2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

政治的決定力のあるエコノミストは悲観的な事を言わない   -栗原茂男

1) 台湾民政府交流会 2) あてな倶楽部講演会のビデオ 3) 田淵氏著書 国際会計部門で1位【御礼】 4) 【 主権回復を目指す会 】 「安倍首相の戦後70年談話」、日本民族を不幸にする歪んだ歴史観・・・主権回復を目指す会 5) 【拡散】佐野研二郎のパクリエンブレムの悪質さを世界に広めよう 6) 議論とは「事実を挙げて道理を説く」、要請には応じない・・・主権回復を目指す会 7) 【 NPO法人百人の会 】 神奈川の世論5913 H27.8.26 私立学校の採択 8) 【 NPO法人百人の会 】 神奈川の世論5912 闘うベトナム人からの証言 講演会のご案内 9) 【 NPO法人百人の会 】 速報! 愛媛県立中が育鵬社を採択 10) 政治的決定力のあるエコノミストは悲観的な事を言わない 11) 日銀情報 12) 千葉戦略研究所8月28日講演会のご案内(追加情報) 13) 読者からの情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 台湾民政府交流会

洪素珠

8月27日 8:12 http://www.peopo.org/news/285387 客家是新移民,是滅族計畫。日本時代比照中國歷史,讓台灣的祖先在哭泣伸冤,這是我今天遇到的靈異事件。

中國決定台灣人的祖先 www.peopo.org 我的阿祖們通通在台灣, . . . → Read More: 政治的決定力のあるエコノミストは悲観的な事を言わない   -栗原茂男

財務省は金詰り韓国に日本の外貨準備を贈与したのだろうか?   -栗原茂男

 

1) 台湾民政府交流会 2) 台湾の侵入シナ人と本土台湾人の関係 3) DVD上映会のお知らせ: 「KANO 1931海の向こうの甲子園」 4) 財務省は金詰り韓国に日本の外貨準備を贈与したのだろうか? 5) 安倍首相「安保法案で朝鮮戦争に参加 憲法上ムリ」 6) 【 NPO法人百人の会 】 国旗・国歌「強制」記述の教科書、大阪府立高12校が採択 7) 【重要】Forum4には要注意です【竹中平蔵別動隊】甘い言葉にご注意 8) 第45回時事研修会案内 9) 読者からの情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 台湾民政府交流会

洪素珠

8月24日 9:19 https://www.peopo.org/news/285043 昨天上台領獎狀說秘書長提到有同心說我亂報導新聞而生氣,可見有人去向林志昇抱怨有關我報導錯誤地方我願意修改,其實我都是公開發表,如果有錯誤應該向我提醒不是向非當事人去抱怨,歡迎發現我有錯誤資料就來指導,我都會修正!但我不接受私下約談與見面的私聊。 我不是台灣民政府的記者,我是公民記者,為了要找真相才會花錢花時間蹲點紀錄,請不要老是罵我為何要報導台灣民政府,如果有本事的人也歡迎你們加入未來的政府報導,我也很累想休息,只是使命讓我放不下,不是我愛出風頭。

九月重要公告 本平台上的公民新聞不代表公視立場 財團法人公共電視文化事業基金會 版權所有Public Television Service Foundation. All Rights Reserved.

宋青雲

8月25日 15:25 日屬美佔下的臺灣 喔巴馬去日本作什麼勒?

===============================================================

2) 台湾の侵入シナ人と本土台湾人の関係

********************************************************************************************** 台湾与党主席「台湾人が日本統治に感謝することは絶対にない」―中国メディア 配信日時:2015年8月24日(月) . . . → Read More: 財務省は金詰り韓国に日本の外貨準備を贈与したのだろうか?   -栗原茂男

安全でない中国は資本が逃げる   -栗原茂男

1) 台湾を日本から盗み取ったシナ人。歴史の真実を逆転させ、捏造するシナ人。実に卑しい。 2) 内閣総理大臣殿 電磁波・超音波等の規制に向けて 3) 集団的自衛権 毎日新聞による曲報 4) 千葉戦略研究所8月28日講演会のご案内 5) 【 NPO法人百人の会 】 内モンゴル独立運動の現状 6) 安全でない中国は資本が逃げる 7) 読者からの情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 台湾を日本から盗み取ったシナ人。歴史の真実を逆転させ、捏造するシナ人。実に卑しい。

