2010年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

「腹を括る」べき時     ― A.A.

・フジタの社員の拘束 今週は、今回の事件で中国が打出した数々の対日制裁について述べる。たしかに中には中国政府は関わっていないと主張しているものもある(例えばフジタの社員の拘束)。しかしそれらが政府の意向と全く関係がないということはない。

まず中国の一連の制裁が不可解なことである。中国の戦略性を指摘する声があるが、筆者に言わせるならこれは間抜けな解説である。一連の対日制裁は全く支離滅裂である。

その中で筆者が一番常軌を逸していると思ったのは、4名のフジタ社員の拘束である。中国の軍事施設をカメラにおさめたという理由で長期間拘束された。しかし話が明らかになるにつれ、フジタ社員の行動は、中国にとって全く実害はないことがはっきりしてきている。

偵察衛星でかなり詳細な情報が得られる今日、フジタ社員(カメラで写したのは中国人の現地社員)が撮った写真に軍事的な価値がほとんどないことははっきりしている。フジタ社員の拘束は明らかに日本に対するいやがらせである。

そもそもフジタ社員は、旧日本軍の遺棄化学兵器処理事業への入札のための調査で現地に行っていた。この処理は、中国の強い要望によるODA事業である。しかし中国側が主張する処理件数が日本の調査と大きく異なるなど疑惑がある。このため処理費用が泥沼のように増える可能性があり、当初、日本政府が躊躇した案件である。それを河野洋平氏などの親中派の政治家が強引に押切り実現したものである。

そもそも、当時、日本では「遺棄化学兵器というが、これは中華民国が旧日本軍から押収し、さらに中共軍が中華民国軍から奪った、つまり中国にとっての戦利品ではないか」という意見があったくらいである。つまり戦利品が今頃になって手に余るから、元の持ち主である日本の負担で処理を求めるのは虫が良すぎるという考えである。たしかにこれにはなかなか理解が得られないかもしれないが、遺棄化学兵器処理について日本国内には色々な意見があったことは事実である。

さらに遺棄化学兵器処理については、入札を巡って金にまつわる醜聞もつきまとっていた。このように遺棄化学兵器処理はいわくつきの事業である。今回のフジタ社員拘束事件で、今後、まともな企業はますます応札しなくなる可能性が高い。中国は、このような事情をどこまで考慮してフジタの社員の拘束したのか不明である。

フジタの社員が拘束されたのは河北省石家荘市である。まさに毒入り冷凍ギョーザの天洋食品の所在地である。このことと今回のフジタ社員拘束と何らかの関係があるのか、あるいは偶然なのかこれも不明である。

中国は否定すると思われるが、今回の事件でほとんどの日本人は中国を危険な国と感じたはずである。中国はとても気軽に旅行するような国ではない。「万里の長城」も軍事施設と言われ、カメラにおさめると逮捕されるかもしれない。

これらの他にもこの事件にはおかしいことがつきまとっている。フジタの親会社であるゴールドマンサックスが、最近、中国工商銀行の株式を22.5億ドルも売却している。これが今回の事件と関係しているという話があるが、本当に関係しているのか不明である。

・レアアースの禁輸 次に取上げるのはレアアースの禁輸である。もっともレアアース禁輸のようなWTO協定違反事項に、中国政府が関与していると公言するわけには行かない。しかし中国政府はこれを外交のカードに使うつもりである。ただし中国は、今のところ日本向けだけでなく他の国への輸出も止めているようである。

ご存じの通り、レアアースはハイテク製品製造に必要であり、また現在この生産は中国がほぼ独占状態である。もっともレアアース自体は中国以外にも存在し、過去には実際に生産もしていた。しかし中国が低賃金と環境無視の開発によって低価格の輸出を始めたため、それらの国はレアアースの生産を止めてしまったのである。ただこれらを再開発したり、鉱山を新規開発するには多少時間がかかるという話である。

たしかに日本のハイテク産業には今回の禁輸は打撃となる。ましてや日本は世界の中で最大の輸入国である。レアアースの在庫が尽きれば、ハイテク製品の製造に影響が出てくる。

しかし中国にはレアアースを使う技術がなく、在庫がどんどん積み上がると思われる。つまり今後は日中のチキンレースとなる。中国はレアアースを使う産業の中国への移転や技術移転を要求して来る可能性がある。

