2012年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

御巣鷹山情報2012年ー①     BY 栗原茂男

旧聞になりますが、昨年の12月22日、123便撃墜の時の上野村・村長だった黒澤丈夫氏が亡くなりました。 17日に金正日が亡くなり、発表が19日ですから直後です。 ———————————————————————– 日航機墜落現場の村長、黒沢丈夫氏が死去 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111224/dst11122400130000-n1.htm ———————————————————————– 愉快痛快さんからの連絡で、争議は「合同葬儀」が行なわれたようです。以下がメールです。 ———————————————————————– 昨今は、葬儀の一般参列も「お別れの会」とかの名前になってきました。

黒澤村長の件では「合同葬儀」が行われるわけです。 当方分析では、「合同○○」という名前がついていると、たいがいは統一教会関連です。 合同庁舎、合同結婚式、合同葬儀、然りです。

上部組織は「統一ロシア」ということになります。 ———————————————————————– 愉快痛快さんからの情報、一応公開しないように言われているので書き込めない事が沢山あるのですが、日本の政官界にトンでもない勢力が入り込んでいるようです。

彼の情報だとR・コシミズの下の書き込みは本当らしい。 http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/ishiigiin.htm コシミズ自体は誰が見ても中国の工作員ですが、だからと言って全部出鱈目というわけではなく、むしろかなりの部分が正しいと思われます。但し、肝心な部分で嘘が多いのです。3.11はアメリカの地震兵器などと言ったりです。 1985年の日航機123便、御巣鷹山墜落について、故佐宗邦皇氏がワールドフォーラムで語っているビデオが残っています。 ———————————————————————– 「御巣鷹山の真相について」佐宗邦皇代表WF200908例会 http://www.youtube.com/watch?v=Y-rbgPbmmTo&feature=related 1分15秒; 愉快痛快氏、意見表明 2分5秒 ; 元日本航空の佐宗氏が愉快痛快さんの意見に解説を加えています。 4分 ; 撃墜の原因についての佐宗氏の見解。 ———————————————————————– 佐宗氏は番町小学校、麹町中学、日比谷高校、東京大学法学部卒、と絵に描いたようなエリート街道のはずだった人。 彼自身はそれをお笑いネタにしていましたが。 しかしやはりその人脈は大したもので、かなりの情報を集めていた様子。撃墜の指示を出した政治家の名前も特定していました。 自衛隊が撃墜した、撃墜には核を使ったとういうところまでは愉快痛快さんと同じです。 撃墜現場周辺は今も放射能汚染がかなりあるそうです。 愉快痛快さんと違う点は撃墜したのがアメリカ軍ではなく、ロシアだという点。 1985年8月12日に撃墜され、9月22日の僅か20分の会議のプラザ合意で日本は超円高を大人しく飲まされました。 「国際金融資本」=アメリカと言うのが大方の人の想像ですが、「国際金融資本」を民族や政府と同一視するなら見方を誤ると考えます。 そういう視点で見ていると10年後のオーム事件の謎が紐解けてきます。 ロシアから軍用機を購入していながら政府は何も言わないなんて普通に考えると有り得ません。 上区一色村の大量のサリンだってどうやって製造したのか?設備も無いのに?です。 厚生省などの政府機関は一体何をやっていた?その責任追及は全然ありませんでした。あれほどの被害者を出したのにです。 そういう問題をひた隠しにするから3.11地震及び津波攻撃や原発不始末などの残虐な被害を受けるわけです。 半径20キロだか30キロだかが住めなくなって、放射能は安全だなんて「よく言ってくれるよ!」です。 東電は国会でフクシマの人災を全く正確に警告されていたのに、何の対策も講じていなかったけれどお咎めなし。 「御中国様様」なんでしょうね。 常識の有る人なら、徹底的に原因を追求して再発無しを確信するまで原発は封印すべきです。 科学技術だけでなく、経営管理も含めた技術論を徹底的に追求しなければなりません。 原発は安全だ!なんて嘯いていて、実際には広大な地域で人が住めなくなったのですから。 放射能被害長期データもないのに安全だというのはためにする論。国際金融資本の毒饅頭が相当廻っているのでしょう。 123便ですが、動画がアップされています。横田基地は必死で着陸を呼びかけています。 ———————————————————————– 日本航空123便墜落事故_5_ . . . → Read More: 御巣鷹山情報2012年ー①     BY 栗原茂男