A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

フランスのテロ及びイスラム国の情報     -栗原茂男

 

1) フランスのテロ及びイスラム国の情報

2) アメリカのトルーマン大統領は第二次世界大戦敗戦後の日本国に対して何を言ったのか?

3) 平成27年2月の第三日曜日、15日のあてな倶楽部の御案内

4) 会員の方からの情報

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) フランスのテロ及びイスラム国の情報

 

 

今年2015年1月7日、フランス・パリの風刺週刊誌を発行している「シャルリー・エブド」本社に覆面をした複数の武装した犯人が襲撃して12名を殺害した。

ヨーロッパでは移民問題で社会全体が大きく揺れている。

https://www.youtube.com/watch?v=bhuUINSq6CQ

 

移民して来た者達が元の祖国でやってきた事と同じ文化、習慣を移民先に持ち込んでいる。持ち込まれた方はたまったもんじゃない。

いかし何故かヨーロッパ各国の政府は移民に寛大なようだ。何かの勢力が陰謀を巡らしていると仮定するとわかりやすい。

 

そんな時、入ってきた情報では、「シャルリー・エブド」という会社は「ロスチャイルド」系の会社だそうだ。

そしてイスラムをからかっていながら、テロを予想する対策は何も講じて来なかったそうだ。

 

多民族国家化は侵略者の願い。大部分の地元民族の中に少数のよそ者民族というのは如何にも堅苦しい。

いっそ、多民族共生、多様な文化を誇る多民族国家が侵略者には都合が良い。

 

 

ヨーロッパに移民してくるのは東欧もあるが主としてイスラム教徒達。

そのイスラム教徒は一部がイスラム国を名乗ってあちこちで蛮行を重ねている。

 

そんな危険なイスラム国の領域に入って捉えられた二人の「日本人」がいる。

一人は殺害されたようだが、ほとんど報道されずにいる。

 

もう一人はまだ殺されていないと言う事で、政府が救出に乗り出している。

そのまだ殺害されていない「日本人」だが、29日にある筋から入った情報では、後藤氏は在日朝鮮人で、イスラム国工作員の可能性が大との事。

西早稲田在日左翼ビル所属韓国系プロテスタント教会所属。母親は石堂 父親は元韓国軍幹部だという情報。

 

私には確かめようがないが、総理大臣まで乗り出している問題で、韓国政府までが乗り出そうとしている。

http://hosyusokuhou.jp/archives/42493681.html

 

 

湯川遥菜氏は騙されてイスラム国へ行ったそうだ。日本の孤立化を執拗に画策して、日本国民をイスラム教徒と反目させようと言う魂胆なのではないだろうか。

そもそも何故、そんな危険な地へ行ったのか?後藤氏にも聞いて見なければならない。

単に世話を焼かせたというだけでなく、政府やマスコミの対応しだいでは、日本とイスラム諸国との諍いに発展しかねない危険性がある。

 

背後関係があるのかないのか、様々な仮説を立てて真実を探る必要がある。

 

 

 

. . . → Read More: フランスのテロ及びイスラム国の情報     -栗原茂男

台湾における中華民国政府の土地の帰趨は?   -栗原茂男

 

1) 台湾における中華民国政府の土地の帰趨は?

2) ナイジェリアで苦闘する大和撫子51

3) クロアチアをご存知?

4) ヘリコプターマネーをやるなら日銀ではなく政府

5) マックスさんの第12回勉強会のお知らせ(2015.1.28)

6) 「イスラム国」人質、国益を害した二人の日本人・・・主権回復を目指す会

7) 【拡散希望】日経新聞の部長(編集)を逮捕★地下鉄東西線で痴漢、容疑認める【拡散希望】;

8) 会員の方からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 台湾における中華民国政府の土地の帰趨は?

