2012年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

日米欧3極委員会は4月21、22日   : 栗原茂男

日米欧三極委員会が4月21、22日にオークラで開かれるそうです。 ————————————————————————————————————— http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%B1%B3%E6%AC%A7%E4%B8%89%E6%A5%B5%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A

1973年にデイビッド・ロックフェラー、ズビグネフ・ブレジンスキーらの働きにより「日米欧委員会」として発足した。 参加国は委員会の規定では「先進工業民主主義国」とされている。 三極委員会の目的は、先進国共通の国内・国際問題等について共同研究及び討議を行い、政府及び民間の指導者に政策提言を行うこと 情報が公開されており、名な政治家、財界人、学者などが参加。 1972年、デイビッド・ロックフェラーはオランダ王室にビルダーバーグ会議への日本の参加を打診したが断られたため、ズビグネフ・ブレジンスキーに日本をメンバーとする会議を創設することを提案した。 宮沢喜一、大来佐武郎らを招待した勉強会が開催され、翌年の1973年10月に「日米欧委員会」が誕生した(「3極委員会 新たな転機」(春原剛)日本経済新聞 2008年1月21日)。 日本委員会事務局は「(財)日本国際交流センター」が担当 ————————————————————————————————————— 自民党の外交に強い議員さんの秘書にこの件を話すと、日米欧なんて名のつくのは沢山あるとのこと。 要するに数ある圧力団体の一つと言う位置づけのよう。 そうかもしれません。陰謀論の世界で勝手に想像が膨らんでいる可能性があります。 4月に東京で開かれる話は、取材を依頼された方からの情報で、正確な日程と会場を知らないかという話が来て私は知りました。 そもそも情報が公開されているなら取材させればよいのですが、財団法人 日本国際交流センターに問い合わせると秘密なのだそうです。 財団法人と言うのは税金が優遇されている公益法人で、政治家などの公人が参加しているなら、たとえ圧力団体の会合であっても「秘密はないでしょ!」と思うのですが、如何なもなんでしょうね。 ところで自民党総裁の谷垣禎一氏はサンフランシスコ条約締結日を持って日本の独立記念日にしようと画策していると伝わっています。法案を提出するのだとか。 はっきり言って、谷垣氏は自民党の鳩山由紀夫。 前にも述べましたが、大日本帝国はポツダム宣言を受け入れ、米軍の進駐を受け入れ、戦勝国と敗戦国の力関係の中で外交交渉を行い、大日本国憲法を時の内閣の手で改正しました。 連合諸国と言っても実質はアメリカで、アメリカの意向が最大限発揮されたのは当時の情勢では仕方なかったと言わざるを得ません。 GHQは日本統治の機関ではなく、ポツダム宣言の監視が目的の米軍の機関。

力関係による、外交交渉の不公平性は昔からあることでそれを以って直ちに植民地というのはお粗末過ぎる論。

第二次大戦中、フランスはドイツに占領されました。しかし、フランスはナチス占領下でも首都をビシーに移して「主権国家としてのフランス政府存続は達成された」わけです。 ————————————————————————————————————— ヴィシー政権 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%BC%E6%94%BF%E6%A8%A9 成立 1940年6月にナチス・ドイツのフランス侵攻でフランスは敗北した。ポール・レノー首相ら抗戦派にかわって和平派が政権を握り、6月17日に副首相であったフィリップ・ペタン元帥が首相となった。6月21日、ペタンの政府はドイツとイタリアに対し休戦を申し入れた。6月22日には独仏休戦協定が締結され、フランス北部などの地域の占領、陸軍の制限などが定められた。協定はフランス側にとって過酷であったが、主権国家としてのフランス政府存続は達成された。ペタンは「少なくともわが国の名誉だけは守られた」と述べた。 ————————————————————————————————————— 外交交渉で外国に押されっ放しであれば、国民世論から我が国は実質的には外国からの支配を受けているではないか!と政府を攻撃する事は何も問題はありませんが、政府自らが我が国は外国の植民地であった、と言うなら論理を超えた自虐史観。 アジアで植民地を経験していないのは日本とタイだけであることは特亜にとっては耐え難い嫉妬心が渦巻く事でしょう。 又、それが日本と、中韓との違いとしてアジア諸国で評価される事は彼等にとって、絶対に阻止しなければならない事でしょう。 従って当然、賄賂と接待の特亜諸国なら工作をしていることでしょう。 こういう時に問題なるのが、過去にマスコミで流された疑惑。 ネット上では検索すると色々と出てきます。 http://asyura2.com/0510/senkyo17/msg/438.html http://blog.goo.ne.jp/taraoaks624/e/b2a63267a0881006c21097838f14309b 谷垣氏の「主権回復記念日」の提案はもっと多方面の確度から論じられるべきかと思います。 . . . → Read More: 日米欧3極委員会は4月21、22日   : 栗原茂男

