A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

中華侵略主義の戦略   -栗原茂男

このブログとほぼ同じものをメルマガで出していますが、なぜか送信が不調。明日、プロバイダーに調べてもらう予定。

こういう時の為にブログとメルマガは互いに補完機能を持つことになります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1) 中華侵略主義の戦略

2) 第23回時事研修会開催の御案内

3) NPO法人百人の会 徳集会と職員団体の法の下の差別

4) SDHF Newsletter special 日米開戦日国民集会

5) 千葉戦略研究所 12月度勉強会のご案内 2013/12/1(日)

6) 会員の方からのメール情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 中華侵略主義の戦略

 

 

人間の住む国土でなくなった中国は侵略を本気で考えている。侵略はシナ民族の伝統の行動様式。

人権とか民主主義とかといった現代世界の共通の価値観は持ち併せていない。

 

中国の軍隊は政府の支配下の軍隊ではなく共産党の私兵である人民解放軍。幹部は昔戦争で武勲を立てた軍人の子孫たち。

だから頭脳が優秀とか教養があるとか限らない。日本は原爆を持っていないが中国は持っているから、今戦争をすれば勝てると言う程度の連中。

 

勿論習近平などの中南海の連中は、それはない、とわかっているけれど、人民解放軍には分からず屋が多いらしい。

彼らの論文やインタビュー記事が中国の地方新聞や軍事専門雑誌に載っています。

そういった中国情報なら 『 月刊中国 / http://ameblo.jp/daily-china/theme-10059861887.html 』(年間購読料:5千円)がお勧めです。

 

人民解放軍が考える侵略方法はロシア、アメリカ、カナダ、オーストラリアといった国土の広い国が標的で、日本は国土が狭く人口が多いから魅力が無いと明言しています。

それでも執拗に尖閣、沖縄を侵略しようとしているのは世界制覇の為にアジア、アフリカを制覇する。その手始めが日本と朝鮮を配下に置くと言う事なのでしょう。

日本列島は地政学的に見て中国にとって死活的に重要だし、「核心的利益」そのものなのでしょう。

 

しかし日本列島が死活的に重要なのはアメリカもロシアも同じ。

朝鮮半島は日本列島との関係で副次的に重要に過ぎない。

 

「盧溝橋事件」をデッチ上げ、南京虐殺をデッチ上げて日本による被疑者を装う。そのために散々利用した米ロも最終占領目的なのだからシナ民族の図々しさには恐れ入る。

しかし戦争するには米ロや日本には全然敵わない。

それで中国が考える戦略はともかくそれらの国々にシナ人を住み着かせろです。

米国社会に住んでいれば爆弾で攻撃しようにもシナ人だけを攻撃できないから、大丈夫だと言う馬鹿げた発想。

. . . → Read More: 中華侵略主義の戦略   -栗原茂男

特定秘密の保護に関する法律案を巡るバカ騒ぎ    -栗原茂男

 

1) 特定秘密の保護に関する法律案を巡るバカ騒ぎ

2) 歴史捏造の本家、シナがソン・テチャク氏を利用

3) 戦争の準備に入ったと思える中国人民解放軍

4) 減らない韓国への修学旅行

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

1) 特定秘密の保護に関する法律案を巡るバカ騒ぎ

 

 

昨日、衆議院を通ったのですが、要点は次の四つの分野の国家の秘密が外国に垂れ流しになっているので、それを遮断しようというもの。

① 防衛、② 外交、③ 特定有害活動の防止、④ テロリズムの防止

http://www.cas.go.jp/jp/houan/131025/gaiyou.pdf

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/jouhouhozen/dai3/siryou3.pdf

 

そんなに難しく考える必要はなく、野党は存在感を示す為に反対為の反対論を主張しているとしか見えない。

勿論、与党案が万全であると言う保証はないから国会で大いに議論をしてもらわなければならないけれど、成立を前提にした議論でないと建設的な議論とならない。

 

