2012年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

「自衛隊」は米国派が少なく、中露部隊が増殖している    : 栗原茂男

愉快痛快さんからの情報です。 —– Original Message —– Sent: Saturday, March 31, 2012 6:41 PM Subject: 要は、米国側がJAL機撃墜を阻止したので、報復として読売が襲われたということです。 要は、米国側がJAL機撃墜を阻止したので、報復として読売が襲われたということです。

PAC3追跡取材中、追突され1人死亡 名神高速 http://www.asahi.com/national/update/0331/OSK201203310051.html

—– Original Message —– Sent: Saturday, March 31, 2012 6:40 PM Subject: 日本テレビ取材陣が中露自衛隊(上総一ノ宮)に殺されそうになった。 何時も言わせていただいていることですが、 「自衛隊」と言いましても、米国寄りもあれば、 中露寄りの部隊もございますのが実態です。 http://www.asahi.com/national/update/0331/OSK201203310051.html 加害側のトラックというのは、典型的な中露自衛隊の部隊で、場所も上総一ノ宮ですから一致します。 要は、東京方面から日本テレビ記者を尾行して殺害を図ったわけです。 「自衛隊」は極めて憂慮すべき事態に陥っていることになります。(米国派が少なく、中露部隊が増殖している。)

朝日新聞デジタルニュース社会事件・事故記事2012年3月31日13時28分 http://www.asahi.com/national/update/0331/OSK201203310051.html PAC3追跡取材中、追突され1人死亡 名神高速関連トピックス北朝鮮金正日.[PR] 31日午前0時5分ごろ、大津市朝日が丘2丁目の名神高速道路下り線で、路肩に停車中のハイヤーに10トントラックが追突した。ハイヤーの後部座席にいた運転手の谷田幸生さん(41)=東京都墨田区=が頭などを強く打ち死亡し、助手席の日本テレビ系番組制作会社員・真壁陽介さん(28)=東京都杉並区=が頭などに軽いけが。

滋賀県警はトラックを運転していた高梨展(まこと)容疑者(41)=千葉県一宮町=を自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕し、容疑を同過失致死に切り替えて調べる。県警によると、現場はゆるい左カーブ。ブレーキ痕はなかったという。

真壁さんは、チャーターしたハイヤーで、北朝鮮が発射予告した長距離弾道ミサイルに備え、沖縄県への地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の配備で移動する自衛隊部隊を追跡取材中だった。

—– Original Message —– Sent: Saturday, March 31, . . . → Read More: 「自衛隊」は米国派が少なく、中露部隊が増殖している    : 栗原茂男

ふるさとテレビ月例開発セミナーの御案内     : 栗原茂男

ふるさとテレビさんからのお知らせです。転載します。 ===================================================================================== 拝啓 平素より大変お世話になっております。 さて、先日ご案内させていただきました 株式会社商船三井 最高顧問 生田 正治 先生 をお招きいたしましての「第22回月例セミナー」の日程が迫って参りましたので再度ご案内を させて頂きます。 詳細は下記および添付ファイルをご覧くださいますよう、お願い申し上げます。 また、ご出席の際は添付の申込用紙にご記入の上、FAX(03-3593-5256)または メール(宛先:system@rise-japan-inc.com)でお送りください。 多数のご出席を賜りますようお願い申し上げます。 敬具 記

第1部 生田 正治 先生講演会 「この国のかたち」を考える-TPPへの取り組みや郵政事業改革等- 第2部 懇親会(名刺交換会) 講 演 者 : 生田 正治 先生 経 歴 : 株式会社商船三井最高顧問。 元日本郵政公社総裁。 元経済同友会副代表幹事。 ふるさとテレビ特別顧問。 日 時 : 平成24年4月16日(月)(17時00分~20時00分) 17時00分 受付開始 18時00分 第1部 生田先生 講演会 19時00分 講演会終了 19時05分 . . . → Read More: ふるさとテレビ月例開発セミナーの御案内     : 栗原茂男

