2012年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

ネット言論規制法案成立の危機  : 栗原茂男

≪ ACTA阻止!緊急凸のお願い http://bit.ly/OLVQ94 ≫ というブログの情報が会員さんから入りました。 何の法律案かと言うと、端的に言えばインターネット規制で言論を封じようという法案のようです。 更に厄介なのは、この法律、単なる国内法ではなく国際間の条約なのです。 それで審議する場は参議院外交防衛委員会。 通常、法律が出来る場合は衆議院の委員会で決まり、その後本会義で決まる。そして参議院へ送られ参議院でも同じ事をやって法案が法律となります。 ところがこの法案は違反ではありませんが、先に参議院に送られ国民が気が付かないうちに参議院で決まってしまっていたようです。 7月31日、委員会で審議終了、8月3日参議院で審議終了で参議院は既に法案は通ったとの事。 それで8月29日に衆議院の送付されてきて衆議院の外交防衛委員会に付託されたとのこと。 審議が始まったそうですが、採決には至っていないとのこと。 全員賛成で法案を通したのが「参議院外交防衛委員会」の議員達。 http://bit.ly/QE4TvO 委員長 福山 哲郎(民主) 理事風 間 直樹(民主) 理 事 広田 一(民主) 理 事 佐藤 正久(自民) 理 事 島尻 安伊子(自民) 理 事 山本 香苗(公明) 石井 一(民主) 加藤 敏幸(民主) 北澤 俊美(民主) 榛葉 賀津也(民主) 山根 隆治(民主)<正字> 猪口 邦子(自民) 宇都 隆史(自民) 岸 信夫(自民) 山本 . . . → Read More: ネット言論規制法案成立の危機  : 栗原茂男

第8回時事研修会のご案内    :栗原茂男

『 123便 』 を追求しておられる吉澤稠氏からの講演会の御案内です。 転送いたします。 今回は埼玉大学名誉教授で、日本商学研究学会会長の岩辺晃三氏が 第二部 で講演されるそうです。 日本の古代史は謎だらけで、朝鮮半島から来た民族によって在来の民族が滅ぼされ、それまでの歴史が闇に葬られた可能性があります。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B2%E3%82%B7%E3%83%86 オシテ文字が存在した事は、従来の日本古代史では説明が付きません。 世間では日本と古代ユダヤとの関係も取りざたされています。日本の文化がユダヤに伝わったという説です。 元々日本とユダヤの両文化に共通点が多いとされていますが、ユダヤから日本に伝わったと決め付ける根拠はあるのでしょうか? そういったことを研究されている方々です。 私は時間が取れるか否か判りませんが、ご興味のある方は参加してみられては如何でしょう?

====================================================

第8回時事研修会開催の御案内

期日:2012年9月22日(土)秋分の日

場所 : 国分寺労政会館(4F)第四会議室、定員120名。 TEL:042-323-8515(労政会館専用)

時間 : 午後 1:15 ~ 5:00 会場は1時から受け付け致します。

会費 : 2000円。 お釣りの無い様に御準備下さい、諸事情により今回から会費を増額させて頂きました。

交通 : 中央線国分寺駅南口から徒歩5分・丸井横道、駐車場口前から右斜め方角へ歩いて下さい・・・

当会の開催趣旨=素晴らしい明日の日本を築く民の会として、歴史の町、国分寺市からの発足です。時事問題を中心に、現代の歴史を皆様と共に解り易く分析研修する事から始める会として立ち上げました。その手段として【123便事件の真相を知る会】として多角的に検証する事から始めました。

講演内容

今回は第2部で客員講師=岩邊晃三様をお迎えして更に学術的な見地から私の「123便事件真相解明」から端を発した歴史的に重大な真実のお話をして頂く予定です。御期待下さい。

第1部

演題:「御巣鷹山の現実問題」

1985年8月12日御巣鷹山事変、この事件を知らない人は居ないと思うのですが真実を理解している人は皆無だと思います。何故でしょうか?その裏事情を解り易くお話を進めます。

その関係国、日・米そして某国の本音と現状を解り易く解説を致します。今日本は一体どう成っているのか?