複雑な様相の日本の政治        : 栗原茂男

愉快痛快さんからの情報です。 現地まで行って確かめるというのは私にはとても出来ません。もし愉快痛快さんの情報を否定するなら現地情報をお聞かせください。 —– Original Message —– Sent: Monday, April 16, 2012 7:02 AM Subject: 日航ジャンボ123便 ブッシュ(武州)上野村矢弓沢林道沿いには全山ゼオライトの山があり、ノストラダムス予言とも一致する。 日航ジャンボ123便 ブッシュ(武州)上野村矢弓沢林道沿いには全山ゼオライトの山があり、ノストラダムス予言とも一致する。 http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/1009.html

1985年8月12日の日航ジャンボ123便核攻撃惨事であるが、 資源的にも古代からの案件の多い高天原一帯にての出来事であった。

ブッシュ(武州)上野村矢弓沢林道沿いには全山ゼオライトの山がある。 現在2012年の放射能汚染が進行した際、ゼオライト等は利権連中にしか渡らない。庶民はどうしたらよいかといえば、上野村の矢弓沢沿いのゼオライト山に行けば飲める水が得られるのである。(矢弓沢=やきゅうさわ は、新町からの上野村行きバス終点から徒歩でも可能圏内) 中央の経緯度 北緯36度5分44.5秒 東経138度41分1.6秒 この位置へのリンク http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?longitude=138.68379166664&latitude=36.095716597734

上野村利根平から矢弓にかけての山がゼオライト山であり、オートネに避難所ができるという、ノストラダムス予言とも一致する。

そもそも、これは日本人には隠蔽されている案件だ。 国土地理院(筑波=日露勢力)の地図では、年中通れる全面舗装の矢弓林道が載っていない。 中央の経緯度 北緯36度5分44.5秒 東経138度41分1.6秒 この位置へのリンク http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?longitude=138.68379166664&latitude=36.095716597734

近くのJAL123便等昇魂の碑への徒歩登山道ですら掲載してあるにもかかわらずである。中央の経緯度 北緯36度0分2.7秒 東経138度41分40.8秒 この位置へのリンク http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?longitude=138.69468055556&latitude=36.000776733858

——————————————————————————————————— ところで日経ビジネスの記事に竹中平蔵氏の小論文が載ってます。 ——————————————————————————————————— 日経ビジネス2012年4月2日号 http://business.nikkeibp.co.jp/article/NBD/20120323/230167/?ST=pc

直言極言――社会保障と税の一体改革 矛盾を拡大させる消費増税

竹中 平蔵[慶応義塾大学教授兼グローバルセキュリティ研究所所長] 日経ビジネス2012年4月2日号目次

英国のチャーチル元首相は数々の名言を残したが、その中の1つに「成長はすべての矛盾を覆い隠す」というものがある。社会には様々な問題点(矛盾)があるが、経済全体が成長している間、こうした問題は顕在化しないという意味だ。確かに中国を見ていると、日本をはるかに凌ぐ格差や腐敗の問題を抱えながらも、成長の中でそれらを何とか吸収している姿がうかがえる。 翻って日本は、財政状態の悪化と社会保障の不備という問題を抱えている。今、それを解決するために「消費税増税」という処方箋が示されている。ただ、残念ながら増税は財政再建に貢献せず、社会保障も改善しないだろう。むしろ、その後の財政再建が困難になり、社会保障への不信が高まることが懸念される。野田政権の増税には、矛盾を拡大させる大きなリスクが潜む。

