2010年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

警視庁中央即応部隊救援ヘリが自衛隊に撃墜されている BY 愉快通快

日航ジャンボ123便 パッシングされている御巣鷹の尾根「警視庁の墓」 警視庁中央即応部隊救援ヘリが自衛隊に撃墜されている http://www.asyura2.com/10/lunchbreak43/msg/122.html

投稿者 愉快通快 01. 2010年10月10日 01:10:45: yCgHRkKwnk 要は、御巣鷹で自衛隊と警察の間に銃撃戦があったということ。 ・在韓米軍C-130(オレンジ色塗装)及び、警視庁中央即応部隊(警察ヘリ塗装)が救援部隊。 ・自衛隊(114 いちいちよん 部隊)が殺人部隊。 旧日本軍の731部隊のような組織内組織が自衛隊内部にあり、日航ジャンボ123便は自衛隊114部隊の犯行。

↓銃撃戦といえばこれ。 この逆が御巣鷹で発生した。 <参考>.「竹島周辺で銃撃戦の可能性」 安倍氏が明かす韓国海洋調査事件 産経新聞 10月10日(日)0時35分配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101009-00000573-san-pol

========================================================================= 中国人民武装警察部隊 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E6%B0%91%E6%AD%A6%E8%A3%85%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E9%83%A8%E9%9A%8A

中国人民武装警察部隊(ちゅうごくじんみんぶそうけいさつぶたい)は、国内の治安維持や国境防衛などを担う中華人民共和国の準軍事組織である。略称は「武装警察」あるいは「武警」。公安部が行政上管轄しているが、同時に中国共産党中央軍事委員会の指導下にもある。隊員は中国人民解放軍の兵士・将校であり、現役軍人としての資格・権利を持つ。 このことから、党所有の治安部隊であると解する向きもあるが、中国のような社会主義国家においては党が国家を指導すると憲法上規定されていることの具体的な表れにすぎず、その機能は、ロシアの内務省治安部隊、内務省軍、アメリカの州兵、日本の機動隊、ドイツのGSG-9のような対テロ警察部隊、アメリカ財務省のシークレットサービスといった各国の機関に似た側面を有する中国独自の存在である。

台湾空軍機も御巣鷹に散った by 愉快痛快

台湾空軍の ・U2偵察機 ・F-101偵察機仕様 が御巣鷹に散っています。

犯人は自衛隊とはいえ、台湾独立を阻む中国勢力に決まっているではありませんか。

御巣鷹に事前に来ていた米軍はUFOの動きを見るために出てきていた by 愉快痛快

ニューヨーク上空にUFOが来ました http://oka-jp.seesaa.net/article/165677789.html が、アメリカは事前に本まで出しているわけです。 要は西洋魔術や仏云々では無理で、本当の神力の預言者、が予言しているのがアメリカです。

アメリカの軍事高官というのは高級神霊との通信ができないとだめなのです。 神力があるほど上にいけます。(アメリカの強さの源泉でありこれはあまり言ってはならないことですが。)

どこかで聞いた話で、本来、日本がアメリカのようでなくてはならないのです。

これからの軍事トレンドと致しましては、対UFOになりますから、 神力の重要性を理解している、アメリカと日本が結託しないと対抗できないのです。

<以下転載(一部修正)> 先日のニューヨークUFOの件 御巣鷹に事前に来ていた米軍はUFOの動きを見るために出てきていた (123) 2010-10-15 12:05:19 ・接続の遮断が激しい。 ・このブログにログインするのも、何回かリトライしてようやく入れる状況である。 ・本日は、なにやら全く注文していない高額な代金引換荷物がアマゾンから佐川急便で届いた。当方のアマゾン閲覧履歴を見て見たが、全く注文した形跡がない。(以前、佐川急便の自作自演詐欺にあい、当方で200万円程度の損害をこうむったことがある。佐川急便=海上自衛隊であるからして、123便の「異常外力」標的機の件を言う当方を経済的に攻撃しているのであろう。けしからん。)

さて、野村元監督なみのぼやきはその程度にして、本題である。

2010年10月13日に、ニューヨーク上空にUFOが複数飛来した。 http://oka-jp.seesaa.net/article/165677789.html

