2015年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

G・クラーク氏 : 尖閣は日本領?   -栗原茂男

1) 台湾民政府交流会 G・クラーク氏 : 尖閣は日本領? 2) トルコで「反中共」デモが頻発 20150713 3) 【慰安婦の真実】朝鮮人が残した慰安婦の日記 4) ロシア内務省職員11万人を解雇、経済苦境でプーチン氏 5) 【 NPO法人百人の会 】 頼みます。月曜日、今一度電話してください 6) 「太平洋戦争」アメリカに嵌められた日本(ワック株式会社) マックス・フォン・シュラー(著) 7) 【拡散】カゴメ、フジッコ、デルモンテは全て中国韓国産だった!!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 台湾民政府交流会

7月23日に外国特派員協会で李登輝氏の講演があり、早めに行ったら少し遅れてグレゴリー・クラーク先生がお見えになり、私の席の隣に座られた。 先日クラークさんとはやはり同じ外国特派員協会で国際法の専門家と一緒にお会いして台湾民政府の説明した。 この問題、どんなに頭の良い人でも一度聞いただけで簡単には理解できない。 特に戦後、戦勝国から偽りの法律論、歴史観に汚染され洗脳されて来たて来たインテリほどそうである。

クラークさんにサンフランシスコ条約が1条と2条で「sovereignty 」 と 「 right, title and claim 」を使い分けている事を指摘すると意外な顔をされた。 http://www.chukai.ne.jp/~masago/sanfran.html

米軍が2万坪の敷地に建設中の巨大な軍事基地の写真とか、東日本大震災の時に米軍の家族が台湾に避難した際台湾での入国審査を中華民国政府の職員にやらせず、米国在台湾協会・AIT(American Institute in Taiwan )行っている写真に大変妙味を持たれたようだった。

そのクラークさん、講演中に小声で私にいくつか質問をし、台湾民政府について質問をしてよいかと言うので「どうぞ」と答えたが、クラークさんがした質問は、「尖閣諸島は日本の領土ですか?」だった。 私も台湾民政府が米国政府と「中華民国政府」を相手に行っている訴訟をどう考えるか質問しようと考えたが、質問して否定的に答えられた場合、再質問はたぶん出来ないから、止めておいた。

ところで、「台湾」と一言で言っても蒋介石以前から住む台湾人とその子孫である “ 本土台湾人 ” とシナ人とを明確に区別しなければならない。 シナ人は侵略者であり、本土台湾人は台湾の主人である。そして終戦直後に台湾はマッカーサーによって侵略者のシナ人に支配される仕組みを作られてしまった。 本土台湾人からすると日本政府が台湾人を守らなかったと言う事も意味する。

遠からず政権を握る台湾民政府が国際社会に現実に登場すると台湾のシナ人は台湾に住む外国人と言う扱いとなる。 本土台湾人には70年に渡って大変な苦痛を舐めさせてきたシナ人への反感は想像をを越えるものがある。

. . . → Read More: G・クラーク氏 : 尖閣は日本領?   -栗原茂男