2012年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

小泉回帰の民主党    :栗原茂男

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【純日本人会 メルマガ 】

純日本人会 http://www.junnihon.com/

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

去る12月2日に起きた選挙戦のさなかに公共工事を巡る論戦が飛び交っています。

公共工事の予算を削り続けた結果が9名もの死者を出した事故につながったという説は多数派を形成しているようです。常識的考えればそうでしょう。

問題は公共工事悪玉論との整合性の関係。

我々、ケインジアンは公共工事悪玉論のインチキ性を予てから暴いてきました。

ただ、残念ながら日本乗っ取りを画策する外国侵略勢力の宣伝工作に乗せられた人が日本全体では圧倒的に多く、それで何十年もの間に国富が国外に垂れ流しとなり、高速道路をのような生活インフラが劣化してきてしまいました。

日本乗っ取りを画策する外国侵略勢力は巨額の資金を使ってマスコミへの対策、フリージャーナリスト、暴力団などを組み合わせて工作するわけで、青い目の侵略勢力は日本人と人種的に区別がつき難い特亜系人を利用します。

東南アジアを支配するときにシナ人を使ったり、アフリカを支配するときにインド人を使ったようにです。

公共工事悪玉論を語っているだけなら経済学の知識も必要とせず、公共工事悪玉論は正義の味方を装おうことができ、マスコミを通じて宣伝された公共工事悪玉論を口真似して日本の世論を形成してきました。

当然、テレビや大手マスコミに登場するのは外国侵略勢力に加担する人々。

心ある有能な経済学者やエコノミスト達は外国侵略勢力に迎合することはできず、従って世間では知名度が低く、大衆の多数派の支持は集まりませんでした。

そんな事情が行き付いた結果が9名もの方々が亡くなった先日の事故でした。

公共工事悪玉論に与した人達も罪の深さは計り知れません。

「毎日」の記事では2行目から早速 《 単なる公共事業復活に陥れば、財政悪化を加速させる恐れがある。 》 と書いてありますが、そこからそもそも間違っているのです。

建設国債を発行して財政政策を行えば、市中にお金が回ります。ただしここで一つの難関があります。その際に通貨発行権を一手に引き受ける御用商人の日本銀行が市場の必要に応じて貨幣を潤沢に供給することが肝心です。

今までは政府が公共工事をしてお金を市中に散蒔くと日銀が「権兵衛が種蒔きゃ烏がほじくる」式に貨幣供給を縮小させてきました。理由はただ一つ。ゼロ以下物価上昇のためです。

日銀の使命の第一は物価の安定であることが日銀法によって定められていますが、経済が成長すると必然的上がる物価に応じて何処の国でも中央銀行は通貨を供給してきました。

《 第二条 日本銀行は、通貨及び金融の調節を行うに当たっては、物価の安定を図ることを通じて国民経済の健全な発展に資することをもって、その理念とする。 》

通常は年率2~3%の物価上昇が常識です。ところが日本銀行はゼロ以下で実績を残していますから、経済成長を無にする金融政策しか実行できなかった訳で、中央銀行としての成績は落第です。

落第生の日本銀行が失敗を継続し続けた結果、政府の借金は1000兆円になってしまいました。

もし日本銀行政策委員達が優秀であって欲しいという贅沢は言いません、普通の能力であったならばこういう事態にはなりませんでした。

国の借金が~ いう人達にいつも問うのですが、国の借金が一体いくらなら破綻するのですか?そしてその数字の根拠は?と聞くと誰も答えません。

正解は破綻しません、なのです。どうしてかは経済学を初歩で十分ですから学んできてから発言して欲しいのです。

その辺は立候補を断念した、減税日本の河村たかし氏などは良く理解しておられます。誠に残念でした。

それに引き換え、民主党、みんなの党は党首がお粗末です。

民主党やみんなの党の党首の主張では外国侵略勢力に一生懸命奉仕した小泉政権と同じ。

反自民と言いながら、下野してまともになった自民ではなく、日本をダメにした小泉政策回帰です。

日本経済が悪くなって資本と技術が中国・朝鮮へ流出し続けていますが、国際金融マフィア、シナ、コリアは対日では連携していると見るべきです。

デフレ回避も最重要課題の一つであり、公共工事を行うことでインフラ整備も進みます。

現状で日本政府が建設国債を発行して公共工事を沢山行えば、そして日本銀行がもっとよく勉強して適切な通貨政策を行えば、日本経済は一気に活況を呈し、企業も、そこで働く従業員も潤い、翌年以降の税収が増えて財政が1~2年遅れでですが、健全化します。今やってることは売上減少に苦しむ会社が経費節減で、営業費を切り詰めているやり方で却って経営難の泥沼に嵌る様なもの。

更に言うと、速水優という無能な元日銀社長(総裁)が法律無視で創った日銀ルールを即座に止めることが必要です。

しかしもっと言うと、丹羽春喜博士が提唱する政府貨幣を発行すれば更にスムースに日本経済は活況を呈することでしょう。

政府貨幣を発行した、リンカーン、ケネディ、そして発行に尽力して明治新政府に発行させた坂本龍馬は暗殺されました。

政府貨幣の問題は通貨発行権を誰が握るかという問題に行き着きます。

そして政府貨幣を発行すると暗殺されるというジンクスがあるようです。

. . . → Read More: 小泉回帰の民主党    :栗原茂男