事前に暴露されていた。 <以下引用> NORAD (北アメリカ航空宇宙防衛司令部)の退役士官が自分の著書の中で、「2010年10月13日にエイリアンが人間と接触する」と記したことと関係しているのかもしれない。 <引用ここまで>

アメリカはUFOの飛来は事前につかんでいるものなのである。

さて、1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、上野村上空に、米軍機が複数、旋回待機していた。これが、米軍機が123便撃墜に関わっているといわれる原因だが、米軍はUFOが出るという予言の元に展開していたにすぎない。 123便を撃墜したのは自衛隊の習志野空挺団F4EJ小林である。

日航ジャンボ123便 御巣鷹に『ソ連KGBの装甲車』残骸 by 愉快痛快

日航ジャンボ123便 御巣鷹に『ソ連KGBの装甲車』残骸(米軍アントヌッチ中尉が「報告」した地点と一致していることに留意 http://www.asyura2.com/10/lunchbreak43/msg/239.html

日航ジャンボ123便 太陽系第3惑星地球日本国群馬県上野村楢原御巣鷹の尾根登山道 ジムバーネット氏「すげの沢のささやき」 http://www.asyura2.com/10/lunchbreak43/msg/240.html

日航ジャンボ123便 御巣鷹に台湾空軍偵察機『F-101ヴードゥー』残骸(北緯36度0分2秒東経138度41分51秒標高1400m http://www.asyura2.com/10/lunchbreak43/msg/238.html

日本で着々と浸透する中華侵略主義

会員さんからのメールです。 重要な情報なので貼り付けます。

栗原茂男 【純日本人会】 http://www.junnihon.com/ http://jun-nihonjinkai.blog.eonet.jp/

============================================

【お疲れ様です。】 今、日本はシナによる人口侵略が着々と進んでおり、日本国内に6ケ所ものシナ領事館があります。

福島県、新潟県、山形県を管轄する新潟は1万5千平方メートルもの万代小学校跡地をシナ領事館に売却しようとしています。

これを看過すると北京、上海あたりから一直線で来ることができ、人民解放軍をかくまう事も可能になります。

北海道でもシナ特区を認めるなど、間抜けぶりを露呈しています。

先日の尖閣諸島の件も、事実は海保の人間が殺されそうになった【殺人未遂】のようです。

以前から沖縄や北海道、新潟の市役所にはメールや電話をしてましたが、2~3日前に

新潟市役所コールセンター【025-243-4894】の金子氏と

北海道の広報広聴課【011-204-5108】の調整グループの水島氏に電話しました。

時間にして20~30分といったところでしょうか。

金子氏の方はやや半信半疑でしたが、水島氏にはかなり真剣に聞いて頂き、愕然としていました。そのあと、補足としてメールしました。

××××市 ××××

■米諜報機関がスパイ活動で警告した中国・華為技術社、日本ではイー・モバイル等へ端末を納品   JSNより

私は、ノートPCを持ち歩くときは、イー・モバイルを使っています。 通信速度が早く定額なので発売と同時にWELLCOMから乗り換えました。 しかし、残念な事に解約をしなければならないかもしれません。 そして、イー・モバイルをご利用の方、または同じメーカーが製造したデータ通信カードを利用されている方で国を愛する皆様は解約しなければいけないかもしれません。 何故なら、シナのスパイチップが組み込まれているかもしれないからです。 営業妨害と言われるとまずいので、強要することはしませんが以下情報を提供いたしますので、対象機器のユーザーの方はご自分でご判断ください。 そして、この情報を広げてください。 まず、下記のニュースを2件御覧ください。

中国・華為技術との取引に警告―スパイ活動恐れ米情報機関

(世界日報 2010/10/9 17:57)

http://www.worldtimes.co.jp/news/world/kiji/101009-175739.html

8日付の米紙ワシントン・ポストは、米国家安全保障局(NSA)が昨年末、中国の通信機器大手、華為技術から機器を購入しようとしていた米通信大手AT&Tに対し、華為技術の機器は中国情報機関のスパイ活動に利用される恐れがあるとして、取引を見合わせるよう警告していたと報じた。

