2014年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

フィリピンの故マルコス大統領についてのカレン・フーデス女史の評価   -栗原茂男

 

1) フィリピンの故マルコス大統領についてのカレン・フーデス女史の評 価

2) 「台湾地位正常化促進会」と「台湾民政府」

3) 日本経済復活の会定例会のご案内

4) 4月19日(土)「慰安婦の真実国民運動」

5)会員の方からの情報

なんで韓国人女が住職になれたのか?

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) フィリピンの故マルコス大統領についてのカレン・フーデス女史の評価

 

 

 

現在、彼女は世界経済の健全な発展の為に日夜奮闘しています。世界銀行は主として発展途上国を対象とした銀行で融資先に不透明さが付き纏う事は知られています。

しかしそれは途上国に問題があると言うより先進諸国のおかしな者達が途上国を利用している面があり、途上国の指導者を悪者にすることがしばしばのようだ。

カレンさんはそれを見て来ているとの事。彼女のことを或る大経済学者の先生に電話で話すとすぐその場で調べてくれ、元世銀役員と言うだけではなく、アメリカ政府の国務次官補をつとめた人でかなりの大物。

その彼女が世銀やFRBの不正を暴いてアメリカで話題になっているのに日本では摩訶不思議、全然報道されていない。

当然、国際金融暴力団から狙われているはずだが、米軍が背後で支援している事を確信していると彼女は言っている。

 

カレンさんにはもちろん仲間がいて、その一人がエドワード・スペンサーという医師。スペンサーさんはThe pure Japanese Society に非常に関心を持ってくれている。

それで何通かメール交換をしたが、一緒に送った彼さんともう一人の方には送信できているのにエドさんの宛先が”Mark Dreyer” marcusdreyer@hotmail.com; となっている。何度やり取りしても同じ。

当初はカレンさんの知り合いかと思ったのだが、間に入った人を通して私の知り合いかと聞いてきた。私の方こそ、カレンさんの知り合いかと思ったと伝えたが奇妙なことが在るもの。当然エドさんには私のメールは彼女から転送されると言う事で伝わってはいた。それでか、その後エドさんからはメールは来ていないが、必要なら方法はいくらでもあるから出すつもり。

 

しかし何故?

 

エドさんは電磁波被害とかビッグブレーンとか、そういう情報がアメリカに居るからふんだんに入るようだ。その手の情報を拡散している人で攻撃を受けていてかなりの被害があるようだ。

情報量が決定的に少ない日本ではこういう話はしても無駄の場合が多い。

 

ところでカレンさんによるとフィリピンの故マルコス大統領は優秀な弁護士で独裁者なんかではなかったとの事。

歴史と言うのは昔から野蛮人達によって捏造され、書き換えられてきた。

 

第二次大戦の歴史もアメリカ側からの資料を突き合わせるととんでもない事が見えてきそう。

 

間に入っている人からのメールの一部を転載します。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

カレンさんから今長いSkype電話がありました。

彼女はFeldinando Marcosは実は優れた弁護士で . . . → Read More: フィリピンの故マルコス大統領についてのカレン・フーデス女史の評価   -栗原茂男

侵略誘導政策の移民受け入れ    -栗原茂男

 

1) 余りにお粗末な講演会

2) 何故、日本人は堪忍袋の緒が切れないのか?

3) 侵略誘導政策の移民受け入れ

4) 日米とギクシャクの韓国外交

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

1) 余りにお粗末な講演会

 

 

 

東京財団の講演会に行ってきた。タイトルは『パラドックスは起こっているか?-日米韓の思惑を読み解く』。

講師は元参議院議員の川口順子氏とジェラルド・カーテイス氏。なんともお粗末な分析だった。そもそもどれほど熱心に情報を収集してきたのだろうか?