米国が日米同盟のつもりで逐次日本に流す情報が北朝鮮に筒抜けであることに気が付いたのは数年前。

日本社会の隅々に日本国籍を取得している、しかし民族帰属意識が外国という卑劣な政治屋や公務員が多数居る。

彼らが敵性国家に流しているのだから、日米政府が対策に乗り出すのは当然。

 

反対論者が色々、心配事を述べているけれど情報の管理が喫緊の課題であるのだから、とりあえず法律を作って、不具合があれば修正してゆけば良いだけの事。

TPP反対論と同じ愚を繰り返すべきではない。

TPPは最初から交渉に加わっていないから大半が纏まってしまってからの交渉参加となってしまって、大きな不利益を被った事は周知のこと。

交渉してみて、ダメなら国会が批准しなければよいわけで、現にアメリカは国会が批准しないかもしれません。

 

細かい心配事をグダグダ言い続けて法律成立を遅らせれば、敵性国家群が喜ぶだけ。

野党のパフォーマンスの為に、日本国民にとって死活的に需要な情報漏洩が遮断出来ないならば、まことに不幸なこと。

 

 

もう一つの問題点は日本だけが日本の非を認める情報公開をした場合、自国の悪辣な非道情報を公開しない敵性国家との交渉でバランスが執れなくなること。

日本だけが一方的に謝罪する結果となる事は火を見るよりも明らか。

 

民主党はそれより、2010年の尖閣諸島中国漁船衝突事件のビデオを公開すべきだった。

ビデオ公開をうやむやにしてしまった民主党が特定秘密保護法反対とは鼻白む思い。

 

自民党も今からでも早く出した方が良い。私が得ている確実な情報では海上保安官二名が殺害されている。

お二の供養のためにもビデオを公開すべきです。

 

 

 

===============================================================

. . . → Read More: 特定秘密の保護に関する法律案を巡るバカ騒ぎ    -栗原茂男

[再送]第116回日本経済復活の会定例会のお知らせ   -栗原茂男

 

1) 中国国家総動員法は自滅の政策

2) 中華侵略に対する米国の反応

3) 中華侵略主義者の妄想

4) 語るに落ちる『毎日』の記事

5) 《 創価学会婦人部が韓国にブチ切れてるらしいぞ 》

6) [再送]第116回日本経済復活の会定例会のお知らせ

7) 景気の分かれ目は国民が物価上昇をどれだけ許容するかに掛る

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 中国国家総動員法は自滅の政策

 

 

中華侵略主義がいよいよ牙を剥き始めました。

人間の住める土地ではなくなって来た中国では国土を改善しようと考えるのではなく、伝統文化の侵略志向に向かっています。

尖閣どころか沖縄も欲しい、南沙諸島も欲しい、ここも欲しい、あそこも欲しい。自分の欲しい土地は他国でも自分のもの。

人の者は自分のモノ。自分のモノは自分のモノ。それが中華民族伝統の中華侵略主義。

 

それで以前から着々と侵略体制を整えて来て、その一環が「国防動員法」。

——————————————————————————————————————————————–

中国で、2010年7月1日から施行された「国防動員法」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%98%B2%E5%8B%95%E5%93%A1%E6%B3%95

 

・ 国防義務の対象者は、18歳から60歳の男性と18歳から55歳の女性で、中国国外に住む中国人も対象となる

・ 2001年には国防教育法が新たに成立、2003年には中国人民解放軍政治工作条例を修正し他国への世論戦などを規定した。

( 他国への主権侵害を公言。中華とは侵略主義。)

——————————————————————————————————————————————–

 

という事は、もし日中戦争になれば在日中国籍人は全て民間人ではなく軍人という事になる。

民間人と軍人との立場の使い分けは、無理。

 

それにしても他国への主権侵害を公言して公然と行っているのに「日中友好」を唱える者というのは売国奴と認定せざるを得ません。

親中国、親韓国なんて言ってる組織は多分、トップがコリアンまたはコリアンジャパニーズなのでしょう。

災害、人権侵害などで交渉をしなければならない立場の政治家は別ですが。

 

