2011年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

東日本大震災、フクシマ原発、そして中国    BY 栗原茂男

どうも日本政府は中国に乗っ取られている気がします。 そう仮定すると説明がつきやすい出来事が多いからです。 北京オリンピック長野聖火リレーの警察、尖閣諸島での海上保安官殺害事件への日本政府の対応、古くはオーム真理教事件、その他諸々。

霞ヶ関の諸氏はアメリカだけを恐れていて、中国の侵略を軽視しているように感じます。

アメリカは日本政府に正面から居丈高に何かと言ってくるからなのでしょう。

しかし中国のやり方は隠密裏に一人づつ篭絡して行くのかもしれません。 「少人数で会いましょう」なんて言って接待しながら切り崩す。 中国に媚びるのはチャイナスクールだけではなさそうです。

そこで暗躍するのが日本に忠誠心のない日本国籍人。そんな印象があります。 証明できませんが、数々の状況から立てた仮説です。

先日、『 NEWS ポストセブン 』の記事の情報がありましたので、いつも米軍筋の情報をくれる××さんに訊ねてみました。 二重線以下はそのやり取りです。 実は××さん情報にはUFOも絡んでくるのですが、私にはその扱い方が判らないので、その部分は省略しました。

=================================================

××です。お世話様です。

電気関係は専門分野ですので端的に述べさせていただきますが、現在の電力の仕組み自体がトリッキーです。

高天原山付近に、体に悪い低周波を発生させ、人類を不健康に持って意向と言う方向性です。 具体的には、東日本50Hz、西日本60Hzの差分の10Hzを高天原山付近に発生させることを目的としています。

60Hzは、単体でも女性の体調不良を促せる周波数ですので、モニタのリフレッシュレートも60Hzの物が多いです。 事務員等が不健康になります。

結論と致しましては、東京電力=中国 としてOKです。

先日の、中国人による韓国人虐殺もソフトバンクの孫社長が打ち出している、太陽光発電+直流電源、構想に対する脅しです。 いつも朝鮮人は中国の下請けで悪さをしていますが、孫社長の震災後のプランは大変に良いもので、無償でもなんでもよいから推進するべきものです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

>××様 > >早速ですが、以下の記事を如何見ますか? >東電の本当の支配者はロシアですか?中国ですか?アメリカですか?国際金融マフィアですか? > >私は、中国だと思っているのですが? > >ロシアは何の為?それともガセネタでしょうか? > >御意見、お聞かせ願えればと思います。 > > > 栗原茂男 > > >=============================================== > > >『 NEWS ポストセブン 』 > > >福島第一原発プログラム開発者 露からのサイバー攻撃明かす . . . → Read More: 東日本大震災、フクシマ原発、そして中国    BY 栗原茂男

12月14日水曜デモ抗議行動&「慰安婦の嘘を許すな!集会」のお知らせ  BY 栗原茂男

明日14日は韓国売春婦による因縁付けデモへの純日本人側からの意思表示のデモがある日だそうです。 朝鮮、シナからの捏造言い掛かりに対し日本人が何も言わなければそれが歴史の真実だとされてしまうのが国際社会。 日本に住む純日本人だけでなく、あるいはそれ以上に海外に暮らす日本人、日系人は辛い思いをすることでしょう。 私自身は事情があって明日の参加は出来ませんが、参加できる方は支援していただければと思いますし、参加できない方も関心を持っていただければと思います。

======================================================

14日のデモの情報の前に、愉快痛快さんからの久し振りの情報です。 結論から言うと、あっちフラフラ、こっちフラフラで事大主義の「朝鮮」とはなるべく関わらず、距離を置けと言うことになるかと思います。 ——————————————————————————————— 甲申政変、JAL123便、等と全く同じ構図です。

中国漁船員に刺され死亡、違法操業取り締まりの韓国海洋警官 2011年12月12日 15:16 発信地:ソウル/韓国

クリッピングする拡大写真を見る写真をブログに利用するメディア・報道関係・法人の方 写真購入のお問合せはこちら韓国沖の黄海(Yellow Sea)で互いに船体を縛って 逃走する中国の漁船12隻(2010年12月21日撮影、資料写真)。(c)AFP/PARK YOUNG-CHUL 関連写真1/1ページ全1枚 http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2845403/8192609

スライドショーを見る【12月12日 AFP】韓国・小青(Socheong)島沖85キロの黄海(Yellow Sea)で12日、違法操業の中国漁船を取り締まっていた韓国海洋警察官が、 中国人船員にガラス片で刺され、1人が死亡、1人が負傷した。