一緒に登壇した講師も輪を掛けたお粗末さだった。

 

折角聞かせていただいたのに批判して申し訳ないが、こういう講演は言論の自由を充分に活用しなければならず、批判させてもうらう。

 

カーチス氏の言ってる事はオバマ政権と同じ。安倍政権の政策批判だが、本来は誰がやっても同じで民主党政権と事情は違わないという主張。それなのに安倍はこれまでの方向から外れようとしていると言う。

民主党と一口に言っても鳩山、小沢路線と菅、野田政権とは全く違う。

両群の違いは前者が中国下僕政策であるのに対し、後者が米国下僕政策。共通点は「韓国民の生活が第一」という事。

 

安倍政権になって南朝鮮へ垂れ流しだった日本の国富の流出を阻止し始めた事。

 

日本侵略を画策する、シナ、韓国は日本の国防力を抑制する為に経済を攻撃し、中韓の経済力を高める為に日本の国富をコソ泥している。

特定秘密保護法はその対策の一つだ。

金融庁は純日本人が金融機関からカネを借りようとすると年々条件を厳しくして銀行などが貸したくても貸せないように仕向けている。

それでいて、民主党政権最後の年には韓国輸出入銀行にみずほが5億ドル貸したし、その前の年には韓国企業が相次いで日本で社債を発行しています。

金融庁は銀行に対して純日本人にはカネを貸させず、韓国、中国へ垂れ流しさせている。融資先が倒産したら如何、責任を執るのだろう?

日本政府が面倒見ることになるのではないだろうか。金融庁には「朝鮮人」がゴロゴロという噂を聞くが本当なのだろう。

 

結局、日韓友好なんて言うのは国際金融暴力団が貸し込んだ債権を日本に買い取らせて、押し付け終わったら倒産宣言させるつもりなので、いう事を聞かない日本政府にいら立っている訳で、カーチス氏の意見は、御本人の主観意志は兎も角、そういう暴力団の主張を後押しする意見という事になる。余りに馬鹿げた意見で恐れ入った。

 

 

もう一人、変な事を言ってる講師がいたが、その何とかと言う登壇者は経済力と防衛と誇りとは一体だと言うが、そんなことは当たり前。何処かで聞きかじった事を自分なりに咀嚼せずに行ってるだけのような発言。

経済危機の韓国は日本に土下座させてカネを出させようなんてあまりに幼稚で馬鹿げた事を考えているから、でっち上げの韓国被害者論を世界中で振りまき、それを根拠に日本に集ろうと言う卑しい根性。

実に恥ずかしい民族だ。しかし件の講師はそんな韓国の卑しい主張を鸚鵡の様に繰り返していた。

誇りを棄てさせることで経済利益を集ろうと言うわけだし、集って日本の国力を削ごうと言う魂胆が見え透いているのに、その講師は風向きを見ている積りなのだろう。

 

 

 

===============================================================

 

 

 

2) 何故、日本人は堪忍袋の緒が切れないのか?

. . . → Read More: 侵略誘導政策の移民受け入れ    -栗原茂男

アフリカの大地で苦闘する大和撫子のナイジェリアレポート ⑤    -栗原茂男

 

1) アフリカの大地で苦闘する大和撫子のナイジェリアレポート ⑤

2) NPO法人百人の会 村上誠一郎議員に抗議のお願い

3) 千葉戦略研究所 4月度勉強会のご案内

4) 台湾をシナの侵略から解放しなければならない

5) 韓国人 ベトナム戦争の蛮行知らないのは「言論封殺」の結果

6) 外貨準備は売ることが出来ない。

7)会員の方からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

1) アフリカの大地で苦闘する大和撫子のナイジェリアレポート ⑤

 

 

 

現在、ナイジェリアでナイジェリアの若者に仕事を与えようと起業した日本人の女性が政府ぐるみの詐欺に遭い、苦労されています。

しかし日本政府はナイジェリアの警察、裁判所、行政官などの仕事っぷりに口出しすると内政干渉になります。

 

それにしてもわが外務省の対応が悪すぎます。我々が入手している内部情報によると外務省には反日勢力が過半数を大幅に超えて占めているとの事。

事実ならとんでもない事。

外務省職員は上から下まで、日本国の貴族なんかではなくて日本国民の僕。税金からお給料をいただいている身なのだから一所懸命日本国民にかしずかなければならない。

異国の地で現地の人々に尽くす邦人が困難に陥っている時に、役に立たない外務省の無駄飯食いはお払い箱にするべきだ。

 

一体、誰の為の日本政府なのか?一体何の為に純日本人は税金を払っているのか?今月、増税したばかりだ!