台湾民政府情報が入った。

よくもまあ、図図しいことを言えるものである。 http://www.chukai.ne.jp/~masago/cairo.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

9月11日から17日まで、台湾民政府の在米スポークスマンのLisa Cotter Colangelo氏(2015年7月18日付「台湾民政府公告」参照)、第二次対米訴訟弁護士団代表のCharles H. Camp氏、Theresa Bowman氏(5月のレセプションでスピーチをされた方です)の3名が訪台し、台湾民政府の6つの州(台北州・新竹州・台中州・台南州・高雄州・宜蘭州)を視察して意見交換を行うそうです。10月から11月にかけて訴訟の判決が下されるだろうとの予測もございますので、訴訟が大詰めを迎えつつあることの表れではないかと存じます。

2015年7月18日付「台湾民政府公告」 http://usmgtcg.ning.com/forum/topics/2014-7-16

更に添付ファイルは林秘書長から今朝送られてきた、1933(昭和8)年に中華民国外交部が「日本国台湾」に渡航する自国民に対して発行した旅券に相当する証明書の画像です。当時中華民国が台湾を明確に日本領であると認めていたことを証明するもので、カイロ宣言に書かれた「日本が台湾を盗み取った」という認識は、後に蒋介石が連合国とでっちあげたものであることを示すものでもあるでしょう。以上、どうぞご参考下さい。

宋青雲

8月24日 3:56 甘迺迪的女兒當了新駐日大使!!!看的懂的看 看不懂的人當看熱鬧(提示為何駔日大使會是她!!!)

ケネディ新駐日大使「日本は最も重要な同盟国」 米国の新しい駐日大使になるキャロライン・ケネディ(Caroline Kennedy)氏が12日、ワシントンD.C.の日本大使公邸で開かれた就任を祝うレセプションに出席した。ジョン・ケリー(John K…

===============================================================

2) 内閣総理大臣殿 電磁波・超音波等の規制に向けて

宛先: 内閣総理大臣殿 と1人の別の宛先 電磁波・超音波等の規制に向けて

テクノロジー犯罪 . . . → Read More: 安全でない中国は資本が逃げる   -栗原茂男

児童相談所拉致被害児童が家族の元へ帰還   -栗原茂男

1) 台湾民政府情報 2) 児童相談所拉致被害児童が家族の元へ帰還 3) アジアから、世界から孤立する中国、韓国 4) 【 NPO法人百人の会 】 教育再生メールニュース【第343号】速報! 宮城県立中で育鵬社を初採択 5) アメリカ 米退役軍人 ロバート 和田氏より、フラートンについての朗報です。 6) 読者からの在日情報 7) アジア太平洋地域の海洋安全保障戦略 8) 読者からの情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 【純日本人会 メルマガ 】 純日本人会 http://www.junnihon.com/

《 リンク、転載などご自由にお使いください》 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 1) 台湾民政府情報

最近、台湾民政府からの情報がほとんど来なくなった。8月15日はこの2年は150~160名で靖国神社に参拝し、参集殿で講演会を開いていたが今年は32名で講演は無し。 そもそも靖国神社に行くときは空港まで迎えにしてほしいと頼まれていたような気がするが直前まで東京で来ると言う連絡が無かった。 それで、来るのか来ないのか確認したら来るとのことで、しかしツアーの会社に頼むので空港からホテルまで大丈夫だとのこと。 そして15日にホテルで参拝団と面会してきた。

ここへきて、台湾民政府の動きが慌ただしいようで、米国軍政府から台湾統治の政権を移譲されたら幹部をそっくり入れ替えるわけで、準備に忙殺されているかもしれない。 それとトップの林志昇氏によると、最近台湾民政府の法理論をパクって自分の理論としてあちこちで述べる人が出てきているので政権移譲が目の前にチラつき出している現在、もう公開しない様にしているそうだ。

戦後処理を巡って米国政府が法的処理をあいまいにしてきた事を米国政府自体が認めている。 それで現在、米国政府と法律学者の林志昇氏が法理論を詰めているかも知れないと言う情報も耳にした。

もしそうなら、敵に手の打ちを見せないのは当然だろう。 何しろ、コソ泥集団の中華人民共和国は大日本帝国領の台湾は自分のものだと言い張っている。

その台湾民政府について、疑問に感じている人と先日、渋谷で会った。 その方が疑問に感じるのは台湾民政府が発行するパスポートが使えない事が納得行かないとの事。 それは当然である。