御巣鷹山事変の覇者は何を隠蔽して何を企んでいるのか?その秘密を解く鍵は、暗号仕込みで建設された南相木ダム、其処に行けば何かが解る、誰でも何かを感じる筈です。鋭い嗅覚でその真実に切り込む前代未聞の暗号の解読術で読み出した驚きの結果を全てお話します。

>>>真実を知れば世界も変られる<<<

. . . → Read More: 第8回時事研修会のご案内    :栗原茂男

領土と外務省   : 栗原茂男

脳梗塞で入院中、宇田信一郎先生がお見舞いに来てくださいました。 宇田さんの話、 1990年のG7で北方領土は日本の領土であると宣言された。 そして1998年にロシアが加わりG8になるのですが、その前の1995年にカナダでサミットが開かれた時、1990年のサミットの宣言が問題となり、クリントン大統領が日本政府に対し北方領土に関してロシアと日本との仲介を申し出たのだそうです。 ところが何と日本の外務省は結構ですと断りました。その時、首脳宣言発表の前のシェルパ達との会議で宇田氏はカナダの政治学者から「日本は本当にそれで良いのか?」と何度も念を押されたのだそうです。 こんな状況ではアメリカが尖閣問題で日本支持のもう一歩が感じられないのも、日本自身が守ろうとしないのですからアメリカにとっては無理からぬ事。 外務省はカルト教団の仮面日本人たちが巣食っている伏魔殿である事は良く知られています。 日米同盟があるのでアメリカが北朝鮮外向を逐一日本に報告していたが、全て北朝鮮に筒抜けだった理由が外務省内のカルト宗教関係者達が流していることにアメリカが気が付いたのは数年前。 ****************************************************************** 外務省情報としてこんなサイト情報もあります。 http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/0697a47952954ab5d38dc01aadf0c991 ****************************************************************** 内部に敵を抱える日本は外交が下手なのではなく、国民が仮面日本人の問題を避ける傾向が強いから外向で躓くのだと思います。 最近、小沢一郎氏などコリアン疑惑の論争のやり取りが次々とメールで送られてきました。 小沢擁護の論陣を張る人の言い分は「証拠が無いではないか」。 しかし政治家などの公人は民族帰属意識が日本で無かった場合、日本の有権者への途方も無い裏切りですから噂があれば疑惑を晴らすべく色々な資料を集めて自ら積極的に公開すべきです。証拠を見せるではなく、疑われた政治家側が積極的に疑惑を晴らすべきなのです。 ところがコソコソと卑劣な民族達は血筋を隠し、民族帰属意識を隠し、証拠を見せるニダ!と開き直る。 私自身の経験では住民票を取ると、昭和64年に私のが本人確認されないままと隣の区から転入している事になっています。つまり東京オリンピックの頃は戸籍なんて売ったり、買ったり、成りすましたりが容易だったと言う事になります。 だから政治家の出自を探ろうとすると法律違反をしないと出来ないようなのです。そしてインターネット上で公開される政治家のコリアンジャパニーズ情報は誰かがコッソリ確認したモノのようです。 仮面日本人が純日本人を騙しやすい法制度に重大な欠陥があると言えます。 日本国民にはコリアンジャパニーズ政治屋について知る権利があります。法律の改正と法解釈の見直しが是非必用と考えます。 一刻も早い純日本人の政治団体が生まれないだろうかと密かに期待しているのですが、純日本人が中々結束が出来ないもどかしさを感じています。

第7回時事研修会開催の御案内    : 栗原茂男

平成24年8月5日夜8時頃、純日本人会の仲間と電話で話していたところ、突然舌が廻らなく成りました。 相方が、すぐに電話を切って救急車を呼べと言うので、電話を切り、やりかけの仕事を仕事を途中までやって救急車を呼び病院へ着くと直ぐに入院。 病名は脳梗塞。ごく軽い状況だったようでしたが、21日の退院まで17日間病院に居ました。 教訓として、舌が廻らなくなったり、手足が急に動かなくなったら迷わず救急車を呼ぶべきだと言う事を強く感じました。 病院の説明だと、脳梗塞の症状が出たら3時間以内に治療に入ることがその後の病状の分かれ目なのだそうです。 退院して帰ると直ぐに人が待ち構えていて、仕事も山ほど溜まっていて、いまだに純日本人会の活動に充分な時間が取れない状況です。 そんな状況下ですが、吉澤 稠(シゲル)氏が私を尋ねて来られました。 吉澤氏は1985年の日航機「123便」御巣鷹山墜落の無数の謎について調査をして来られた由。 私も「123便」につていは大変関心があり、2012年9月7日の吉澤氏の「時事研修会」のご案内をさせていただく事にしました。 「123便」について数々の矛盾や謎は保留のままボーイング社の設計ミスと言う説明で充分納得でき、陰謀論は否定すべきと考えるなら、それも良いでしょう。

しかし、やはり説明の矛盾や嘘、謎について日米政府の発表とは全然違う仮説を立てて推論しようと考える方には吉澤氏の仮説も充分聞き応えがあると思います。

===================================================

第7回時事研修会開催の御案内

期日 :2012年9月7日・金曜日

場所 : TKPスター貸会議室 (定員40名)事前に御予約頂ければ幸いです。

時間 : 午後6:15分から9:00・会場は6:00時から受け付け致します。

会費 : 1000.円です、お釣りの無い様に御準備下さい。

交通 : JR四谷駅下車四谷口から徒歩1分・新宿通り・ホリナカビル=302号室(第1会議室)