レアアース問題は、低賃金と環境無視といった世界経済における今日の中国問題の象徴でもある。もちろん低賃金は異常な人民元安で実現された部分が大きい。もし人民元安が是正され、中国が環境保全に費用をかけるようになったなら、中国産のレアアースはたちまち価格競争力を失うと考えられる。

日本政府はレアアース対策を強化する。また今回の禁輸措置をきっかけに、日本だけでなく、他の国もレアアースの開発に本腰を入れ始めるようである。したがって当面レアアースの価格が高騰しても、数年後には価格は落着くものと見ている。筆者は、世界的にこのような動きが加速されることが分かっていながら(分かっていなかった可能性もあるが)、なぜ中国は禁輸という強行手段に出たのか理解できない。

三番目に取上げるのは日本への観光客の渡航自粛措置である。日本の観光地や大都市の商業施設にとってこれは打撃である。特に中国人へのビザ発給の緩和によって、中国人観光客の増加を期待していた向きにはショックであろう。

中国は、不況の日本にとって中国観光客が有難い存在と分かっていて、今回の措置を講じたと見られる。中国は今回の措置で損害を受ける人々が日本政府を突き上げてくれることを期待したのであろう。しかし少なくとも表面上は今のところそのような動きはない。

しかし日本の経済規模を考えれば、中国観光客の経済効果なんて知れている。仮に年間に200万人の中国観光客が増えても、数千億円の需要増にしかならない。今回の措置は観光地などにピンポインで衝撃を与えるかもしれないが、日本経済全体にとっての影響は微々たるものである。

逆に今回の事件で、日本人の中国への観光客の減少が予想される。特にフジタ社員の拘束事件の影響は大きいと思われる。したがって対中国では旅行収支の点で影響は、プラス・マイナスでほぼゼロに近いということになろう。

本誌は、日本のデフレ経済を克服するために外国から観光客を呼込むという日本政府の方針を、何回も「ばかばかしい」と指摘してきた。慢性的に経常収支が大幅に黒字である日本が、外国からの観光客を増やしてデフレ対策と言っているのだから頭がおかしいのである。このようなことでは円高要因が永遠に解消されない。

日本政府のやることは、大胆な財政政策を行うことによって国内の需要を喚起することに尽きる。これによって日本人の所得を大きく増やし、日本人が観光ができ、日本人が街で買い物ができる経済状態に復帰させることである。

今回の事件の教訓として、筆者は中国の不当な圧力に対して日本人は「腹を括(くく)る」べきと主張したい。たしかに対日制裁が続き、日本が妥協しなければ日本経済にも悪影響があることは明らかである。GDPも多少減るであろう。しかし正しいと信じる主張は貫くべきである。

これまでもオイルショックやプラザ合意後の超円高を克服してきたのであるから、日本人にとって今回の中国の制裁なんてたいしたことはない。そしてこの「腹を括る」ということが、対中関係での一つのポイントとなろう。

来週は、米国がなぜこれまで人民元安を容認してきたのかについて述べる。

― 経済コラムマガジン10/10/11(634号)より転載 http://www.adpweb.com/eco/index.html

生存者4名に貢献したのは「長野県警レスキュー隊 BY 愉快痛快

□ 警察や公安も消滅の危機にある // 米軍横田基地の生存者100人を救助する体勢 日航ジャンボ123便 生存者4名に貢献したのは「長野県警レスキュー隊」であった。群馬側の人間を大変に威圧し全員死亡を回避。 1985年8月13日当時、朝10:00頃に御巣鷹スゲの沢に入った写真記者から話を聞けたのだが、「長野県警レスキュー隊は大変高圧的威圧的な態度であった」 ということなのである。

全員死亡目前に、人道的な見地から、他県への越境救助を無理やり敢行した長野県警レスキュー隊の動きにより、生存者が出たのが実態である。

警察が越境するということがどれほど大変な事態かおわかりいただけるだろうと思う。中曽根大勲位からの全員死亡命令で動けなかった群馬県警だが、中曽根大勲位を恐れず人命優先で動いた長野県警レスキュー隊はもっと評価賞賛されるべきである。

群馬県上野村のJAL123便における生存者4名に貢献したのは「長野県警レスキュー隊」であった。群馬側の人間を大変に威圧し全員死亡を回避した。

<参考>必死に生存者 落合由美氏 を背負って尾根に向かう長野県警レスキュー隊 http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/2412.jpg