然しその責任は台湾民政府にあるのでは無く、私が入手している情報によれば米国のオバマ大統領に責任がある。

如何いう事かと言うと、米国ワシントン特別区、つまり米国の首都で米国政府を相手取って起こした、2006年から2009年の裁判で最高裁の判決は台湾人は無国籍人であると言う判断。 国務省は抗弁権を放棄と言う形で決着と言う変な判決。

そこですぐに台湾民政府はでは、1946年1月16日に蔣介石が出した台湾人の日本国籍を奪って中華民国国籍を強制的に付けた命令を取り消せと言う裁判を起こそうとした。

するとオバマの弟が来て大統領選挙が終わるまで待ってくれと言うので待っていたら、当選したオバマは何時まで経っても返事なし。

台湾民政府は米国軍政府(USMG)とは緊密に話合ってきていて、USMGは早く政権を台湾民政府に変更して台湾を施政権返還前の沖縄状態にしたいからパスポートも用意させた。 問題は国務省。

台湾人が台湾民政府のパスポートを持て米国に行くと、台湾民政府のパスポートを米国の入管が認めない。認めるのは相変わらず「中華民国政府」のパスポート。 . . . → Read More: 児童相談所拉致被害児童が家族の元へ帰還   -栗原茂男

中国経済が破滅に向っているという現実     -栗原茂男

1) 中国経済が破滅に向っているという現実 2) 【 NPO法人百人の会 】 神奈川の世論5903 安倍首相を激励しましょう 3) 【 NPO法人百人の会 】 法案の確実な成立に向け た激励や要請 4) 【 NPO法人百人の会 】 安倍談話の考察 5) EUを離脱しないギリシャは国際金融暴力団の餌食となる 6) 読者からの情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 中国経済が破滅に向っているという現実

大紀元の記事によると中国の2015年上半期(1~6月)の輸出入合わせた貿易総額は6,9%も減少したとの事。 ****************************************************** 中国の貿易総額、今年上半期は政府目標に遠く及ばず http://www.epochtimes.jp/jp/2015/07/html/d16469.html ******************************************************

その解説として中国税関総署・黄頌平報道官の談話が紹介さているが、物価の下落、外需の弱さ、人民元の強さによる輸入額の衰えを挙げているが、何を言ってるのだろう?

物価下落は基本的にはモノが売れない場合に起きる。 売れていると原油価格が上がろうが他の原価が下がろうが売る側は値下げしたがらないし、売れなければ原価が上がったって値上げしない、できない。

物価が下落しているとすれば中国全体の消費が落ちている事を表現している。 外需の弱さは主要輸出先の米国、EU、日本などの経済があまり好調ではないから、そうかもしれない。 しかし人民元の強さは輸入価格が安くなるので輸入額が減る理由にならず、むしろ輸入は増えるはずである。

2014年度の輸出は0.9%微増、輸入は15.5%減と言う事は昨年の中国経済は如何に悪化しているかを示している。

更に記事では 《 海関総署の6月の発表では、中国の輸入額は8カ月連続で落ち込み、前年同月比で6.7パーセント減の8906億7000万元(17兆4400億円)だった。》 中国経済の悪化は今年に入っても相変わらずと言うことになる。

そこへ降ってい居たのが天津爆発。やはり大紀元の記事だと江沢民派の仕業と言う情報もあるようだ。 *********************************************************** 天津爆発事故 天津爆発の黒幕? 習主席が江沢民を軟禁か http://www.epochtimes.jp/2015/08/24376.html *********************************************************** もしそうだとしても、如何にもと言う感じ。

勿論中国の事だから事故であると言う説明も説得力がある。

しかし事故にしても政争にしても斯様な大事故が起きると言う事は中国の社会が近代社会に適応できていない事を示している。

中国に投資をしても、儲けを持ち帰れない、現地生産の投資はノウハウは盗まれ、工場は取り上げられる、清算には巨額の資金を必要とするなどなど、対中投資は損失が大きい事を日本人は10年も20年もかけて学んだ。 もう中国へ新たに投資をしようと言う企業はかなり限られる事だろう。それは日本だけではなく、その他の国々も同様なのは時間の問題。 すると中国の輸出を支えてきた外資系企業が減れば中国の輸出は更に打撃を受ける。