放射能汚染に対する米国からの見方と愉快痛快さん情報   : 栗原茂男

放射能汚染の情報と愉快痛快さんからの情報です。

アメリカでは日本の放射能汚染についてかなり深刻な見方をする向きがあるようです。

アメリカに住んでいるわけではないので、どれが多数説かは解りませんが、何を言われても、政府も東電も原発マフィア達も言う事がクルクル変わって日本人自身でさえ政府、東電の説明を信じていないのですから、仕方ない事。 こういう場合、最悪を予想した対処が必要ですから、原発はとりあえず停止しなければなりません。 愉快痛快さんからの情報ですが、愉快痛快さんが「台湾」と言っているのは台湾人ではなく中華民国人のことだと思います。 ご存知のように中国で国共内戦が起こり、蒋介石一派の敗残兵達が独立宣言をする前の台湾に逃げ込み、シナ人の独裁政治を永年続けてきました。 その間、台湾人への大虐殺が在ったと言われています。 蒋介石が日本人が南京で大虐殺をしたなんて世界中に言い触らしたのは自分のやった事を日本に泥を擦り付けてそう言ってるのではないでしょうか。 現在、台湾は香港生まれの反日家の馬英九が総統になっていて、中共への合併を志向しているように見えます。 李登輝の時代に台湾はやっと民主化に向かったわけですが、シナ人による永年の支配でシナ人による支配構造が出来てしまっているでしょうから、台湾人が真の独立を手に入れるにはまだ少し時間が掛かるのかもしれません。 現時点では台湾は中国に裏から操られている状況のように見えます。 純台湾人が結束する事を期待します。 田中角栄ですが、日本経済が高度成長を続けたのは1970年代前半まで。1972年に総理大臣になった頃が日本の高度成長が終わらされた頃。 インフレを軽視し過ぎて大衆に反インフレの雰囲気が生まれ、政策当局がその雰囲気を利用して高度経済成長停止路線へと舵を切り替えた時代だったと思います。 「ケインズは死んだ」なんて不見識な風評が撒かれ始まったのもこの頃。 田中角栄は独自の政策が良かったと言うより、池田勇人以来の高度経済成長政策を踏襲しただけだったように思います。 田中がロッキードで躓いた事と日本経済が停滞し始めた事とは別だと私は考えます。 それはそれとして、蒋介石はドイツと組んだり、アメリカと組んだりで、 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E7%8B%AC%E5%90%88%E4%BD%9C 大東亜戦争(1941年~1945年)が終わって気が付いたら戦勝国側の椅子にちゃっかり坐っていた。そんな感じがするのですが。

===========================================================================================

御参考; Tokyo Soil Samples Would Be Considered Nuclear Waste In the US http://www.fairewinds.com/home Fukushima Updates http://www.fairewinds.com/updates Nuclear expert back from Japan: People in Tokyo “basically walking on radioactive waste everyday” (AUDIO) http://enenews.com/nuclear-expert-japan-people-tokyo-basically-walking-radioactive-waste-everyday-audio ******************** . . . → Read More: 放射能汚染に対する米国からの見方と愉快痛快さん情報   : 栗原茂男

桜植樹祭でのオバマ大統領夫人のスピーチ     : 栗原茂男

日本側の反応が鈍いと感じます。

日本国民の財産である放送電波を利用する各社は反日敵性国家の韓国との韓日友好より、日米友好の報道に力を入れて欲しいものです。

——————————————————————————————— 日米桜100周年記念 日本から米国に桜が寄贈されて2012年で100周年となります。ミシェル・オバマ大統領夫人はワシントンDCの100周年記念植樹祭に参加し、演説を行いました。

ミシェル・オバマ大統領夫人の演説 Remarks by the First Lady at the National Cherry Blossom Festival Centennial Tree Planting The White House, March 27, 2012 http://www.whitehouse.gov/the-press-office/2012/03/27/remarks-first-lady-national-cherry-blossom-festival-centennial-tree-plan

植樹祭の写真 Planting a Tree of Friendship, Again Bureau of International Information Programs, U.S. Department of State, March 27, 2012

http://iipdigital.usembassy.gov/st/english/inbrief/2012/03/201203262782.html#axzz1qNfQrmtx

国務省国際情報プログラム局の記事 U.S. Marks 100th Anniversary of Japan’s . . . → Read More: 桜植樹祭でのオバマ大統領夫人のスピーチ     : 栗原茂男