若干変更:スパリゾート講演会     BY 仙経顕聖

さて、前回、大好評だった為か、再度、栃木県真岡でのスパリゾート・フジで講演を依頼されました。今回は,前回不参加の方にも配慮し、話し足りなかった部分を含め、特に後半部分に時間を割いて、今後の世界情勢から地球の健康、地球人類滅亡の回避に向けた方策を提示したいと思います。世界中で誰も言っていない内容にも成り、理解できる者が皆無でも、天に向かって心魂が通じるように話すつもりです。

当日の配付資料も、前回よりも充実した5割アップで、文章5頁、パワーポイント44枚(176図)にも成り、新しく文明史の創造を目指し、教育や行政、司法、政治、経済、外交などを除いた部分でも、殆ど留意事項は書きとどめており、私の晩年に向けた後半生のライフワークにもなっていくようです。

1.日時: 平成22年11月20日(土)13:00~19:00 2.会場: スパリゾート・フジ(栃木県真岡市長田1丁目24-3) 3.内 容 (1)講演会 その1 13:00~15:40 演題 「健康と生命」「地球の健康」 講師 経済産業技官 小山 清二(仙経顕聖)氏 前半で、健康、病気、食事、運動、医療等の諸問題に関して、現代の諸々の常識に疑問を呈する中で、現状の認識から問題提起、解決策を模索する。また、社会の構成単位の個人の健康家庭の健全さを追究しながら、健康住宅、幾つかの難病・奇病の原因なども追究する。触れながら、迷信と誤謬を打破し、正しい生命観、信仰観、霊魂観などを提示して、人類の意後半では、破局化する地球環境問題の解決を、画期的な科学技術と、正しい心魂での実践、邪悪な想念の一掃廃絶を踏まえた地球の健康までも展望する。 (2)講演会 その2 15:50~16:30 演題 「生体ミネラルの《見えない力》が人類を救う」 講師 NPO法人超健康研究会 株式会社ジェイイ-エス代表取締役本井秀定氏 (3)実演 16:35~約20分 気功の舞「楽似舞療法あさひ舞」 朝日舞先生 (4)懇親会 17:00~

4.参加費 講演会参加者は聴講料として500円。(元気アップ会員は無料) 懇親会参加者は懇親会費として3,000円(飲み物代込み)を当 日受付でお支払い下さい。 5、交通アクセスは、電車で来場の方には、JR宇都宮線 石橋駅11時にお迎えのバスをご用意します。(お送り出発時間は19時15分の予定です) また、車でお越しの方は、北関東自動車道真岡インターチェンジより5分程度です。

カーナビに入力して頂く電話番号は(0285-82-5007)でお願いします。 スパリゾート・フジ http://www.hagakanko.com/spa/index.html http://www.sparesort-fuji.com/ http://travel.biglobe.ne.jp/onsen/spot/9011187.html

7.申込書 スパリゾート・フジ 生命活性化研究会行き 講演会に 参加 (参加人数 名)します。 . . . → Read More: 若干変更:スパリゾート講演会     BY 仙経顕聖

米軍横田基地の生存者100人を救助する体勢     BY愉快痛快  

愉快痛快です。お世話様です。 本の件、何卒よろしくお願いします。

昨日は、福生まで行きまして、 「疑惑JAL123便」の書籍を1994年頃発刊されました 角田四郎氏と、1時間程度お話しすることができました。

「疑惑JAL123便」 ・相模湾で、日航ジャンボ123便に自衛隊の標的機が当たった。 ・御巣鷹で、日航ジャンボ123便は自衛隊にミサイルで撃墜された。

基本的に、米軍横田基地内の方からのリーク情報が綴られています。

それで、驚いたことに、付随情報があったのです。

「米軍横田基地では万全の救護体勢で御巣鷹からの大量の生存者の受け入れ準備をしていた」 ということです。

具体的には、 ・米軍横田基地内の病院の入院患者を緊急にヘリで全員、厚木基地に移送し、横田基地の病院を空っぽにした。 ・夜間の早い段階でヘリ5台体勢で御巣鷹まで救助に入る体勢だった。(ヘリ1機で20名程度救助とすると、生還できる生存者が100名程度だったという情報も米軍は把握していたことになる。)

しかし、日本サイドが頑なに救助を拒否したため、夜間の救出は行われなかった。

JAL123便 男の子は何処へ?