. . . → Read More: 中国経済が破滅に向っているという現実     -栗原茂男

中国は盗人猛々し い    -栗原茂男

1) 台湾民政府交流会 2) 内閣府経済社会総合研究所からの新着情報のお知らせ 3) 中国は盗人猛々しい 4) 【 NPO法人百人の会 】 敗戦の日・この日を境に70年前に大陸の同胞が特亜ソ連での苦難が始まりました 5) 【 NPO法人百人の会 】 神奈川の世論5896 神奈川の教科書採択結果報告 6) テロ資金提供処罰法 7) SDHF Newsletter No.98-4J 韓国の米軍慰安婦はなぜ生まれたのか(4) 8) 森の駅発メルマガ★第22回森の駅発市民フォーラムのお知らせ (9/8) & 連載 山小屋通信 9) 【 NPO法人百人の会 】 「シリーズ 『戦後70年』 徹底検証 日本の黒歴史」 10) 読者からの情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 台湾民政府交流会

宋青雲

8月17日 23:11 道格拉斯 · 麥克阿瑟將軍和台灣護照争議 (目前臺灣身世之謎)

General Douglas MacArthur and the . . . → Read More: 中国は盗人猛々し い    -栗原茂男

東京の不動産異変      -栗原茂男

1) 台湾民政府交流会

2) 東京の不動産異変 3) 重要】TPP、18年までの妥結、発効はない(マレーシア)【オバマ政権中は妥結なし】 4) 【重要】戦後70年談話★米国上院「GMサーモンにラベルを」★市長選で苦戦の原因は人選ミスか?【山形市】 5) 9月20日、「めぐろのさんま祭り」及びエリトリア・珈琲セレモニー 6) 日米と敵対関係を望むかのような韓国人 7) 日米海軍、南シナ海で合同洋上慰霊祭。中国涙目 8) 読者からの情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 台湾民政府交流会

16日は台湾民政府の一行と都内のホテルで会って来た。 数年前から台湾民政府の幹部一行が160名から2百数十名の規模で12月23日に天皇誕生日への一般参賀と、終戦記念日の8月15日に靖国神社参拝に来ていたが、今年は円安で観光客が多いからホテルの予約が取れなかったと言う理由で30名余りの参加者で東京へ来た。もしかすると、もう日本での宣伝はしなくても台湾内では台湾民政府の存在がかなり知られて来たので大挙して日本に来る必然性を昨年までよりは強く感じないのかも知れない。 昨年12月に台湾民政府は日本でも名誉棄損で告訴している。

台湾民政府は詐欺集団だとか、商売でやっている団体であるとか、台湾民政府トップの奥さんが中国生まれの女スパイだとかといった噂を流され、親台湾の人や台湾人を混乱させているのでやむなく、損害賠償と新聞での謝罪広告を求める裁判のようだ。 私は6月に台湾に行き、台湾民政府の本部を見て来たが、2万5千坪の敷地に豪華な鉄筋コンクリートの大きな建物があり、中庭にはヘリポートもある。内部も豪華で研修室も大小、沢山ある。 研修室は受講者に試験を課し、合格者を期たるべき台湾民政府が政権を米国軍政府から譲渡された時に行行政府と議会に配属される幹部を養成する為の講義をする部屋。

議会は衆議院と参議院があり、当面は選挙は行わず、台湾民政から振り分けられる。

なぜ選挙をしないかと言うと、70年間にわたって台湾をシナ人が支配し、行政から実業界まで社会の隅々までシナ人が支配する構造になっていて、一旦彼らを支配層から排除し、台湾人にも十分な教育を受ける機会を与えて本土台湾人の為の台湾を作ると言うことのようだ。

当然、台湾人と自称するシナ人達は反発する。日本の親台湾の人達は今まで付き合って来た中華民国人は殆どがシナ人なので一日でもシナ人支配の中華民国体制を維持したいからデマを流す。 だが、シナ人の支配する「中華民国政府」体制から本土台湾人による行政組織の台湾民政府への政権移行は米国国防総省の意向である。 日本政府はサンフランシスコ条約で、台湾の主権は放棄していないが権利と権原とclaim・請求権を放棄しているから何も言えない。ただ黙って見ているだけである。

更に1972年に売国奴の田中角栄が日本の領土である台湾を「中国に返還する」というに中共同声明に署名し、中華人民共和国を中国の唯一の政府であると承認し、台湾についての中国の言い分を飲んでしまった。 だから中国に対しても日本政府は何も言えない。

しかしアメリカは日本と立場が全く異なる。台湾は日本国政府が何を言おうと、中国と条約を結ぼうとあずかり知らぬところとなる。 いずれ政権を移譲された台湾民政府が登場すると日中条約の台湾についてはポツダム宣言( http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/nc_seimei.html )で処理されている事は無効となる。 中国は台湾と関係ないからである。人のモノは自分のモノ、自分のモノは自分のモノと発想するシナ人には口出しする権利はない。

宋青雲

8月15日 23:48 中國在南海填海造路 米國早該開戰 為何遲遲未開戰??(這影片中 飛機上的米國大兵有在無線電中 說明中國違反國際法喔!!)