AT&Tは今年2月、華為技術からではなく、スウェーデン通信機器大手エリクソンなどから購入すると発表。NSAの警告に従ったとみられる。 同紙は華為技術が米政府から警戒されていることについて、「(米中の)戦略的な信頼の欠如」を示すものだと分析。「オバマ大統領は中国の台頭を歓迎すると語ったが、米政府の重要部門は中国を国家安全保障上の脅威と見ている」と指摘した。 米議会でも華為技術への懸念は強く、ジョン・カイル上院議員(共和党)らは今年8月、華為技術が米通信大手スプリント・ネクステルへの機器販売を目指していることに対し、「米国の安全保障を脅かす恐れがある」と警告する書簡をガイトナー財務長官らに送付している。 華為技術が警戒されるのは、中国政府や人民解放軍との関係が指摘されるからだ。創業者の任正非氏は人民解放軍の出身。同紙は任氏が文書の中で、「華為技術の国際マーケティング方針は我が国の外交政策に従う」などと書いていることを紹介している。 2010/10/9 17:57

インド、中国製通信設備・機器を締め出し “スパイ部品”組み込まれ

(産経ニュース 2010.5.18 21:03)

http://sankei.jp.msn.com/world/asia/100518/asi1005182103007-n1.htm

【ニューデリー=田北真樹子】インド政府は3月から、一部の中国製通信設備・機器を、盗聴のための“スパイ部品”が組み込まれているとして、安全検査を厳格化するなど締め出している。 国境をめぐりかつて戦火を交え不信感が根強いインドと中国は近年、経済関係を拡大させており、今回の措置によってインド国内の関連産業にも影響が出る。この問題は両国の貿易摩擦を誘発しかねず、波紋は大きい。

インド政府の措置の対象となっているのは、中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)や中興通訊(ZTE)など。関係者によると、華為などが製造する電話交換機といった通信設備・機器には、盗聴機能などが備わったチップが組み込まれており、遠隔操作で機密性が高いネットワークへの侵入も可能になるという。

このため、インド政府は安全保障上の重大な問題だと受け止め、対策を講じた。 華為などの“スパイ部品”の存在は欧米でも指摘され、特に華為は経営陣に人民解放軍関係者がいるとして、中国政府との関係が問題視されてきた。

にもかかわらず、インド政府はここ数年で複数の中国通信企業にインド市場への参入を許可。

インド携帯電話市場の爆発的な拡大を背景に、昨年、華為の年間売り上げの11%をインドが占め、中国企業にとって重要な市場となっている。 一方、インド国内の関連産業からは、締め出しにより、安価な中国製部品を購入できなければ製品の低価格を維持できないと、悲鳴があがる。

華為などは現地スタッフの採用枠を拡大し、中国人幹部は「ラジーブ」「アミット」などのインド人名を名乗り、心証を良くしようとしている。

一方で中国側は、インドの措置は世界貿易機関(WTO)の協定違反だとし、提訴もちらつかせる。しかし、インド政府の姿勢は固く、中国に対する措置は安全保障上の例外的なものであり、協定には抵触しないとの立場だ。

ジャワハルラル・ネール大のスリカント・コンダパリ教授(中国専門)によると、インドは2006年に、パキスタンやバングラデシュと同様、中国を「治安上の脅威」に指定し、中国からの投資を厳密な監視下に置く方針を決定しており、今回の措置もこの方針に沿ったものだと説明。そのうえで「今後、中印間で貿易摩擦が起こる可能性がある」と指摘する。

こうした中、親中派とされるラメシュ環境相は今月上旬、訪問先の北京で「(インド政府は)存在しない悪魔を想像して不必要な規制をかけている」と自国の措置を批判した。

これに対し、閣内などから非難の声があがり、シン首相が環境相を叱責(しつせき)し火消しに当たった。環境相の発言を放置しておけば、逆に反中派が勢いづき中国との外交関係にも悪影響が及びかねない、と懸念してのことだ。 来月に行われる上院選へのラメシュ氏の出馬は困難視されている。

(引用終り)

華為技術という会社の情報を調べてみました。 <ファーウェイ(華為技術有限公司)> . . . → Read More: ■米諜報機関がスパイ活動で警告した中国・華為技術社、日本ではイー・モバイル等へ端末を納品   JSNより