 

 

純日本人会のもうひとつのサイトに質問が来た。

《 「米国が中華人民共和国を、中国を代表する国として外交承認をする直前に、急いで登記を民間に 移し、それで中国の接収(継承)を免れた経緯があります」について、台湾にも中華民国名義の土地が現在でも沢山あります〔1950年8月16日総登記という国有化)が、これらは中国に接収されるということなのでしょうか。「総登記」は一方的行政行為で、取引行為ではありません。》

 

早速台湾民政府に転送して回答を依頼したら早速、返信が届いたのでご紹介する。

 

——————————————————————————————————————————————–

 

栗原茂男 会長

 

 

答えは至って簡単です。

 

即ち、『中華人民共和国(中国)』は『中華民国』の法的継承者です。

従って、台湾に『中華民国』の看板が掛かってある限り、中国は”全台湾”を継承しに来ます。一物件の話ではありません!

此れは私が鷹住区センターで講演した時に配ったあの一枚の資料(台湾の政治的環境)の中で明確に述べてあります。

 

本来、中国は歴史上台湾とは何の係りも有りません、が、『中華民国』が居座っているから、中国が虎視耽々し、日本人をひやひやさせているのです。

今でも日本の政治家や代議士が中華民国の国民党や民進党などと交流している人が大勢います。解せない現象で、彼らは実に勉強不足です。選挙民の注意を促したいです。

 

外出の直前ですので、暫しこの辺で・・・。

 

河村常夫 拝

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あてな倶楽部(純日本人会・情報交換会)

http://jun-nihonjinkai.blog.eonet.jp/default/2015/01/post-5bb6.html?cid=91673557#comments

. . . → Read More: 台湾における中華民国政府の土地の帰趨は?   -栗原茂男

台湾での政権移行は着々    -栗原茂男

 

1) 台湾での政権移行は着々

2) 電磁波、集団ストーカー被害者からのメール

3) ナイジェリアで苦闘する大和撫子㊿

4) 千葉戦略研究所 1月30日講演会のご案内

5) 安倍晋三首相に対する要請行動 ー NPO法人百人の会

6) 「戦後70年首相談話」の撤回を!・・・主権回復を目指す会

7) 会員の方からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【純日本人会 メルマガ 】

純日本人会 http://www.junnihon.com/

 

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

1) 台湾での政権移行は着々

 

 

 

 

HuiChen Huさんが台湾民政府交流会に投稿しました

HuiChen Hu 2015年1月25日 21:56

アメリカが定義したテロ組織 1、国ではない。 2、武器を有する。 3、現地で徴兵する。 チャイニーズタイペイは世界最大武装難民テロ組織である。 アメリカが国内法である台湾関係法を作り、世界最大武装難民テロ組織のチャイニーズタイペイを守っている。

李宇さんが美官方證據-美軍佔領台灣中に投稿した写真

台灣目前有美國定義的有資格的恐怖份子約 1200 -1300 萬人 . . . → Read More: 台湾での政権移行は着々    -栗原茂男

「ヨーロッパの静かなる侵略   : あてな倶楽部講演     -栗原茂男

 

1) 「ヨーロッパの静かなる侵略 ー あてな倶楽部講演

2) ナイジェリアで苦闘する大和撫子㊾

3) 台湾民政府登場を目前に控えて出てきた予兆なのだろうか

4) 森の駅発メルマガ◇材木屋さんに聞く暮らし・快適術

5) 1230時事研修会;の案内

6) 会員の方からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 「ヨーロッパの静かなる侵略 ー あてな倶楽部講演

 

 

1月18日に純日本人会の情報交換会、「あてな倶楽部」を開催した。

 

講師は日本駐在のヨーロッパ人のダニエル・グティエレス氏

会終了後に参加した弁護士さんとダニエル氏と私でメールのやり取りをしている。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『私』 :

こんな情報が外務省のメルマガにありました。

《 ワン・ワールド・フェスティバル(大阪)の開催 http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_001677.html 》

 