小沢一郎氏が好きとか嫌いとかではなくて、       : 栗原茂男

現時点では小沢一郎氏と亀井静香氏に頑張ってもらわねばなりません。 何度も述べますが、消費税率上げを行えば、 可処分所得減少 ⇒ 消費減少 ⇒ 売り上げ減少 ⇒ 利益減少 ⇒ 翌年の税収減少 ⇒ 企業は弱気になって投資減少&政府も投資減少 ⇒ デフレスパイラル そして外国勢力による日本の株や土地などの資産買い叩き、企業買収と失業及び再就職難による技術流出が加速します。 中国による土地の購入や技術力のある中小企業の買収が巷間言われています。 マスコミが報じないから世間は知らないように思われますが、政治的関心のある方々は先刻ご存知の事態が進行中です。 消費税増税はその流れを加速しますから、今直ぐの税率上げではなくても企業の心理は冷え込んで投資は減少して景気は更なる悪化をします。 野田氏も谷垣氏も見ていると信念を持って主張しているようですから、外国勢力に唆されているのではなく経済を知らないのに経済を理解していると誤解して主張しているように見えます。 今は「頑張れ!小沢一郎、頑張れ!亀井静香」です。 小沢氏と親しい、名古屋の河村市長もそのあたりが理論的に良く解る数少ない政治家ですが、橋元人気にお株を奪われているのが残念です。 ただし、橋下氏にも今やってる事までは是非頑張って欲しいと願っています。 河村たかし氏、調べたら、こんな事もやってるんですね。 http://genzeinippon.com/ 【 河村たかし東京政治塾 開講について 】 http://genzeinippon.com/jyukutokyo.pdf 『 河村たかし東京政治塾 開講のお知らせ 4/5にプレ塾開催 』 http://bit.ly/GVdPUc 『 河村たかし政治塾(名古屋) 塾生募集開始 』 http://bit.ly/Hgdv4B 国家観の違う小沢氏と親しいのは、政界人同志の個人的関係だと信じたいと思います。 . . . → Read More: 小沢一郎氏が好きとか嫌いとかではなくて、       : 栗原茂男

田中真紀子氏に限定的支持・期待     : 栗原茂男

愉快痛快さんからのメールです。 転載します。

田中真紀子と言えば連想するのが父親の角栄氏ですが、角栄氏は1972年の日中共同宣言で台湾を中国に売り飛ばし、大東亜戦争中の日本の評価を紹介石そのままに認めたことがその後の日本の歴史問題での困難を生んだと考えます。 娘の彼女を中国が大変重視してきて、最大級の国賓扱いのように伝わります。

彼女の如何いうところが評価できるのかと思うのですが、政治家と言うのは是々非々で政策を見ないと評価が難しいと感じます。

例えば小沢一郎ですが、彼は現在、消費税上げ阻止を必死で訴えています。亀井静香も同様です。 野田民主党政権は自爆覚悟で消費税率上げに努力していて、谷垣自民党も同様です。 どっちも日本を破壊を通り越して壊滅へと向かわせる政策です。 消費税を増税すると国民の所得のうち、消費に廻せる可処分所得が減ります。それは誰にも解ること。 すると企業の売り上げは落ちます。 すると設備などの投資が減って給料もボーナスなどが減って庶民の所得が減ります。 増税した年の税収は一時的に増えても翌年の税収は以前にも増して減少します。 いままでそれを繰り返してきました。 マスコミも政治家も、もう好い加減学習効果を見せて欲しいのですが、同じ事をオームのように繰り返すだけ。 小沢氏や亀井氏はその辺がよく解っていると思われます。 そして小沢氏と親しい「減税日本」の河村たかし名古屋市長も良くご存知です。 橋下徹氏も評価の難しい人ですが、現時点では実際に行なっている政策には「保守」も大賛同しています。 多分「保守」の支持は限定的支持になると思うのですが。 そんなこんなで全てに満足できる人を政治家に求めると言うのは人間である限り不可能なのでしょう。 兎も角、中国の日本の資源コソ泥戦略に対して田中真紀子氏は希望の星のようなのです。 —– Original Message —– From: “Yoshino Taiki” <rz3t-ysn@asahi-net.email.ne.jp> To: <kulihala@sepia.ocn.ne.jp> Sent: Tuesday, March 27, 2012 11:17 AM Subject: > 興味深いのは、今回は、小沢一郎議員の影響下にある八戸港から持ち出すというのだ。 Re: 日航ジャンボ123便 小沢一郎は「反天皇」「反人道JAL123便」がアキレス腱である。 愉快通快 Re: 栗原です。 興味深いのは、今回は、小沢一郎議員の影響下にある八戸港から持ち出すというのだ。 http://www.google.co.jp/search?q=%E5%85%AB%E6%88%B8%E3%80%80%E4%B8%AD のような、中国航路の貨物船の物量アップのニュースが多くなってきた。 墓石を積んできて、残土として資源を持ち去るのだ。 ここにも「戦わずして勝利する」という中国の戦術が見え隠れしている。死の商人とも言える中国の残忍極まりない手口には憤懣やるせないものがある。 —– Original Message —– . . . → Read More: 田中真紀子氏に限定的支持・期待     : 栗原茂男