安倍政権は早急に調査するべきだ。

 

 

ナイジェリアの詐欺師たちは政府ぐるみ。日本政府の出方を受かっているがところがあるそうで、日本政府が強気だと日本人の御一家に柔軟に対応するでしょうし、日本政府が弱気だと、ナイジェリア政府は御一家に突っ張るようです。それで日本人が怒っている処を見せる必要があり、大使館に抗議に行きたいと考えています。同行してくださる方々と日程を決めたいと思います。

大使館が仕事をする時間は土日、祝祭日を除く平日、09時から12時、13時から17時。http://www.nigeriaembassy.jp/nigeria_j/contact/index.html

 

行ってくださる方はご連絡ください。海外の同胞が苦しんでいます。宜しくお願いいたします。

 

——————————————————————————————————————————————–

 

大掛かりな詐欺と呼べるのかもしれませんが、国・州の政府機関、司法、民間総動員で財産侵害、殺人未遂などに遭い、実行犯は全員野放しになっています。

 

●ナイジェリア財務省の認可を得てL/Cで輸入した中国メーカー製自社ブランドのバイク第一陣が、2005年、税関らに盗まれる。2007年、税関、財務相などを相手に損害賠償請求訴訟。警察が税関、保税倉庫、通関業者の共謀による犯罪を認定。2010年に判事が税関らの窃盗を認め「これ以上の引き延ばしは被害者の痛みとダメージを拡大するだけだ」と和解を勧めるが、訴訟は現在まで引き延ばされる。

 

● 2006年、仕事を完結せずに逃走した通関業者が残金を払えと提訴してくる。こちらが勝訴したものの、弁護士費用や時間を浪費。

 

. . . → Read More: アフリカの大地で苦闘する大和撫子のナイジェリアレポート ⑤    -栗原茂男

ユダヤがそれ以外の人類を奴隷化する計画 : ジム・ストーン    -栗原茂男

 

1) ユダヤがそれ以外の人類を奴隷化する計画 : ジム・ストーン

2) 「第27回時事研修会開催の御案内」

3) 王道日本の会 mag2 0000279511 『 歴史問題への反撃を如何にするか?』

4) 国害の天敵「日本防衛チャンネル」

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) ユダヤがそれ以外の人類を奴隷化する計画 : ジム・ストーン

 

 

世界は広い。

我々日本人は異民族も同じ人間だから同じように物事を考えると思いがち。

しかし世界には先祖が異民族に滅ぼされた歴史を持つ民族の中には思いもかけない発想をする民族文化の民も居る。

 

思いもかけない事柄や思いもかけないで事後と事実に対し拒否反応をする人が居る。そうではなくて拒否反応を示す人の方が多いかも知れなし。

しかし占いを信じる人が多いから、信じないと言っても根拠のない縁起担ぎをする人はしたことない人よりも多分、ずっと多い。

 

思いもかけない話に異様な拒否反応を示す人は気取っているのかもしれない。自分は馬鹿じゃないよ!と。

それで事実があると言えば、嘘と決めつける。決めつける根拠は示せない。

 

信じ難い事実があれば、それは錯覚ではなくて、本当かも知れないと判断するのが科学。

そして事実かどうか調べる。事実らしいと成ったら、どうしてそうなるのか、調べる。

 

ところが非科学的思考の人は信じ難い出来事を聞かされると異常に拒否反応を示す人が多い。

 

未確認飛行物体、UFOが数年前、世界のあちこちの大都市上空に白昼姿を現し、大勢の人の目に触れた。

現れたのは事実。事実と言うのは重い。

 

では未確認飛行物体はなんだったのか?そこから科学が始まる。

地球外生命だと説明が苦しい。ならば地球内生命なら如何か?