. . . → Read More: 複雑な様相の日本の政治        : 栗原茂男

お笑い種の 独立記念日論         : 栗原茂男

昭和26年9月8日にいわゆるサンフランシスコ条約が結ばれ、日本と連合国との戦争状態が終了し、日本国民の主権が承認されています。 つまり日本は昭和26年に憲法が改正され、軍国主義と決別して国民主権の国になった事を連合国が認めたわけです。 ———————————————————————————————————— 日本国憲法 http://bit.ly/IMog0G

日本国憲法(にほんこくけんぽう、にっぽんこくけんぽう、日本國憲法)は、日本国の現行の憲法典である。 日本国憲法は、第二次世界大戦における大日本帝国の敗戦後の被占領期に、大日本帝国憲法の改正手続を経て1946年(昭和21年)11月3日に公布され、1947年(昭和22年)5月3日に施行された。施行されてから現在まで一度も改正されていない。そのため、日本国憲法の原本は歴史的仮名遣であり、漢字表記は当用漢字以前の旧字体である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本国憲法への移行 http://bit.ly/HWsWjC

1946年(昭和21年)10月29日、「修正帝国憲法改正案」を全会一致で可決した枢密院本会議の模様。 1945年(昭和20年)8月、日本政府がポツダム宣言を受諾して終戦を迎えた。同宣言には、「日本国政府ハ日本国国民ノ間ニ於ケル民主主義的傾向ノ復活強化ニ対スル一切ノ障礙ヲ除去スベシ」、「言論、宗教及思想ノ自由並ニ基本的人権ノ尊重ハ確立セラルベシ」などと定められたため、ダグラス・マッカーサー率いる連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP)は、大日本帝国憲法の改正を日本政府に求めた。

この政府案を元に国民の間で広く議論が行われ、4月10日には衆議院議員総選挙が行われた(もっとも、国民の最大の関心は新憲法より生活の安定にあった)。政府は、選挙が終了した4月17日に、要綱を条文化した「憲法改正草案」を公表した。4月22日から枢密院において憲法改正案が審査が開始され、6月8日に可決された。6月20日、政府は、大日本帝国憲法73条の憲法改正手続に基づき、憲法改正案を衆議院に提出した。6月25日から衆議院において審議が開始され、若干の修正が加えられた後、8月24日に可決された。続けて、8月26日から貴族院において審議が開始され、ここでも若干の修正が加えられた後、10月6日に可決された。翌7日、衆議院は貴族院の修正に同意し、帝国議会での審議は結了した。憲法改正案はふたたび枢密院にはかられ、10月29日に可決された。天皇の裁可を経て、11月3日、大日本帝国憲法は改正され日本国憲法として公布され、翌1947年(昭和22年)5月3日に施行された。 ————————————————————————————————————

大日本帝国憲法は吉田内閣の下、大日本帝国憲法第73条の規定によって定められた手続きに基づき改正されました。 勿論吉田内閣は選挙で国民から選ばれた内閣。 形式的には日本国民が自らの意志で憲法を改正したわけです。 これ、非常に重要でこの時の経験は現「日本国憲法」にも生かされるべきこと。 天皇は法的位置づけは変化しても、それは科学の時代に合わせた変更であり、皇紀2600年の皇統は維持されています。

「日本」は昔から主権国家であり続けてきました。 日本は一度たりとも外国による植民地支配を経験していません。 アジアで植民地を経験していないのは「日本」と「タイ」だけ。 日本人はこの事実に誇りを持つべきです。

勿論、政府や政治家に仮面日本人が多数いて、買弁家もいて外国の影響を受けている事は今も昔も変わりません。 しかしそれを言って良いのは民間人と行政に責任のない野党政治家で、大いに語って政府を攻撃するべきでしょう。 しかし、国民の祝日として独立記念日を設けると言う事は政府自らが日本は主権国家ではなかったと認めることに成り、後世の国際交渉に多大の影響を末永く与え続ける事でしょう。