停電は原発批判?            : 栗原茂男

会員の方から以下のようなメールを戴きました。 3月24日に停電したそうです。その方、少し前にも同じ事を経験しています。 ——————————————————————–

—– Original Message —– Sent: Sunday, March 25, 2012 10:40 PM Subject: ××××

栗原様 ご苦労様です。 花粉症で大変です。 自宅の停電とオーバーチャージを昨日受けました。 おかげで、リビングの蛍光灯6本がだめになりました。 たまたまPCの電源を落としてましたから大丈夫でした。 午前2時ごろです。犬が良く吠えてました。 電気屋に来てもらいましたが、コンデンサーの交換です。 警告の予告かもしれません、、、、。 戦うしかないです。30日にパソコンも変えます。より高いセキュリティーのもとかえて、電力変化対応のコンバーターもつけます。 頑張りましょう。 ××××。 ——————————————————————–

実は私も昨年の3月28日、事務所が停電しました。 パソコンが動かない、事務所の蛍光灯は消えたまま、電話は通じない、消防の警報機は壊れている。 しかし他の部屋は何も変化なし。 それで電気屋さん、パソコン管理会社、NTT、防火設備の会社、不動産管理会社と色々な業者が来て直してくれました。 皆さんが一様に言うのは、「100アンペアの電流が流れているところへ多分200アンペアくらいの電流が流れた」です。 責任の所在は何処に?と聞くと皆さん、「東電です」。NTTだけは「東電ではないでしょうか」。 メールをくれた方と私の共通点は日頃から原発批判をしていること。

以上は、事実関係です。

皆さんが同じ事を言うのですから、犯罪の匂いぷんぷんです。 誰かが東電の設備を利用して悪事を働いた可能性大だと感じます。 但し、私の家の事務所に関しては、管理責任は東電にあるようです。 業者を通じて東電に責任の所在を問い質しても返事なし。 昨年あれだけの大惨事を引き起こしているのにまだ原発推進を訴えるような連中ですから、普通じゃないのは解りますが、それにしてもです。 フクシマは津波による電源喪失ではなく、地震で壊れたとなると全然話が違ってきます。 そのあたりの事を然るべき諸機関から丹念な調査を受けて、その結果の情報を被曝しているだろうと思われる広域の人々に公開すべきです。 それが無いままで平然としているのは裏事情を考えざるを得ません。 . . . → Read More: 停電は原発批判?            : 栗原茂男

今必要なのがバラ撒き財政政策              栗原茂男

政界は解散ムードになってきたのでしょうか。私の家の塀に公明党に続いて自民党がポスター貼りを頼みに来ました。

対中軍事防衛、治安、特亜からのコソ泥侵略、教育制度改革、地方自治体浄化など課題山積ですが、やはり一番重要なのは経済です。 経済が悪ければ何も手が付きません。 何も手をつけさせないように日本経済を縮小させようと忍び込み侵略勢力がガセネタを流して世論を煽動しているように思えます。

リーマンショック以前は日本買いの主役は「ユダヤ」で、リーマンショック後は「ユダヤ」が引いて中国が主役のようです。 日本の資産を叩き売りさせて安く買収し、再就職先のない技術者も高給で釣って安く引き抜かれています。

