2014年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

台湾民政府の Facebook -栗原茂男

 

 

1) 台湾民政府の Facebook

2) ナイジェリアで苦闘する大和撫子㊴

3) 嘘がバレて嘘つきであるという情報が世界に拡散する韓国

4) 会員の方からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 台湾民政府の Facebook

 

 

台湾は米国の占領下の地域。その事を忘れると台湾問題の理解が大きく間違う。

大東亜戦争、アメリカから見ると太平洋戦争が終わり、日本列島、沖縄列島、台湾を米軍が占領。その後台湾以外は米国の占領は終了。千島だけはソ連とその継承コクのロシアが今も占領中。

そのことをしっかり認識しないと国益を大きく損なう。

 

注意しなけれべならない事は、日本国籍を保有していながら、民族帰属意識が朝鮮であったりシナであったりの卑劣な仮面日本人が多数いること。

国籍があれば法律は「日本人」として扱う。心の中までは法律は判断できないからである。

 

そういう卑劣な仮面日本人が日本の国益をなんの抵抗もなく、積極的に外国に売り飛ばす。

 

台湾は大東亜戦争後、蒋介石の中華民国政府が共産党の革命軍によって追い込まれ、第二次大戦(連合諸国から見た名称)の同盟国だった中華民国の蒋介石一派を重慶で救援、保護した。

1千人ほど台湾に連れてきて、台北に亡命政府を創らせた。同時に台湾の代理占領も任せた。

 

言ってみれば、台湾という団地は大日本帝国領でそこを占領した米軍が管理人さんとして「中華民国政府」を名乗る蒋介石一派に仕事をさせたという事。

だから「中華民国政府」はあくまで中国の亡命政府。管理人事務所の管理人さん。

 

ところが腹黒い蒋介石は米国に足元を見て、台湾は中華民国の領土だと台湾住民を洗脳していった。

蒋介石は米国の足元を見たのだろう。米国はその間、三度ほど台湾は中国ではないと警告したことはしたそうだ。

 

戦後の混乱期、ソ連共産党の指導の下で中国共産党が世界革命を公言するので、米国は共産主義との戦いを強いられ、蒋介石の我が儘に目を瞑ってきた観がある。

 

ところが近年、馬政権が中華民国政府と中華人民共和国との間で、いわゆる「両岸協議」を推進し、サービス業まで踏み込んだところあたりから反政府運動が起き、学生がひまわり運動と呼ぶ抗議運動を始めたことは記憶に新しい。

http://www.thefuturetimes.jp/archive/no06/taiwan/

 

両岸協議は最終目的が台湾の中国への売り渡しであることは誰の目にも明瞭なので、台湾の学生だけではなく、米国政府も法的立場を明確にする時期に来たと判断したのだろう。

台湾の大統領は中国生まれの馬ではあるが、中国に戻るつもりもなく、米国へ移住するだろうと言われている。

 

それで馬は米国による台湾の代理占領依頼者の変更に対して恭順の意を表していて、台湾の大統領の職務に忠実なフリしている。

中華民国軍は解体される方向で着々と計画は進んでいる。ヘルメットや戦車のロゴマークは消し剥がされたそうだ。

 

今まで「戦勝国」の中華民国には米軍はいなかったが、今年の6月に沖縄から米軍が1,500人移転したそうで、これから米軍はもっと増える予定。

政府機関も次々と閉鎖されているそうだ。

 

新し代理占領者となる台湾民政府は4千人の幹部を揃えるそうで、それは蒋介石が台湾に来たときが1千人で人口が600万人だったので、現在2,300万人の台湾では4千人が適当だろうと、米軍と話が付いたそうだ。

と言う事は、代理占領者が変わるとこれまでの仕事の人脈が一気にご破産となる。

 

. . . → Read More: 台湾民政府の Facebook -栗原茂男