 

 

===============================================================

 

 

. . . → Read More: [再送]第116回日本経済復活の会定例会のお知らせ   -栗原茂男

【なでしこアクション】さんからの拡散依頼        -栗原茂男

 

1) 【なでしこアクション】さんからの拡散依頼

2) 如何にもありそうな話 ;ゴールドマンサックスが1000億円の損失

3) 動き出したイスラムの「聖戦」 – レジスタスが始まる

4) 読者の方からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

1) 【なでしこアクション】さんからの拡散依頼

 

 

 

【なでしこアクション】河野洋平氏から未だ回答なし 他お知らせ [2013年11月24日号]

 

【このメールは なでしこアクション にご協力いただいた皆様にBCCで送信しています】

 

 

<本メール 内容>

【1】なでしこアクションから河野洋平氏への公開質問状

【2】東大阪市 樽本丞史 市議 グレンデール訪問

【3】トロント南京記念日宣言に抗議メールを!

【4】島根県民の会 決起集会 慰安婦意見書撤回!

【5】藤井厳喜 講演会 カルフォルニア州 サンホセ

【6】おすすめ書籍 「The New Korea」 桜の花出版

【7】なでしこアクション ブログ記事ご紹介

┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

 

. . . → Read More: 【なでしこアクション】さんからの拡散依頼        -栗原茂男

【セミナー】千葉戦略研究所 2013/12/1(日)

【セミナー情報】

— 千葉戦略研究所 — 一般の報道では公表されない、報道の裏側を独自の情報ネットワークで入手

皆様、こんにちは。 千葉戦略研究所、2013年12月度勉強会のご案内です。刻一刻と変化する国際情勢を千葉俊一が独自の分析でお届けします。

テーマ:『アメリカと日本の新時代の幕開け』 ◎ドルを支えるために円がアジアの国際通貨に格上げされる。 ◎極東の軍事戦略に置いても、中心の役割を担うことになる日本。これは日本の意志なのか、単なる他国の戦略上の都合によるものか。

【直前情報】 ・中国の領域拡大は、日米同盟の強化に対する牽制。防衛省が尖閣諸島の強化を前提に駆逐艦を追加配備予定。また、尖閣諸島に飛行した中国の無人偵察機を自衛隊のF15が撃墜した可能性あり。積極的に自衛権を行使するようになった自衛隊は、新たな日米同盟の表れなのか。

・日銀の黒田総裁就任時から決まっていた、日米関係の強化と対中国を見据えた日本がアジアの防衛を担う役割。それに伴う大量の円の米国債への投資。

・122兆円規模の日本の厚生年金、国民年金、さらには、昭和天皇が持っていたカナダの金鉱の権利などが、米国国債への投資に当てられる予定。そして、米国に投資された資金が、日本の財界に再投資しされる。キャロラインケネディー駐日米大使は、日本の財界とのパイプを広げるのが目的か。過去に見ない日本政府の歓迎ぶりが目立つ。

・日本の都市部の主要カ所で、米国の資金による開発の話しが浮上。神谷町と虎ノ門との間の森ビル近くに新たな駅の建設。東京駅近隣の再開発、大阪梅田の再開発など。

・中国の資本が、シンガポールや香港、上海を経由して東京に入ってきている。中国の富裕層の資金の移動が本格的に開始したのか。中国内の治安の悪化、戦争突入の可能性を見据えた動きなのか。

【主なトピックス】 ・キャロラインケネディー新駐日米大使が11/15に着任する。この日は、歴史上では、海軍兵学校70期の卒業式の日であった。帝国日本海軍と深い関係のあるキャロライン父親、ケネディー元大統領のイメージを最大限に利用する戦略に出た。映画『PT-109』が示すようにケネディ元大統領はPT-109の艇長としてソロモン諸島方面で哨戒に就いていたところ、日本海軍により、炎上、沈没の憂き目を合うこととなった。

