2012年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

中韓にご用心         : 栗原茂男

 

1) 政界予想

前回のメルマガで日本維新の会は分裂して石原新党系は自民と合併、衆議院は再選挙という予想を述べましたが、早速政界関係の方からそれはないですよというメールをいただきました。

————————————————————————————————————————————————————————–

衆院の解散は当面ないと思います。少なくとも、参院選の状況を見なければ、そのような判断はなされないと思います。

自民党が今回これだけ大勝したのは、小選挙区のマジックであって、総獲得票数でみれば、自民党は国民の3割の支持しか得ていません。

参院選は、衆院比例に近い世界ですから、衆院選ほどは勝てず、安倍総理としては、憲法改正に必要な両院3分の2の多数派工作を迫られると思います。

そのときが、政界再編だろうと思います。維新の会の分裂があるとすれば、その動きの中でであろうと思われます。

それまでは、安倍自民党も、旧たちあがれ系も、じっと我慢の子をするのではないでしょうか。

————————————————————————————————————————————————————————–

政治家も人の子で一寸先は何が起こるか分かりませんが、そうなんでしょうね。

先に情報をくれたのは政界とのつながりが色々ある方達なので、なるほどと思ったのですが、そういう情報が入ったということは底流にはそういう期待が一部の人にはあるということなのでしょう。

いずれにしても、来年の参議院選挙の結果を見ないと政党の離合集散は見極めが付かないとは思います。

私の見方ですが、安倍政権は経済は比較的うまく往く様に思えます。

ブレーンがリフレ派なのでイマイチですが、緊縮民主党寄りはずっとマシだと考えます。

公共事業も補修の必要性が今後認識されると思いますし、10兆円という数字も政治家の口から出ていますから、特定の団体のフロント企業に偏るかもしれませんが、やらないよりはやったほうがずっと良いわけです。

財源は建設国債なら問題はないし、さらに言うと丹羽春喜博士流の政府貨幣の増発なら「国の借金」問題も片付きます。

それで来年の参議院選挙までには景気上昇を国民が実感すると、自民党の支持率は上がる可能性があると見ます。

来年の参議院選の非改選は自民党49議席、民主党42、公明党9、みんなの党10、日本維新の会1

改選議員は自民党議席、民主党45、公明党10、みんなの党1、日本維新の会2

安定した与党であるには過半数が欲しい。

それには定数242議席の半分の121議席が欲しい、委員長ポストを独占して尚且つ委員会も同数又は多数派となる「安定多数」の129議席が欲しいというところ。

======================================================================================

2) 安倍政権の人事と日中韓FTA

注目の外務大臣に岸田文雄が決まったようです。何故外務大臣が注目かと言うと、東アジアが極めてきな臭くなってきて、米中激突が現実味を帯びているからです。

中国の覇権戦略は米国、カナダ、ロシア、豪州など国土のり広い国にシナ民族を大量に移民させ、人口戦略で乗っ取る、その手始めに日本と韓国を従える。

そういう戦略ですから、東アジア共同体ブチ上げ、日韓を取り込もうとしました。しかし東アジア共同体は招待がバレて頓挫。

そこで出てきたのが日中韓FTA。自由貿易協定といってもようは中華支配を狙う道具です。

一方、アメリカは対中包囲網作りでTPPを利用しようとしています。

中国はTPP絶対阻止の為に日本で必死の工作活動をしていることでしょう。「保守」に反対論が多いのが工作の凄まじさを感じさせます。

昨年、西南諸島で自衛隊機4機が編隊を組んで中国機を迎撃に向かい、隊長機が「イッツ、オフ、オープン」といって体を離れて敵の標的となって撃墜され、そのまま海へ墜落して行ったそうです。

この情報、二箇所から聞いています。

例によってマスコミが全然報道していませんが、日本の周辺はもうとっくにそういう状況であることは確かのようです。

なぜ中国はそこまで戦争をしたがるかと言えば、何度も述べるように中国は人が住める国土ではなくなりつつあるからです。

チベット、ウイグル、南モンゴルなどなどを侵略・併合してきましたが、シナ民族が生き残るには土地が全然足りないのです。

更に旱魃、洪水などの自然災害もあるかもしれません。

経済でも中国は今まではうまく運営してきましたが、どうもここへ来て袋小路へ入り込んだようです。

もしかすると経済で国内が暴発する可能性もあると思います。

かなりの危機的状況に見えます。

日本の真面目な政治家たちは中国の環境問題、水問題などなどの解決に協力しながら経済的互恵関係を築こうとしてきましたが、ベテラン政治家が外務大臣に就かなかったという事は、中国の外交姿勢に対し匙を投げたということではないでしょうか。

安倍氏が考えている事は日本からは挑発をしてませんよという姿勢を世界に見せているように思えます。

日本は挑発していないのに中国から先に手を出したということになりますから。

======================================================================================

3) 韓国でノロウイルス流行、日本でも。フジテレビ;病院へ逝くのはやめた方が良い。

ノロウイルスが韓国でキムチ製造から発生したようで、日本でも原因不明でのノロウイルスが流行っています。

となれば韓国が発生源と強く疑うのが道理というものでしょう。

宮崎口蹄疫といい、付き合いはほどほどにするべきなのに、なぜか日本政府は国富を朝鮮に垂れ流してきました。

民族帰属意識が朝鮮と言う人、朝鮮と利益でつながる人がいて暗躍していると仮定すると納得がゆきます。

======================================================================================

【緊急事態】韓国産ノロウィルスキムチが今も日本で販売されていることが判明!!!! 全国で大流行中の変異ウィルス、過去韓国で見つかったタイプと同種であることも発覚!!!!! 当時担当大臣の蓮舫を吊るし上げろ!!! . . . → Read More: 中韓にご用心         : 栗原茂男