宋青雲

8月17日 0:50 白宫的新闻發布會 這斷演片真實性很低 正常邏輯推測 米國處理敏感事務 不可能如次高調行事 在來剪接流暢 最大破綻演說者 . . . → Read More: 東京の不動産異変      -栗原茂男

【拡散依頼】 「まもにち(守ろうニッポン!戦争させない大行進 )」  -栗原茂男

1) 台湾民政府交流会 2) 佐世保の児童相談所による拉致被害の朗報 3) 【拡散依頼】 「まもにち(守ろうニッポン!戦争させない大行進 )」 4) 機械受注統計から見えてくる製造業の国内回帰 5) 【 法人百人の会 】 「草莽の記 杉田謙一」より 6) 中国の経済成長はそろそろ終わりそうだ 7) 鳩山由紀の土下座は朝鮮人の自作自演 8) 読者からの情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 台湾民政府交流会

洪素珠

8月15日 10:16 https://www.peopo.org/news/284373 本土台灣人當了70年的中國+美國兩國巧妙的合作成了政治經濟雙重的奴隸身份難解脫,這些悲慘的命運經過假民主選舉活在自我陶醉裡難清醒。

戰後的中元普渡與靖國神社參拜關係 www.peopo.org 根本不用道歉,台灣民政府有能力去控告美國與中華民國的理由,就是美中合作一起壓榨戰後的日本台灣領土資源,奴隸日本台灣人。 本土台灣人當了70年的中國+美國兩國巧妙的合作成了政治經濟雙重的奴隸身份難解

===============================================================

2) 佐世保の児童相談所による拉致被害の朗報

自分が実際に被害会わないと中々犯罪の存在は理解できないもの。 交通事故を起こす人が事故を起こすまでは自分は絶対に事故を起こさないと信じているのと似ている。

この世に電磁波犯罪、集団的ストーカー犯罪、児童相談所犯罪というものが存在している。 パソコンや携帯に単なる故障とは思えない、犯罪としか思えない出来事があることを理解する人は多いと思うが、それと同根なのかもしれない。

兎も角、親に問題があると言って児童を拉致してしまう犯罪が全国いたるところである。

佐世保の被害者は遠距離なのでメールでしか連絡を取れないが、東京又は近県の方とは会ったりもする。

官公庁の公表されている資料を基に綿密な調査をして訴えている女性もいる。話していて、すごく頭の良さを感じる人だ。 他にもかなり優秀な頭脳の持ち主も沢山いる。

犯罪の目的は白色テロ。優秀な人を減少させて日本民族の弱体化を画策しているのではないのか? 公権力に忍び込んで密かに結束してカルト宗教の政治力を利用して警察の捜査を抑えているのだろうと被害者団体の参加者の多くは言っている。

そう仮定すると私には強い説得力を感じる。

講演会で妄想だと断言する者も結構いるが、そういう輩は犯罪側の人間ではないのだろうが、単なるテキト―人間。科学の世界では断言なんてするものではない。 解らない事は調べていないから解らないと言うのがまとも。

犯罪を訴えるには証拠が必要で、立証責任は訴える側にあるが、証明できないからと言って否定を断言する根拠にはならない。 否定論を断言するものはもっと良く考えて発言するべきだろう。

——————————————————————————————————————————————–

朗報です。 1、【拡散希望】児童相談所問題 . . . → Read More: 【拡散依頼】 「まもにち(守ろうニッポン!戦争させない大行進 )」  -栗原茂男

中国の元安政策       -栗原茂男

1) 中国の元安政策 2) 今の黒田日銀の政策に間違いはなし 3) 【 NPO法人百人の会 】 豪州初の慰安婦像認めず=シドニー近郊の市が議決 4) 【 NPO法人百人の会 】 橋下は活きている!! 5) SDHF Newsletter No.99J 110人の日本学者の反論 6) 【 法人百人の会 】 日本は侵略戦争などしていない(Jellyのブログより)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 中国の元安政策