日本国内にはお金がたまり過ぎているのですが、政府の緊縮政策の為に行き場を失っています。 それで日本政府の発行する国債は安全なので超低利ですが国内で充分消化されています。

http://www.mof.go.jp/about_mof/councils/saimukanri/report/ksk151125_s07.pdf 海外勢は、平成14年度ですが僅か3.2%でした。

それが21年12月末では財務省の“必死の努力”で5、2%にまで増えています。 http://www.mof.go.jp/jgbs/publication/debt_management_report/2010/saimu01-3.pdf

「投資情報官」という役職まで作って外国に買っていただこうと言うのですから、国債保有者の情報をもっとタイムリーに解りやすく公開して欲しいもの。

景気が悪いのは海外も同じで、余った金の行き場を探しているのですが、野田政権はなんと中国に日本国債を買わせてやって行き場を失った金の運用先にさせてやるようです。 http://www.jiji.com/jc/zc?k=201112/2011122500149 http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_365507

これぞ対中国売国政策です。

記事では ≪中国は以前から日本国債を保有しており、中国による売買が国債価格を左右する一因とも言われてきた。≫ と書いてありますが、 ≪日本側は、中国国債を持つことで、経済分野での意見交換をより活発にし、関係を深めることを目指す。 ≫ 事ができるなんて考えるほうがバカ。 中国は昨年早速売ろうかな?なんて言って脅されたばかり。

ギリシャのように国内で消化できないから外国に買ってもらうのではなく、国内で充分に消化できてしかもお金がさらに余っているのに外国に安全有利な餌を撒いて、後で脅される種を提供しているわけです。 日銀当座預金に利息を付ける日銀と国債を外国に積極的に買って戴こうという日本政府は売国奴としか思えません。

ところで日本経済がお金がだぶついているのに何故景気が悪いかですが、理由はいたって簡単なのです。 世論が外国の日本乗っ取り勢力に騙されて政府に財政政策を行なわせないからです。

如何いうことかと言いますと、政府でも民間でも投資をしたとします。するとお金は民間企業に入ります。 民間企業は仕入れをして従業員に給料を払って利益を乗せて売ります。 そうやってお金が回転すると日本中で利用されるお金の量は増えないと金詰まりになります。

その時は通貨発行権を一手に引き受ける御用商人の日本銀行が貨幣供給を増やさなければならないのですが、今まで、景気が良くなると、それにつれて上がる物価を抑えると言っては金融引き締めを繰り返してきました。 それで日本経済の景気は上昇しないままで、今まで来たわけです。

景気は財政政策と金融政策が一致団結して上昇させると言う強い意思を見せなければ良くなりません。

ところが日本銀行は日銀法4条があるにも関わらず政府の政策に逆らって景気つぶしに熱心に取り組んできました。 財務省は財務省で、税金を増やすことばかりに関心があります。

国の借金は発表されている直近の資料では958兆6,385億円に政府保証債務43兆9,796億円を入れると1千兆円を越えています。 http://www.mof.go.jp/jgbs/reference/gbb/2312.html

本当は問題ないのですが、仮に問題だとして、ではどうやって返せば良いでしょう? 考えが浅いと税金を増やせと成ります。 しかし少し深く考えると社会全体の所得を増やすことで税収を増やすという発想になります。

ではどうやって所得を増やすかと言うと、先ほど政府や企業が投資をするとお金が廻ると述べました。 それは何方も異論はないでしょう。そしてお金が廻る時、給料や利益が上乗せされますから経済規模は拡大します。 そうすると言いたくないけどお金が動く度に消費税だけでも増えます。 更に利益が出て、所得が増えれば税収は翌年になりますが増えます。

ところがインチキなエコノミスト達は政府が投資をしてもバラマキで、経済は拡大しないと嘘を言います。 では実際は如何なのかといいますと、丹羽春喜博士が明快に表で説明されておられます。

自生的有効需要(最終需要)支出 年度 GDP 総額 民間投資支出 政府支出 . . . → Read More: 今必要なのがバラ撒き財政政策              栗原茂男

