からの外資撤退は歓迎すべきこと

2) 【緊急拡散】中国にドイツ銀行が投資した金額の合計、なんとGDP16年分 ヤ バ す ぎ る 経済クラッシュクル 3) 【軽減税率】増税と同時、方針変えず★土地と株は課税に★連結財務諸表規則を改正してTaxHavenを一網打尽に

4) 第54回時事研修会の案内です

5) 【 法人百人の会 】 通州事件を知る教師はいかほどいるだろうか

6) 【 NPO法人百人の会 】 チャイナの人民虐殺横暴の実態

7) 『国連が世界に広めた「慰安婦=性奴隷」の嘘』

8) 読者からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 日本からの外資撤退は歓迎すべきこと

 

*******************************************************************************

【 会社四季報オンライン 】記録的な閑散相場は外国人の「グッバイジャパン」の予兆なのか

売買代金は2兆円割れが常態化…

https://shikiho.jp/tk/news/articles/0/120453

*******************************************************************************

 

日本には日本文化に根ざした日本的経営の風土がある。

長期的取引関係を大事にして、部品や商品を仕入れを安定的なものにし、従業員福祉を充実して終身雇用を原則として労働者の忠誠心を高め、経営者は自分が退任後も見据えた長期的経営をして来た。

それでは困るのが外国の証券賭博稼業家達。

 

彼等は邪悪な陰謀を駆使して日本的経営を破壊し続けて来ている。

日本には十分な外貨準備がある。対外純債権も340兆円もある。

 

ハッキリ言って外資なんていらないのである。

 

出て行ってくれれば、株価が下がる?それならリーマンショック後にアメリカでやったように政府が買うか、「国の借金が~」で、それがやりたくないなら、日銀がFRBがやったように量的緩和をすればよい。

. . . → Read More: 日本からの外資撤退は歓迎すべきこと    -栗原茂男

国際社会の認知進む台湾民政府  Xデーは8月?    -栗原茂男

 

1) 国際社会の認知進む台湾民政府 Xデーは8月?

2) ナイジェリアで苦闘する大和撫子

3) 増税延期と大幅財政出動で国際金融暴力団は円を安くする?

4) 【緊急拡散】中国が日本を大量移民で乗っ取ろうとしてるぞ!!! 「スイス民間防衛」の最終段階がついに実行され ヤ バ す ぎ る 事態に!!!

5) 【 内閣府経済社会総合研 】 消費動向調査(平成28年5月実施)

6) 【 日本銀行 】 基調的なインフレ率を捕捉するための指標 2016-06-01

7 ) 森の駅メルマガ第81号★第24回森の駅発市民フォーラム(6月2日)参加者最終募集! ゲストに林野庁木材産業課長を迎え、森と住まいを考える! ​★山小屋通信–20「森の匠の技-1」大森 明

8) SDHF Newsletter No.124J 戦争を仕掛けた中国になぜ謝らなければならないのだ

9)読者からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

1) 国際社会の認知進む台湾民政府 Xデーは8月?

 

2016年6月2日の台湾民政府の公式サイトに、3日発売の台湾の雑誌「時報周刊第1998期」に第5弾となる台湾民政府の特集記事が掲載されるとの情報が掲載された。

 

記事のタイトルは「G7高峰會認證 台灣民政府國際矚目」(「G7サミットが認証 台湾民政府に国際的な注目」)

 

記事内容は

. . . → Read More: 国際社会の認知進む台湾民政府  Xデーは8月?    -栗原茂男