そして「日本」が昔から主権国家であり続けてきたという意味をもっと真面目に受け止めればサンフランシスコ条約締結日をもって独立記念日なんていう馬鹿な発想は生まれないはずです。 多分、それが悔しい特亜諸国の工作に乗せられた反日勢力や反権力志向の人々が独立記念日なんて馬鹿な主張をしているのだと思います。

女性天皇については奥さんがコリアンと噂される学者が色々言っているようですが、明治天皇はどうやら初代が女性で、古い時代には女性天皇もいたようですから、その辺の議論がよく解りません。 日本以外の国では血筋絶対主義が主流のようですが、日本文化では「家」と言うのは欧米のファミリーとは違います。 場合によっては血のつながりの無い人間が「家」を継いだりして来ました。女性が「家」を継ぐことも稀にあったわけです。 日本文化の「家系」と言うのはそういうもの。 皇統の維持についてはもっと柔軟であるべきかと考えます。 どうも最近の議論は何処かからの思惑優先に思えるものが多いように感じます

クールジャパンの本質        :  栗原茂男

先日、純日本人会の情報交換会がありました。

初参加の方がいて、その方はキリスト教徒でした。 その方、ネットで調べると色々出てくる方で、私の方ではその方の宗旨については事前に把握していました。 純日本人会は民族帰属意識が日本である人が結束する事と、そのための情報交換を行なう団体。 純日本人の定義は日本文化を尊重する人であり、国籍、血筋は問わないという主義です。

そして日本文化というのは、基本は神道、日本仏教、国学、朱子学などの綜合された体系。 しかし其々に宗派や学派があり、従って細かい事を言うと日本文化の体系は其々の人によって違う。

キリスト教の教義は日本文化とは言えないのですが、キリスト教徒は純日本人とは言えないのかと言うと私は必ずしもそう考えません。 神道と仏教では教義は全然違いますし、朱子学や陽明学も違うし、国学も違うしで、日本文化と言う事で教義を持ち出すとDNAと同様、日本人の定義としては収拾が付かなくなると考えます。 それよりも日本人全体に根付いている価値観や行動様式にこそ日本文化の真髄を感じます。 そしてその価値観や行動様式の基礎が神道や仏教などであり、キリスト教は違うと考えます。勿論、宗教の自由を否定するのではないこと事は言うまでもありません。

中国から日本に働きに来た女性が、「日本人は道でぶつかると、両方ともごめんなさい、と言う。 中国だと喧嘩になる。日本の方が良い」と真顔で言った事があります。 民族の妬みや恨みは千年でも二千年でも忘れない、子孫に忘れさせないという異民族の価値観とも違います。 「もののあわれ」、「慈悲」、「智慧」、「諸行無常」、「諸法無我」、「輪廻転生」、「因縁果報」、「小欲知足」などの思想が日本人の心の奥底に根付いているとのではないでしょうか。

上述のキリスト教の方も懇親会で懇談していて、発想が紛れも無く純日本人であると思いました。

それで、クールジャパンですが、国際社会が日本文化に対し、古典ばかりでなく現代日本文化にも注目すると言う事は純日本人の心の奥底に根付く価値観や思想が根本の要因だと考えます。 戦後、深夜のテレビ放送で性の解放を盛んに訴える芸人がいました。彼は賭博が付き物の娯楽である競馬やマージャンも熱心に煽動していました。 そういう類の人は純日本人ではないと私は看做します。

1970年代から日本経済は不況が続いています。経済成長は安定成長ながら、有るには有るのですが、成長率が低いという事の他に中身にも問題があるのです。 庶民の消費が増えず、貿易黒字が増えると経済成長率の数字が上がると言う仕組みになっています。 1970年代から80年代、好況感無き経済成長と言われました。 庶民は所得があまり増えないから消費生活は伸びないし、企業にとっては売り上げが伸びないから好況感は無い、そんな状態が続いて来た訳です。