『暴かれた中国の極秘戦略』著者 袁紅冰氏講演会

台湾・日本で今最も注目されている華人、袁紅冰氏が緊急来日します。 特別講演会が渋谷で開かれますので、ぜひお越しくださいませ。

08憲章作者にノーベル平和賞が与えられましたが、袁紅冰氏はノミネートの段階で協会に反対する書簡を出していました。

これは真に08憲章が意味することについて、中共の内部で何が起こっているかについて、氏から解説伺える機会です。

どうぞお見逃しなく。

===詳細は以下=== 台湾・日本で今最も注目されている華人、緊急来日!=袁紅冰氏特別講演会 衝撃の新刊『暴かれた中国の極秘戦略(原題、台湾大劫難)』の著者 ——————————————————————————– 尖閣諸島沖漁船追突事件後、互いに譲らぬ日中外交! 邦訳『暴かれた中国の極秘戦略』著者、中国からの亡命作家・袁紅冰氏(現在オーストラリア在住)は近く来日、共産中国のグローバル拡張や、対日戦略の中核、2012年までの中国の政局などについて、日本読者に語る。

■日時:10月31日(日) 講演時間14時~16時 *中国語で講演、日本通訳付

■場所:東京都渋谷区道玄坂2-6-17 渋東シネタワー13階

■交通:JR、渋谷駅「ハチ公口」徒歩2分 東京メトロ、東急田園都市線渋谷駅2番出口直結

■会費:1,500円(特典付き:次回講演割引券付き、大紀元時報送料付き4回無料購読)

■予約:日本語で申込み ファックス:03-6407-9409 メール:info@my3.jp (連絡先、氏名を必ずお入れください)

■予約:中国語で申込み ファックス:03-3381-7612 メール:info@epochtimes.jp (連絡先、氏名を必ずお入れください)

主催:ワールドビジネスマーケティング協会

後援:株式会社 大紀元

講演者袁紅冰氏のプロフィール:

袁紅冰(えん・こうひょう:Yuan Hongbing)、北京大学修了後、同大の教職に就く、89年、六・四民主化運動時に「北京大学教師後援団」を組織し民主化運動を支持、94年「中国労働者権益保障同盟」を組織したことから貴州へ追放される。貴州師範大学法学院長時の2004年、オーストラリアに政治亡命する。現在は作家、法学者、哲学者、民主活動家と多彩。

氏の主たる著書:『自由在落日中』『金色的聖山』『回帰荒涼』『文殤』など、他に法学、政治学などの著書多数。

http://www.epochtimes.jp/jp/2010/10/html/d22163.html

中国自身が尖閣の日本領有を認めた証拠資料集   ―史実を世界に発信する会―

No.30 にて高花論文をご紹介したところ大きな反響がありました。いくつかの雑誌等に論文が掲載され、又地図が週刊誌に掲載され影響が広がりました。 海外に対してもも少なからぬ影響を与えることが出来たと考えております。 その後さらに証拠資料が出てまいりました。合計5点、いずれも中国自身が尖閣の日本領有を認めた証拠資料です。これらをまとめてサイトに掲載し下記の通り海外発信する事にしました。4千程のマスコミ、学者等にemail。

1.『世界地図集』(1960年。北京市地図出版社) 2.『世界地図集 第一冊 東亜諸国』 (1965年、台湾の「国防研究院」と「中国地学研究所」が共同で出版) 3.中華民国長崎領事からの感謝状(1920年) 4.1969年中国政府制作の機密扱いの尖閣諸島の地図 (Washington Times 2010年9月15日号) 5.人民日報、1953年1月8日号 日本語版ご希望の方はご連絡ください。

史実を世界に発信する会 茂木

In Newsletter No. 30, we introduced Mr.Takahana paper which clearly showed incontroverstble evidence that the sovereignty over the Senkaku Islands belonged to Japan. ( http://www.sdh-fact.com/CL02_1/53_S4.pdf) Now that further supportive materials have become available, . . . → Read More: 中国自身が尖閣の日本領有を認めた証拠資料集   ―史実を世界に発信する会―

JSN■沖縄防衛決戦:伊波陣営の正体!