一見、良い事を言ってますね。

http://www.interpeople.or.jp/owf/post-9.html

http://www.interpeople.or.jp/owf/

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

『ダニエル氏』 :

そうなんです。先日申し上げた通り、国民の税金を国を潰すために使うと言う悪質政治です。

財団法人、NGOなどを使って、こう言う企画を増やすばかりです。

後は、「国民の要求に応じているだけだ」との言い訳をします。

ヨーロッパで見飽きるほど使われた作戦です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ダニエル氏の講演模様はご本人の承諾を得てビデオ撮影し、You . . . → Read More: 「ヨーロッパの静かなる侵略   : あてな倶楽部講演     -栗原茂男

純日本人会1824 / 台湾民政府はいよいよ年内に登場の予定

台湾民政府はいよいよ年内に登場の予定 -栗原茂男

 

1) 台湾民政府はいよいよ年内に登場の予定

2)ナイジェリアで苦闘する大和撫子㊽

3) 大和流 2015年 第1回茶会 深沢「大和庵」初釜のご案内

4) 【拡散希望】竹中平蔵の暴力団ツーショット写真★マクドナルド経営不振【新自由主義の限界】

5) 会員の方からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

1) 台湾民政府はいよいよ年内に登場の予定

 

 

張子の虎の生意気中国は日本やアメリカが本気で怒ると何も言えない。

 

中国の最大の武器は賄賂と性接待。汚い手で侵略対象国の内部の手を突っ込み、コソ泥侵略対策を抑制する。

ただ、やりすぎると侵略先の大衆が気がつくから途中で上手くゆかなくなる。

 

南沙諸島で珊瑚礁の周りに軍事施設を建設中だったが米国の命令で中止したそうだ。米国に「コラッ!」怒られると何も言えない中国の現実がある。

菅沼光弘氏から昨年の夏ごろだったか、聞いたところでは南沙諸島に中国の基地ができるとかなりアメリカには緊張が走るようだ。

それにしても南沙諸島、西沙諸島も国際法上、大日本帝国領土なのだそうだ。そして米国の占領地。

 

米国にとっては馬鹿に都合の良い話だが、国際法に従うとそうなってしまう。

米国という国は戦後お小笠原も沖縄も日本に「返還」したから領土的野心はないことは分かる。

 

そのへんがシナ人やロシアと違うところ。

 

台灣、南沙諸島、西沙諸島の件は日本にとっても歓迎すべき事。軍事、外交は米国占領地なので米国に任せる事になる。

日本はもっぱら台湾との経済関係に絞られる。

 

19日に台湾民政府の方と話をしたが、台湾人が日本人だとなったら、台湾人で嫌がるとしたら蒋介石によって反日教育に染められた40代、50代で、若い層は自分たちは憧れの日本人なんだと言われたら大喜びするだろうと言っておられた。

日本人も当面一緒に住むわけではないから、困ることはなく、経済関係は強くなり、今までなるべく中国に注文してきた商品を日本から買うようになり、日本としても大歓迎である。

シナ人政府の中華民国政府は日本からの輸入にはかなり効率の関税をかけているそうだから、台湾民政府が出来ると日本からの輸入品は一気に大幅値下がりするはず。

 

計画中の新幹線や高速道路の発注も当然日本が有利となる。

 

そして何により、台湾民政府の登場は台湾は大日本帝国の領土であり、台湾人は大日本帝国の天皇陛下の臣民であることが白日の下の晒らされる。

 

すると日本列島限定の「日本国憲法とはなんぞや?」という議論が始まる可能性が大。9条改正どころでは無くなる事だろう。

何しろ、昭和21年のに憲法改正、日本国憲法誕生は議会内で革命が起きたと言う非現実の世界での主張が受け入れられてきた。

 

 

 

台湾民政府は反対する人々から色々と非難をされている。日本に住む私は当事者ではないから本当のところはわからない。

. . . → Read More: 純日本人会1824 / 台湾民政府はいよいよ年内に登場の予定

あてな倶楽部  ー 『ヨーロッパの静かな侵略』、     -栗原茂男

 

 

1) あてな倶楽部 ー 『ヨーロッパの静かな侵略』、

2)ナイジェリアで苦闘する大和撫子㊼

3) 緊急拡散 昨日のクローズアップ現代の偏向報道について

4) 【拡散希望】TPP騒動の震源地は似非保守・偽装愛国者の櫻井よし子★イスラム国の資金源はカタール?