為替相場は経済の自然な成り行きで決まるのではなく、世界各国の思惑と力関係で決まる。「市場に任せる」なんて言うのは真っ赤な嘘。よくまあ、そんな嘘を言えるものだと思う。 巨大人口が産み出す爆買力を交渉カードにする中国は勝手に元安を決めるし、力のない韓国は自国通貨の相場は自国で決められずオロオロ。

日本は1985年のプラザ合意では各国が有無を言わさず、超円高にした。 為替相場なんてそんなもの。

ところで、一国の貿易黒字は論理的には自国以外の何処かの国の貿易赤字。 実際は両者の数字は1割か2割くらい違うようだが、論理的には世界の貿易赤字国合計と貿易黒字国合計は等しい。

それで元安を勝手に決めた中国だが貿易は相変わらず大幅黒字。 通常、貿易黒字が出ると為替相場を維持する為に政府が国債を発行して外貨を買う。 中央銀行は市場を迂回する形で国債を購入して通貨を増発する。

従って、貿易黒字が出るとその分よけいに通貨が発行される事になる。貿易黒字は巨額であると良し悪しとも言える。 中国は永い間貿易黒字を貯めこんだので、昨年たり外貨が4兆ドルにもなった。 ところがである。今年に入って外貨がじりじり減り始め、7月末では4兆ドルから3兆6千5百億ドルへ ****************************************************************************** 7月の中国外貨準備高、前月から425億ドル減少 http://jp.reuters.com/article/2015/08/07/china-economy-reserves-idJPKCN0QC0ZF20150807 ******************************************************************************

貿易は黒字なのに、外貨が減ると言う事は貿易外でおカネが中国の外に流出していると言う事。 中国内の個人、法人がおカネを外国に持ち出す場合、元では外国で使えないので、基軸通貨であるドルに換える。そして外貨は減少する事となる。

中国では要人たちが、つまり資産家たちが次々と資産をおカネに換えて国外に持ち出している。 短期間に3千億ドルも4千億ドルも持ち出しているのだから呆れるほかはない。

香港を拠点とする世界長者番付8位の李嘉誠が2~3年前から計画して脱亜入欧で資産を中国・香港から欧州に移してしまったのは最近の事。 国が亡びる前と言うのはそんなものなのだろう。

中国の貿易黒字は中国以外の国々にとって、貿易赤字である。貿易黒字国は自国通貨を髙くするのが常識だが、元安政策を取る中国はいくら粋がっても世界経済のリーダーになれない証明。 所詮人口大国なのである。

その点、アメリカは貿易赤字によって世界中の国々に貿易黒字を計上させてきた。そして通貨を供給してきた。 2005年からのこの10年だけ見ても年間の貿易赤字額は次のようである。単位は100万ドル。2014年の統計だと3,895億2,600万ドルとなる。

-745434 -806726 . . . → Read More: 中国の元安政策       -栗原茂男

破滅に向う中国経済       -栗原茂男

1) 台湾民政府交流会 2) 「世界を牛耳る国際金融資本 ~ロスチャイルドのNew Court Project 」 3) 破滅に向う中国経済 4) 【 NPO法人百人の会 】 安倍首相の戦後70周年談話 5) 【 NPO法人百人の会 】 「戦後70年首相談話」に関する要望書 6) 米メディア、ついに自国の原爆投下を批判!! 7) 「抗議街宣」と「署名運動」・・・主権回復を目指す会

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 台湾民政府交流会

Hungchih Lieu

8月11日 20:03 台灣人是難民 根本沒有中華民國 更沒有中華民國籍 沒有國籍,就是難民 ===============================================================

2) 「世界を牛耳る国際金融資本 ~ロスチャイルドのNew Court Project 」

純日本人会の経済情報交換会である「あてな倶楽部」の常連の和田聖仁弁護士が「一水会」で講演する事に。

和田氏は以前、あてな倶楽部で講演をして戴いている。 下記は和田氏のメールより。 ****************************************************************************************** 昨年9月のあてな倶楽部の報告の、1年分、バージョンアップさせていただいたものとなる予定です。 「London New Court Project 」和田聖仁氏 於:あてな倶楽部 9月21日 ******************************************************************************************

. . . → Read More: 破滅に向う中国経済       -栗原茂男