 

現在の人類の歴史は知られている歴史だけが人類の歴史なのか?それ以前に人類が居て、何らかの事情で絶滅したのでは?

日本列島の人類はもの凄く古い時代から居て、途中で支配者が代わって歴史が書き換えられたのではないのか?

 

もしある民族が信じ難い陰謀を企んでいたら、そしてその戦略が着々と進んでいたらどうなるのか?

 

私に来たメールを紹介するが、一つの仮説として経済を見ると、日本経済が苦しむ理由が良く納得できる。

日本人はもっとずっと豊かで安定した生活をする事が可能なはずなのに異民族によって破壊されているとしか思えない。

 

—————————————————————————————————————————–

. . . → Read More: ユダヤがそれ以外の人類を奴隷化する計画 : ジム・ストーン    -栗原茂男

4月20日あてな倶楽部の御案内      -栗原茂男

 

1) 4月20日あてな倶楽部の御案内

2) 日本企業と偽って売り込む韓国企業

3) イラン=中国の連帯

4) 集団的自衛権の法理

5) 支那共産党に併呑の危機 親日台湾 !

6) 会員の方からの情報

 

1) 4月20日あてな倶楽部の御案内

 

4月の第三日曜日、20日の純日本人会(あてな倶楽部)の御案内です。

 

尚、5月は会員の方にビットコインについての研究を話して頂こうと交渉しています。

 

 

————————- 記 —————————————–

 

日 時 : 4月20日(日) 午後6時~8時

※ 会終了後、駅舎地下で懇親会を行ないます。

 

講 師 : ① 林 文隆氏

 

② 川崎大八氏

 

 

タイトル : ① 米国の財政赤字の原因と日本への影響

 

. . . → Read More: 4月20日あてな倶楽部の御案内      -栗原茂男

カレン・ヒューデス女史の世界金融改革の情報    -栗原茂男

 

1)カレン・ヒューデス女史の世界金融改革の情報

2)平成26年4月度『丹羽経済塾例』の御案内

3)「公共貨幣フォーラム 代表・山口 薫」のページを公開

4)会員の方からの情報

5)会員の方からの情報 その二

6)会員の方からの情報 その三

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) カレン・ヒューデス女史の世界金融改革の情報

 

 

カレン・ヒューデス女史から許可を得てのメール公開です。

元世界銀行幹部の女史は世界を裏からコッソリ支配しているグループと戦っています。

その彼女の事がアメリカでは大変な話題になっているのに日本では全くと言って良いほど誰も報じません。

 

明らかに日本のメディアはアメリカよりも腐っています。日本中至ることろにコリアンの侵入があり、日本から外国への情報、外国から日本への情報が歪められている事をカレンさんとそのお仲間達に伝えています。

大まかには理解してくれたのだろうと思います。

 

彼女が今一番熱心に取り組んでいる事は、世界の金融改革。こういう話は陰謀論者が飛びつきくなる話ですが、かなりの危険を伴う事柄。しかしどうやら米軍が後ろで支援しているようにも感じられる。そして彼女はユダヤ人なのでユダヤ人への攻撃は多少手ぬるい面もありそう。そしてユダヤ人だけに知らされるユダヤの歴史に絡む情報も彼女は持っている。それでも世界の金融を改革しようと言うのだから出来ることは色々協力したい。

 

 

 

 

— Karen Hudes < > wrote:

 

 

From: Karen Hudes

Subject:

To: ”

Date: Thu, 03 Apr 2014 04:16:39 +0900

 

 