・アメリカの経済を助け、ドル崩壊を止めるための役割が日本である。その為の戦略がTPPや円の力をより強大にさせる円をアジアの国際通貨にすること、日本の軍備を増大させ対中国の脅威となるべく育てて行くことである。 -軍備の拡大のためには、軍事機密の保護が必要となる。そのために秘密保護法が必要になる。 -円がアジアの国際通貨となるためには、金の裏付けが必要となってくる。これが、国際通貨当局の話し合いで言われていることである。潜在的に多くの金を保有していると噂される日本。いよいよ天皇の金塊の出番となるのか。 -TPPにおいては、農産物のことが常に話題を呼んでいる。農産物のことだけが日本にとっての本当の驚異なのだろうか。農産物に隠れた、アメリカが求む本当の障壁撤廃は何か。今回のソルトレークシティーでは、公共工事のことが盛り込まれた。

・米国の対中戦略は、日本を使った中国の締め付けである。米国のドル破綻の危機以上に中国の経済崩壊を願う意図が随所に読み取れる。その中で、日中戦争の可能性もあるのだろうか。

・天皇の金塊を交えて、如何に日本の力が大きいか、これから如何に日本が活躍するかが目立ってくる時代になるだろう。国境を越えた幅広い人脈を持つ麻生財務/金融担当大臣がこれからどう動いて行くかも見ておく必要がある。

・ボロジュウムが通常の8倍も検出され、2004年のアラファト前議長の毒殺説が浮上している。イスラエルの暗殺だとフランスの調査は示しているようだ。身内が行った犯行である可能性もあるだろうが、真実が路程するには裏がある。イランの核開発の問題では、アラファトと同じようにイラン大統領を暗殺する可能性があったが、これは、イスラエルが爆撃も暗殺も行わないというサインであるとも受け取れる。このまま、イランの核問題は、収拾に向かうのか。

・シリア情勢は、PLO(パレスチナ解放機構)の支援を受けて激しくなってきている。また、アメリカの力は一辺倒では無くなってきているだ。

・アメリカのジョージブッシュなどの六隻の船が、台風30号の被害の救援に待機していた。日本の緊急援助隊は、フェリーで移動しているが、フェリーが移動不可能になっている。何故このルートを台風が通ったか。レイテット島、そして、ベトナムに通っているという不思議さ。日本に来ないで何故ここに向かったのか。安倍首相は、ASEANをまわり、自衛隊の派遣の調整を行う。より日本の活躍の場を与えるための戦略とも受け取れる。

====================================================================

日時:2013年12月1日(日)13時開場 13時30分から16時50分

会場: 中央区立築地社会教育会館 第3洋室 東京都中央区築地4丁目15-1 http://g.co/maps/zgww4 03-3542-4801

定員: 30名

受講料:3,500円、 学生 500円、 高校生以下 無料 ※費用は当日ご持参下さい。

講師:千葉戦略研究所 主幹 千葉 俊一(ちば しゅんいち) 元内閣調査室

主催:千葉戦略研究所 http://ciss.johocan.com/

====================================================================

11月26日火曜日、フルボ酸の宮山博士来日講演会    -栗原茂男

 

1) 26日火曜日、フルボ酸の宮山博士来日講演会

2) 自民党からのフィリピン台風への募金呼びかけ

3) 中国との真の和解へ、今がチャンス

4) 入会希望の方への返信メール ; 純日本人会の考え方

5) 会員の方からの情報

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 26日火曜日、フルボ酸の宮山博士来日講演会

 

 

一昨年のフクシマ事故後、米軍筋から放射能対策として推奨されたのがフルボ酸。

今回、講演するミヤヤマ博士はフルボ酸含有量60−80%の液体の製造に成功して更に製品化に成功。http://p.tl/6qRR

 

フルボ酸と言うものがどういうモノか?一度聞いておくのも良いかと思います。

 

尚、11月11日にお送りした御案内では申し込み先が下記でしたが、

お申込み info@kanon-online.com

07065187998 カノン

今回は電話のみ変更で、090-5334-7072 カノン、となります。

 

