2012年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

第2回・アジアの民主化を促進する東京集会の御案内

 

12月16日は衆議院選挙 / 有権者は立候補者の出自について地元で情報交換しましょう!!

 

********************************************

 

【純日本人会 メルマガ1318 】 -栗原茂男

メルマガ配信希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

 

********************************************

 

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

第2回・アジアの民主化を促進する東京集会の御案内

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【開催趣旨】

昨年11月26日に駒沢体育館で開催された「アジアの民主化を促進する東京大集会」は、自由を希求するアジア諸民族の代表が一堂に会する、戦後世界にあって画期的な集いとなりました。各界各層の幅広い御支援を得て、アジアの自由と民主主義の促進と民族自決の実現を訴えることができたことに深く感謝するものです。

 

ただ、このような集会は一度限りで終ってはなりません。その目的達成に向けて継続的に取り組んでいく必要があると考え、私たちは本年も同じ趣旨のもとに集会を催し、アジアの民主化を主張していく所存です。

 

加えて、今年は日印国交樹立60周年の節目に当ります。自由と民主主義の政治理念を共有する両国がアジアの民主化に向けていかに連携すべきかを問い直すとともに、更に、領土領海問題で緊迫する現今の東アジア情勢にいかに対応すべきかを見据えた集会と致したく存じます。開催要項は下記の通りです。

 

【日時】

平成24年12月6日(木曜)午後6時半(6時開場)~9時

 

【会場】

文京シビックセンター、小ホール

文京区春日1-16-21

東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」5番出口直結

都営地下鉄三田線・大江戸線「春日駅」シビックセンター連絡通路直結

問合せ=文京アカデミー(文京シビックセンター2階)03-5803-1100

地図http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html

 

【主催】

アジアの民主化を促進する東京集会実行委員会(加瀬英明実行委員長)

 

【協催】

アジア自由民主連帯協議会(ペマ・ギャルポ会長)

【内容】

司会 佐波優子(ジャーナリスト)

開会挨拶 加瀬英明(主催者代表、外交評論家)

来賓挨拶 頭山興助(呉竹会アジアフォーラム会長)

. . . → Read More: 第2回・アジアの民主化を促進する東京集会の御案内

笹子トンネル事故の原因は公共工事悪玉論    -栗原茂男

 

12月16日は衆議院選挙 / 有権者は立候補者の出自について地元で情報交換しましょう!!

 

********************************************

【純日本人会 メルマガ1317 】

メルマガ配信希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

********************************************

 

 

1977年に開通した笹子トンネルで事故が起きました。

原因は色々と説明がつくでしょうが、最大の原因は完成後から時間が経ち過ぎたことではないでしょうか。

問題は国土交通省が以前から指摘してきた通り、政府が公共工事の予算を削り続けたからであるのは間違いないのではないでしょうか。

テレビも公共工事悪玉論を激しく言い募り、世論を誤誘導してきました。

そして大衆も一緒になって公共工事悪玉論を口にし、過激言うほど正義の味方であるかのような雰囲気を日本中に漂わせました。

まともなエコノミスト達は一生懸命に小泉政権の政策の間違いを指摘してきましたが、大衆の支持は集まりませんでした。

小泉氏が退陣して、その後の自民党政権では公共工事悪玉論が改善し始めるのですが、今度は民主党政権です。

2011年に増えたのは3.11震災があったから。

それがなければ、更に酷い状況だったと思われます。

その間の数字は国土交通省のホームページに詳しく出ています。

公共工事悪玉論は直接的にも回り回った間接でも、国際金融資本と中国にとっては有難い風潮です。

公共工事悪玉論と日銀独立性強化論は売国政策論であり、純日本人の多数派には一刻も早く気がついて欲しいものです。

日本維新の会の松田学氏は建設国債発行論者。

松田学氏にはどこの選挙区でも良いから国会で議席を是非確保していただかなければなりません。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

小泉政権 : 平成13年4月26日~平成18年9月26日

 

国土交通省 平成22年7月

 

社会資本整備関係 参考資料

http://www.mlit.go.jp/common/000121595.pdf

 

3-1 : 『一般会計税収、歳出総額及び公債発行額の推移』

公共事業は減らし、一般会計も減らし、建設国債を減らし、税収を減らし、赤字国債(特例公債)を増やしています。

 

つまり公共事業や一般会計という庶民の懐具合に直結する支出を減らしたから税収が減ったわけです。

ところが赤字国債は増やしています。では赤字国債を増発して手にした資金は何処へ?です。

 

多分イラクの復興事業へ振り向けられたのでしょう。

. . . → Read More: 笹子トンネル事故の原因は公共工事悪玉論    -栗原茂男

バマ大統領の政策成功は日本にとっても重要 -栗原茂男

 

12月16日は衆議院選挙 / 有権者は立候補者の出自について地元で情報交換しましょう!!

********************************************

【純日本人会 メルマガ1316 】

メルマガ配信希望の方は下記アドレスからお申し出ください。

mail : info@sycorp.jp

《 リンク、転載などご自由にお使いください》

********************************************

くだらない人間というのは馬鹿なことを考えるものですね。中華侵略主義者というのは本当に頭が悪い。

——————————————————————————————————————————————

中国「ハワイ領有権も主張できる」 米国務長官「やってみてください」 2012.11.30 20:10

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/121130/mcb1211302010034-n1.htm

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/121130/mcb1211302010034-n2.htm

【ワシントン=犬塚陽介】クリントン米国務長官は11月29日、ワシントン市内で講演した際の質疑応答で、過去に南シナ海の領有権問題を中国と協議した際、中国側が「ハワイ(の領有権)を主張することもできる」と発言したことを明らかにした。

長官は「やってみてください。われわれは仲裁機関で領有権を証明する。これこそあなた方に求める対応だ」と応じたという。

協議の時期や詳細には言及しなかったが、20日の東アジアサミット前後のやりとりの可能性もある。仲裁機関は国際司法裁判所(ICJ)を指すとみられる。

ハワイをめぐっては、太平洋軍のキーティング司令官(当時)が2007年5月に訪中した際、中国海軍幹部からハワイより東を米軍、西を中国海軍が管理しようと持ちかけられたと証言したこともあった。

領有権問題は北極や地中海でも起こりかねない

クリントン長官は、中国と周辺国の領有権問題について、領有権の主張が地域の緊張を招くような事態は「21世紀の世の中では容認できない」と述べ、東南アジア諸国連合(ASEAN)が目指す「行動規範」の策定を改めて支持した。また、領有権問題は「合法な手段」で解決されねばならないと強調した。

さらに、領有権問題は北極や地中海でも起こりかねず、米国は「グローバルパワー」として放置できないと明言。

中国が「できる限り広範囲」の領有権を主張する中、法に基づく秩序維持のために「直言していかねばならない」と語った。

——————————————————————————————————————————————

よく考えもせずに発言して、それが後々どういう影響を及ぼすかを全然考えていません。

「彼を知り、己を知れば、百戦して危うからず」なんていう昔のシナ人の言葉も空々しい。

ところでハワイの防衛も考えなくてはならなくなったアメリカですが、経済政策も正念場。

オバマ大統領は中間所得層の減税を行う為に議会と必死で議論をしているようです。

——————————————————————————————————————————————

Saturday, December 1, 2012

You Spoke Out – Now Watch This and Forward

http://1.usa.gov/TzUQc8

http://www.whitehouse.gov/my2k#infographic

In this week’s . . . → Read More: バマ大統領の政策成功は日本にとっても重要 -栗原茂男