5) なでしこアクションよりお知らせ他 [2015年1月17日号]

6) おごる安倍政権は久しからず・その2

7) 『シャルリー・エブド』、風刺と冒涜は異なる・・・主権回復を目指す会

8) SDHF Newsletter special 『慰安婦の真実』(論文集)冊子

9)

千葉戦略研究所 1月講演会ご案内(直前情報)

10) 会員の方からの情報

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) あてな倶楽部

 

 

 

18日はあてな倶楽部。テーマは『ヨーロッパの静かな侵略』、講師は日本駐在の欧州人のダニエル・グティエレス氏が題して移民に苦しむヨーロッパの実情を語ってくださる予定。

もちろん、全て日本語。

 

ダニエルさんからは下記のようなメールを頂いている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

移民の流れは自然なのかそれとも彼らは計画的に操られているのか。

 

なぜ民主主義を訴えながら、各国の政府は自国民の意思に背くような政策を取っているのか。

 

うっかりしたら、日本にも同じ現象が起きるのが時間の問題です。

 

常に「政治の話をするな」と教われている日本人の間にも考えさせる話題になればと思います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ダニエルさんはカタルーニャの方ではないが、ダニエルさんの友人がスペイン国旗と「PXL党」の旗を掲示して欲しいとのことで、承諾した。

. . . → Read More: あてな倶楽部  ー 『ヨーロッパの静かな侵略』、     -栗原茂男

正論に転じた竹中平蔵氏とフェルドマン氏    -栗原茂男

 

1) 正論に転じた竹中平蔵氏とフェルドマン氏

2) ナイジェリアで苦闘する大和撫子㊻

3) 残念な話。これから中国と戦争になります(3)「中国の日本侵略手法」

4) 【韓国】FTA裏目? 車輸入増加で対EU貿易赤字膨らむ[01/12]

5) 【NPO法人百人の会】 『慰安婦の真実』(論文集)(日本語版) ー ヘンリー・ストークス、トニー・マラーノ、加瀬英明、茂木弘道

6) ダニエル・ラッセル国務次官補のジャパン・ソサエティーでの講演

7) いよいよ始まるオーストラリア産農産物輸入増加に期待する

8) 『チベット問題入門(上)(中)(下)』 酒井信彦・・・主権回復を目指す会 info@shukenkaifuku.com

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 正論に転じた竹中平蔵氏とフェルドマン氏

 

 

日銀の黒田総裁が支店長会議で消費税による景気悪化をかなり軽く見ているようだ。

景気回復には金融政策ではなく、財政政策が必要なことは経済学を齧った者には当然のことだが、それは日銀の役割ではない。

黒田氏としては役割上、可能な努力はしていると言う事か。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本銀行 2015年1月15日

支店長会議総裁開会挨拶要旨(2015年1月)

http://www.boj.or.jp/announcements/press/koen_2015/siten1501.htm/

 

わが国の景気は、基調的に緩やかな回復を続けており、消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動などの影響も全体として和らいでいる。わが国の金融システムは、安定性を維持している。そうしたもとで、金融環境は、緩和した状態にある。

 

「量的・質的金融緩和」は所期の効果を発揮しており、日本銀行は、2%の「物価安定の目標」の実現を目指し、これを安定的に持続するために必要な時点まで、「量的・質的金融緩和」を継続する。その際、経済・物価情勢について上下双方向のリスク要因を点検し、必要な調整を行う。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

