2011年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

緊急 :ドサクサに言論規正法案が閣議決定 【拡散希望】

同志からの緊急情報です。 拡散お願い致します。 純日本人会会長 栗原茂男 ========================================= この大地震のドサクサに紛れて地震の前後の11日に「コンピューター監視法」、日本版「共謀罪」が国会に提出され、18日に閣議決定に至ったようです。この法案は、ネットを使ったメディア活動に対し、言論の自由の封じ込める言論規制に発展する可能性を秘めたものになります。 本日、米国の共謀罪の被害者であり、現在も雪冤活動を続けているのジャーナリストの山崎淑子さんがこの法律の危険性に対しセミナーをやることになりました。フリージャーナリストの岩上安身さんのご協力により、Uストにて生中継を行うことになりましたので、会場に駆けつけることができるかた、もしくは、お時間のあります方は下記からご参加頂ければと思います。 http://iwakamiyasumi.com/ustream-schedule/ustream5

◆戦争と治安管理に反対するプレ・シンポジウム Ⅰ =「コンピュータ監視法の制定は阻止する」 = 主催 共謀罪に反対する全国署名運動 日時:3月21日(月・休日)13~17時 場所:南部労政会館 JR山手線・埼京線 大崎駅から徒歩3分

●シンポ内容 ・特別報告「激動の中東を訪ねて」田原 牧さん(東京新聞記者) ・提起「超治安大陸アメリカ―『愛国者法』と『コンピュータ監視法』 米国での『弁護士との共謀罪』で652日間不当拘留・服役させられたジャーナリストの体験から」山崎 淑子さん(9・11冤罪被害者の会) ・「コンピューター監視法」は現在の共謀罪(提起と討論)

●資料代 500円

●主催 共謀罪に反対する全国署名運動

——————————————————————————————

【講演レジメ】

マーシャルロー:「国家非常事態宣言」=「国家緊急事態法」という名の戒厳令

山崎淑子 ジャーナリスト http://enzai.9-11.jp

シンポジウム演題 ■提起: 「超治安大陸アメリカ―『愛国者法』と『コンピュータ監視法』 ■米国での『弁護士との共謀罪』で652日間不当拘留・服役させられたジャーナリストの体験 ■提言者:山崎 淑子 (やまさきとしこ:9・11冤罪被害者「山崎淑子 支援の会」) ■討論:「コンピューター監視法」は現在の共謀罪

=【提言1】=

「民主主義の名のもとに、ファッショ化(旧ソ連化)する」米国連邦の政治手法を可能にするために用意された一連の「治安維持法」が、「愛国者法」「通信傍受法」「共謀罪」「国家緊急事態法」「防衛産業再生法*」「災害救助法*」[*資料1](米国連邦法)であり、日本における戦前の「治安維持法」「破防法」や、現代の「テロ特措法」及び、現下の日本の状況で提言される「緊急事態基本法*」[*資料2]、そして亡霊のように繰り返しよみがえる「共謀罪」と今国会に提出される「コンピュータ監視法案*」こと、「情報処理の高度化等に対処するための刑法等の一部を改正する法律案」と、その後に批准をめざす「サイバー犯罪条約*」[*資料3]がある。

非常事態において、立法府による法制化の手続きを経ずに、また議会での議論・裁判所や司法による検証、国民世論による討論やコンセンサス(同意)・承認などを得ずして、速やかに国家が国民を災害・犯罪者・テロリスト・反社会的組織から守る(=監視・支配・管理統制する)ことを可能にする一連の立法化の動き。片や、「非常事態においては統制も、まあ、やむなし」とする、戦前の治安維持法時代を彷彿とさせる論調が現代によみがえり、世論の抵抗なしに高まることを、深く懸念するものである。

=【提言2】=

「コンピュータ監視法案*」は、「サイバー犯罪条約*」[*資料4]の国内法化のためのものであり、「日米犯罪人引き渡し条約」を、日本在住で海外に出たことのない日本人に適用することを可能にする。 条約は、「双罰性」が引き渡し要件として求められていないために、事実上、日本の憲法/刑事訴訟法の上位にあって、日本国憲法を形骸化し、無効にする極めて危険なものです。 =【以下、参考資料:1から4まで】=

資料1)「国家緊急事態宣言」、「防衛産業再生法」「災害救助法」 http://sucatroad.blog104.fc2.com/?mode=m&no=2 . . . → Read More: 緊急 :ドサクサに言論規正法案が閣議決定 【拡散希望】

被災地情報  

同志からの情報です。 栗原茂男 ======================================================== 【調査会NEWS1029】(23.3.20)

■森本美砂さんからのメール

先ほど特定失踪者山本美保さんの妹さん、森本美砂さんからメールが届きました。森本さんは震災のボランティアで甲府から東京・新潟を経由して今仙台に入っています。その報告です。ご本人の了解を得て掲載します。 ————————————————— 大変お世話になっております。

昨日、新潟経由で仙台に来ました。

東京から仙台へは直接来られず、日本海経由で新潟からは仙台行きの高速バスに乗り、5時間半かかりました。この間、植松さん、甲斐さん、梅原前仙台市長さん、安藤さん、千葉さんのお世話になりました。私の移動を支援してくださった方々に感謝申し上げます。

