2014年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

個人負債1千兆ウォン超える…景気回復への影響懸念=韓国    -栗原茂男

 

1) 個人負債1千兆ウォン超える…景気回復への影響懸念=韓国

2) 【 NPO法人百人の会 】 金融庁は韓国との金融取引実態の調査結果を国民に公表せよ

3) 日出処から「日米関係の哲学~米国における女性の権利~」

4) 新たな局面に入った世界 — 国際ユダヤ資本の将来 —

5) 会員の方からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 個人負債1千兆ウォン超える…景気回復への影響懸念=韓国

韓国では所得の増加よりも負債の増加が多くなったようで、消費減が懸念されている。

おりしも米国ではFRBが昨年12月18日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、今年の2014年1月から量的金融緩和策の規模を縮小し、FRBが購入する住宅ローン担保証券を月400億ドルから350億ドルへ、米国債を450億ドルから400億ドルに減らすことを決定。

http://www.federalreserve.gov/newsevents/press/monetary/20131218a.htm

 

アメリカは予算コントロール法で財政政策が使えず、もっぱら中央銀行のFRBの量的緩和、要するにおカネの大増発で景気を支えてきました。

日本も日銀が異次元の金融緩和と称してもの凄い通貨大増発をしていますが、日銀は増発したおカネを市中銀行へ融資と言う形で市場に流しますが、FRBは米国債や住宅債権を購入してきました。

それが今年の1月から購入を減らすわけで、つまり国際価格が下がったり、債権価格が下がったりすると金利が上がります。

 

財政政策は予算コントロール法の為に動けません。縮小あるのみ。それでFRBが引き締めをやれば米国経済は低迷する可能性が大きいと思いますが、それによって金利が上がると韓国経済を直撃しそうです。

韓国の経済が縮小すれば世界各地でのデイスカウトジャパン運動も縮小すると思われる。ともかく、韓国経済が悪化したら日本は放置すればよい。

そこで日韓友好を言い出す「日本人」が居たら、それはコリアンジャパニーズか韓国利権屋以外、あり得ない。

韓国人は身の丈にあった生活を覚悟するべきだろう。

 

——————————————————————————————————————————————–

【 ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 】

個人負債1千兆ウォン超える…景気回復への影響懸念=韓国 2014年01月08日09時03

http://japanese.joins.com/article/310/180310.html

 

膨らんだ個人負債が結局1000兆ウォン(約97兆8000億円)を超えた。このまま放っておけばさらに膨らみ消費回復の足を引っ張ることが懸念され、いじろうとすれば不動産景気に冷や水を浴びせないか心配だ。いままさに回復を始めた韓国経済に最大の悩みの種だ。韓国政府は個人向け融資の速度調節に出る計画だ。個人負債規模は昨年9月末に991兆7000億ウォンとすでに1000兆ウォンに迫っている。韓国銀行が7日に明らかにしたところによると、昨年10月と11月の2カ月間に預金取り扱い機関(銀行、貯蓄銀行、信用協同組合、セマウル金庫など)の個人向け融資は9兆ウォン増えた。ここにまだ集計されていない保険、キャピタル、カード会社の個人向け融資増加分まで合わせると昨年11月末の全個人負債は1000兆7000億ウォンを超える。2004年末には500兆ウォンに満たなかった個人負債規模は9年で2倍に増えた。

今年に入り個人負債拡大を先導したのは住宅担保融資だ。停滞していた住宅ローンの増加傾向は昨年5月から急激に伸びた。政府が4月1日と8月28日に不動産対策を発表すると住宅売買価格が回復し融資も増えた。国民銀行のキム・ギョンジン与信商品チーム長は、「一時的な税金優遇が住宅売買市場に需要者を誘引し、ここに政府が主導して作った低金利の貸付商品が相次いで出され住宅担保融資市場が活性化した」と説明した。伝貰資金の貸し付けも増え続けた。短期間に急騰する不動産費用負担を減らすため政府が低金利の伝貰資金貸付保証商品を増やしたのが原因だった。