愉快痛快さんからメールが来ました。

20日、愉快痛快さんと会いました。その報告は【JAL123便】の載せてあります。 ===================================================== 愉快痛快です。お世話様です。本日は、無理言って申し訳ありませんでした。 本で、特に見ていただきたいところは http://www.youtube.com/user/123ja8119osutaka?feature=mhum の、部分です。

エンジンは周りの木の葉等から大きさを換算しても、どうみても1m程度しかありません。

そして、「死体」の男の子です。自分で、顔を隠しています。 =====================================================

と言う事は男の子は死んでいなかったと言う事になります。 生存者としては報道されていませんが、その後如何したのでしょうね?

事故が報道された時、私は群馬県に旅行へ行ってました。ニュースは旅館で見たのです。

遺族の方が自衛隊は何故直ぐ来なかったと物凄く怒ってましたが、その時は私は自衛隊が直ぐ急行したと思ってましたので、自衛隊に感謝くらいしなよ!と思ったものでした。 でも事実は違ってたんですね。自衛隊は中々救援に来なかった。そして群馬県の警察は動かず、来たのは長野県警。 報道は当時でもすでに世論を誘導するための道具ですから全然報道しかなかったわけです。

エンジンはジャンボのものでは無さそうですね。

栗原茂男 【純日本人会】 http://www.junnihon.com/ http://jun-nihonjinkai.blog.eonet.jp/

通州事件の手記 ―小松敬司

【 転載情報 】 =================================== 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 日本の心を伝える会 メールマガジンvol.187 2010/10/20(水曜日)

ホームページ → http://www.nippon-kokoro.com/ 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【転送歓迎】

★☆★ もくじ ★☆★

【1】通州事件の体験者の手記 ——————- 【2】尖閣請願署名のお願い ——————- 【3】日心会会員募集中

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 1≫通州事件の体験者の手記 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

いまから73年前の7月のことです。

北京の東側にある、通州という町で、大規模な日本人に対する虐殺がありました。

世に言う「通州事件」です。

事件当日、ここには380名の日本人がいました。

このうち、軍関係者(男)は110名です。 残りが全員、婦女子です。

そしてこの日、日本人260名が、血も凍るような残虐な手口で殺害されました。

〓〓〓〓〓

この事件の時、支那人の妻だった日本人のSさんは、支那人と思われていたので暴行を受けずに難を逃れました。

そして自信の眼で目撃した当日の状況を手記に残されました。

その手記の全文をご紹介します。 ↓ http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1025.html

この文には、非常に惨たらしい当日の写真を掲載しています。

ねずブロを見に来る人は、女性や未成年の方もおり、いつもならそういう残虐な写真等は、小さく縮小したり、URLだけを表示して、みえなくする等の配慮をしています。

しかし、文をご一読いただくとわかりますが、そこにある写真にある数倍の恐怖と残虐が、通州では起こっている。

そして、その通州で起こったことの流れと、いまの日本の状況は、酷似しています。

是非、みなさんご自身の眼で、文をお読みいただきたいと思います。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 2≫尖閣請願署名のお願い 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

署名目標は、1200万人です。

◆署名用紙◆ http://nippon-kokoro.txt-nifty.com/blog/files/senkaku-kojin.pdf

◆拡散チラシ◆ http://nippon-kokoro.txt-nifty.com/blog/files/senkaku-tirasi.pdf

. . . → Read More: 通州事件の手記 ―小松敬司

JAL123便が撃墜された理由

20日、「愉快痛快」氏と会ってきました。 1985年8月12日、日本航空機123便は東京から大阪へ向かって飛びました。 飛行機の機体内には中国へ送る 「 核 」 が隠し積まれていたのだそうです。 大阪へ運び、そこからどこか適当な港へ持って行き、中国まで搬送する予定だったのだそうです。 ところが「※IAEA 」 にバレてしまい、公開されたら大変なことになるから撃墜しろ!となったのだそうです。 ( ※ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E6%A9%9F%E9%96%A2 )