ブログ:沖縄と共に「自立国家日本」を再建する草の根ネットワーク(JSN)

JSN■沖縄防衛決戦:伊波陣営の正体! 2010年10月08日 01時56分31秒 | 日記 11月28日には、沖縄防衛決戦:「沖縄県知事選挙」の投票が行われます。

何故、沖縄防衛決戦というのかというと、この戦いで仲井真知事が負けると日本は植民地になるからです。

まさかと思うかもしれない方もいますので、その理由を何度かに分けて説明したいと思います。

まず、伊波洋一のプロフィールを御覧ください。

<伊波洋一プロフィール> http://www.city.ginowan.okinawa.jp/2633/647.html 伊波 洋一 (いは よういち) 生年月日 1952(昭和27)年 1月 4日 出 身 地 宜野湾市嘉数 趣 味 読書、映画 座右の銘 基地のない平和な沖縄 好きな食べ物 沖縄そば、豚肉料理 宜野湾市の好きなところ 温厚な人情、地域の人々のつながり、おだやかな地勢

——-

「基地のない平和な沖縄」が座右の銘です。

<伊波陣営の正体> (1) 伊波洋一は米軍基地撤去だけではなく、安保破棄を目指している政治家である。

(2) 伊波陣営は、日米安保破棄をミッションとした団体である。

彼の選挙事務所は、安保破棄沖縄統一連という団体が行っています。

「共産党」「民医連」「医生協」「県労連」「沖商連」「新婦人」「平和委」「民青」の八つの団体で構成されています。

そして、その団体が発行している新聞があります。

「統一連NEWS」です。

そこには、「日米安保条約の廃棄なくして平和で豊かな沖縄の実現はありえない!」

と書いています。

よりによって、人民解放軍に尖閣諸島を奪われそうになっている時に、「安保破棄」を目指して選挙運動をやろうとしているのです。

そして、このように書かれています。

<統一連NEWS2010年10月2日 NO.10‐17 より抜粋>

統一連は県知事選挙と宜野湾市長選の勝利にむけて10月1日、那覇市古波蔵の選挙事務所びらきをおこないました。

. . . → Read More: JSN■沖縄防衛決戦:伊波陣営の正体!

「尖閣諸島・沖縄に自衛隊配備を求める日本国民大行進!!」

ブログ:沖縄と共に「自立国家日本」を再建する草の根ネットワーク(JSN) あえて、沖縄から「自立国家日本」の再建を目指します。

JSN■10・24「尖閣諸島・沖縄に自衛隊配備を求める日本国民大行進!!」

2010年09月25日 22時05分17秒 | 日記

日本国の主権と自由を守るために 「尖閣諸島・沖縄に自衛隊配備を求める日本国民大行進!!」

チラシはこちらから

◎開催日時:平成22年10月24日(日) 集合:07:15 ◎集合場所:せせらぎ公園 (東武東上線和光市駅南口を出て左折線路沿いに300m) ◎行進経路:朝霞駐屯地朝霞門へ向けて行進します。

<主催者より> 中国共産党は、「琉球復國運動」という工作活動を行い、沖縄を地域主権の名 のもと、独立国家へと誘導し、シナの属領とする計画を持っている事が明らか になりました(裏面参照)。 現在、日中間で発生している「尖閣紛争」は、その侵略開始の口実づくり工作 と考えられます。つまり、尖閣諸島・沖縄は、いつ中国人民解放軍が武力行使 してきてもおかしくない非常に危険な状況にあるという事です。 私たち、沖縄県民は、沖縄の安全と平和を守り、我が日本国の主権と自由を 守るために、尖閣諸島・沖縄に自衛隊の緊急配備を強く要望いたします。

主催:沖縄をシナの侵略から守る全国1000人防衛委員会 共催:在日米軍ネットワークユニオン 沖縄と共に「自立国家日本」を再建する草の根ネットワーク 協賛:在日特権を許さない市民の会 埼玉支部/花紋・愛国女性(女性部 ) 後援:日本会議宜野湾支部

<参加申し込み・お問合わせ> 運営事務局:JSN埼玉支部 西尾光司 携帯:080-6641-7177 / FAX:03-5979-2186 E-mail: n.mituji@gmail.com ※運営上人数の把握が必要なためお申込みをお願いたします。

—<参考資料>—

<琉球復國運動基本綱領> http://www.cfdd.org.cn/bbs/thread-69800-1-1.html (中国語:閲覧できなくなりました。)

2007年10月8日

一、琉球古来より主権のために独立する国家、琉球の人民は日本の琉球群島に対 する植民地統治を承認しません。 二、琉球国の主権の独立と領土保全を回復して、琉球共和国を創立します。 . . . → Read More: 「尖閣諸島・沖縄に自衛隊配備を求める日本国民大行進!!」