しかし、1987年からのバブル経済を目の当たりにした私は、日本社会全体に狂気を感じました。 みんながみんな、お嬢様、お坊ちゃま、貴族を志向し、新卒は引く手あまたで極端に甘えさせてしまいました。

現在、世界的に経済が意図的に潰されています。日本もアメリカも欧州ももっと好景気にするのは簡単なのです。 成らぬは人の為さぬなりけり で、ニューワールドオーダーだの、人口削減だのの陰謀論に真実味を感じさせます。多分そうなんでしょう。

ですが、もしそうだとして、人口削減は兎も角、経済については緩やかな縮小は日本人の価値観からすると受け入れやすいと考えます。 いけないのは国民を騙す事。 痛みに耐えて!、米百票!、構造改革だ!不良債権処理、これをやらなきゃ如何しようもない!なんて嘘八百並べて、国民に好景気到来を期待させておいて不況に追い込んだ嘘が、多くの国民を振り回してしまった事。 現実問題として、民主党も谷垣自民党も日本経済潰しに突き進んでいます。だから多分日本と世界の経済は悪化の一途を辿ると予想されます。

しかし、クールジャパンの日本人には我欲の抑制、小欲知足の思想を取り戻す良い機会とも成り得ます。 ぶち壊されつつある日本文化を磨き直すきっかけとなる事を願っています。

【4/18開催(昼間)】神奈川県知事黒岩先生講演会  : 栗原茂男

『 ふるさとテレビ 』 主催の月例開発セミナーのお知らせです。 今回は神奈川県知事の黒岩 祐治氏が講演されます。 講演終了後には名刺交換会・経営者交流会が行なわれます。 =============================================== 拝啓 平素より大変お世話になっております。 この度、神奈川県知事 黒岩 祐治 先生 をお招きいたしまして 講演会、経営者交流会を開催いたします。 詳細は下記および添付ファイルをご覧くださいますよう、お願い申し上げます。 また、ご出席の際は添付の申込用紙にご記入の上、FAX(03-3593-5256)または メール(宛先:system@rise-japan-inc.com)でお送りください。 なお、こちらのご案内は既にお申込をして頂いた方にもお送りしております。 多数のご出席を賜りますようお願い申し上げます。 敬具 記

第1部 黒岩 祐治 先生講演会 「理想を掲げ、先ず、動く。周りを巻き込み、 一歩一歩修正を積み重ね、実現を目指す。」 第2部 名刺交換会 講 演 者 : 黒岩 祐治 先生 経 歴 : 元国際医療福祉大学学院教授 元フジテレビ新報道2001キャスター ふるさとテレビ特別賛助会員 日 時 : 平成24年4月18日(水)(11時00分~13時20分) 11時00分 受付・開場/交流時間 12時00分 第1部 . . . → Read More: 【4/18開催(昼間)】神奈川県知事黒岩先生講演会  : 栗原茂男