Dear . . . → Read More: カレン・ヒューデス女史の世界金融改革の情報    -栗原茂男

世界銀行の正常化を巡る戦い -栗原茂男

1) 世界銀行の正常化を巡る戦い 2) 千葉戦略研究所 4月度勉強会のご案内 2014/4/12(日) 3) 袴田事件、朝日新聞にでっち上げ糾弾の資格なし!・・・主権回復を目指す会 4) 会員の方からの情報 5 )会員の方からの情報 その二 ― 亡国の欺瞞 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 1) 世界銀行の正常化を巡る戦い ここのところ、下記のようなメールがしばしば来ている。 カレンさん、かなり危険な事をやってるので心配ではあるが、「the US military is now fully backing us」と言ってるから米軍が彼女たちを支援している、彼女がそう確信していると述べている。 先日はユダヤ人の彼女がシナゴーグ(ユダヤ教の教会)へ行ったら、偶然を装った男に体当たりされ、肘鉄を喰らい怪我をしたそうだ。 もう行かないと言ってるそう。 しかしメールを読むと、彼女は一人で戦っている訳ではなく、仲間がいるし、そして重要な事は米軍が後ろに付いていると思われる事。 大いにあり得る話。 CIAやNSA、ペンタゴンの職員達は極秘情報を簡単に見ることが出来る位置にいて、外国の侵略勢力にアメリカが如何に浸食されているかを知ってしまったと伝え聞いているから、スノーデン予備軍が沢山居るのかもしれない。 電磁波被害とかケムトレイルとかUFOとか地球外生命とか地球内生命とか、日本人には到底まともに取り合っていられないような情報がアメリカ人には入りやすいのだろう。 日本に居て、その手の話は聞いたことが無いと笑う人が居るがそれはその人が知らないだけのこと。その人が知らいことはこの世に存在しない事とはならない。 金融の世界に関しては日本の存在感はもの凄く大きいはず。カレンさんも日本を非常に重視している。 ただ、日本の実情についてはどうしても疎い。何処に書いてあったか探したけれど判らなくなったが、安住淳がまだ財務大臣だと思っているようだ。 彼女のグループが具体的に日本に何を期待しているのかなるべく早く聞いて、協力出来ることはしたいと思う。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ Thanks, ×××× . Shall I just write to Mr.Shigeo Kurihara ? I am hoping that Japan . . . → Read More: 世界銀行の正常化を巡る戦い -栗原茂男

世界銀行の正常化を巡るカレン・ヒューデス氏の戦い - 栗原茂男

1) 世界銀行の正常化を巡るカレン・ヒューデス氏の戦い 2)会員の方からの情報 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 1) 世界銀行の正常化を巡るカレン・ヒューデス氏の戦い ここのところ、下記のようなメールがしばしば来ている。 カレンさん、かなり危険な事をやってるので心配ではあるが、「the US military is now fully backing us」と言ってるから米軍が彼女たちを支援している、彼女がそう確信していると述べている。 先日はユダヤ人の彼女がシナゴーグ(ユダヤ教の教会)へ行ったら、偶然を装った男に体当たりされ、肘鉄を喰らい怪我をしたそうだ。 もう行かないと言ってるそう。 しかしメールを読むと、彼女は一人で戦っている訳ではなく、仲間がいるし、そして重要な事は米軍が後ろに付いていると思われる事。 大いにあり得る話。 CIAやNSA、ペンタゴンの職員達は極秘情報を簡単に見ることが出来る位置にいて、外国の侵略勢力にアメリカが如何に浸食されているかを知ってしまったと伝え聞いているから、スノーデン予備軍が沢山居るのかもしれない。 電磁波被害とかケムトレイルとかUFOとか地球外生命とか地球内生命とか、日本人には到底まともに取り合っていられないような情報がアメリカ人には入りやすいのだろう。 日本に居て、その手の話は聞いたことが無いと笑う人が居るがそれはその人が知らないだけのこと。その人が知らいことはこの世に存在しない事とはならない。 金融の世界に関しては日本の存在感はもの凄く大きいはず。カレンさんも日本を非常に重視している。 ただ、日本の実情についてはどうしても疎い。何処に書いてあったか探したけれど判らなくなったが、安住淳がまだ財務大臣だと思っているようだ。 彼女のグループが具体的に日本に何を期待しているのかなるべく早く聞いて、協力出来ることはしたいと思う。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ Thanks, ×××× . Shall I just write to Mr.Shigeo Kurihara ? I am hoping that Japan will be the most help in the upcoming Spring Meetings of the . . . → Read More: 世界銀行の正常化を巡るカレン・ヒューデス氏の戦い - 栗原茂男