 

尚、主宰者の「 株式会社 カノン 」さんは未来創造をテーマとする講演会の企画をしているそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今後 カノンでは、新しい時代を切り拓く 未来を創造するをテーマに 各講師の先生方をお招きして 講演会を催していく予定です。

次回は、縄文に学ぶ、ナンバ歩きの提唱者であり、カタカムナの第一人者大黒屋先生にご登場いただく予定でおります。

来春は、元タカラジェンヌで企業講演に引っ張りダコの堀内明日香さんをお招き予定です。

今後共 どうぞ宜しくお願い致します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 

 

. . . → Read More: 11月26日火曜日、フルボ酸の宮山博士来日講演会    -栗原茂男

米国からも聞こえてくる「ヘリコプターマネー」 -栗原茂男

1) 米国からも聞こえてくる「ヘリコプターマネー」 2) 北海道に朝鮮人「強制労働」を記憶継承する碑、26日に除幕式 3) ドイツが韓国を嫌う理由 4) 国家が破綻しそうな韓国 5) 会員の方からの情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1) 米国からも聞こえてくる「ヘリコプターマネー」

2010年に成立した予算ロール法の3月からトリガー条項が発動して10月にとうとうデフォルト寸前まで行ったことは記憶に新しい。 どうせ、アメリカの政局騒動でぎりぎりでは成立すると高をくくっていた人もいますが、結果オーライであっても共和党ティ-パーティはかなりの本気度で危機一髪でした。 そして法律はそのままなので今後もアメリカ政府の予算は削減され続けます。

しかも削減の半分は軍事費であることも法律で決められていますから、まるで中国の世界侵略を支援する為のような法律です。

それにしても政府予算を削減しながら比較的高い経済成長を当て込んでいるのですからかなり無理っぽい面があります。

それでロイターに掲載されたカレツキ―氏の記事では「ヘリコプターマネー」を改めて提案しています。 FRBが債券投資家に毎月850億ドル(8兆5千億円くらい / 政府予算は380兆円くらい)をプレゼントするくらいなら、3億人余りのアメリカ国民に毎月270ドル(27,000円くらい)配ってやれよ!と主張しているのです。 債券投資家よりも大半のアメリカ国民の方がおカネを突然プレゼントされれば使う割合が高くなります。つまり同じ850億ドルでもアメリカ国内で回転する頻度が債券投資にプレゼントするよりも全国民にプレゼントする方が経済性著には効率が良いと言ってるわけです。

財源は政府の財政政策でという事になります。 この提案で注目すべき重要な点はカレツキ―氏以前にミルトン・フリードマン氏が提唱したものであり、バーナンキ氏もFRB議長就任前に日本に対して「ヘリコプター・マネー」を強く推奨している事。 フリードマンと言えばシカゴ学派で金融政策偏重で知られた経済学者。マネタリストの大御所です。そのフリードマンでさえも現状のアメリカ経済では金融政策の限界を認め、財政政策を主張していたわけです。 勿論日本でも当初から彼の主張は良く知られていたのですが、政府に支配されるマスコミは完全黙視。

ただ此処に至ってはヘリコプターマネー」に説得力を感じる人が増えるはず。感じない人は経済が解らないのに解ったふりをしている人くらいのもの。 ロイターのコラムの革新的な個所は下記の記述。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このコラムが繰り返し主張してきた通り、FRBは毎月850億ドルを債券投資家に送金する代わりに、3億1500万人の米国民全員に毎月270ドルの小切手を直接送付していれば、ずっと強力な景気刺激を実現できていただろう。

この種の「ヘリコプター投下」は、金利がゼロまで下がっても失業が一向に改善しない経済への処方箋としてミルトン・フリードマン氏が提唱したもので、バーナンキ氏もFRB議長就任前に日本に対して「ヘリコプター・マネー」を強く推奨していた。