日米 VS 中韓     : 栗原茂男

『サーチナ』に興味深い記事が出ています。 二重線以下に貼り付けてあります。アドレスも貼り付けてあるので、もし文字化けしたら原文でお読みください。

シナ人の発想と戦略が読み取れます。

シナ人からすると朝鮮人はシナへの従属意識が抜けない国であり、日米に対しては反日、反米の民族。 中国は東アジアの台湾、北朝鮮、韓国は掌中に収めたつもり、或いは徐々に収めつつあると考えている。 そして日本もやがて中国の手の内の落ちるのは時間の問題と考えていることでしょう。 既に在日シナ人が在日朝鮮人を数で超えていて、帰化も勧めている。そして帰化人による政界進出も公言している。 外国人参政権、人権擁護法案、移民1千万人計画、財政再建と言う名目の日本経済潰し、などなどの政策がやがて現実のものとなる時、日本は中国となる見通しなのでしょう。 そんな政策を進めるのは既に日本国籍を取得している、しかし民族帰属意識はシナであり、朝鮮である仮面日本人達。 民主党政権の対中韓属国化政策は露骨ですが、自民党も同根の問題を抱えています。 おりしも、4月28,29,30日あたりで、多分、オークラで日米欧の3極委員会(Trilateral Commission)が開かれる模様。 彼等は日本社会と東アジアに於ける日本人、シナ人、朝鮮人の関係をどのくらい正確に理解しているのか、いささか疑問です。 この会合は世界を取り仕切ろうという者達が始めたビルダーバーグ会議に、アメリカの親日家のデイビッド・ロックフェラーが日本を誘うとすると、欧州ユダヤが大西洋中心にして取り仕切ろうと言う事で日本の参加を拒否。 それでデイビッド・ロックフェラーがアメリカと日本と欧州の3極で話し合う事を計画。日本には宮沢喜一、大来佐武郎等に声を掛けて始まったもの。 欧州ユダヤやシナからするとデイビッド・ロックフェラーは悪の権化に見えるのかもしれません。 しかし日本にとっては事実は逆のようです。 しかし残念な事に、ロックフェラーというと反日と言われるもう一人のロックフェラーではなく、デイビッドが悪玉として日本でも噂を流布する反米、親中の者達が沢山いる事。 彼等が日本の世論を混乱させています。 日本と世界の危機的状況を改善する為に先ず手をつけるべきは仮面日本人の割り出し。 コリアンやシナ人であることが悪い事であると言ってるわけではなく、出自を隠して反日言動する政治家が問題であると言うわけです。 最近、コリアンジャパニーズやシナ人の政治家を調べた情報が出回っています。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1465564739

調査が如何いう方法か知りませんが、方法を問題とするより、有権者に重要な情報を提供する方が遥かに大事だと考えます。

出自に噂のある立候補者に地元の有権者は勇気を持って堂々と問い質す必用があると思います。 コリアンジャパニーズやシナ人である事が悪い事であると言ってる訳ではないのですから。 =============================================================================

中国が韓国抱き込みで日本孤立・米混乱を実現か = 米国 2012/04/11(水) 08:54 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0411&f=politics_0411_005.shtml http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0411&f=politics_0411_006.shtml

米国がアジアに重心を移していることに多くの議論がなされているが、中国がその包囲網にいかに対応するかについての議論は西側では少ない。中国網日本語版(チャイナネット)によると、米CNNは中国は次の5つの対応をすると予測した。

(1)韓国を抱き込む。中国の地域問題は他国からの信頼不足にあり、同盟国の北朝鮮やミャンマーでは頼りない。最善の道はそれなりの同盟国をつくり包囲網を突破することだ。韓国は中国を取り巻く包囲網の中心的存在だが、中国は韓国に対して多くのコマを持っている。 韓国と中国は文化的に近く、日米の学者がどんなにそそのかしても、韓国が中国を主要な敵と言うことはない。逆に日本や米国は韓国からより大きな脅威とみなされている。韓国には反米の伝統もある。韓国では、米国は国を分裂させた元凶であり、韓国のトップに北朝鮮への挑発をさせたり、不公平な貿易協議締結を迫っているなどと考える人も多い。

こうした見方が正しいか間違っているかは別として、中国にチャンスをもたらす見方ではある。北朝鮮はかなり中国を頼りにしている。中国の支持による統一が実現すれば、中国包囲圏を取り払う重要な一環となり、日本を孤立、米国を混乱させる効果があるだろう。

(2)インドの機嫌を取る。長い国境を接し、衝突の歴史がある中国とインドの関係は難しいが、インドが完全に米国陣営に入らない限り中国にはメリットがある。インドも米国を警戒しており、西側の「保護責任」、リビアの政権更迭などはインドからすれば新植民地主義にみえるはずだ。インドが米国への傾倒を続ける限り、中国は低姿勢で対応するのが賢明といえる。

(3)ミサイルと無人機の大量生産。西太平洋で米国と「軍艦競争」をするのはあまりに代償が大きい愚かなことだ。より賢明なやり方は「領域拒否(Area Denial)戦略」で、中国はまず東アジアを主導してから、太平洋で米国と争うようにしなければならない。大量の安いミサイルや無人機で高価で行動が遅い米空母に対抗すれば、大幅にコストを削減できる。米国の支配権が弱い地域で優性に立てる作戦を行えば、脅威も少なくなる。

