2013年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

語るに落ちる反ヘイトスピーチ論          -栗原茂男

 

1) 語るに落ちる反ヘイトスピーチ論

2) 創価学会信者との会話

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

1) 語るに落ちる反ヘイトスピーチ論

新大久保で在特会が行ったデモの際一部の参加者が過激な言葉を使ったということで、どうだのこうだのと非難する者達がいます。

———————————————————————————————————————————–

【 時事ドットコム 】

コリアンタウン排斥デモ、過激化=ヘイトスピーチに非難強まる

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201305/2013051100035&g=soc

「皆殺し」「国外追放」といった過激な言葉で在日韓国・朝鮮人を批判するデモが、東京・新大久保などのコリアンタウンで繰り返されている。海外には差別を助長するような主張を「ヘイトスピーチ(憎悪表現)」ととらえ、取り締まる国もある。日本国内にも「言論の自由の範囲を超えた」として規制を求める動きがあるほか、安倍晋三首相が国会で「極めて残念」と答弁するなど、非難する声が強まっている。

デモを主導するのは在日韓国・朝鮮人排斥を主張する「在日特権を許さない市民の会(在特会)」など。新大久保や大阪・鶴橋で開くデモは「韓国は敵、ゴキブリ」「朝鮮人は全員殺せ」などと叫び、ここ数年で過激さを増している。

沿道には「差別反対」「仲良く」と抗議する人も多いが、一部は「差別主義者を殺せ」と応酬し、デモ隊と衝突寸前になる事態も起きている。

在特会側は、抗議や規制を求める動きに「よりひどい海外の反日デモもある」と反論。「過激な表現は注目を集める手段。1万3000人に増えた会員数がその成果だ」とし、「見直しは検討するが、個人の声まで抑える気はない」とする。(2013/05/11-04:26)

———————————————————————————————————————————–

しかしそれは彼らが何故「過激な言葉」を口にするかを考えようとしないお粗末な主張です。

そもそも朝鮮は終戦を機に日本から独立し、日本人は朝鮮半島から引き上げてきたのですが、朝鮮人達は不法に居座り続けました。

そしてそれどころか、自らを「戦勝国民」と嘯き、戦後の混乱に乗じて悪の限りを尽くしたと言われています。

「言われています」という言い方をするのは政府が何らの手を打たなどころか調査もせず、風化を待っているとしか思えない態度を執り続けているからです。

そして更に朝鮮人達は多大の利権を不当に奪取し、不当な富を蓄えていると言われていますが、それに気がついた日本人の一部が怒りをぶつけ始めた訳です。

一昨年から頻発し始めたデモは侵入者の悪事に気がついた大衆の怒りの現れと言えます。

戦後の混乱期に財産を奪われた被害者が亡くなったりして風化しつつありますが、政府が調査をせず、従って保証もせず、日本全体が戦後の清算を終えないどころか手を付けてさえいません。

新大久保でデモを行った人達ですが、彼等はそのことに気づいた人達であることは彼らの日頃の発言からよく解ります。

その彼らを非難する輩達は在日特権を護持しようとする者たちの仲間なのでしょう。

そう言われたくなかったらすぐに調査に着手すべきです。デモが行われた新大久保からまず調査を始めたら良い。

朝鮮半島から出稼ぎに来た彼らがどうやって財産を作ったのか?資産形成過程を日本国民の前に明らかにして純日本人の疑問に答えるべきです。

語るに落ちる反ヘイトスピーチ論を語る者達こそ悪辣な人種差別主義者です。

===========================================================

2) 創価学会信者との会話

昨日、新宿のオペラハウスでオペラ歌手の公演を聞いてきました。知人が招待券を回してくれたのです。

事情があって、人と会う機会を狙ったのですが、目的は不発でした。

開場の前に入口近くでパンフレットを見ていた老人と話すと、その方、創価学会のバリバリの信者でした。

どうやらその公演は創価学会が仕切っているようでした。

でもまあ、こちらはそんなことはどうでも良く、私達はその老人と政治について話し込む事ができました。

その方、憲法改正には賛成で、9条改正に反対です。9条は婦人部が反対しているとのこと。

しかし憲法改正は創価学会・公明党の公式な主張で、彼らは「加憲」と言っています。

どういう事かと言いますと、日本国憲法が出来た時には人権とか環境とかの認識がなかったが、大日本帝国憲法が吉田内閣の手で改正されて日本国憲法ができて70年近くも経ち、その間社会が変化しているのに人権や環境問題に対応できていない。

だから今の憲法に人権や環境問題を「加える」必要があるので憲法は改正しなくてはならない。

しかし現行憲法はあまりに改憲が難しい。ネックは憲法96条だという主張。

確かに96条が憲法改正を邪魔しています。多数は工作をして3分の1が反対すると否決されるのですから、少数決を規定する条文です。

———————————————————————————————————————————————

第九十六条 この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。

○2 憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。

———————————————————————————————————————————————

9条改正は創価学会員は容易には納得しないかもしれませんが、96条改正には賛成のようですから、創価学会、公明党とは是々非々で付き合うほうが良いと考えます。

. . . → Read More: 語るに落ちる反ヘイトスピーチ論          -栗原茂男