2011年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

朝鮮人の強制連行めぐり「ピースおおさか」が“虚偽”展示 写真4枚を撤去  BY 栗原茂男

1) 先ず始めに、 昨日28日に送らせて頂いたメール、≪ 純日本人会1083 / 「笹川平和財団」及び「戦略・情報研究会」からのお知らせ ≫ ですが、一部の方にお送りしたメールではタイトルの最後の文字で「ス」が抜けてしまいました。 —————————————————————————– タイトル : ~ 国際社会で自立するための〈インテリジェンス〉 -政治、ビジネスそして危機管理で求められる情報セン ~ —————————————————————————– お詫びいたします。 2) もう一つ別件ですが、先日、必用が出来て住民票を取りました。 すると私は昭和40年1月5日に田園調布から目黒区に引っ越してきた事になっていました。 東京オリンピックが39年ですから、その翌年。私自身は生まれてこの方、ずっと目黒区の住民。 もしかすると亡くなった祖母が越境入学させようと手続きをしたのかも知しれません。 今となっては調べようがないし、区役所は変更できないとのこと。 実害は考えられないので構わないのですが、ただ判ったことはそのころは本人が知らないところで住民票が如何にでもなっていたという事実。 謄本とか住民票とかは普通の人は滅多に必要としません。成りすましにとっては案外、盲点なのかな?という気がします。 3) 私は食品関係の仕事ですが、食品は産地の表示が必要です。消費者からの要望でそうなったと思います。 ところで、ソフトバンクの携帯はデータ処理を韓国の会社に任せているそうですが、それも消費者に説明する表示が必要かと思います。 パソコンを管理している会社の技術者に聞くと、ソフトバンクの携帯とメール交換をすると自分が使っている携帯がDOCOMOやAUであってもデータは韓国の会社に行くそうです。 そしてその技術者に聞くとウイルスの発生源は中国と韓国が圧倒的に多いとのこと。 実態は素人の私には判りませんが、ソフトバンクの携帯を利用している人との電話のやり取りをした際にそういう情報を貰った事はありません。 法律が守ってくれないのですから、消費者同士で情報交換するしかないと思います。 さて本題ですが、 ≪ MSN産経ニュース ≫によりますと 「朝鮮人の強制連行めぐり「ピースおおさか」が“虚偽”展示 写真4枚を撤去 ≫ と言う記事があります。 大変な不祥事だと思います。 日本の国際社会での名誉を著しく傷つけるもの。 12月に従軍慰安婦デモが計画されている事を考えますと、コリアンの因縁付け戦略の一環と看做すべきかと思います。 「袖すりあうも他生の縁」なんていう言葉がありますが、袖が触れたら道路に寝転がって、「痛い!痛い!、誠意を見せろ!」なんていう輩そのもの。 そういう手合いには毅然とした態度が必要。 財団法人「大阪国際平和センター」(ピースおおさか)は大阪府と大阪市が出資した財団とのことですから、理事長はじめ理事は当然全員解任でしょう。 そして今後このような不祥事が起こらないように再発防止の徹底が必要です。 頑張れ橋下知事!です。

=================================================

朝鮮人の強制連行めぐり「ピースおおさか」が“虚偽”展示 写真4枚を撤去 2011.10.29 01:30 (1/2ページ) http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/111029/wlf11102901300000-n1.htm

. . . → Read More: 朝鮮人の強制連行めぐり「ピースおおさか」が“虚偽”展示 写真4枚を撤去  BY 栗原茂男

慰安婦と医療の係わりについて(天児都)   BY 栗原茂男

「史実を世界に発信する会」事務局長の茂木弘道氏からのメールです。 今回は所謂「従軍慰安婦」論の嘘を解説するもので、海外にも沢山送っているそうです。 茂木さんとは原発問題で意見が全然合いませんが、他の問題では殆どが頼もしく思っています。 転送いたします。

===================================================================================== 【 SDHF Newsletter No.35: 慰安婦と医療の係わりについて(天児都) 】 平成23年10月28日

Dear 栗原茂男 様,

慰安婦とは戦場に出張した公娼宿の娼婦である。これが慰安婦問題のすべてを表現している。

朝鮮人経営の公娼宿では朝鮮人娼婦がほとんどだったし、日本人経営の公娼宿では日本人娼婦が大部分であった。 全体として日本人4割、朝鮮人2割その他という比率であった。 日本軍の場合、国内から公娼宿を出張させる方式をとったが、売春が禁止されているアメリカの場合、現地調達方式をとった。 ベトナムでは、現地売春宿を利用したが、売春宿をキャンプの中で営業させ、旅団長の管轄下でこれを管理した。 (Susan Brownmillerの ”Against Our Will” p.95) 在韓米軍は、韓国政府が設置した米軍専用慰安所を利用した。 (東亜日報1961年9月14日号) 何も日本が特殊なおかしいことをしていたわけではないし、韓国の女子挺身隊が慰安婦だったなどというのは100%のウソである。 しかし、日本政府が明確な事実の説明と抗議を怠っているため、今度はソウル日本大使館前に慰安婦抗議の碑を建てる計画が進んでいる。 愚かにも前原民主党政調会長は、慰安婦基金うんぬんを未だに言いだすありさまである。

新しい慰安婦に関する文献をここに紹介したい。

産婦人科医の天児都女史は陸軍軍医を務められた故麻生徹男医学博士のお嬢様である。 博士は慰安婦の医療についての厖大な記録と論文を残された。 天児先生はその資料をもとに日本の性病医療の歴史と慰安婦についての本を出された。 『慰安婦と医療の係わりについて』(日英両文)(梓書院)である。 近代医療と性病管理が日本に導入され、それがいかに普及していったのか、そして出張公娼宿の売春婦の医療管理を日本軍はどの様に行ったのか、という事が記述されている。 ここから慰安婦というものがどのような存在であったのかの真実が浮かび上がってくる。 今回このうちの第1章「慰安婦と医療の係わりについて」の英訳部分を著者の了解を得てサイトに載せ、下記の通り海外のマスコミ、学者、他にメール発信した。 発信する会 茂木

Relationship Between “Comfort Women” and “Medical Treatment”

We have previously verified . . . → Read More: 慰安婦と医療の係わりについて(天児都)   BY 栗原茂男