2011年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

日韓通貨スワップについての私の誤解     BY 栗原茂男

日韓の間の通貨スワップについて、何度か触れましたが、私に理解に間違いがあったようです。お詫びします。 外貨準備は政府が国債を発行して市中から資金を借り、外国の通貨を購入して保有します。 しかし例えばドル紙幣を持っていても利息がつきませんから大部分を安全有利な債権に買い換えるわけです。 それは当然の事かと思います。

その場合、いきなり国債を発行できませんから、政府から許可された範囲の中で政府短期証券をとりあえず発行して外貨を買うわけです。 今回、政府が日韓通貨スワップを決める事にしたのは韓国がカネ詰まりになったので日本政府が保有する外貨準備から韓国の債権を買って上げようと言う話。 だから日本政府が新たに国債を発行するわけではないようです。

しかし、韓国のカネ詰まりは欧州の金融危機から引き起こされたもののようで、かなり深刻だと思います。 そんな韓国の債権が安全なのでしょうか? 日韓関係が大事だと言うのは韓国に対する利権がらみに思えます。

何しろ韓国というのはトンでもない反日国家。もっと冷徹に対処するべきです。 日韓友好を唱え、通貨スワップで助けてもらおうとしていながら、一方で、竹島で侵略の為の演奏会を韓国国会議員が開くと言うのですから、それでも日韓友好を唱える日本の国会議員の不誠実さが際立ちます。

佐藤ゆかり議員が日本国民の税金で成り立っている外貨を韓国に使うのだから、何か交渉のカードに利用しないのか!と追求するのも当然のこと。 こういう時こそ竹島侵略問題を持ち出すべきです。 しかし心の祖国はやはり可愛いのでしょうね。 しかしそれでは日本人はたまったものではありません。日韓友好なんて暴力団が都合の良い時だけ友好、友好と言ってるようなもの。 日本の国会議員は日本国民の為にもっともっと誠実であるべきです。

韓日友好を口にする人達は韓国経済は日本の輸出先として重要なんて言いますが、韓国の輸出品は日本から輸入の部品がかなり多く、韓国の輸出が増えるほどに対日輸入が増えると言われてきました。 ならば韓国が外貨不足でウォン安なら韓国の輸出が増えて結構な事。放っとけば良いのだと思います。 それでダメならIMFに任せるべき。

どうせ助けてやったって、後ろ足で泥を吹っかける民族ですから。

ところで先ほど入った情報。情報源は明かせないし、証拠も持ち合わせていないから信じるか否かのみですが、 フクシマの放射能はそれほどではない。むしろ別の原因があって、それを放射能のせいにしている。 放射能は空から撒かれている(ケムトレイルの放射能バージョン?)。 ただし犯人はアメリカではない。中国。

米軍筋の情報とかなり被ってくるし、鳴霞さん情報とも部分的に被ってきます。 もう戦争が始まっちゃっていると考えた方が良さそうです。

しかし原因がフクシマでなくても被曝している人はかなり多そうな印象です。 被害状況を一々公開するとプライバシーの問題になりますので言えませんが 今後、体の非常な疲れ、甲状腺異常、酷い風邪みたいな症状、抜け毛、円形脱毛症などの人が沢山出て来るのではと心配です。

そういえば、5年前に国会で津波による原発人災を警告した議員がいました。その議員、共産党だった事が妙に引っ掛かります。