そうなると財政政策を行う政府の姿勢に景気の浮沈はかかる。

これまで、日本経済を圧縮させて来た新自由主義の立場からの経済政策をマスコミは情報拡散してきた。

テレビや新聞で取り上げると頻繁に登場するエコノミストが正論を述べる人だと大部分の人は思ってしまう。

インテリにも様々な分野があり、経済学をかじった人は全体の一部、少数派となる。

 

だからマスコミに数多く登場するエコノミストの主張は現実に経済政策に繁栄することになる。

その意味で1990年代から小泉政権時に日本経済を徹底的に潰す政策をマスコミの前で喋っていた二人のエコノミストが一転して、良いことを言い始めた。

竹中平蔵については、小泉が辞めた後は、案外まともな事を言うようになっていたがフェルドマン氏は少し前までは相変わらずだった。

 

. . . → Read More: 正論に転じた竹中平蔵氏とフェルドマン氏    -栗原茂男

消費税の軽減税率    -栗原茂男

 

1) 消費税の軽減税率

2) ナイジェリアで苦闘する大和撫子㊺

3) 【拡散希望】佐賀県知事選挙では、JA支持派が勝利★竹中平蔵を追放し、新自由主義と絶縁を【祇園精舎の鐘の声】

4) 【拡散希望】遺伝子組み換え作物の危険性 カナダの大学病院で、殺虫性成分を胎児や妊婦から検出

5) NPO法人百人の会 【超拡散希望】 《領土問題「動かぬ証拠」 中国政府は1969年まで尖閣諸島を日本領と認めていた》

6) 支那と朝鮮の策略により、日本軍の残虐性のみが強調されているが、事実は逆であったことが、判明した。

7) 会員の方からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 消費税の軽減税率

 

 

 

純日本人会では経済情報交流会という名称で情報交換会を開いている。

毎月第三日曜日の他に臨時の会合も開いている。

 

昨年12月19日に行った公認システム監査人・IFRSコンサルタントの田淵隆明氏の講話をビデオに撮りました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

http://youtu.be/_tNXiXUdmHw 第3回情報交換会① あてな倶楽部 平成26年12月19日

 

http://youtu.be/1NAMkuFwoEg 第3回情報交換会② あてな倶楽部 平成26年12月19日

 

講師:田淵隆明氏 公認システム監査人・IFRSコンサルタント

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

民主党野田政権の時に消費税率上げが決まった。5%から8%へである。

案の定、景気の足を引張ている。今年はさらに10%に引き上げる事になっていたが、衆議院解散、総選挙で大勝した安倍政権は延期を決めた。

 

元々、安倍、麻生コンビは消費税率上げに否定的だった印象がある。

それに対し、税率を上げろというのは財務省。

. . . → Read More: 消費税の軽減税率    -栗原茂男

台湾は二重権力の混乱状態    -栗原茂男

 

1) 台湾は二重権力の混乱状態

2) 中華民国政府によるワシントンDCでの国旗掲揚事件

3) バート・シャピロ元米商務省次官 : 対日関係を韓国の課題として指摘

4) 第127回日本経済復活の会定例会のお知らせ

5) SDHF Newsletter No.88J 『慰安婦の真実』(論文集)(日本語版)

6) 売国を突き進む「戦後70年談話」のまやかし/街宣告知・・・主権回復を目指す会

7) 第37回時事研修会の案相

8) 会員の方からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 台湾は二重権力の混乱状態

 

 

 

大日本帝国の領土の台湾は、占領国の米国の意向で台湾の統治を外来の中華民国政府から台湾人自身による自治政府に変更する為の準備中。

せっせと政府機関を閉鎖している。“ 予定は未定 ” というが、一応今年の6月に政権交代が行われると聞いている。

 