ほんの数カ月間、米国の一般家庭にただで資金をばらまいただけでも、FRBが従来型の国債買い入れを数年間続けるよりも消費支出と経済活動への刺激効果は強かったはずだ。つまりヘリコプター・マネーは従来型のQEよりもFRBのバランスシート拡大をずっと抑えながら、景気をより迅速に回復させていたはずなのだ。従ってヘリコプター・マネーは実際のところ、QEよりも慎重な形の金融政策となり、潜在的なインフレ圧力も小さかっただろう。

それならなぜ、ヘリコプター・マネーは米国でも、さらには経済規模に照らしてFRB以上に多額のマネーを刷っている英国や日本でも真剣に検討されることがないのだろうか。明白な既得権益を持つ債券投資家や、金融政策の導管役を果たして利益を上げている銀行ほかの金融市場参加者を別にすると、ヘリコプター・マネーの主な障害となっているのはイデオロギー上の崇拝対象、つまり中央銀行の独立性だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

カレツキー氏が予算コントロール法を知らないわけがないから財源をどうするかを考えているはず。 バーナンキのFRBがゼロ金利や量的緩和(QE)を執って来たのは政府が財政政策を行えないから次善の策としてFRBが執ってきた訳です。 ならばカレツキー氏の主張する「ヘリコプター・マネー」をどうやって?となります。

考えられる方法はズバリ政府貨幣しかありません。 政府貨幣はおカネの発行を誰が行うかの問題に行き着きます。

現在は日米も世界のどの国もおカネは政府が発行せず、民間会社が紙切れに金額を印刷しておカネとして市中銀行に貸し出して利息を取ると言う信じ難いような利権を得た御用商人がおカネを発行しています。 紙切れに金額を書いてそれがおカネ。 そんな手品みたいなことが何故?可能かと言うと政府が御用商人にお墨付きを与えているから。そして政府は国債と言う借用証書を書いて日銀から、市場を迂回しますが、借りているのです。

そんな馬鹿な!! です。

だったら政府自身がお金を発行すべきなのです。ところがエコノミスト達は古い人ほど、つまり政策決定の場に近い人ほど、おカネは御用商人が発行すべきだと主張します。

その点に関してカレツキー氏は 《 ヘリコプター・マネーの主な障害となっているのはイデオロギー上の崇拝対象、つまり中央銀行の独立性だ。》 と述べています。 我が意を得たりです。( 不可解な日銀の謎に迫る (桜花新書) [単行本] http://amzn.to/1auXBCN . . . → Read More: 米国からも聞こえてくる「ヘリコプターマネー」 -栗原茂男

米慰安婦像とユダヤ企業       -栗原茂男

 

1) 米慰安婦像とユダヤ企業

2) サムスン、モノマネ経営の限界

3) 中国も中進国の罠

4) 国際化の推進は教養が必要

5) 元アメリカ国家安全保障局内部告発!311大震災は核兵器を使った

6) Mohan Doss 博士(Fox Chase Cancer Center)講演

7) 千葉戦略研究所 12月度勉強会のご案内 2013/12/1(日)

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 米慰安婦像とユダヤ企業

 

 

ユダヤ、シナ、朝鮮は歴史捏造で共通している。

アウシュビッツ、ユダヤ人殺害数が100万人とか400万人とか言うのは南京虐殺級の大嘘、従軍慰安婦級の大嘘で、有り得ない話のようです。

 

彼らは捏造の被害者同盟を結んでいるかのような印象があります。

 

今まで、何人ものユダヤ人と話したことが有りますが、シナ人、朝鮮人、可哀そう、ドイツ人は悪い、絶対許さないと言い、シナ・朝鮮人達はユダヤ人は可哀そう、ドイツ悪いと言います。どうせ、私のような日本人のいない処では「日本人、悪い、絶対許さない」と言ってることでしょう。

——————————————————————————————————————————————–

News U.S. – 中国・韓国・在日崩壊ニュース

アメリカ・イスラエル・ユダヤ > 韓国の慰安婦像が立った米国グレンデールはイルミナティ企業「ネスレ」の本拠地だった..