当会の開催趣旨=【素晴らしい明日の日本を築く民の会】として、歴史の町、国分寺市からの発足です、時事問題を中心に、現代の歴史を皆様と共に解り易く分析研修する事から始める会として立ち上げました、その手段として【123便事件の真相を知る会】として多角的に検証する事から始めました。

講演内容

御巣鷹山・慰霊登山緊急報告会

1985年8月12日御巣鷹山事変、あれから27年目を迎え、微妙に係るロンドン5輪は終わった閉会式は、何故か

8月12日、しかしその後の動きが何やら可也の異常さが目立つその訳は、開催当日迄に更なる動きが有る筈だ。

R・ヤスの「不沈空母」=地下施設の全容公開予定?発電機は3基?>1基は稼働中との内部情報を掴んだ。

緊急調査=松崎の「宝蔵院」は弘法大師の開山すぐ上を123便が飛んだ、でも今無人であの家紋がこの山も?

南相木ダムの「つつじ」岬は222・此処は何故か「海の香り」がする?その訳は驚愕、是で彼方も目が醒める?

今年は御巣鷹山への慰霊登山に参加、その結果を報告する、石碑に有るジム・バーネット氏と私は同じ歳だ。

>>>真実を知れば世界も変られる<<<

ロン・ヤス・ド~ン5輪閉会と同時に皇太子様が伊豆下田の御用邸に行かれた早速追随調査で又伊豆へヨシュアの紙芝居もクライマックスへ突入、同時に卑劣な手段で妨害行為が私の周辺で続出、その首謀者は誰か?何でも話す、真実を話す会、私は【真言宗智山派】=真を語り「山」の智識を波で広める・と暗号的には解釈が成り立つ、是は私の個人的な解釈です特定の団体名等とは全く関係無い事を明言しておきます。

第1部 : 講師(主宰者)・自己紹介です。

. . . → Read More: 第7回時事研修会開催の御案内    : 栗原茂男

お知らせ

管理者の都合により、当ブログは、今月の20日頃までお休みさせて頂いております。新規記事の投稿までしばらくお待ち下さい。

恩を仇で返す            : 栗原茂男

You Tube で見つけました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 終戦後の朝鮮人韓国人の蛮行 http://www.youtube.com/watch?v=OrqHw2xJ68E&feature=related ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 終戦後の日本の混乱期の状況の検証が為されないまま、朝鮮人の残虐な蛮行が風化しつつあります。 戦前の朝鮮への過剰精算と共に戦後の日本人に対する未清算の歴史的事実を記録にとどめることは重要かと思います。 ところで、メールの情報が二つ入りました。転載します。 ———————————————————————- 1) 選手がつけた福島の瓦礫製のバッジ ”放射能がれき持ち込みを問題視した英BBCが生放送し、強制退場” オリンピック開会式と瓦礫 (gareki) 2012-08-02 22:05:58 http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/2ebd36d7da3d85d950d2c0893ec76c21 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 2) 栗原様 今日(8月4日)の朝のニュースや新聞各社で私が名誉毀損罪で書類送検された旨が報道されています。 「選挙に負けて悶々としてブログに記事を載せた」とまるで便所の落書きをする中学生のような言われ方ですが、悶々としている人間が毎日会社に通勤しますか? 今回の経緯については小多仁先生より、もう少し落ち着いてからと相談していたためブログの更新を控えていたのですが、さすがにそういう訳にもいかずに、経緯について更新しました。創価学会公明党の政治的圧力が見え隠れする点についても記載しました。 しかし、敬天新聞の見出しや記事を引用してブログに掲載したというだけで名誉毀損罪で家宅捜索、その上、マスコミで一斉報道では、ツイッターやフェイスブックでつぶやく人は誰でも狙い撃ちされたら名誉毀損罪で挙げられるということになってしまいます。 中国共産党以上の言論統制ではないでしょうか?言論統制の頂点が池田創価学会というだけに日本の方が危ないと思います。 ぜひ、更新したブログをご一読いただき、この事実を、純日本人の会の方々にお伝えいただけないでしょうか? よろしくお願い致します。 天目石要一郎 私への名誉毀損罪での書類送検について ① http://blogs.yahoo.co.jp/amame1968/46240885.html 名誉毀損罪で書類送検② 政治的圧力があったのでは? http://blogs.yahoo.co.jp/amame1968/46241052.html 名誉毀損罪で書類送検③ 談合捜査の状況 http://blogs.yahoo.co.jp/amame1968/46241574.html 警視庁公安3課の不自然な動きについて http://blogs.yahoo.co.jp/amame1968/46037198.html ———————————————————————-