韓国海洋警察庁の発表によると12日早朝、同庁の部隊が小青島沖で違法操業を行っていた中国漁船2隻の拿捕(だほ)を試みたが、うち1隻(66トン)を制圧したところで、もう1隻が拿捕した船に突進してきた。その直後、船上の中国人船員9人が韓国海洋警察官に反撃を開始。操舵室を捜索していた隊員(41)がガラス片で脇腹を刺され、別の隊員(33)も刺されたという。 【甲申政変】 : http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B2%E7%94%B3%E6%94%BF%E5%A4%89 ———————————————————————————————-

12月14日(水)「韓国慰安婦水曜デモ1000回目への抗議行動 なでしこアクション2011」の呼びかけ団体 『正しい歴史を次世代に繋ぐネットワーク』からの拡散依頼です。

当日、抗議行動の後に、慰安婦側が院内集会を開催するのに合わせ、 同時間帯に当方も星陵会館にて「慰安婦の嘘を許すな!集会」を開催することにいたしました。

つきましては、集会情報を加えた新たな告知文を下記にご案内いたします。

以下告知サイトより http://sakura.a.la9.jp/japan/

=====以下告知文=========

12.14韓国水曜デモ1000回アクションIN TOKYOへの 抗議行動 & 集会 『 慰安婦の嘘は許しません!なでしこアクション2011』

≪ 抗議行動 ≫

【日時】 平成23年12月14日(水) 集合11:30 抗議開始12:00~13:00頃まで

. . . → Read More: 12月14日水曜デモ抗議行動&「慰安婦の嘘を許すな!集会」のお知らせ  BY 栗原茂男

【中央ヨーロッパの4ヵ国から見たEUと日本】        BY 栗原茂男

東京財団からのメールマガジンです。 旧ソ連圏の東欧4カ国ですが、数字を見る限り経済は西欧や日米に比してかなり優良です。 そしてどの国もロシアとの関係に苦しんできた歴史があります。 かなり興味をそそられる視点からの討論です。

==============================================

_____________________________2011/12/12

―――――――― 【東京財団メールマガジン Vol.333】 ―――――――― __________________________________

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ イベント情報 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ―――――――――――――――――――――――――――――――――― ■┓ 第44回 東京財団フォーラム ┃┃「中央ヨーロッパから見たEUと日本:ヴィシェグラード4ヵ国との対話」 ┗┛―――――――――――――――――――――――――――――――― 日本とポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリー(ヴィシェグラード4ヵ国)の外交政策立案者による対話が今月、東京で行われます。

これを機に、東京財団では19日、4ヵ国外務省の政務局長/次官補を迎え、日本の専門家らを交えたパネルディスカッションを開催します。

ヴィシェグラード4ヵ国はEUをどのように見ているのか? 日本との交流・連携に何を期待するのか? さらには、欧州発の金融危機再燃の可能性や今後の欧州における安全保障のあり方などについても分析します。

お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

【日時】2011年12月19日(月)17:00~18:30

【会場】日本財団ビル2階 会議室(港区赤坂1-2-2)

【テーマ】 「中央ヨーロッパから見たEUと日本:ヴィシェグラード4ヵ国との対話」

【スピーカー】 パヴェル・フィシェル(チェコ共和国 外務省政務局長) ペテル・ミハルコ(スロバキア共和国 外務省政務局長) ぺーテル・スターライ(ハンガリー共和国 外務省次官補・政務官) ヤロスワフ・ブラトキェヴィッチ(ポーランド共和国 外務省政務局長)

【コメンテーター】 植田隆子(前EU日本政府代表部次席大使、国際基督教大学教授) 畔蒜泰助(東京財団研究員、「ユーラシア情報ネットワーク」ロシア担 当) 鶴岡路人(同・欧州担当)

【モデレーター】 渡部恒雄(東京財団上席研究員兼政策研究ディレクター)

【言語】日英同時通訳付

▼ お申し込みはこちら http://www.tkfd.or.jp/event/detail.php?id=175

………………………………………………………………………………………… ※当日はインターネット中継を行います(音声はオリジナル<日英混合> を配信します)。会場との質疑応答も予定しており、その際、客席フロア を撮影することがありますので、あらかじめご承知おきください。

. . . → Read More: 【中央ヨーロッパの4ヵ国から見たEUと日本】        BY 栗原茂男