http://www.news-us.jp/article/380624198.html

 

韓国の慰安婦像が立った米国グレンデールはイルミナティ企業「ネスレ」の本拠地だった事が判明…ついに偽ユダヤ企業の不買運動開始か? 2ch「先進国地域で最も健闘した国は日本。ネスレ日本の売上を低迷させれば、スイス本社から指示がいくかもね」「キットカット?オレオ?代わりなんていくらでもある」「ネスレ不買、参加するわ」

 

===============================================================

 

 

 

2) サムスン、モノマネ経営の限界

. . . → Read More: 米慰安婦像とユダヤ企業       -栗原茂男

日本社会の変化を読めないKY(空気読めない)韓国の外交   -栗原茂男

 

1) 日本経済成長路線復帰は庶民の懐具合向上が決め手

2) 日本社会の変化を読めない韓国のKY(空気読めない)外交

3) 会員の方からの情報 ―ヘイトスピーチどころでないコリアンの犯罪

4) キムチの原型は九州の朝鮮漬け

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 日本経済成長路線復帰は庶民の懐具合向上が決め手

 

 

不景気だと言う声は随分昔から聞きます。

1970年頃までは高度経済成長時代でその後は安定成長。そして1990年代に入って、ゼロないしマイナス成長。

1990年から2010年頃までを失われた20年と言いますが、私から見ると失われた40年です。なぜなら1970年以降の低成長経済政策は人為的に取られた政策だから。

 

日本経済の乗数は今も昔も約2,5。政府、民間の投資が2,5倍の国民所得を産み出すと言い話。

この話、学者の先生方の議論になるとかなり複雑怪奇な話になるのですが、ともかく投資が数倍の所得を産み出すと言うのは間違い無い話。

 

投資が増えない → 市中に出回るおカネが不十分 → 事業者は売り上げが伸びない → 昇給・雇用増が出来ない → 国民所得が停滞 → 政府の税収が思わしくない → 政府の投資が減少(公共工事バラマキ論で長らく減少継続)=投資が増えない → …… 。

 

この連鎖をどこかで断ち切ると約3千兆円( 個人1,590兆円、法人845兆円、一般政府516兆円 ;日銀資料 )の金融資産が動き出します。

すると国民所得が480兆円くらいですから、投資増 → 売上増 → 昇給・雇用増 → 税収・売上増 → …… . . . → Read More: 日本社会の変化を読めないKY(空気読めない)韓国の外交   -栗原茂男

「歴史」とは 科学の日本、民族戦略の中国、ファンタジーの韓国     -栗原茂男

 

1) 外務省メルマガから

2) 「歴史」 : 科学の日本、民族戦略の中国、ファンタジーの韓国

3) 在日特権は厳然として在る

4) 会員の方からの情報

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 外務省メルマガから

 

 

 

韓国が極度に嫌がる外務、防衛の「2+2協議」を日本とアメリカで行ったそうです。

 

《日米防衛協力小委員会(SDC)の開催 》

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_000276.html

 

 

意味深な「日米印」という組み合わせ

 

《 日米印協議第5回会合の開催 》

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_000280.html

 

 

 

アメリカでも原発は止めた方が良いと意見が主流なのでしょう。ウランは欧州のユダヤ利権だし、原発は中華侵略主義にとって「核心的利益」。

《 海外主要メディアの日本関連報道11月5日~11月12日 》

—–> http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/page4_000280.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

世界が報じた日本

海外主要メディアの日本関連報道 11月5日~11月12日

 

平成25年11月12日

最近の海外主要メディアにおける日本関連報道の中からいくつか紹介いたします。メディア側から予め承認が得られたものの中から選んで掲載しています。転載・複製を禁じます。詳細はリンクから原文にあたって下さい。

 

掲載日 11月11日付

. . . → Read More: 「歴史」とは 科学の日本、民族戦略の中国、ファンタジーの韓国     -栗原茂男