(4)ユーロ債の購入。欧州主権債務を購入することで西側に対するカードを増やす。ユーロ債の購入で米国の利率は引き上げられ、米国は自らの「銀行家(バンカー)」に誠意をもって接する必要性を痛感するだろう。中国の資金依存が北大西洋条約機構(NATO)の勝手な行動を阻止することにつながるだろう。 (5)世界のトラブルメーカーを支援。米国のトップがもっとも悩むところは米国には目もくれない国にほかならない。イラン、ベネズエラ、キューバといった国は米国に多額の資金を、代価の大きい国防や衝突に浪費させる。中国にとっては「悪人」を支援するのも悪くない方法といえるだろう。 ( 編集担当:米原裕子)

. . . → Read More: 日米 VS 中韓     : 栗原茂男

『これが結論!日本人と原発』(竹田恒泰著)徹底批判その1-放射能編  : 栗原茂男

史実を世界に発信する会の茂木弘道さんからメールが来ました。 転載いたします。

==================================================================================

栗原茂男 様

<再送> 昨日お送りしたものは、タイトルが「武田」と変換ミスでしたので、再送します。 ついでに、15項を若干修正しました。

結論的に言うなら、一見科学的な装いで多くのデータを使っているが、その多くは怪しげなものであり、何よりもLNT仮説をベースとしているので、根本的に間違った論拠による主張である。 竹田氏は『放射能を怖がるな―ラッキー博士の日本への贈り物を』を有害な本とメールで批判したが、本書こそいたずらに放射能恐怖をあおり、放射能認識をゆがめ、風評被害を広め、多くの人々を苦しめ、日本に害を与える、極めて有害な図書である、と反論する。以下がその論拠(15項目)である。

全文(39ページ)をお読みになりたい方はお申し込みいただけば、ファイルをお送りします。

1、「原発には「愛」がない」という人騙しのトリック・フレーズ

2、「放射線が体に良いわけがない」という無知

3、放射線ホルミシスの実証―1 (服部禎男「放射線ホルミシス」より)

4、放射線ホルミシスの実証―2 ラドンの放射線

5、放射線ホルミシスの実証―3 広島・長崎の被爆者追跡調査

6、射線ホルミシスの実証―4 核施設の被爆者と被曝していない労働者との対比調査(添付ファイル参照)

7、LNT仮説は完全破たん―それにしがみつく論はすべて間違い

8、「ラッキー論文は学会で否定されている」は本当か?

9、マイロン・ポリコープ/ルードヴィッヒ・ファイネンデーゲン大論文

10、何を基準とすべきか

11、「自然放射線でもがんになる」は本当か?

12、さまざまなインチキデータについて

13、不謹慎なのは竹田氏である

14、福島の自然は放射能の恵みを受けている

15、神州を汚し侵略せんとする反核反放射能カルト集団

*「BEIR委員会報告書批判」(42ページ)も希望者にお送りします。

平成24年4月11日 茂木 弘道 拝

—————————————————————————————————-

核施設労働者に関する8つの研究

丹羽経済塾、ふるさとテレビ講演会のお知らせ : 栗原茂男

4月16日(月) 17時00分~20時00分

「ふるさとテレビ」講演会 講 師 : 生田 正治 先生 テーマ : 「この国のかたち」を考える-TPPへの取り組みや郵政事業改革等- ( 尚、ふるさとテレビは私、も顧問を務めさせていただいております。)

4月22日 13時~17時

「第4回丹羽経済塾関西」のセミナー

講 師 : 丹羽 春喜 先生 テーマ : ケインズ体系の未完成点 「過剰決定」問題の解決と市場メカニズムの意義 ~新古典派ルーカス的「ケインズ批判」を超克する道とも不可分~

==============================================================================

拝啓

早春の侯 皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、このたび丹羽経済塾関西は4月22日(日)より下記の通り第4回講演会を開催することになりました。 今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。 敬具