問題は個人負債の増加速度だ。昨年6月末基準で個人可処分所得に対する個人負債比率は137%水準で過去最高だった前年末の136%より高くなった。負債が所得よりも早く増加しているという意味だ。韓国経済研究院マクロ政策研究室のピョン・ヤンギュ室長は、「所得が増えても負債は返し続けなければならない状況のため消費を増やせないことが韓国経済の障害になりかねない」と指摘した。個人負債の増加が消費萎縮から内需沈滞へとつながる恐れがあるという懸念だ。

 

住宅担保融資の満期が3~5年と短いため一度に償還時期が集まることも心配だ。金融監督院によると今年一時償還満期となる銀行の住宅担保融資規模は40兆7000億ウォンに達する。昨年より17兆5000億ウォン多い規模だ。もし銀行が満期になった貸付金の回収に乗り出せば家計には大きな衝撃となりかねない。ソウル大学のユン・テク教授(経済学)は、「米国が量的緩和縮小の影響で今年下半期以降に金利が上がるなら、個人負債負担は大きくなる。短期間に集中している住宅融資の満期を15~30年ほどに長期化できる構造を作らなければならない」と指摘した。

 

1000兆ウォンという数値に負担を感じた政府は今月中に個人負債管理策をまとめる計画だ。すぐに引き締めなくてはならないほど個人向け融資が危険な水準ではないが速度調節に出る時期になったとみている。金融委員会のイ・セフン金融政策課長は「住宅融資構造を長期・分割償還方式に変え、弱い相互金融の貸付健全性規制を整備する案になるだろう」と説明した。保証金が3億ウォン以上である高額伝貰に対しては保証を制限し、伝貰資金の貸付が過度に増えることにブレーキをかける予定だ。

 

長期的には負債を返済できる能力をどれだけ拡大できるかがカギだ。現代経済研究院のイ・ジュンヒョプ研究委員は、「雇用創出で所得は増やし教育費などの支出は減らすのが最も望ましい解決策。中長期的な対策を立てなければならない」と話している。

 

===============================================================

 

. . . → Read More: 個人負債1千兆ウォン超える…景気回復への影響懸念=韓国    -栗原茂男

アフリカの大地で苦闘する大和撫子のナイジェリアレポート  Ⅲ    -栗原茂男

 

1) やっぱり都知事は『田母神俊雄』氏でなければ!

2) アフリカの大地で苦闘する大和撫子のナイジェリアレポート Ⅲ

3) 歴史捏造問題に対する最も有効な対策は経済強国になる事

4) カルト宗教に支配されていると噂される外務省も隠しきれなくなった中国環境汚染

5) 会員の方からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) やっぱり都知事は『田母神俊雄』氏でなければ!

都知事戦が近く行われるので立候補者がぼつぼつ名乗りを上げ始めている。

突然だからそれほど多くの立候補者が出るとは思えないし、それぞれの候補を調べる時間もない。

 

その点で田母神俊雄は会った事もないが、日ごろから伝わる情報で、日本の首都の顔として間違いない人と思われる。

行政手腕なんて副知事でもない限り、元国会議員だって当初は有る訳がない。有るなんて言ったら張ったりです。

 

 

 

下の画像をご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

卓上に置かれていた日本国旗を「邪魔でしょ、これ」と言ってどかせてしまった舛添要一氏

http://blog-imgs-53.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/20140107214724767.gif

 

国会で朝鮮飲みをする舛添要一氏

http://watch.reyspress.net/files/masuzoe-youichi.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

≪ (自ら在日カミングアウトした舛添) https://twitter.com/Toyohawaii/status/420694956194287616 ≫

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

News U.S. 中国・韓国・在日崩壊ニュース

【これは酷い】都知事選候補の舛添要一が日本国旗を「これ邪魔でしょ」と言ってどかせる…お約束の朝鮮飲みも【画像】

http://www.news-us.jp/article/384680936.html

 

 

93 :名無しさん@13周年:2014/01/08(水) 20:52:11.70 ID:CYwS0NTo0

卓上に置かれていた日本国旗を「邪魔でしょ、これ」と言ってどかせてしまった舛添要一氏

http://blog-imgs-53.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/20140107214724767.gif

. . . → Read More: アフリカの大地で苦闘する大和撫子のナイジェリアレポート  Ⅲ    -栗原茂男