危機高まる日本列島         : 栗原茂男

愉快痛快さんからのメールです。 転載します。

先日鳴霞さんと電話で話しました。日本は今にも中国に占領されそうだと言い、日本の不甲斐なさに怒っていました。

「保守」の政治家に会って説明しても馬耳東風だったそうです。 アメリカは日本が自分で守ろうとしないなら守らないと言っているとの事。それはそうでしょうね。 米軍筋からの話では、日本が中国に占領されたら、それも仕方ない、という雰囲気だそうです。 勿論、地政学的に極めて重要な日本列島をアメリカがそう易々と手放すわけはありませんが、それほど日本占領の危機は高まっていると言う事かと思います。 =================================================================================== —– Original Message —– Sent: Sunday, March 25, 2012 10:06 AM Subject: 数で原住民の屁理屈を押し通す中国 「自滅するアメリカ帝国」 アメリカが撤退していくのは東アジア http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/77e20c4c4efbfa743548e174b5d9c3bc

↑には 中共特有の論述が見られる。 1、数の論理を持ち出す。 2、少数派の欧米勢力を袋叩きにする。 3、自滅した、等と「戦わずして勝った」と結論づける。

4、欧米を追い出し、中共が東アジアに侵略する。 民衆にとって、メリットがあるのならば歓迎であるが、中共が膨張して侵略してきたところで、弱者にメリットは皆無だ。 「血の池地獄」は中国国内だけで沢山である。

<参考> 軍事評論家=佐藤守のブログ日記 より http://d.hatena.ne.jp/satoumamoru/20091025/1256444361

その昔、アキノ率いるフィリピンが『ヤンキーゴーホーム!』と米軍撤退を要求し、愛想をつかした米軍はフィリピンから撤退したが、直ぐに中国が目と鼻の先の岩礁地帯に軍事基地を建設した。あわてたフィリピンは追い払おうとしたもの微弱な軍事力ではかなわない。そこで『シェーン、カムバック!』になり、米海軍基地を復活させたことを日本人はお忘れのようである。 —– Original Message —– Sent: Sunday, March 25, 2012 10:06 AM Subject: 数で原住民の屁理屈を押し通す中国 「自滅するアメリカ帝国」 アメリカが撤退していくのは東アジア http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/77e20c4c4efbfa743548e174b5d9c3bc

↑には 中共特有の論述が見られる。 . . . → Read More: 危機高まる日本列島         : 栗原茂男

「無償福祉国」日本の餓死    : 栗原茂男

メール配信先のかたから、下記のようなメールを戴きました。 ——————————————————————– Sent: Friday, March 23, 2012 5:52 PM Subject: 民主党が餓死者を量産 海外で報道

他国に比して裕福な日本の餓死者は海外でも注目を集めているようで、原因は、民主党の無償福祉政策により予算が不足してしまい、本来、救済が必要な低所 得層を救う事ができないと結論づけられています。

朝鮮日報で報道されています。 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/03/23/2012032300987.html

韓国トップのマスコミに報道される程に、民主党の悪行は有名なようです。

——————————————————————–

日本国民の為の大事な予算を、反日国家からの密入国者の子弟への教育へ使ったり、侵略主義中国からの留学生に巨額の予算を使ったりなのに、日本人には冷淡。 幾ら言われても平気な民族文化の者達が大量に政官界に入り込んで日本人の仮面を被っているから中々日本社会の浄化が進まないのだと考えます。 しかし餓死者が出ているのに日本国内でそれほど問題視しないし国会も取り上げないと言うのは異常です。

民族帰属意識を変えずに日本国籍を取得し、日本人に成りすますものが政官界にいるなら大問題。 議員なら有権者を騙していると言う事になります。

アメリカでは人種別の調査が色々行なわれていて、3月21日には下記のような統計が発表されています。 日本も政官界の民族の出自の調査をすべきです。 —————————————————————————————- アジア系アメリカ人に関する統計 http://www.census.gov/prod/cen2010/briefs/c2010br-11.pdf

米商務省の国勢調査局より3月21日、アジア系アメリカ人に関する2010年の統計が発表されました。それによると、2000年から2010年にかけて最も人口が増えているのはアジア系アメリカ人であり、45.6%の伸びを示しています。統計は以下のサイトよりご覧いただけます。 2010 Census Brief The Asian Population: 2010 U.S. Census Bureau, March 2012 http://www.census.gov/prod/cen2010/briefs/c2010br-11.pdf (PDF 2.68 MB, 23 p.)

U.S. Census Bureau, March 21, 2012 . . . → Read More: 「無償福祉国」日本の餓死    : 栗原茂男