第4回丹羽経済塾関西

日時 : 平成24年4月22日(日) 13時~17時

テーマ : ケインズ体系の未完成点

「過剰決定」問題の解決と市場メカニズムの意義

~新古典派ルーカス的「ケインズ批判」を超克する道とも不可分~

参加費 : 1000円 カンパ制 (会場費・設備費)

会場 : 尼崎女性センター・トレピエ . . . → Read More: 丹羽経済塾、ふるさとテレビ講演会のお知らせ : 栗原茂男

JAL123便核攻撃惨事として、ピカで乗客が焼き付き   : 栗原茂男

愉快痛快さんからのメールです。 転載します。

メール文中の「羽咋市(はくいし)」はこちらです。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%BD%E5%92%8B%E5%B8%82 実は日本を取り巻く環境は危機一髪の状況のようです。 北朝鮮のミサイルは北がそんなことをやる意味が無く、中国と考えるべきかと考えます。 中国と日米その他はビジネス関係で直接やり合いたくないので北をダミーにして間接的にやりあっていると言う事かと思います。 http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE83803B20120409 —– Original Message —– Sent: Monday, April 09, 2012 5:17 PM Subject: 日航ジャンボ123便 コスモアイル羽咋 にて展示のソ連ボストーク着陸カプセルは、JAL123便核攻撃惨事と関連。ピカで乗客が焼き付き 日航ジャンボ123便 コスモアイル羽咋 にて展示のソ連ボストークは、JAL123便核攻撃惨事と関連。ピカで乗客が焼き付き http://www.asyura2.com/10/lunchbreak44/msg/916.html

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、 核攻撃惨事として、乗客がピカで各所に焼き付いている。 http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/

さて、 能登半島石川県羽咋市のUFO博物館「コスモアイル羽咋」にて、ソ連ボストーク着陸カプセルが展示してあるが、ピカでJAL123便乗客が焼き付いている。 http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/8157.jpg

これは、 コスモアイル羽咋に展示してあるソ連ボストーク着陸カプセル http://www.hakui.ne.jp/ufo/detail/02.html は、JAL123便御巣鷹に登場したということを示している。 http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/8159.jpg

<参考> ウクライナの旧ソ連ポルタヴァ空軍博物館にも、ソ連核ミサイルとボストークカプセルのモニュメントが存在する。 http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/8158.jpg

画像: http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/8157.jpg 参考投稿番号: http://www.asyura2.com/10/lunchbreak44/msg/102.html

. . . → Read More: JAL123便核攻撃惨事として、ピカで乗客が焼き付き   : 栗原茂男

平成24年4月度 『 丹羽経済塾 例会 』 の御案内を申し上げます。

平成24年4月度 『 丹羽経済塾 例会 』 の御案内を申し上げます。

丹羽経済塾の皆様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 毎回のご出席有難うございます。 平成24年の4月度は下記の要領で行いますので、よろしくお願いいたします。

幹事 : 栗原茂男 ~~~~~~~~~ 記 ~~~~~~~~~~~~

日 時 : 4月29日(日) 17:30~ 19:30(受付17:15)

テーマ : ケインズ革命の否認・忘却は、文明の暗黒時代をもたらす! - 現在まで、このことが意外に認識されず、「反ケインズ主義」イデオロギーへの無思慮な追随が流行してきたのが、わが国の朝野の状況でした。 とりわけ、政界におけるこのような思想的弊風は、真に甚だしいものがあるようです。 -

参加費 : 2千円( 学生は無料 : 受付でお申し出ください)

会 場 : 四谷区民センター 11F 第4集会室 東京都新宿区内藤町 87 電話 03-3351-3314 http://shinjuku-kuminhall.com/pc/event_yotsuya.html (ホームページは区民ホール) 地図 http://shinjuku-kuminhall.com/pc/pdf/yotsuya_map2.pdf

地下鉄・丸の内線「 新宿御苑 」 . . . → Read More: 平成24年4月度 『 丹羽経済塾 例会 』 の御案内を申し上げます。