仙台に向かう高速道路でひっきりなしに救急車が通りました。急患の患者さんが搬送されるんだと思いました。高速道路の速度規制などもあり、家を出てから14時間かかってようやく仙台に来られました。昨日は、救う会宮城の安藤さんの知り合いの千葉さんの避難されている斎藤さん宅に泊めていただきました。初日から暖かいところを提供していただき、有り難いことでした。

本日は、仙台市内のボランティア拠点に登録に行き、10時過ぎ避難所になっている幸町小学校にカウンセリングボランティアということで向かいました。100人位の方が避難されていて、子どもたち、お年寄りの方もいて、足を伸ばして寝てないということでした。

お年寄りお二人に動作法のリラクゼーションやマッサージをしたり、子ども相手にパネルシアターをしました。お子さんもストレスがたまっている様子でした。パネルシアターから毛布ブランコ、手遊びと、ひとりの子は、私のそばを離れず、何度も何度もやってとせがみました。少しでも笑顔になったのが救いでした。日頃やっていることが生かせたかなと思います。

小学校への行き帰り、食料売り場とガソリンスタンドは、どこも長蛇の列でした。道路は隆起して寸断されている道がいくつもありました。余震も何度もありました。

それでも、仙台市内は比較的いい方で、海岸沿いの白鳥地区 はひどい状態だということです。ビールもコンテナごと流され、それらはを盗難者も出たり、石巻では治安が悪いとさえ言われました。今日から自衛隊が入り、襲われることもないということです。

今夜はボランティアセンターの2階に泊まります。全国からボランティアが集まってきています。北は耳の遠い、お孫さん3人のいる県庁退職者、南は福岡から駆けつけた若者、山形から来た一家は、5人で泊まっています。小学生の男の子もお母さんと一緒に、汚れる力仕事に手を挙げる姿に、胸を打たれました。

先ほど、ニューヨークから来たという元消防隊員が上がってきました。はるばるニューヨークから単独で救援に来てくれ、涙が出る思いです。ジャパニーズスイーツと言って羊羹を渡すと、very ディリィシャスと言って食 べてくれました。

誰もが大きい荷物をかついで来ています。昼間のボランティアも地元を中心に大勢集まっていました。ボランティア拠点も立ち上がり機能し始めています。

是非とも、被災地にガソリン、灯油を回してください。食糧を得るのに、何時間も待っている人がいます。水、電気の止まっている所もまだまだ多いです。是非、できることから支援をお願いします。

森本美砂 —————————————————– (荒木) 私など予備自衛官として招集されて災害派遣で行くと言っていながら、まだ招集されておらず、少しずつカンパする程度が関の山で、間の悪いことこの上ありません。早く命令が来てもらいたいと思っているのですが、ともかく森本さんの行動力と意思には敬服するばかりです。

■調査会役員の参加する講演会等の予定(一般公開の拉致問題に関するイベントのみ)

<延期>★4月3日(日)14:00~「『中村三奈子さんをさがす会』 集会」(同会主催)は延期になりました。

★4月3日(日)14:00「拉致被害者と家族の人権を考える市民集会」(拉致被害者と家族の人権を考える湘南の会実行委員会主催) ●藤沢産業センター(JR藤沢駅北口より徒歩5分・藤沢郵便局隣り) ●副代表岡田が参加 ●問い合わせ:救う会神奈川 090(9816)2187又はsukukaikanagawa@hotmail.com

MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM 特定失踪者問題調査会ニュース ——————————————————— 〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル401 Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059 email:chosakai@circus.ocn.ne.jp 調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp 発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は kumoha351@nifty.com宛メールをお送り下さい) . . . → Read More: 被災地情報  

2004年8月に中共最大のネット「中華網」に出た暗殺予定者  その5

2004年8月に中共最大のネット「中華網」に出た暗殺予定者

「中華網」の中に、解放軍が運営する「軍事天地」というホームページがある。 その中に、「おーい兄弟、誰か殺し屋の電話番号を知っている奴はいないか。名簿を送るぞ。」と題されて、 日本人で歴史教科書運動を支援していた250人の名簿が公開された。 大陸国内のネットに、難しい日本人の名前を羅列しても、大陸では自分の名前さえ読み書きできない人が3億人以上いるのであり、 この暗殺予定者名簿は、「日本向け」に出された「超限戦」の中の「心理戦」の手法だということが解る。 日本当局を混乱させて脅えさせことが目的だということは、この名簿がすぐに消されたことでも理解できる。卑怯な戦術である。 では、このネットに出された名簿を紹介する。(その5・最終ページ) 長岡 実 大蔵省 村偉 次郎 文部省 亘理 彰 防衛省・日本不動産研究会 漆 邦臣 品川女子 小川 義男 狭山岡高等学校 仲村 勝範 平成国際大学 小田村 四郎 拓殖大学 加藤 寛 千葉商科大学 立野 有文 桜丘女子学園 喜悦 克 喜悦学園 中堂 元 北斗学院 村田 照子 村田学院 津川 雅彦 男優 その他 多すぎて書ききれない。「版権所有・中華網 」と言う 腹立たしいほどふざけた物だ。 「日本人を抹殺しよう、誰か殺し屋の番号を教えてくれ。」と 最後に書き加えられている この名簿自体、錯誤や意味不明なものもあり、」とても解放軍が本気で アピールしているとは思えない。 . . . → Read More: 2004年8月に中共最大のネット「中華網」に出た暗殺予定者  その5