その辺がシナ、ロシア人の感情が日本人やアメリカ人の感情と違う点です。彼らならやりかねません。 中国とロシアは一体と考えた方が良さそうです。

西シベリアの石油をナホトカ経由で運び出せば世界中何処へでも売れますが、中国大連にパイプラインを引けば中国にしか売れません。普通に考えればナホトカ経由にしそうなものですが、大連にパイプを持ってきました。それほど中ロは一体と言う事になります。例によって賄賂と色仕掛け接待が利いているのでしょう。

話が逸れましたが、撃墜したのは中国ロシア派の自衛隊。撃墜した日航機に積んである「核」を早く回収しなければなりません。現場で自衛隊に協力したのは群馬県警。被害者救助をしたのは長野県警。写真に長野県警のヘルメットが映っています。

昨年小林という人物が外務省鳳会から長野県警本部に移動したと反創価学会の人から聞いていますが、現在長野県警は中国に乗っ取られています。確かに長野県警は変ですね。 http://www.youtube.com/watch?v=RwrdcsBDKqE&p=F97A769EFBD35646&playnext=1&index=3

それでロシア・中国派の自衛隊は救助そっちのけで核を回収するまで周囲を閉鎖し、偵察に来た飛行機を片っ端から撃墜したそうです。その撃墜された飛行機がF19(F117)であり、台湾のU2であり、警視庁のヘリコプターだったのだそうです。

そのロシア・中国の背後にいるのがワンワールドなんて馬鹿なことを考えている連中。

そんな連中に鼻面引っかきまわされているのが日本ばかりでなく、アメリカも。 CIAはそれに対し、抵抗しているとのこと。

しかしワンワールドなんて馬鹿なことを考えていてもやがて中国によるワンワールドになる流れなんですがね。 愉快痛快氏と話した内容は色々ありますが、私の推測が彼の情報とほぼ一致していました。

そう言えば、故冨士谷紹憲さんが生前、「アメリカは本物の日本人を探している」と言ってました。 そしてCIAという人物を紹介され、同じ質問を何度もされました。 私は日本の政治家で最高は自民党の高村正彦だと言いました。 ケインジアンであり、中国、朝鮮に日本の立場をはっきり言う。 そこが統一教会議員と違うところ。

栗原茂男 【純日本人会】 http://www.junnihon.com/ http://jun-nihonjinkai.blog.eonet.jp/

【緊急拡散依頼】JSN■10・31沖縄県民 自由と平和のための国防決起集会「尖閣諸島と日米同盟を守ろう!」

2010年10月20日 13時59分30秒 | 日記

沖縄県名護市は、尖閣危機の中、日米安保破棄の基地となっております。

去る、9月12日、その名護市議会選挙で、今上陛下(当時皇太子殿下)を襲撃して 逮捕された経歴のある男が当選しました。

27位のすべり込当選です。

2010名護市議会議員選挙速報

その男の名前は、川野純治です。

これで、「沖縄はやはり左翼だ!」と言わないでください。

川野は、熊本県生まれ、鹿児島県出身の新左翼党派の沖縄解放同盟準備 会の極左活動家(現在の所属は不明)で、1975年7月17日、白銀病院で天皇陛下に テロ事件を起こした男です。 このような男が本土から沖縄に潜り込み、住み込み、沖縄を左翼革命の活動 拠点として暗躍しているのです。

ひめゆりの塔事件WIKi

. . . → Read More: 【緊急拡散依頼】JSN■10・31沖縄県民 自由と平和のための国防決起集会「尖閣諸島と日米同盟を守ろう!」

JAL123便関連のリンク

■JAL123便墜落事故 CVR全内容 http://jal123.com/index.html

ボイスレコーダ音声データ http://jal123.com/voice.htm

事故調査発表を元にしたJAL123便飛行跡略図 http://jal123.com/JAL123.swf

■123memo http://ja8119.iza.ne.jp/blog/

■~ この世・あの世を知る ~ http://planz.blog62.fc2.com/

■飄(つむじ風) http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/123/index.html%3Fguid%3DON

1985年8月12日 JAL123便事件 BY 愉快痛快

123便にピカが発生してきのこ雲があがったのは、長野県の南相木村になります。そこで、一部乗客がバラバラとキャンプをしている方々のそばに落下してから群馬県上野村の御巣鷹山方面へ向かっております。 もし、御巣鷹の慰霊登山等されるばあいには、群馬側ではなく長野側に慰霊にいかないとなんにもなりません。 長野側のデュートロンの爆心地となって一面、地面が焦げている辺りが重要です。