大統領の馬は元々、大統領退任後にはアメリカに移住するつもりだったから米国の意向に積極協力の姿勢だそうだ。

それで台湾で起きているのが二重権力状態。

 

自動車ナンバープレートを中華民国政府とは別に台湾民政府が発行し始めている。

 

警察が台湾民政府のナンバープレートを見つけると取り締まろうとすると、台湾民政府のナンバープレートをつけた車は警察の言う事を拒否。

 

それで警察官が本部に問い合わせると黙認となる。要留守に二重権力。同じ台湾内で二つの政府が併存している状態。

現場の警察官にすればやがて雇い主が現在の中華民国政府から台湾民政府にもうすぐ変わるのだから、もう事を荒立てたくないのかもしれない。

 

政権移行への準備が進んでいる事の証が下のビデオで読み取れる。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

台湾民政府のナンバープレート付きの街宣車パレートの映像です。

 

 

. . . → Read More: 台湾は二重権力の混乱状態    -栗原茂男

中華民国政府、“ 今生の別れ ” が引き起こした国際問題   -栗原茂男

 

 

1) 電磁波等被害者同士の情報交換

2) ナイジェリアで苦闘する大和撫子㊹

3) 中華民国政府、“ 今生の別れ ” が引き起こした国際問題

4) 【重要】マクドナルド、ポテトに「ヒトの歯」混入か★サザンの桑田「紫綬褒章を5000円からオークション」【拡散希望】

5) 中国経済はかなり深刻

6) 千葉戦略研究所 1月講演会ご案内

7) 会員の方からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 電磁波等被害者同士の情報交換

 

 

先日、年代が同じくらいの女性3名に呼びかけて電磁波等の被害者同士の情報交換をした。皆さん、かなり頭の回転の良い女性たち。

被害者には被害に程度や種類などで違いが大きく、また問題への対処の考え方が違うので、被害者の会はなかなかまとまらないようだ。

 

今回、都内某所の某喫茶店で会合をして忌憚のない話し合いをした。

 

話し合いをして私なりに確認出来たことは、被害妄想の部分も少なからずある事と、しかし全てが妄想では全くないという、当たり前のこと。

それにしても想像を絶する被害である。

狙われた人は皮膚が痛くなるほど電磁波を送られる。痛くなるどころか切り傷と同じようになったりする。

 

頭痛、手や足への傷、心臓圧迫など。多分脳梗塞や心筋梗塞で突然死しても病死として片付けられるのだろう。

集団ストーカーも被害者に綺麗な女性が多いから、この言葉を聞くと変質者のストーカーを想像するかもしれないが、集団ストーカーというのはそういうのと全然違う。

 

住居に侵入されて、衣類そっくり全部とか、各種免状、印鑑、その他もろもろ、大事なものが盗まれる。

或いは、どうでもよい物が無くなったり、場所が移動していたりする。目的は侵入された事を知らせて、恐怖感を与える。

一人暮らしの女性が家に帰ったら誰かが侵入した気配があり、警察に届けても相手にされなかった場合を想像すれば、それが如何に恐怖を与えるかが分かろうというもの。

 

 

被害者の方達と話してみると概して優秀な人が多い。その人たちが全て狂っているとは到底思えない。

むしろ、頭脳優秀でまともな人の割合が非常に多いとさえ感じる。

犯罪者グループの目的は民族つぶし。優秀な人材を減らそうと言うのだろう。

 

ところで私が以前から思っていたことに超常現象がある。

頭の良い彼女たちもやはり超常現象を経験していた。

 

家にいても歩いていても人の声が聞こえるという、V2K。私は経験していないが、かなり多数の人が経験している。

 

これは米軍が開発していて、声を脳内に送り込むと言う機械だそうで、その機械の写真もインターネット上では出ているらしい。

. . . → Read More: 中華民国政府、“ 今生の別れ ” が引き起こした国際問題   -栗原茂男