2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

東京の不動産異変      -栗原茂男

1) 台湾民政府交流会

2) 東京の不動産異変 3) 重要】TPP、18年までの妥結、発効はない(マレーシア)【オバマ政権中は妥結なし】 4) 【重要】戦後70年談話★米国上院「GMサーモンにラベルを」★市長選で苦戦の原因は人選ミスか?【山形市】 5) 9月20日、「めぐろのさんま祭り」及びエリトリア・珈琲セレモニー 6) 日米と敵対関係を望むかのような韓国人 7) 日米海軍、南シナ海で合同洋上慰霊祭。中国涙目 8) 読者からの情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 台湾民政府交流会

16日は台湾民政府の一行と都内のホテルで会って来た。 数年前から台湾民政府の幹部一行が160名から2百数十名の規模で12月23日に天皇誕生日への一般参賀と、終戦記念日の8月15日に靖国神社参拝に来ていたが、今年は円安で観光客が多いからホテルの予約が取れなかったと言う理由で30名余りの参加者で東京へ来た。もしかすると、もう日本での宣伝はしなくても台湾内では台湾民政府の存在がかなり知られて来たので大挙して日本に来る必然性を昨年までよりは強く感じないのかも知れない。 昨年12月に台湾民政府は日本でも名誉棄損で告訴している。

台湾民政府は詐欺集団だとか、商売でやっている団体であるとか、台湾民政府トップの奥さんが中国生まれの女スパイだとかといった噂を流され、親台湾の人や台湾人を混乱させているのでやむなく、損害賠償と新聞での謝罪広告を求める裁判のようだ。 私は6月に台湾に行き、台湾民政府の本部を見て来たが、2万5千坪の敷地に豪華な鉄筋コンクリートの大きな建物があり、中庭にはヘリポートもある。内部も豪華で研修室も大小、沢山ある。 研修室は受講者に試験を課し、合格者を期たるべき台湾民政府が政権を米国軍政府から譲渡された時に行行政府と議会に配属される幹部を養成する為の講義をする部屋。

議会は衆議院と参議院があり、当面は選挙は行わず、台湾民政から振り分けられる。

なぜ選挙をしないかと言うと、70年間にわたって台湾をシナ人が支配し、行政から実業界まで社会の隅々までシナ人が支配する構造になっていて、一旦彼らを支配層から排除し、台湾人にも十分な教育を受ける機会を与えて本土台湾人の為の台湾を作ると言うことのようだ。

当然、台湾人と自称するシナ人達は反発する。日本の親台湾の人達は今まで付き合って来た中華民国人は殆どがシナ人なので一日でもシナ人支配の中華民国体制を維持したいからデマを流す。 だが、シナ人の支配する「中華民国政府」体制から本土台湾人による行政組織の台湾民政府への政権移行は米国国防総省の意向である。 日本政府はサンフランシスコ条約で、台湾の主権は放棄していないが権利と権原とclaim・請求権を放棄しているから何も言えない。ただ黙って見ているだけである。

更に1972年に売国奴の田中角栄が日本の領土である台湾を「中国に返還する」というに中共同声明に署名し、中華人民共和国を中国の唯一の政府であると承認し、台湾についての中国の言い分を飲んでしまった。 だから中国に対しても日本政府は何も言えない。

しかしアメリカは日本と立場が全く異なる。台湾は日本国政府が何を言おうと、中国と条約を結ぼうとあずかり知らぬところとなる。 いずれ政権を移譲された台湾民政府が登場すると日中条約の台湾についてはポツダム宣言( http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/nc_seimei.html )で処理されている事は無効となる。 中国は台湾と関係ないからである。人のモノは自分のモノ、自分のモノは自分のモノと発想するシナ人には口出しする権利はない。

宋青雲

8月15日 23:48 中國在南海填海造路 米國早該開戰 為何遲遲未開戰??(這影片中 飛機上的米國大兵有在無線電中 說明中國違反國際法喔!!)

宋青雲

8月17日 0:50 白宫的新闻發布會 這斷演片真實性很低 正常邏輯推測 米國處理敏感事務 不可能如次高調行事 在來剪接流暢 最大破綻演說者 . . . → Read More: 東京の不動産異変      -栗原茂男