 

. . . → Read More: 恩を仇で返す            : 栗原茂男

欧州議会が大差で否決した「ACTA」   : 栗原茂男

友人から下記のようなこんなメール情報が来ました。 貼り付けます。 —————————————————————————————————————– 御参考・御留意 放送法・電波法の改悪と並んで、インターネット言論の空間を抑圧する仕掛けを作ろうとの日本発の流れです。 日本発なのに日本人がほとんど知らない国際協定「ACTA」★欧州議会が大差で否決するまでの流れまとめ http://matome.naver.jp/odai/2134349028503346401 —————————————————————————————————————–

Antibiotics

デモの影で国会は解散できないのでは?      : 栗原茂男

平成24年7月29日の反原発デモのメール情報につき、いくつかコメントがありました。 一つはデモ参加者数の警察発表は1万2千人という説。 ところが他の方からのコメントですと、日比谷公園に10万人以上いたという説。 しかし大事な事は霞ヶ関や国会周辺のデモであれだけ多数の一般人が集まったことで、あの規模は私は見たことがありません。 そもそもビデオを見ていると警察はデモ参加者を狭い道路に閉じ込めています。 日曜日の国会周辺なんて閑古鳥が鳴いているくらいですから車は道路の方側だけにするとか、デモへの配慮の方法はいくらでもあったよう見えます。 それともデモによる国民の意思表現を抑圧せよ!というコミンテルンからの指示でもあったのでしょうか? 何しろ尖閣殺人犯人の中国への逃亡を手助けした仙谷由人は原発推進の積極的な旗振りですから。 台湾が中共の馬英九政権になって国共合作の方向へ動いていますから、統一教会、勝共連合も微妙に変化しているのではないでしょうか。 北と対峙してきた韓国も中国配下の北の忍び込み侵入に侵されていると聞きます。 そして中国と反米の国際金融資本がオバマのアメリカと対立しているというのが私の見方です。 オバマ政権は今、アメリカ国内も含む世界中で、欧州系国際金融資本とマネーロンダリングを標的にして戦っているように、私には見えます。 原発は周辺の事業が膨大のようで、それだけに巨額のお金が動くエネルギービジネス。 しかし2兆1,900億円かけて造った六ヶ所の核燃料再処理工場は6万本とかのドラム缶で一杯で、今後は何処で永久保管するかも決まっていない状況。 http://bit.ly/MQOHH4 周辺ビジネスも含めた原発ビジネスに群がる利権屋が多数居る事は想像に堅くありません。 日本の電力が極端に高いのも原発を造るからのように聞こえます。 原価計算も嘘だらけなので真偽のホドは判りませんが。 原発を推進しなければならない、そしてそのために日本の技術が必要な中国、原発が主要な利権の欧州系国際金融資本とその手先の日本国内のカルト宗教群。 彼等が結託している。そんな構図が想像されます。 私のように参加出来なかったデモ支持者が全国にどれほどいるか判りません。 今後は原発推進、消費税増税を口にする次期衆議院、参議院選挙立候補者は当選は厳しくなる事でしょう。 何しろ政府は嘘ばかりと言う事を大衆は知ってしまったのですから。 おそらく、民主党政権は任期満了までの一年間、自滅がほぼ確実の状況下では解散は出来ない事でしょう。 小沢一郎氏は元々東電が有力支援者だったとかで反原発は微妙と言う情報も耳にしました。 橋下氏は反原発のようだったのが、最近トーンダウン。 こうなると選挙の行方は誰にも判らないし、判ってもそれはその時だけで時々刻々と状況は変化しそうです。 政治家の当落は原発、消費税がかなりの影響があると思われます。 反原発、反消費増税をブレることなく打ち出し続ける候補者が有力なのではないでしょうか。 消費税なんか廃止するべきですし、日本政府は幾らでも景気対策を行なうお金の力が漲っているのですから、外国の為に日本人の生活を犠牲にする必要はないわけです。 生活苦による餓死者を出している日本政府は憲法違反をしています。 ———————————————————————————————– 第二十五条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。 ○2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。 ———————————————————————————————– 敵性国家の韓国の銀行を助けるカネがあるなら日本国民為にお金を使うべき。 中国からの留学生への巨額の金銭支援も不要です。 消費税の方は原発と違ってまだ騙されている人が多いのですが、日本政府には消費税を必要としないほどの金力がありますし、カネが有ろうと無かろうと消費税は廃止した方が良いのです。 少なくとも憲法違反状況を創り出している日本政府は消費税論議自体を現時点では封印すべきです。 . . . → Read More: デモの影で国会は解散できないのでは?      : 栗原茂男